いびき 手術 体験談。 【体験談】いびきは改善・防止できない?僕がいびきを治療した方法は〇〇だった!

【体験談】いびきは改善・防止できない?僕がいびきを治療した方法は〇〇だった!

いびき 手術 体験談

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました! Qいびきはどんな弊害を引き起こす可能性がありますか? A いびきは睡眠中に、鼻やのどの狭い部分に空気がぶつかったり、振動したりして起こる異常な呼吸音です。 西洋人に比べ肥満の少ない日本人のいびきは、のどや鼻といった上気道が狭いために生じている場合が多く、その上気道が狭くなる原因はさまざまです。 いびきを持っている人の約3割に睡眠時無呼吸症候群をともなっていると言われています。 たとえ無呼吸が認められず日中の眠気がないいびきであっても、上気道を狭くさせている何か原因があるはずです。 それが鼻炎や扁桃炎など病気によって生じているのならば治療が必要となります。 Qどんなタイプの方がいびきをかきやすいのでしょうか? A 慢性的にいびきを持っている人は男性で約3割、女性で約2割と言われています。 つまり、いびきは珍しい症状ではありません。 その中でも、肥満や顎の小さい人、慢性鼻炎や慢性扁桃炎を持っている人はいびきをかきやすくなります。 また、加齢とともにいびきを起こしやすくなり、特に女性は閉経を迎える中年期になると女性ホルモンが減少し、それにともないいびきをかきやすくなると言われています。 Qこちらの医院ではどのような治療を行うのですか? A いびきは、その原因がさまざまです。 まず、患者さんのいびきが何を原因としているのかを見つけていきます。 そして、患者さんと相談して患者さんに合った治療を行います。 いびきの治療は手術ばかりではありません。 のどをひろげるレーザー治療が適応となる場合は、レーザーを用いて口蓋垂とその周辺を切除し、糸で縫合します。 約30分ほどの手術で、日帰りで行うことができます。 レーザーでのどを切るだけでは、術後にいびきが再発してしまう可能性もあるため、当院では糸で縫合します。 検診・治療START!ステップで紹介します 1まずは問診票に現在の状態を記入.

次の

【ガチ体験談】喉ちんこをとると「いびき」は本当に消えるのか?

いびき 手術 体験談

知らないうちにかいてしまう いびき。 自分では気づかず、他人から指摘されて初めて気付くことも。 いびきをかくと思うと気になって、旅行の楽しさも半減してしまいます。 あまり知られていませんが、美容整形でいびきを治すことができますよ。 どうしていびきをかくの? いびきはかく人とかかない人がいます。 いびきをかく原因には、 ・肥満のせいで空気の通り道が狭くなっている。 ・アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、花粉症などで鼻がつまっている。 ・枕が体形に合っていない。 ・飲酒している。 ・鼻腔が狭い。 ・のどの奥にある、口蓋扁桃が大きい。 ・のどちんこが大きい。 などがあります。 これらの原因の中で手術が適しているのは、口蓋扁桃やのどちんこが大きいことにより、気道が狭くなってしまっているものです。 いびきのレーザー治療 気道を狭くしている口蓋扁桃やのどちんこを、レーザーメスで切除する方法です。 切除することで、気道が広くなって空気が通りやすくなるため、いびきをかかないようになります。 施術時間は1時間程。 施術後 施術後1~2週間は、腫れと軽い痛みがあります。 腫れのため、食べ物が飲み込みにくくなったり、しゃべりにくくなることも。 これらの症状は、腫れが引いていくとともにおさまってきます。 いびきの原因は人それぞれ。 自分にあって治療方法を選ぶようにしてください。 まずは、自分のいびきの原因が何かを知ることが大切です。 信頼できるクリニックを選んで、カウンセリングを受けてみてくださいね。 いびきが改善されることにより睡眠の質もあがるので、今より健康で美しい身体を手に入れることもできますよ。 このコラム&体験談に関連する施術 レーザー治療(いびき) 他の鼻に関するコラム&体験談を探す.

次の

扁桃腺摘出手術を受けてきた。痛み、費用、その後の経過は?いびきも改善する?

いびき 手術 体験談

また、いびきがひどくなる場合もあります。 私の場合、中学生の時に母から「ひどいいびきをかいている」といわれ、耳鼻科に 行ったところ、鼻中隔湾曲症と診断されました。 しかし、まだ成長途中であるし、手術を早急にしなければならないほど、本人が 不具合を感じていない等の理由から、その時は、投薬による治療にとどまりましたが アレルギー性鼻炎持ちだったため、その後も数十年、鼻の投薬は続きました。 無呼吸症候群の発覚と恐ろしい昼間の寝落ち 鼻中隔湾曲症であることを自覚しながらも、鼻づまりの状態に慣れていたこともあり、 「軟骨を削る」とか聞いていたその手術を避けてきていたのですが、今年に入り、夫から 「寝ている時のいびきが突然止まり、その後大音量でいびきがぶりかえす」という 無呼吸症候群と思われる症状が一晩に何回も起きていることを知らされました。 このままでは、いつか事故を起こすに違いないということで、鼻中隔矯正術を受けることに 決めました。 鼻中隔湾曲症の手術に至るまで とりあえずかかりつけの耳鼻科で現状を報告し、鼻中隔湾曲の手術をしたいとの希望を伝えました。 私の通う耳鼻科は外来のみの町医者(以下K耳鼻科)で、入院のできる大きな病院を紹介してもらい、 さっそくその大きな病院(以下O病院)へ行きました。 O病院では、最初の診察時に手術前の検査がいろいろと行われました。 全身麻酔を行うに当たって、家族の同席が必要となりました。 肺活量や血液検査、鼻のCT等の撮影 がありました。 その後、入院日と手術日が決まりました。 入院した翌日に手術し、術後の経過がよければ5日で退院ということになりました。 まとめ 鼻中隔湾曲症の症状は人によって大きな差がありますが、 これはほんの一例として読んでいただけたらと思います。 次回は手術の内容と術後の経過等についてお話します。

次の