きらめき プロジェクト。 きらめき☆プロジェクト

九州大学病院臨床教育研修センター きらめきプロジェクト

きらめき プロジェクト

媒体はで、からにかけて全5巻が発売された。 概要 の巨大・ジュネりんと、のやを思わせるな・マイが戦う作品。 ジュネりんの外見や、見たからは想像できない強さがを引くが、その一方でマイ関連ののために上にられたり、単身赴任しているせいでや妻に相手にされなかったりといった者のや、を開発する下請け会社の現場における苦労といった、版『』的な側面も持つ。 その他、をする者同士の交流のや、のなど様々な要素が盛り込まれており、一部の未回収はあるものの、まさにが称する「全()」に相応しい内容となっている。 なお、は全てで描かれている。 部分のは、後に『』で知られるようになる・の前身である集団「」が担当している。 登場人物• カナ( - ) - にしか心を開かない。 ジュネりんやの開発者。 ( - ) - カナが開発した。 非常に。 ネネ( - ) - カナの。 年齢に似合わぬの持ち。 ネ( - ) - カナの。 たちを優しく見守る。 仁( - ) - マイ開発の。 役職は(心得)。 ( - ) - にな命をする、いかにもといった性格の上。 関連項目•

次の

きらめき☆プロジェクト

きらめき プロジェクト

あらすじ・内容解説 地中海に浮かぶ小国家「ジュネス王国」。 小国ながらも高度な技術立国で知られるこの国には、各々才能に秀でた三人の王女がいた。 中でも次女・「カナ」はロボット設計の天才で知られていたが、その内気な性格からか、姉と妹、それに彼女自身が設計した人型ロボット「リンクル」以外にはあまり心を開かない少女だった。 一方、そのころ世界は、世界各国の名だたるロボットを次々と襲撃、撃破しては去っていく、正体不明の巨大ロボの脅威に晒されていた。 そして、その脅威の次なる矛先は、なんと「ジュネス王国」だったのだ! 王国の海岸に突如出現し・防衛ラインを易々と突破する巨大ロボット。 見放題作品に含まれていないので、レンタル購入をして視聴できます。 動画配信サービス 月額料金 無料期間 400円 31日間 455円 30日間 933円 14日間 1,990円 31日間 562円 30日間 続編・シリーズ作品 とくにありません。 当記事で紹介している作品や情報は、2020年6月時点のものです。 動画配信サービスにおいては、現在は配信を終了している場合もあります。 最新の配信状況は動画配信サービス各社のサイトでご確認ください。

次の

施設のご案内

きらめき プロジェクト

10月13日、南阿蘇村役場にて「南阿蘇村きらめきプロジェクト」の事業方針発表と、同プロジェクトへの支援金の目録贈呈式が行われた。 助成は、キリングループが熊本県、日本財団と締結した「『復興応援 キリン絆プロジェクト』熊本支援」に関する包括支援協定に基づくもので、支援金額は1,000万円。 今回の支援金は、水に関する調査やブランドロゴデザイン作成などのほか、水を活用した新商品の開発、村の情報発信などに活用される予定だ。 事業方針発表後に行なわれた贈呈式では、キリンビール株式会社 熊本支社長の安武直幸と公益財団法人 日本財団 経営企画部長の荻上健太郎様より、南阿蘇村きらめきコンソーシアム代表の吉良村長並びに同コンソーシアムの藤原建志様に目録が手渡された。 南阿蘇村村長を中心に、南阿蘇村 企画観光課、農政課、南阿蘇村内の第3セクター、 株 はくすい、 株 くぎの、 株 ち うようで構成されている。 今回の「南阿蘇村きらめきプロジェクト」は、村の財産である「水」に着目し、水を中心とした村づくりと地域の活性化を図ろうとする事業です。 昨年の熊本地震の際、私たちが最も困ったのは水の確保でした。 それほど水は生活する上で欠かせず、この貴重な資源を次世代に残すことは、大きな意味のあることだと考えます。 また、「南阿蘇村=水」を村内外に周知するためのイベント開催 あそのみなみのあきまつり や水商品に関する市場調査、水を使った商品開発・加工・販売なども行います。 さらに、村の魅力をSNS等で発信する際にブランドブック代わりとなるアプリの開発なども予定しています。 まず1つめに、このプロジェクトは「村づくりとブランドづくり」を掛け合わせた新たなチャンレジです。 その際にもっとも大切なのは、「お客様の視点」を意識すること。 2点目は、「村民が主役」であることを忘れないでほしいと思います。 南阿蘇村をはじめとする阿蘇地域は、熊本地震からの復旧・復興に向けて懸命に取り組みを進めています。 そうした一歩一歩が、地域再生につながると感じています。 そうした中で、今回の「南阿蘇村きらめきコンソーシアム」への支援金助成は、その動きをさらに加速させ、南阿蘇村のみならず阿蘇地域にとっても大きな励みになると同時に、「南阿蘇村きらめきプロジェクト」の成功が、県の掲げる「創造的復興」につながるものと確信しています。

次の