ハース ストーン ahirun。 【ナーフ】ハースストーン歴3年半のゲーマーが引退した3つの理由

隙あらば自分語り

ハース ストーン ahirun

電ファミWikiの仕様変更にともない、4月30日以降、このサイトの編集は「有志の方」に限定させていただきます。 (編集はPC限定で、Twitterアカウントが必須です) ここではハースストーン(HEARTH STONE)の攻略情報を取り扱っています。 カード一枚一枚ごとの個別解説を中心に、初心者情報、アドベンチャー攻略、ランク戦や闘技場の戦略などを掲載しています。 目次 運営からのお知らせ• 、 、 のページを作成しました。 (2020-03-18)• のページを作成しました。 (2020-01-10)• のページを作成しました。 あなたの情報を下さい。 せっかくハマッたゲームだし、自分の中だけのブームでは終わらせたくない…… Hearthstoneが日本でもっと流行って、モンハンみたいにみんなで楽しめたら…… そんな気持ちでこのマニアックWikiを立ち上げました。 もし、あなたも同じように思ってくれるなら……ぜひこのWikiに参加してみませんか? 「ハースストーンって、こんなに奥深いのか!」 Wikiを見た人がそんな風に思ったら、その人はもっとハースストーンが好きになるかも知れません。 そのためには、あなたの情報が必要です。 といっても大げさな話ではなくて、コメントに1言書き込んでほしいということです。 あなたにとっては当たり前の情報でも、他の人には目からウロコということがあります。 どんな小さな情報でもいいので、そのページに書かれていない事をあなたが知っていたら教えて下さい。 ぜひ、一緒に日本のハースストーンを盛り上げていきましょう! ハースストーンのイベント Your borwser is not supporting iframe tag. Please use one of the latest browsers. google. calendar. google. STEP1 ハースストーンってどんなゲーム?• youtube 動画• youtube 動画• 4Gamer 記事 STEP2 ハースストーンの導入方法• nemuke. windows、mac、スマートフォン、タブレット対応 STEP3 ゲームを深く理解する 脱初心者• MANIAC wiki• MANIAC wiki• 最初にクラフトするカード MANIAC wiki• MANIAC wiki• MANIAC wiki• MANIAC wiki ランク戦・大会で強いデッキが知りたい 国内の情報を中心に、ランク戦・大会の上位に入ったデッキを紹介するサイト。 その他、大会告知・イベント告知などもユーザーから募集し掲載する総合ポータルサイトとなっている。 ホットな情報が知りたい GoNinjaさんが運営する情報サイト。 最新のニュースの新鮮さは随一。 週ごとの流行のデッキリポートや前月の総まとめ記事が見やすく分かりやすく書かれている。 ハースストーンプレイヤーで知らない人はいない元プロプレイヤーnemukeさんの情報サイト。 攻略もさることながら、海外や日本の大会の詳細な結果や、有名プレイヤーへのインタビューやイベントのレポート記事が豊富。 nemukeさんは海外大会での実況や取材で活躍され、現在はBlizzardの日本コミュニティマネージャーに就任された。 海外の情報和訳やおすすめデッキを知りたい 通称R2W。 海外のお役立ち記事の和訳や、今流行しているデッキの紹介。 初心者向け低予算デッキの紹介も。 プレイングを極めたい• 4gamer. net• ドミニオン世界王者ルネさんによる解説記事。 リンク先は最新回。 第一回は。 のコンテンツ。 目を通しておいて間違いはない。 攻略情報、シーズンランク表などもあるかゆいところに手が届くサイト。 はレジェンダリーカードが使えるか迷ったときに非常に有用。 前述の内のコンテンツ。 試合に勝つために知っておくと有利な知識を明記してくれている、見逃せないまとめ。 STEP4 エラーが出て困ったとき• MANIAC wiki• MANIAC wiki• Hearthstone Express• :ユーザー投稿型のデッキ紹介サイト• :海外プレイヤーが大会で使っていたデッキを紹介する• :海外プロチームliquidの公式サイト。 週替わりのメタリポート• :同じく海外プロチームTempostormの公式サイト。 週替わりのメタリポート• :有名プレイヤーが自ら綴るハースストーンについてのあれこれ• :雑多で玉石混淆だが取れたて新鮮ピチピチの最新情報 STEP6 アリーナ攻略 日本語• :12勝が日常茶飯事のいつまささんのプレイ解説動画。 もある。 個人的な話だがアイコンが超ォかわいくて好き。 :アリーナ4000勝しげちゃんさんによる攻略記事、Tierリスト。 マリガンメモは一度目を通しておきたい。 :ルーズさんの闘技場攻略やデッキ解説。 敗北日記といいながら強い• :PartyMakeRさんの闘技場攻略blog。 その名の通り平均7勝することをメインに解説 英語• :アリーナのTierリスト。 に登録するとデッキビルドまでしてくれる。 最近までできた。 :同じくデッキビルド• :海外プレイヤーADWCTAによるアリーナTierリスト。 STEP7 プレイヤー配信を見たい 日本人配信者紹介• (googleドキュメント:でみあん本人が書きました) 海外の配信者紹介(Twitch直リン)• :最強との呼び声も高い。 本人にしか扱えないかもしれないデッキが色んな意味で光る• :香港発・ワールドワイドヒカキン。 顔芸で有名だが実はトッププレイヤー• :通称トランプ先生。 F2W(無課金)配信など。 みんなお世話になりました• :2014(初代)ワールドチャンピオン• :2015ワールドチャンピオン• :EU最速ラダーキング。 最近はパトロンにお熱• :確かなプレイング。 信頼と実績と読めない名前。 (編集注:「ショウ」と読む。 向こうのjはhと同じで、It's Show TimeのShowと同じ意味)• :解説者としても引っ張りだこ。 聞き取りやすい• :MtG界では知らない人はいない殿堂入りプレイヤー。 HSでもドラゴン好き• :zooデッキを開発した第一人者。 あまりに広まりすぎてプレイ中に「zoo多すぎ」とキレた• :プリ好きの希望の星• :名前と顔のギャップが激しいのは内緒• :名前と顔のギャップが(ry• :通称はふたん。 おもにアリーナをプレイする• :プレイングもすごいがどんどん貢がれていくお金の量にビビる STEP8 コミュニティに参加したい オフライン• : nemukeさん主催のオフラインイベント• : nirikuさん主催のオフラインでハースストーンとボードゲームを楽しむ会• : Hogeiさん主催の食事会プレゼン資料。 全てが真実• : e-sportsイベント運営団体「Team FireSide」が主催するオフラインイベントの告知Twitter。 :毎週木曜日に秋葉原で開かれるたまり場。 なんと1時間100円 オンライン• : 日本初ハースストーンプロプレイヤー、koronekoさんによる情報共有グループ• :サーバー表記も忘れずに STEP9 大会に参加したい 大会スケジュール確認• : 大会運営者が自ら書き込める共有カレンダー• :有志による共有カレンダー 日本のおもな大会紹介• : 0さんによる初心者向け大会• : satakeさん主催。 色んなルールがありバラエティに富む• : lunaさんによる毎週月曜日に開かれる定例会• : 元プロプレイヤーでもあるArusuさん主催。 水曜日はNA、木曜日はAsiaが舞台。 : ミーシャルさんによる日曜日の定例会。 名前の由来はもちろん月光杯。 : ハースストーンの番人ねこにんさん主催の突発的大会。 みんなここから大きくなりました。 : プロプレイヤーkoronekoさん主催の大会• : 毎月開催。 賞金も出るユーザー主催で一番大規模な大会。 HEARTHSTONE MANIAC wiki(Infinite Mana)のまッつんさん主催• : 株 マイルストーンが運営するゲーミング大会。 日本最大規模 世界が舞台の大会• : 海外の大会一覧• : StriveWire上で開催される大会一覧• : wikiリーグ主催もつとめるまッつんさんによる海外大会のskype情報共有グループ STEP etc ハースストーンリンク 日本語のサイト• : 天野GODこと天野さとしさんのHP。 配信したデッキの解説など• : redditの日本語版ハースストーンスレッド• : 月光杯のlunaさんのHP。 デッキ説明&解説が豊富。 知識の宝庫• : 日中大会代表マルクさんのblog。 ヌキさんのためになるありがたいお言葉と格ゲーの攻略(予定)• : フリーズ全一heidrunさんのblog。 翻訳情報なども。 : がねんさんのblog。 オイルローグ解説は必見• : rikapiさんのHP。 和訳など。 カード、用語の和英・英和辞典が便利• : masamasasaさんのblog。 深い洞察、研究• : norishioさんのHP。 カード雑感やゆる絵• :晴れてプロになられたオキツマンさんのblog。 たまに質問募集中• : Didierさんのブログ。 ハースストーンリセマラまとめというセンスのいいページが爆笑必至• : 日光杯主催ミーシャルさんのblog。 大会の勝利者インタビューや使用デッキ紹介• : ハースストーン動物園園長renさんが日々のランクマッチ結果を紹介• : 日本大会にも出場されたakanekoさんのHP。 日々の記録から読み取れる思考がためになる• : kuroebiさんのblog。 わかる• : アグロアイドルyusaさんのHP。 海外大会感想、デッキ紹介など。 ちなみにBLAZBLUEの記事は無い• :voidさんのblog。 ガイド、考察、戦績リストとなんでもござれ• :ローグ全一nanosecondさんのblog。 心して読もう!• :k2gさんのblog。 デッキ解説など• :プロプレイヤーLivetubeSTARこと星君のblog。 初心者解説など• :ぱんこさんの成長日記。 世界観紹介など• :ゴリラ好きの0さんのblog。 その名の通り0からはじまる初心者向け解説• :satakeさんがWCSを目指しちゃうよ• :てるニキの聖戦blog。 この'圧'は本物• :gokumonニキの世界観紹介blog• :いかるがさんのblog。 プレイ日記や動画など• :スラム街のイケメンライブナこと吉田さんのblog。 デッキ解説や攻略。 吉田に惚れろ• :スラム街の首領佐藤のblog。 アグロの心得など。 最近絵師になったのでpixivもある。 :ニート将軍さんのblog。 レジェンドへの道のりや各ヒーローの紹介 お役立ちサイト• : 自分だけのカードを作ろう• : 珍プレイ集動画• : ミニオンの詳細な説明。 金カードの詳細や戦闘音なども聞ける。 これでいつでもハローハロー• : GvGまでのカードアート。 ローグのふともも• : BRM、TGTのカードアート。 Avianaのふともも• : 対戦成績保存・閲覧など• : 世界の有名プレイヤーの戦績が載っている• : ハースストーンの元ネタ、World of Warcraftの日本語版wiki。 世界観などを確かめたくなったら• : 動画を見てるとよくかかるあの曲 expandend.

次の

【デッキ画像】配布される各ヒーローのデッキ内容がコチラ!!⇐●●がオススメか??

ハース ストーン ahirun

『Hearthstone(ハースストーン)』はブリザード・エンターテイメントがサービス運営する デジタルカードゲーム。 総プレイヤー数は1億人を超えるDCGの先駆けであり、人気MMO『ウォークラフト』シリーズの世界観を舞台に MTGライクなゲームプレイを楽しめる。 日本語版は2015年の10月に実施され、新カード追加、 バランス調整が繰り返されながら海外を中心に根強い人気を誇っている。 筆者のHS歴 黎明期 筆者がHSをプレイし始めたのは日本語版のサービス開始間もない 2015年11月から。 「ドクター・ブーム」が最強だった時代から遊び始め、ナクスラーマスの強力なカードを集めるために課金。 「手動操縦のシュレッダー」から「終末予言者」が召喚される ランダム性の高い試合展開に歓喜し、 残り1点が足りず悔し涙を流した。 当時最強だったのは シクレパラ。 マナコスト順にカードを出していくだけで強く七並べの様相を呈していたのも今では懐かしい。 その他にフリメ、レノロック、パトロン等で環境は荒れていたが、プレイ開始間もない お祭り感も相まって非常に楽しかったことを覚えている。 初めてミルローグと戦った時には「こんな勝ち方があるのか…」と感動し、あと少しで削りきれる場面で「レノ」を出された絶望感も思い出深い。 ヨグ信仰 ハースストーンの有名カードであるヨグサロン 召喚すると呪文をランダムに発動する。 選ばれる呪文はクラスを問わず存在する全てのカードから選択され、しかも効果対象までランダムに決定される。 ヨグサロンのコントロールが途中で相手に移った場合は相手の呪文として詠唱される。 最大30回まで。 — しびら civila123 環境が大きく変化したのは2016年4月の「旧神のささやき」リリースタイミング。 スタンダード導入と同時に、環境調整が行われた。 また、新弾追加された「希望の終焉 ヨグ=サロン」はバランスの是非はともかく、HSのランダム性を象徴したカードで試合展開を決定づけるDCG特有の ワクワク感に溢れており、多数のヨグ信者を生み出した。 8月には「ワン・ナイト・イン・カラザン」が発売、「バーンズ」を用いたオリジナルのビッグドルイドデッキを作って遊ぶ。 当時はTier・ランクは意識せず強いデッキを模索すること自体を楽しんでいたように思う。 ウンゴロ 2017年7月度 S40 第4週の、レジェンド上位に達したデッキ一覧 新カードが発表されてウンゴロ環境にも終わりが見えてきましたが、未だに「これを使っていれば大丈夫」というデッキはありません。 ウンゴロを締める最後のランク戦は残り一週間。 まだ試していないデッキはありませんか? — ahirun ahirunHS その後は海賊、翡翠デッキが目立ったが2017年4月「大魔境ウンゴロ」が実装。 各ヒーローの特徴的なクエストと共に様々なデッキが見られ 史上初めて環境トップに9ヒーローが勢揃い。 メタデッキも多く翌週には環境が様変わりしている変化の多い時期で日々変化する環境にプレイヤー自身が「適応」する必要があった。 でも ティア1が存在しない最もバランスが取れた環境と絶賛されている。 ドルイド環境 2017年8月度 S41 凍てつく玉座の騎士団 KotFT 2日目、3日目のレジェンド上位到達デッキ一覧 環境を揶揄するような表現はあまり使いたくないのですが、誰がどう見てもドルイドストーン状態です。 — ahirun ahirunHS バランスが壊れ始めたのはこの辺りから。 「 究極の侵蝕」「拡がりゆく虫害」といったパワーカードの登場によって完全に ドルイドストーン化。 筆者は昔からドルイドしか使用していなかったため被害は受けなかったものの多様性を感じられない残念環境で愛想を尽かしたプレイヤーも多く居たように思う。 ダンジョン攻略 2017-12-12 17:44 その後「練気」を始めとした基本カードのナーフを経て12月には新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」が実装。 ローグライク風に楽しめるゲーム性に感動してブログでも上記記事を投稿。 アドベンチャーモードにドハマリする。 環境はキューブロックなどのマナコスト踏み倒しが多く見られ インフレとゲームのじゃんけん化が進んでゆく。 デッキの極端な相性差がゲームにもたらした影響は過去のの通り。 奇数・偶数制限によって不可解なナーフ調整にも繋がり、奇数・偶数前提で作られた 数多くのカードプールが影響を受けた。 ユーザーからの声を聞き入れ早期に過ちを認めていれば現在の状況には至っていなかったように思う。 基本カードナーフ 2019-01-23 17:55 環境は1月時点で修正が効かないほど壊れてしまい上記記事を執筆。 バランス云々以前にプレイして全く 楽しくない状況が継続している。 以降は2018年 12月に「野生の繁茂」「滋養」を始めとした調整が発表、2019年 2月には更に「冷血」「平等」など5枚。 2月末にはゲン、バク「自然への回帰」「ドゥームガード」「神聖なる恩寵」の殿堂入りが発表された。 昔からドルイドのみを使用していた筆者としては完全に角を折られ心も折れてしまった。 引退の理由 今後は奇数・偶数デッキも無くなり殿堂入りによって環境も 多少は良くなる可能性はある。 しかし、ハースストーンのカードゲームとしての根本的問題点は解決するとは思えない。 理由を解説してみよう。 にも関わらず1年近く問題を先延ばしにしてきたのは ユーザー軽視に他ならない。 背景事情としてレジェンドカードのナーフは魔素補填に繋がりユーザーの課金額にもダイレクトに響く上、奇数・偶数を前提にデザインした新拡張の大幅な見直し作業も伴ってしまう。 運営的には「 後戻りできない」事情があったことは疑いようが無い。 しかし、ソーシャルゲーム・ネットゲームにおけるユーザー軽視は運営に対する 不満・不信に繋がりユーザー数の減少をもたらす。 そして一度離れたユーザーはまず戻らない。 ゲーム性質上プレイ人口が重要となる『ハースストーン』におけるユーザー離れはゲームとして致命的であり、辺り迷走している感が半端ない。 そもそも提供された意見に寄り添ったところで未だにプレイし続けているプレイヤーと 新規層、カムバック層が求める『ハースストーン』の姿は全く別物である。 ゲームバランスが多少マシになる程度の変化しか期待できない。 面白くない うーん… 先月はそんなに感じてなかったけど 今の環境すっごいつまんない というかプリーストが主に不快感の原因 あと何故かマリドル増えてるのが本当に嫌だ 今更虫害ケアしながら動かなきゃいけないの不快過ぎる なんかダメだ… 吐き出さないと無理なくらい不快だった — Asds ハースストーン mzideshine では現在の『ハースストーン』における根本的問題とは何だろうか。 それは1試合が ストレスフルで単純に「面白くない」こと。 私はハースストーンのゲームとしての魅力は「 運と実力」にあると考えている。 制限時間内に盤面の点数を計算しランダム効果が少しでも高い確率で有利に働く最適解を見つける。 毎ターン自分が想像しうる「 最善の一手」を積み重ねることで勝利に近づくことが最大の魅力だった様に思う。 しかし、現環境は「最善の一手」や「点数計算」など微塵も必要としないOTKデッキに溢れている。 相手の何倍も思考を巡らせ、時間を掛けた一手を積み重ねても 一枚のキーカードで勝敗が決する。 極端な話をすればマッチング時点でのデッキ相性差次第ではいくら努力しても勝てない。 そんなゲームを人間が遊ぶ意味はあるのだろうか。 特にドルイドについては「 練気」「 野生の繁茂」「 滋養」「 自然への回帰」と完全なオーバーキル状態。 本来ドルイドの特徴だったはずの「 マナ加速」は最早見る影もない。 そもそも「基本」「クラシック」のカードはゲーム全体のデザインをする上で 指標となるカード類のはず。 それを新拡張の強力なカード追加を理由に調整を加える意味が分からない。 やってることはDLCの新ボスが弱すぎたんでプレイヤーの移動遅くしましたーみたいな話で普通のゲームではあり得ない 愚行である。 現環境は前述の通り奇数・偶数によって大きく歪められてしまった状態なので本来的には一度 ロールバックするしかないはずだ。 「ゲン」「バク」の過ちは認めるけど「平等」を始めとしたマナ調整の過ちは認めないのでは根本的解決に繋がらない。 感想 約3年半の長きに渡りカードゲームの楽しさを教えてくれた『ハースストーン』には感謝しかない。 間違いなく 人生に刻まれたゲームであり、末永く楽しむつもりだっただけに昨今の迷走は残念。 ドルイドの存在を消された時点で愛想が尽きてしまった。 新拡張もよほどクレイジーなカードが出た上で原点回帰のバランス調整が行われない限りはユーザー離れは止まらないだろう。 現在ではトルネコライバルズの方が面白く感じるし日本語化されたMTGAも勢いは留まることを知らない。 ユーザー離れを防ぐことが出来るかは4月の新拡張に掛かっていると思う。 まず触る予定は無いが今後も一ファンとして応援は続けたい。 今までありがとうございました。

次の

俺達はahirunに依存しすぎていないか?

ハース ストーン ahirun

入門ガイド 入門ガイドは、ハースストーンをこれから始めようという方や遊び始めたばかりの初心者をメインターゲットにしたガイドです。 ハースストーンというゲームの基本的な知識や初歩的なゲームプレイについて説明します。 ハースストーンをまだ始めていない方へ 1-1. 1-2. 1-3. ハースストーンを始める・始めたばかりの方へ 2-1. 2-2. 2-3. 2-4. 2-5. 2-6. 2-7. 2-8. 2-9. 2-10. 2-11. 2-12. 2-13. 2-14. ハースストーンに少し慣れて来た方へ 3-1. 3-2. 3-3. 3-4. 検索 Search for: カードパックを格安で購入!.

次の