ハローワークでできること。 ハローワークの職業相談では何ができる?|ハタラクティブ

【ハローワーク】相談の仕方や内容について|どんな質問もしていいの?

ハローワークでできること

【このページのまとめ】• ・ハローワークの職業相談は「仕事を探している人」と「人材を探している企業」とのマッチングが目的 ・「就職活動のやり方が分からない」など初歩的なことでも相談できる ・相談員によってアドバイスの仕方が違う ・同じ人を指名できる場合もあるため、事前に相談しておくといい ハローワーク(公共職業安定所)とは職業相談や求人紹介など、就職に関してさまざまなサービスを提供している国の行政機関。 誰でも無料で利用することができます。 ハローワークでは、求人紹介以外にも雇用保険手続きや職業相談などをしてもらうことができます。 しかし実際は、相談に乗ってもらえるといっても何をしてもらえるのかあまり知らない人は多いようです。 そこで、これから職業相談について詳しくご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。 コンテンツ目次• そもそも、ハローワークで行われている職業相談は、 「仕事を探している人」と「人材を探している企業」とのマッチングが目的です。 まず就業相談を受けるには、基本的に以下のような手順になります。 1、求職申込書の記入、提出 2、相談したい内容を窓口で伝える 3、順番が来たら相談員に質問してアドバイスを受ける 気になる求人を見つけたら、相談窓口に向かい、職業相談を受けるというのが一般的な流れです。 先にパソコンや冊子に載っていた求人の中で気になるものを見つけてから職業相談にいくとスムーズに質問することができます。 ハローワークを初めて利用する人の中には「就職活動のやり方が分からない」など初歩的なことを聞いてもいいものなのか不安になる人は多いようです。 しかし相談員には初歩的なことでも遠慮なく聞けるので、初めのうちに質問しておくようにしましょう。 就業相談では、主に以下のようなことを行ってもらえます。 ・適性検査、自己分析 ・求職活動のやり方の指導 ・応募書類の作成指導、添削 ・志望企業や気になる企業についての問い合わせ ・紹介状の発行 ・面接対策 ・セミナーなどの案内 ハローワークに行くときは、カバンにメモ帳やボールペン、シャーペンなどの筆記用具を入れておくといいでしょう。 すぐにでも求人に応募したい人は、履歴書なども準備しておくといいかもしれません。 また、ハローワークへいくときの服装は特に決まっていないようです。 ほとんどの人が私服ですが、もちろんスーツでもかまいません。 まれにその日のうちに企業へ応募書類を提出しに行くことになったり、面接を受けることになったりするため、早く仕事を見つけたい人はスーツのほうがおすすめです。 あとから「質問しておけばよかった…」ということがないように、事前に聞きたいことをリストアップしておきましょう。 また、雰囲気に流されて、特に応募するつもりがなかった企業まで受けることになったという例もあるので、相談員に自分の意思をしっかり伝えることも大切です。 地域などによって異なりますが、事前に担当の相談員を指名することができます。 相談員によってアドバイスの仕方が違うので、自分に合った担当者がいたらその人を指名するといいかもしれません。 ただ、ほかの人からも指名があるかもしれないので、前もって電話で予約したほうがスムーズでしょう。 職業相談は「失業保険受給に必要な求職活動」としてカウントされるため、判子をもらうためだけに職業相談を受ける人もいるようです。 しかし情報は共有されるので、以前の質問を繰り返すと相談員にはわかってしまいます。 本来、失業保険は就職意思のある人にのみ支給される手当ですので、きちんと就活して早期就職を目指しましょう。 転職エージェントではハローワークで取り扱っていない求人を多く扱っているので、併用してみるのもおすすめです。 ハローワークのほかに民間のエージェントを使ってみようと思っている方は、ハタラクティブにご相談してみませんか? ハタラクティブでは、まず悩みや不安をお聞きし、あなたに合った求人のご紹介をいたします。 親切・丁寧なサポートが特徴ですので、ハローワークに行ったことがない人でも安心してご利用いただけます。 転職活動や就職活動を行いたいけど一歩が踏み出せないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 おすすめ記事• 相談無料のハローワーク、利用のメリットとデメリット• ハローワークに相談するメリットとデメリット• 職業相談はどこでする?ハローワークの特徴とは• ハローワークを使った転職活動の方法とメリット・デメリット• ハローワークのサービス内容と利用方法について• 何を持っていけばいい?ハローワークに行くときの持ち物• ハローワークに初めて行く人向け利用ガイド!• ハローワークに行くときの服装と持ち物について• ハローワークの相談サービスを活用して正社員就職を!• ニートの就職は、ハローワークに相談してみよう• 脱ニートを決意したら、ハローワークで相談してみよう!• 目的で違う?ハローワークに行くときに必要なものとは.

次の

ハローワークで求職活動をサポート!さらに強力な支援を求めるには

ハローワークでできること

求人検索はハローワークの管轄内、管轄外関係なくできる 求人検索や職業相談は、管轄内及び管轄外、どちらのハローワークでも行うことができます。 ハローワークでパソコン端末から全国の求人を閲覧する。 よい就職をするために身に付けるべきスキルは何か、あるいは、採用面接の際のコツは何か、といった相談。 このような求人検索や職業相談であれば、相談者の住所地を管轄するハローワークでも、管轄外のハローワークでも対応してもらえます。 なので地元のハローワークがいつも込んでいて利用しにくい、窓口の応対が悪い等の場合には、管轄外のハローワークで活動するのも手です。 パソコンで発見した求人応募に必要な紹介状は、管轄外の求人であっても今いるハローワークで発行してもらえます。 就職活動関連の内容は全国どこのハローワークでも自由に行えるということです。 なお、都心部では、夜間や土日でも窓口が開いている「ハローワークプラザ」が開設されています。 こういった施設でも、住所地を管轄するハローワーク内の求人を調査し、かつ、紹介状を書いてもらって、応募することが可能です。 雇用保険、失業保険の手続きは管轄内のハローワーク限定 一方、雇用保険の手続きに関しては、利用者の住所を管轄するハローワーク以外で手続きをすることはできません。 雇用保険に必要な会社を退職後、再就職先が見つかるまでの求職者給付(失業給付)の受給手続きなどですね。 求職者給付を受給するためには、求職の申し込みをしたうえで、原則として、4週間に2回以上求職活動をして、失業の認定を受けなくてはなりません。 この求職の申し込みや失業の認定は、住所地を管轄するハローワークで行う必要があります。 これについては、求職検索や新規の求職活動、職業相談とは異なり、住所地を管轄しないハローワークでは、行うことはできません。 求人検索だけなら家のPCからでも可能 なお、求職検索のみを行う場合には、ハローワークに出向く必要はありません。 自宅に居ながら、パソコンから「ハローワークインターネットサービス」にアクセスすれば、日本全国すべての地域の求人を閲覧することができます。 ただ実際に求人に応募するためには、ハローワークで求職登録をしたり、ハローワークに紹介状を作成してもらわなくてはなりません。 なので求人に申し込む場合には、住所地の管轄内でも管轄外いづれかのハローワークに行く必要があります。 ちなみにリクナビなど一般企業の転職サイトは求人検索から応募まで全部家で完結できます。 ハローワークと転職サイトのメリット・デメリットの違いですね。 また転職だけでなく会社以外で収入を得る手段を作るのも1つの手です。 転職も大事ですがやはり副収入や資産形成でお金を稼げればいいですよね。

次の

ハローワーク(公共職業安定所)でできること

ハローワークでできること

担当者性によるきめ細やかな相談・支援 お一人おひとりの担当者を決めて、自分のことをよく知る担当者(予約制)による、 自身の 状況に応じたアドバイスを行います。 エントリーシート・履歴書の作成支援 自己PR・・・志望動機・・・ はじめて書くエントリーシートや履歴書には不安がいっぱいです。 そんな不安を担当者と一緒に解消していきましょう。 その前に実践的な面接トレーニングで自信をつけて望みましょう。 Bルーム 個人面接練習等に利用 セミナールーム 個人面接のほか集団面接や グループディスカッション等に利用 職業適性診断(キャリア・インサイト) どんな仕事に向いているのかわからない・・・ 自分の特性に合った仕事ってなんだろう? そんな方! パソコンで簡単にできる職業適性診断を受けてみませんか? 各種セミナーの実施 年間を通じて、就職活動に役立つ自己分析、職業適性検査、模擬面接、履歴書、エントリーシート作成支援など の各種セミナーを開催しています。 セミナー風景 職業適性検査 県内外の求人、企業説明会・面接会、就職支援機関等の情報提供 全国の各ハローワークが受理した新卒者向け求人情報を提供します。 求人公開システムとインターネット端末 企業情報コーナー さまざまな資料をお持ち帰りできます 県外のイベントや就職支援機関の情報 企業説明会 ミニ面接会 の実施 企業と新卒者・3年以内既卒者の出会いの場として、ミニ面接会(企業説明会)を随時開催しています。 どんな業界なんだろう?一度話を聞いてみよう。 気軽にご参加ください。 臨床心理士による心理的サポート 就職活動中の心理的な悩みや不安のある方を対象に専門 カウンセラーがプライバシーに配慮してご相談に応じます。 Aルーム カウンセリングのほか個人面接練習等に利用します 内定取り消し等に関する相談 採用内定取消しに関する事業主指導、採用内定取消しを受けた学生への就職支援を行います。 若者使い捨て企業苦情相談 若者の「使い捨て」が疑われる企業の情報や相談を受け付け、労働基準法等の違反が疑われる企業については労働基準監督署に情報提供し、労働基準監督署は、その情報の内容を踏まえて、監督指導を実施します。 まず自分自身をしっかりと見つめることから始めましょう。 学校での勉強、アルバイト、サークル活動、ボランティアなど、これまで自分が歩いてきた道のりを振り返り、 自分だけのオリジナルなネタを見つけましょう。 また、学校のみに提出される求人も多数ありますので、キャリアセンター、就職課も積極的に活用し、蓄積 されている過去のデータ(各企業の選考方法、採用のポイントなど)や、OB・OG訪問による情報収集など、 アナログな情報収集を行うことも重要です。

次の