きめ つの 刃 ネタバレ。 【205話鬼滅の刃ネタバレ最新話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

鬼滅の刃7巻56話ネタバレ感想!煉獄は何故血鬼術でも動けたのか予測考察

きめ つの 刃 ネタバレ

鬼滅本誌196話のネタバレ 炭治郎のもとへ走り続ける禰豆子。 人間に戻りつつあり、その足取りは徐々に重くなってゆく。 激しい息切れを起こし、大量の汗をかいている。 禰豆子の脳裏には、人間だった頃の記憶が蘇り始めていた。 ついに、 無惨に襲撃された日のことを思い出す。 雪の降る夜、家の玄関に無惨の姿があった。 弟たちは禰豆子に逃げてと叫び伝えるが、無惨に次々と血を注入され倒れてゆく。 少量の血を注入しただけで死んだ兄弟に対し、無惨は非情にも落胆の表情を見せるのだった。 大切な家族の命を奪った無惨を思い出し、怒りの感情が湧き上がる。 ーーーーーーーーーーーーーーー その後次々と禰豆子の脳裏に思い浮かぶのは、鬼となってから出会った人々の姿であった。 禰豆子のことを助けた義勇や鱗滝。 ともに鬼と戦った善逸や伊之助、柱たちなどのことを思い出す。 記憶が戻るにつれて、爪は歯は人間のように短くなってゆく。 最後に思い浮かぶのは、優しく手を差し伸べながら禰豆子の名を呼ぶ「 炭治郎の姿」だった。 禰豆子は涙を流しながら全てを思い出す。 自分は、鬼に家族を殺された人間「竈門禰豆子」であると。 禰豆子の姿は紛れもなく 人間に戻っていた。 ーーーーーーーーーーーーーーー 無惨は柱たちがまだ生きていることに気づく。 実弥や義勇は致命傷を負っていたが、愈史郎の治療により命を取り留めていた。 夜明けまで35分を切り柱の復活も近いことから、再び逃亡を図る無惨。 縁壱と戦った時のように、体を膨張させ分裂で逃げようとする。 しかし、いくらやっても 分裂することができないのだ。 無惨は気づく。 珠世の3つ目の薬によって分裂を妨害されているのだと。 恨みがましい笑みを浮かべながら珠世は、無惨の推測は外れだと否定する。 突如、血を吐き出す無惨。 珠世が仕込んだ薬は、3つではなく4つだったのだ。 4つ目に仕込んだのは「 細胞破壊の薬」であり、3つの薬で弱った無惨を体内から破壊してゆくのだと。 無惨の死は其処まで近づいている……197話へと続く。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 キャラ 現在の状況 無惨戦において瀕死となるが、愈史郎の治療によって復活。 無惨と対峙中。 しかし右目は欠損して、顔の半分は鬼の細胞が残ったまま。 戦いの中で 13個目のヒノカミ神楽の発動条件に気付く。 炭治郎のもとへと向かっていたが、ついに街へと到着。 さらには 右目が人間のものへと戻っている。 無惨の全力攻撃を受けるが、かろうじて生存する。 両目を失明しているが、鏑丸と愈史郎の札によって視界を開き無惨と戦う。 異形へと姿を変え、柱全員を相手にして戦闘中。 だったが、珠世に盛られた薬により9,000年分以上老化しており、着々と弱体化していっている。 さらに、縁壱による古傷が浮かび上がり体力の限界を迎える。 無惨は逃亡してしまう? 縁壱の時と同じように、自身の危機を感じたら一目散に逃亡しようとする無惨。 炭治郎たちは必死に食い止めようとしますが、このまま無惨は逃亡してしまうのでしょうか? 逃亡する可能性は限りなく低い 生き残ることを最優先に考える無惨ですが、 今回の逃亡は失敗するのではないかと考えられます。 理由は2つ。 1つ目は、無惨が弱体化していること。 縁壱の頃は、弱体化する薬は投与されていませんでした。 今回は、縁壱の残した古傷に加えて、老化して弱体化し続けていることから逃げるのは困難なのではないでしょうか。 2つ目の理由は、対峙する剣士たちが一切躊躇していないこと。 縁壱は無惨に初めて会った際、トドメは刺さずに「命を何だと思っているのか」と問いかけ、対話することを試みます。 しかし、その隙がアダとなり、無惨の逃亡を許すことになってしまいました。 今回は、無惨が逃げることを知っている炭治郎が、死ぬ気で食い下がってきています。 老化に加えて、命をかえりみずに向かってくる剣士たちがいることから、 無惨の逃亡は困難を極めると予想できます。 禰豆子は人間に戻っているのか? 禰豆子について 禰豆子は対無惨戦において、重要な鍵となる人物なのは間違いありません。 しかし、人間に戻っているのか、それとも鬼のままなのかによって役割に大きな違いがでます。 鬼のままの場合 炭治郎の「治らなかった細胞」を治療したり、炭治郎の刀を爆血刀にしたり、無惨に爆血を浴びせて致命傷を与えたりと大活躍が期待できます。 しかし一方で、禰豆子は無惨が追い求めてきた 「太陽を克服した鬼」。 つまり、 禰豆子を吸収することで。 無惨が夜明けを克服してしまう可能性もあるのです。 人間に戻っている場合 炭治郎と合流することによって兄妹の絆が描かれるという、「演出」としての役割が大きくなります。 ただ、ここまで走ってきている段階で人間の脚力や体力を凌駕していることから、半分人間、半分鬼の状態なのではないかと考えられますね。 爆血を使えるかどうかはわかりませんが、無惨を倒す際に重要な役割を持ったままというのは間違いないのではないでしょうか。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の

【205話鬼滅の刃ネタバレ最新話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

きめ つの 刃 ネタバレ

スポンサーリンク 戦いが終わって・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 上弦の壱との死闘はついに決着しました。 しかし風柱の不死川実弥はまだ攻撃をやめようとしません。 岩柱の悲鳴嶼は鬼はもう再生しないから攻撃をやめるように言いますが止まらない実弥。 なんと実弥は意識を失ったままで攻撃を続けていたのでした。 体を無理やり抱え込んでようやく攻撃を止めましたがそのまま倒れ伏してしまいます。 その後、悲鳴嶼は玄弥と無一郎を案じそちらへ向かいます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 玄弥はまだ息がありました。 瀕死の状態ながら、兄の実弥と無一郎は大丈夫かと安否を気遣います。 悲鳴嶼は、玄弥は出血とともに鬼の効力もほとんど抜けているため、稀血の実弥を傍に置いても差しさわりはないと判断し、意識を失ったままの実弥をそばに運びます。 実弥が生きていることに安堵する玄弥。 スポンサーリンク 無一郎を迎えに来た兄・有一郎 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして悲鳴嶼は無一郎の元へ。 無一郎は目を開けたままの状態ですでに亡くなっていました。 悲鳴嶼はその瞳をそっと閉じてやります。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして無一郎と玄弥のお陰で勝つことができたと感謝と尊敬の言葉をかけ、若い身空で本当に立派に戦ったとたたえます。 必ず無惨を倒してそちらに行くから、安心して眠るようにと・・・ 自分よりも若い人たちが身を呈して勝利に貢献し、結果自分より先にいってしまう。 先に死んでしまうほうも痛ましいですが、それを見送るほうも辛いです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 死んでしまった無一郎を迎えに来たのは、兄の有一郎でした。 有一郎は泣きながら怒っています。 こっちに来るな、戻れ、まだ十四歳なのだから逃げれば良かったのにと言います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 こんなところで死ぬなんで無駄死にだ、何のために生まれたのかわからないと。 スポンサーリンク 「幸せになる為に生まれてきたんだ」 無一郎は答えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 「僕が何の為に生まれたかなんて そんなの自分でちゃんとわかってるよ 僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」 家族四人で暮らしていたときも幸せだった。 一人ぼっちになってからつらいことや苦しいことがたくさんあったけれど、仲間ができてまた笑顔になれたと。 記憶を取り戻してから仲間と過ごす時間が楽しくなって、笑顔が増えた無一郎。 その仲間のために命をかけたことは後悔していないと言います。 そして、他の誰かになら何と言われてもいいけれど、無駄死になんて兄さんにだけはそう言って欲しくないと訴えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 有一郎は謝り、無一郎に死なないで欲しかったと言い、二人は泣きながら抱き合うのでした。 十一歳で死んでしまった兄の有一郎は、無一郎にもっともっと長く生きて欲しかったんですね。 まだ十四歳なのに戦いで命を落としてしまうのは心が痛みます。 年齢的にも早すぎると思います。 でも無一郎が、幸せになるために生まれてきたんだと思っていたのは本当に良かったと思いました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 記憶が戻り仲間ができてまた笑顔になれた、という回想では炭治郎や玄弥、そして刀鍛冶の里の人たちもいました。 彼にとって一番楽しかったのはあの時期なんだなと思いました。 無一郎の人生は、決して不幸ではなかったのです。 スポンサーリンク 玄弥の体が崩れる・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 やがて実弥が目を覚まします。 すると目の前で玄弥の体が崩れていくところでした。 鬼と同じように体が崩れ始めた玄弥を見て実弥は取り乱し、何とかしてやる、兄ちゃんがどうにかしてやると叫びます。 そんな実弥に玄弥は、あの時兄ちゃんを責めてごめん、迷惑ばっかりかけてごめんと涙を流して謝るのでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 「あの時」というのは、鬼になってしまった母親を実弥が殺したときのことです。 実弥は玄弥を守るために必死で戦ったのに、玄弥はとっさに「人殺し」と言ってしまったのでした。 そのことをずっと後悔していたのです。 玄弥がずっと抱えていた、兄に謝りたいという願いはここでようやく叶ったのでした。 迷惑なんて一つもかけていない、俺より先に死ぬなと泣きながら叫ぶ実弥・・・ 玄弥は、守ってくれてありがとう、兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように俺も兄ちゃんを守りたかったと言います。 スポンサーリンク 玄弥の死 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 つらい思いをたくさんした兄ちゃんは幸せになって欲しい。 俺の兄ちゃんは世界で一番優しい人だから。 玄弥は静かに感謝の気持ちを伝えると、最期に微笑みながらありがとうと言い、崩れて消えてしまいました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 その現実を受け止めきれずに泣き崩れる実弥・・・ 普段は強気で気性も荒い彼が悲しんでいる姿は、読んでいるこちらも辛いです。 これまで、傍にいなくとも生きていることで心の支えにもなっていたであろう存在の弟・玄弥が目の前で死んでしまったのです。 これで実弥は家族を全員失ってしまいました。 そこへ悲鳴嶼が静かに歩み寄ります。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして行かねばならない、顔を上げろと静かに言います。 無惨を倒すまで終わりではないと。 次回へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 179-180 話のまとめ 今回は涙無しには読めない悲しい回でした。 上弦の壱には勝利しましたが、失ったものも大きかったです。 玄弥が最後に実弥に謝り、感謝を伝えることができたのがせめてもの救いでした。 が、実弥はこの先大丈夫でしょうか? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 かなりの重傷ですしこんな精神状態で無惨と戦うには無理があるのでは? と心配になってしまいますが、岩柱の悲鳴嶼が行かねばならないと言っていますし、前に進むしかないのでしょう。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして、今回は兄弟がお互いを想い合う気持ちが描かれました。 時透兄弟も不死川兄弟も、兄または弟に幸せになって欲しいと願っています。 「頼むから死んでくれ」と縁壱の死を願っていた黒死牟とは対照的でした。 次は場面が変わってついに無惨戦でしょうか? 上弦の肆である鳴女と戦っている甘露寺&伊黒のほうも決着がついたのか気になりますね!.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』179

きめ つの 刃 ネタバレ

おしながき• 竈門家 炭治郎の家は、東京府奥多摩郡・雲取山という場所にありました。 そこでは当時、炭治郎と禰豆子、母の葵枝や他の兄弟たち、総勢7人が生活をしていました。 そして、炭治郎が麓の町へ炭を売りに行っている間に、竈門家は無惨に襲われてしまいます。 そこで私が最初に考えたのは「竈門家を襲ったのは本当に無惨だったのか」という点です。 誰が 竈門家を襲ったのは、本当に無惨だったのか。 そこを考える上で重要なのが「無惨の血だけが人を鬼にできる」ということです。 無惨の血だけが、人を鬼にすることができる。 これは、無惨がそこにいなくても、無惨の血さえあれば人を鬼にすることは可能だ、ということでもあります。 つまり、無惨以外の誰かが無惨の血を持って、竈門家を襲ったということも考えられるのです。 そうしてどういういきさつか、禰豆子の傷口にその血がかかった。 こういった可能性も、ゼロではありません。 黒死牟が獪岳を鬼にしたときも、黒死牟は無惨の血を獪岳に飲ませていました。 黒死牟は手から血を出していましたので、黒死牟の体の中に、無惨の血があるということなのかもしれません。 もしこれが、無惨の血を多く貰っている上弦ならではのスキルだとするなら、上弦の誰かが竈門家を襲ったのだとしても、おかしくはありません。 ただ、やはり私は、無惨が竈門家を襲ったのではないかと考えています。 上弦が竈門家を襲う理由も、あると言えばあるのですが、それでは炭治郎の仇は既に死んでしまっている、ということになります。 それでは物語的に、盛り上がらないのではないかと。 それに、炭治郎が家に残っていた匂いで無惨を見つけたということも、無惨が竈門家を訪れた証拠になります。 これが血の匂いのことだったのか、無惨自体の匂いのことだったのかは、定かではありません。 理由 無惨が竈門家を襲ったということは、ほぼ間違いないと思います。 では、どうして無惨は竈門家を襲ったのか。 その理由が気になりますよね。 無惨がたまたま通りかかった家を襲うというのは、考えにくいような気がします。 コミックス2巻で、無惨がやっちゃんという人間とぶつかった際も、無惨はすみませんと謝り、その場を後にしようとしました。 無惨は、普段からむやみやたらに、人を襲っているわけではないと思います。 そもそも竈門家があるのは、雲取山という山の中です。 そんなところを、無惨が偶然散歩していたとは思えません。 噂では、雲取山に青い彼岸花を探しに来ていたのではないか、という噂もあります。 ただそれだと、無惨がわざわざ竈門家を襲った理由が分かりません。 無惨が山にいるということは、間違いなく夜のはずです。 夜であれば竈門家は皆、家の中にいたと思います。 無惨が通りがかったついでに、竈門家を襲うということがあるのでしょうか? 私はないと思います。 なので、無惨は竈門家に狙いをつけて雲取山までやってきた、というのが私の現時点での予想です。 では、どうして竈門家に狙いをつけたのでしょうか。 ヒノカミ神楽 無惨が竈門家を襲いに来た理由。 それは、ヒノカミ神楽が日の呼吸の型だということが、無惨にバレてしまったからなのではないでしょうか。 おそらくですが、縁壱が日の呼吸の型を竈門炭吉に伝える際、無惨や鬼にバレないように、ヒノカミ神楽という形で伝承したのだと思います。 それがついに、無惨にバレてしまったのではないかと。 現在の最新話である178話で、黒死牟が言っていました。 「日の呼吸の型を知る剣士は、あのお方と私で徹底して殺し尽くした。 それなのに何故、お前の呼吸は残っている」 この「日の呼吸を知る剣士」という言葉の中に、竈門家も含まれていたのではないでしょうか。 無惨がどこかで、ヒノカミ神楽が日の呼吸の型だということを知り、無惨自身が竈門家を襲いに来た。 ただ、誰に伝承されているのかについてや、炭治郎という存在と耳飾りについてまでは、無惨も把握していなかったのでしょう。 なので、とりあえず竈門家は全滅させた。 それなのに何故かまた、日の呼吸の型であるヒノカミ神楽を使う炭治郎が現れたことに、無惨や黒死牟は驚いていた。 そういう事なのではないでしょうか。 私は最初、耳飾りも無惨に狙われた理由なのではないか、とも考えました。 しかし、無惨が炭治郎と初めて会った時、耳飾りを見て無惨は驚いていましたので、耳飾りが狙われた理由とは、考えにくいところです。 不可解 ここで一つ、不可解な点があります。 それは、どうして無惨程の鬼が、禰豆子の鬼化を見逃してしまったのか、という点です。 日の呼吸の型を知るであろう家であれば、跡形もなく消してしまえば良かったのではないかと思うのです。 無惨であれば、頭を吹き飛ばすくらいできたでしょう。 ですが、竈門家の家族が死んでいるシーンを見ても、そこまで酷い惨状ではありませんでした。 むしろ、全員鬼にしようとしたような感じさえ見てとれます。 無惨は、あわよくば誰かを鬼にしようと考えていたのでしょうか? なので、あえて完全に八つ裂きにしたりせず、血を与えることにした。 そして、禰豆子だけが無惨の血に対応することができた。 そういう事なのかもしれません。 まとめ的なもの この、竈門家襲撃問題。 謎が明かされるのは、無惨と炭治郎が対峙した時になるのでしょう。 1話からずっと張られている伏線。 回収する時にはクライマックス。 実に長い伏線です。 これからクライマックスに近づくにつれ、色々な事が、一気に明かされていきそうな予感がします。 思考が遅れることがないよう、毎週じっくり考察していきたいと思います。

次の