生姜 シロップ モニター。 生姜シロップレシピ特集!NHK情報や氷砂糖などを使った作り方などを大公開

長崎の生姜シロップの口コミや評判は賛否両論っぽいですね

生姜 シロップ モニター

この記事の目次• 生姜(ショウガ)シロップとは? 生姜シロップとは、生姜のエキスを抽出するために、 じっくり煮込んで作られたシロップのことを指します。 名前からも分かるように材料の主役は生姜です!生姜エキスの効果・効能をたっぷりと含んでいるのが甘くて美味しい生姜シロップです。 生姜(ショウガ)シロップの効果・効能 生姜シロップには含まれる生姜の成分より、さまざまな効果・効能をもたらせてくれます! 日本で生姜は古くから「薬」として使われてきたことが『古事記』にも書かれているほどです。 生姜の薬効は「漢方」としても有名ですよね。 ここでは、主な生姜の成分をご紹介します。 (1) 生姜の「ショウガオール」 生姜には冬の寒い時期などに体を温めてくれる効果があります。 これは生姜の成分の1つである「ショウガオール」の働きなのですが、血行を良くして発汗を促すと言われているのです。 血行が良くなることによって新陳代謝が上がるため、冷え性やむくみの予防にも繋がります。 加えて、殺菌作用!もあって、お刺身の薬味に使われるのはこの作用のためなのです。 (3) 生姜のジンゲロン ジンゲロール、ショウガオールと並んで、血行促進作用や加温作用があるのが、シンゲロンという成分です。 加熱によってジンゲロールが変化して作られます。 発汗作用にプラス、体脂肪分解など、ダイエットにも嬉しい効果が期待できるんです。 自家製生姜シロップの作り方 生姜シロップは、実は自宅でも簡単な手順で作ることができます!さまざまなレシピがインターネット上でも紹介されていますが、まずは基本のベーシックな作り方をここではご紹介します。 <材料> 用意するものは、生姜・三温糖・はちみつ・水の4つだけ! これにレモン汁を足して作ることもあります。 三温糖はお菓子作りをしない人には馴染みが薄いかもわかりません。 <作り方> 生姜をよく洗って、半分はスライスし、半分はすりおろしておきます。 鍋に水・三温糖・はちみつを加えて火にかけ、三温糖が溶けたら生姜を加えて弱火で10分程度煮ていきます。 火からおろし、粗熱がとれたら濾して完成!密閉瓶などに入れて保存しましょう。 ろ過して残った生姜のかすは、もったいないので、煮物・カレーなどに加えてみるのも一案です。 余すことなく使い切るために、生姜シロップのいろいろ食べ方をご紹介します。 参考にして、ご自身でオリジナルレシピに挑戦してみるのも良いですね。 【1】 ヨーグルトにかけて フルーツソースの代わりにヨーグルトに生姜シロップもおススメです!ヨーグルトは冷たいまたは常温のまま食べることが多いのですが、生姜シロップをかければ体の冷えも防止できるというおまけ付き!生姜シロップにレモン汁をちょい足しして、柑橘風味にするのも美味です。 【2】 ジンジャーエールやホットジンジャーにして 人気のジンジャーエールは、生姜シロップに炭酸を入れることであっという間に出来ちゃいます。 生姜のスパイシーな味わいに加えて、三温糖やはちみつの甘さによって、メイン料理が優しい味わいに仕上がりますよ。 【4】 ホットケーキやカップケーキなどのお菓子にも いつものお菓子に隠し味として!生地に数滴混ぜ込む、または盛り付け時にちょこっと添えてみましょう。 生姜シロップをつくるときに残った、すりおろし生姜を入れてもマルです。 生姜シロップは長崎のが超有名!その人気の理由とは? 生姜シロップといえば、長崎産って聞いたことがある人も多いでしょう。 通販でも多く売られています。 なぜ長崎産が良いの? 生姜の生産量を調べてみても、一番の生産量は高知県。 特に長崎の生姜が多く取れるようでもないようです。 その秘密は生姜の栽培法にありました! 長崎産の生姜は、他にはない特別な栽培法で作られているようです。 その栽培法で育った生姜自体に、その健康効果が極めて強いようです。 その効果が高い生姜から作られた生姜シロップだからこそ、みんなが注目する秘密があったのですね。 その良質な土壌で育つ生姜にはパワーあふれる生姜に育ってくれます。 また、育てる時の使用水も地下からくみ上げる湧き水にこだわって作られています。 さらには、椿の搾りかすを使用した有機肥料を与えられて栽培されます。 水を使わないで100%生姜汁のみのシロップを作るとなると、相当量の生姜の量が必要となってきます。 しかし、長崎産の生姜シロップは素材の味わいやパワーを大切にするために、水を加えず、大量の生姜を使用して作られているのです。 そのハチミツの条件とは? 100%天然のナチュラルハニーを使ってみます。 次に、水分量含有の少ない、濃厚なハチミツをつかうことによって、少量の生姜からでもしっかりと生姜エキスを吸い上げてくれます。 日本の国産ハチミツは意外にも水分量が10%以上もあり、海外産ハチミツの輸入基準よりハードルが低く設定されています。 海外産で濃厚な味わいのもの、または、国産でも水分量表示をちゃんとやっているところのハチミツ製品ならば可能性があります。 生姜シロップには、以下の効果、特徴があります。 生姜には、血行促進・発汗作用・新陳代謝といった効能が期待できる• 自家製生姜シロップは、生姜・水・はちみつ・三温糖などで簡単に作ることができる• 生姜シロップは、ジンジャーエールやホットジンジャーのような飲料にして飲むのが一般的!• 他にもヨーグルト・炒め物・煮物・お菓子などに入れても美味しい• 長崎産の生姜シロップは、育てる土・肥料・製法などにこだわって作られている 生姜シロップといえば、体を温めめてくれる作用が有名なために、冬の寒い時期にしか意識が向かなかったりしますよね。 しかし、急な気温変化のときや、夏の冷房でカラダが冷え切ったりしている時期にも、生姜シロップを利用したレシピを活用するようにしましょう。

次の

生姜シロップレシピ特集!NHK情報や氷砂糖などを使った作り方などを大公開

生姜 シロップ モニター

ジンゲオール 喉の痛みなどに効く殺菌作用の働きがあります。 ショウガオール 血行促進の作用を持つ成分が含まれています。 血管が拡張され血行が良くなり、自然と体温が上がって代謝の促進につながります。 料理に使用すると色々なメニューに活用できるので、とても料理の幅が広がり、楽しんで利用しています。 冷え性で悩む私には、健康にも配慮できるので期待しています。 使い始めてから思いのほか早く、体がポカポカしています。 飲み始めてから1か月たったころから、スッキリした感じになりました。 使い始めてから、身体の内側からバランス良く整えられていると感じています。 以前は身体が重く外出も憂鬱でしたが、今は活発に体を動かして生活を送っています。 とても評判のよいレビューが届きました。 これを読んでいると皆さん身体がスッキリという意見が出そろいました。 そのまま飲んでも美味しいし、料理の調味料にも使えるといった万能な使用が出来る生姜シロップはまさに現代の救世主と言えます。 NHKで紹介された生姜シロップレシピを解説 それではNHKの「3分クッキング」で紹介された生姜シロップレシピを解説していきましょう。 ジンジャーシロップ 180ml• 生姜 120g• きび砂糖 または砂糖 80g• シナモンスティック 1本• クローブ あれば 5個• 黒粒こしょう あれば 5個• 水 1カップ• 2, すりおろした生姜を鍋に入れ、水、はちみつ、きび砂糖、シナモンステック、赤唐辛子、クローブ、黒粒こしょうを入れ混ぜ合わせます。 3, 材料が入った鍋を火にかけ(少し強い位の弱火)約25分煮込みます。 4, 煮込み終わったら、ザルに入れてこす、この時取り残しのないように しっかりとこすことがポイント。 5, もう一度鍋に戻して火にかけ、レモン汁を入れて沸騰してさらに2分程煮込むと出来上がりです。 6, 絞りカスにも栄養が豊富に含まれているので様々な料理に使うことが出来ます。 氷砂糖またはグラニュー糖 300cc• シナモンステック 2本• カルダモン 3粒• クローブ 1本• レモンの輪切り 1, 生姜はよく洗ってからキッチンペーパーで水分を拭き取り30分程乾かす。 2, 生姜の皮は剥かず、薄切りにします。 3, シナモンステックを折り、カルダモンは半つぶしにする。 レモンは荒塩で皮をこすり洗ってから輪切りにします。 4, 瓶に氷砂糖としょうが、シナモンステック・カルダモン・クローブ・レモンの輪切りを交互に入れ、酢も加えます。 5, 瓶の蓋をしたら時々揺すって氷砂糖がなじむようにします。 1日常温で置き、野菜などを入れまた1日置いたら出来上がりです。 コツ・ポイント レモンは出来れば国産を使用すること。 なければ皮を剥いた輪切りを使用そして荒塩でこすり洗った後,キッチンペーパーで水気を拭き取ります。 かぼす 1kg• 氷砂糖 1kg• 生姜 250g• 酢 大さじ2 1, かぼすは皮を剥き、半分に切ります。 この時、種は残すが包丁で切れてしまった種は爪楊枝などで取り除くとなおよい。 2, 生姜は皮を取り、5mm程の厚さに切ります。 3, 瓶にかぼす、しょうが、皮を順に詰めていきます。 4, カボスの皮の緑色がなくなってきたら取り出します。 取り出した皮にも味が染み込んでいるので飲み物にしたらなおよし。 5, 一週間が経ったら、シロップ、かぼす、しょうがと取り分け、冷蔵庫へ入れます。 コツ・ポイント 氷砂糖が溶けきるまで1日2回は揺すってあげましょう。 リンゴ 600g• 生姜 1片• きび砂糖 200g• レモン汁 小さじ2 1, リンゴの皮と芯を除き,1cm厚のいちょう切りにする。 生姜は皮を除き,繊維に沿った細い線切りにします. 2, 鍋 厚めが良い にりんご、生姜にきび砂糖をからめて、水分が出るまでしばらく置いておきます。 3, りんごから水が出てきたら弱火で加熱し、蓋をして蒸し焼きにします。 4, 全体にグツグツ煮立ち、りんごがしんなりしたら蓋を取り、弱火で水分を飛ばすように煮ます。 5, 半量くらいまでシロップが煮詰まったら、レモン汁を加え、火を止め完成。 コツ・ポイント りんごを薄くカットすると、りんごがトロトロになります。 新生姜 1パック 100g• 黒糖100g• 水あめ 10g• かぼす果汁 1個• 鷹の爪 1本 1, 生姜は水でよく洗って川の汚れたところを軽くこそげ取り、皮付きのままおろし金ですりおろします。 2, 瓶に生姜、黒糖、水あめ、カボス果汁を入れて混ぜます。 3, 黒糖が溶けたら電子レンで500wで2分加熱します。 一旦取り出して混ぜます。 4, 瓶の中身全体がふつふつするまでさらに1分加熱して混ぜることを繰り返します。 5, 煮詰まったのを確認して種を取り除いた鷹の爪を沈めるように入れ、蓋をする。 コツ・ポイント 電子レンジを使用し簡単に調理しているが、心配な人はちゃんと煮立てた方が良いです。 とても熱くなっているため扱いに注意してください。 生姜シロップにおける人気の口コミと効能を解説 ではここで生姜シロップの人気の口コミと効能について書いていこうと思います。 一例として株式会社エテモント(九州アスリート食品)の商品の「長崎県産生姜シロップ」について紹介したいと思います。 効能 長崎県の島原半島という恵まれた場所で育ち、地元に伝わる水を一切使わずに作り上げる方法で、大切に生姜汁を絞り出して作りました。 他の原料として、「鹿児島県産の黒糖」「鹿児島県産のさとうきびシロップ」「大分県産のカボス」を慎重に混ぜ合わせ、ひとつひとつの作業を大切に行うことで、決勝のような大切なシロップが出来上がります。 女性の体から年齢と戦う力を考えます。 そんな自分を変えたいと切望していた時にこの生姜シロップと出会いました。 甘酒にこの生姜シロップを大さじ1ほど入れて番茶で割り、コップ一杯をしばらく飲むと私には合っていたのか自分が段々と生き返るような感じを本当に20年ぶりくらいに味わいました。 そして今では明日はどこへ行こうかと次の日が来るのが楽しみになりました。 趣味を楽しめるようになって毎日を楽しんでいます。 毎年冬が辛かったけれども今年は気にならなくなりました。 生姜シロップは割って飲むとさわやかな生姜の香りにピリッと甘辛い喉越しがたまらなく美味しいです。 黒糖の甘みは優しい味がします。 混じりけのない素晴らしい食品と気に入っております。 おすすめの新陳代謝を上げる食材 1, 糖質の代謝をサポートするビタミンB1 糖質の代謝をサポートする働きがあります。 また能や神経の働きを正常に保ち、 疲労やストレスを解決してくれます。 豚ひれ、豚もも、豚ロース、うなぎ、玄米 2, 脂質の代謝をサポートするビタミンB2 ビタミンB2は「発育のビタミン」とも呼ばれ、 体を構成する細胞の新陳代謝を促進します。 豚レバー、ブリ、サンマ、卵、モロヘイヤ 3, たんぱく質の代謝をサポートするビタミンB6 「肌のビタミン」とも呼ばれ 肌荒れ予防などの効果も期待できます。 カツオ、サンマ、豚ひれ、鶏ささみ、バナナ 4, 食物繊維で代謝を上げる 「水溶性食物繊維」には 腸を活発にする働きのほかに血糖値やコレスレロールを下げる働きがあります。 洋ナシ、さつまいも、かぼちゃ、春菊、ごぼう 5, 代謝を上げる発酵食品 発酵をサポートする乳酸菌や麹菌などの微生物には、腸内の代謝のバランスを整える動きがあります。 また、発酵食品にはアミノ酸を多く含んでいるため、タンパク質より効率よく吸収する事が出来ます。 チーズ、ヨーグルト、ぬか漬け、キムチ、生ハム ただ、これらの食材を毎日食べる事はとても困難です。 そんな人のための食材がこちら.

次の

九州アスリート食品「生姜シロップ」お試し500円【82%割引】

生姜 シロップ モニター

我が家では料理などに高知県の黄金生姜を使用しているので、「おっ!」と第一印象。 そしてすだちに黒糖。 試飲するのが楽しみでした。 飲み方も何種類か記載がありましたが、先ずは少しだけストレートで。 やはりストレートですと生姜のピリッと感が舌に残りますが、すだちの爽やかさや黒糖のまろやかさがありますので飲めない程ではありません。 一日7~10ccとのことですので、毎朝飲みました。 お酒以外の飲み方で。 炭酸水で割りますと、更に爽やかな味わいで美味しく、夏にも良いかと!でもやはりお湯や紅茶で飲むのが一番生姜の香りも楽しめて、体の芯から温まる気がしました。 私は普段から紅茶に自家製ハチミツレモンと生搾り生姜を入れて飲んでいるので、違和感なく美味しくいただいております。 我が家の男児2人は紅茶に入れるのが好きなようです。

次の