あずましい 意味。 青森県の方言

青森県の方言

あずましい 意味

「あずましい」の意味とは? 「あずましい」の標準語• 「あずましい」の使い方• 「あずましい」の漢字は? 「あずましい」は方言? 使われている場所 「あずましい」の意味とは? 北海道ではゆったりしていて余裕があり、落ち着けることを 「あずましい」と表現します。 落ち着かないときや、余裕のない場合には 「あずましくない」と否定形が使われ、時間、空間どちらの言い回しにも使われます。 座席がゆったりしている場合にも 「あずましい」ですし、服のサイズがたっぷりして体が楽なときにも 「あずましい」、スケジュールにゆとりがあってゆっくりできるときにも 「あずましい」を使います。 「あずましい」という語感から、 「あつかましい」をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、全く別の意味になります。 北海道 北海道では、比較的若い年代でも 「あずましい」がつかわれています。 一般的に話し言葉の中で 「あずましいね」、 「あずましくないっしょ」という会話がかわされることが多いです。 北海道弁LINEスタンプでは、 「あずましくない」が採用されています。 「あしたのJR、あずましくないからやっぱ指定席だよね。 」などという会話もあります。 電車は札幌と函館の路面電車だけで、都市間はJR頼みですし、ディーゼル列車が走っています。 函館札幌でも256キロメートル、札幌釧路は302キロメートル離れています。 自由席券で乗り込んで席がない場合、4時間席がないなんて事態になりますから、指定席があずましい訳です。

次の

「あずましい」とは?意味や使い方をご紹介

あずましい 意味

青森県の津軽弁って話している本人は普通だと思っているのに外の人からするとまったく理解できない言葉らしいですね。 私は生まれも育ちも、今も津軽に住んでいるので「津軽弁がまったく理解できない」という感覚がありません。 若い人たちは、そこまでキツイ津軽弁を話していなくても、おばあちゃんおじいちゃんのキツイ津軽弁をきちんと理解できるんです。 使わないのに耳だけは慣れているんでしょうね。 なんだか不思議です。 バイリンガルになった気分です。 今回は、青森県の津軽人以外は理解できない判読不可能な面白い津軽弁を紹介します。 これを文にすることによって、語尾が少し変化しました。 私のお父さんは厳しい人で、私が子供の頃このセリフをよく言われていました。 急いでらんだが? 方言の意味:すごくお婆ちゃんせわしないね。 急いでいるの? 「なんぼ」は「すごく、とても」 「うぬうぬ」は標準語で一言で説明するには難しいですが、せわしなくせかせかしているような津軽人にとって「うぬうぬ」は擬音語の一つなのです。 「~だが?」は語尾につけると疑問文になります。 「あずましい」は「気持ちいい・心地いい・ゆったりして落ち着く」という意味です。 この「あずましい」を使ってよく聞くのは「やっぱり家はあずましい」です。 津軽人は「家はあずましいもの」と思っています。 例えば小学生がブランドバッグなどもっていたら「あの子えふりこぎだ」と言われるでしょう。 男性でも女性でも「えふりこき」は好かれないので、「えふりこき」と言われないようにしたいものです。 「かっちゃ」の意味をお母さんだけで覚えていれば、頭の中が「???」になります。 何を言っているのかまったく理解できません。 しかし、この言葉が言えれば津軽人から「おぉ~!津軽弁使いこなしてるね!」と言われるでしょう。 一気に言葉が短縮になっています。 この辺の言葉は、なんとなく原型があるので、津軽人でなくても頑張れば理解できるかもしれません。 かき混ぜて食べると美味しい納豆なんかは、ちゃんとかました方が美味しいです。 ちゃんとさねが! 方言の意味:どうなのさ。 きちんとしなさい! 「どんだんず」は「どうなのさ・何をするのさ」と、態度があいまいできちんとしていないときにいいます。 大人が駄々をこねてる子供に対して言うことが多いです。 雪解けの場所を歩くと、泥が背中に跳ねたりズボンの裾につくことを「すぱねあがる」と言います。 ズボンの裾などは「すぱね」があがっていても気づきずらいので、冬になったら注意しないといけません。 これは、若者の間でもすごく使う言葉です。 この言葉は、親が子供に言うのではないのでしょうか。 今の時代スマホを片手に離さずひたすら何かをしているのでで、ついつい聞きたくなっちゃいます。 全部が平仮名+濁音でまったく原型もなく理解できないですよね。 これを聞き取れ理解出来たら津軽弁マスターも遠い未来の話ではないでしょう! 津軽弁は奥が深いです。 私は生まれも育ちも津軽なので、当たり前のように理解して話していますが、他の地域の方からすると全く違う言葉なのだろうなと思うと、なんだかちょっと鼻高々な気分です。 これからも津軽弁を駆使していきたいです。 そしてもっと多くの人に津軽弁を知ってもらいたいです。

次の

面白い北海道弁★地元民が恥かいた方言のセリフ10選

あずましい 意味

「すし」を青森県民が発音すると「しし」のように聞こえます。 「す」と「し」だけではなく「ち」と「つ」や「じ」と「ず」も発音の区別がつかないという独特な方言なのです。 「くつした」という単語の場合、標準語であれば「つ」を高く発音します。 「くつした」は「つ」がアクセントの位置になりますが、青森の場合は「た」がアクセントの位置になります。 「ビー玉っこ」や「飴っこ」など、小さくて可愛らしいものに「〜っこ」とつけますが「車っこ」など、大きいものに愛着を感じている場合にも「〜っこ」とつけます。 津軽弁は言葉を短縮するのが日常的で、他県から見るといまいちよく分からない言葉が多いです。 「痛い」というのは「いで」と発音します。 これならまだ意味が分かりますね。 しかし「わたし」を「わ」と略したりするのは、他の県では見られない特徴ですね。 「あちらに」の「に」が「さ」になって「あっちさ」という言葉になるのです。 「に」が「さ」になって、それで会話をしているというのも青森でしか見られない特徴ですね。 「おはよごーす」は標準語にすると「おはようございます」になります。 これはとても分かりやすいですね。 親しい間柄だとこの挨拶を飛ばして「元気ですか?」という意味が込められている「生きてる?」という挨拶をすることもあります。 「あらまあ」や「びっくりした」と言いたい時に使う他、他の部分でも「わいは」は使われるので津軽弁の中でも特に使用頻度が多い方言だと言われています。 青森生まれだという人に尋ねてみましょう。 これは呼びかけるときに使う津軽弁で「ねえねえ」などと同じ意味になります。 「ねえねえ、待って」と言いたいときは津軽弁では「ちょーちょー待っでけろ」となります。 親しい人を呼ぶときは使えますが、目上の人に使ってはいけません。 しかし、この「めぐせ」には2つの意味があるのです。 青森には津軽弁と南部弁というのがあります。 津軽弁では「めぐせ」は恥ずかしいという意味になりますが、南部弁では見苦しいという意味で使われています。 これは疑問を投げかけるときに使う言葉です。 「ん」から始まる日本語はとても珍しいですね。 「そうなの?」という意味の津軽弁で、相手の言葉を聞いて疑問に感じたときに使う方言なのです。 「ん」をはっきりと発音することがポイントです。 これはお礼を言うときに使う言葉で「ありがとうございます」という意味です。 津軽弁ではありませんが、南部弁のありがとうは「めやぐだ」というものです。 これは「迷惑をかけてしまってすみません、ありがとうございます」を略した感謝の言葉です。 これは知らん振りをしていると言いたい時に使う言葉です。 「つけらっと話している」というのは「何かあったのにけろっとして、知らん振りをしながら話している」という言葉なのです。 つけらっとという響きが可愛いですね。 これは「意地っ張り」という意味で「あの人は意地っ張りだから」と言いたいときに「あん人はじょっぱりだから」と使います。 基本的に青森県民は意地っ張りな人が多いと言われていますので、じょっぱりは青森県民を表す言葉と言っても過言ではないのですね。 これは標準語で「可愛い」という意味です。 津軽弁のみで使われているのではなく、岩手県などを含んだ東北地方で主に使われている方言です。 若い人ではなく主に年配の人が可愛いものを見たときに「めんこい」と使うことが多いです。 これは「頑張れ」という意味の津軽弁になります。 「頑張ります」という時は「けっぱる」と使います。 青森県民などの東北地方民は皆我慢強く、意地っ張りなのでこのような言葉を用いて自分にカツを入れて頑張っているのですね。 「っきゃ」というのがとても可愛い語尾ですね。 これは「そうだよね」という意味の言葉なのです。 今では若い人が使うことはほとんどありませんが、可愛い女子が「そうだよね」を「んだっきゃ」と言っていたらとても可愛いですね。 「じゃ」という響きは年配の人の言葉遣いのように感じますが、可愛い女子が使っていたら心を掴まれてしまいますね。 これは「分かった」という意味の言葉で、これに「じゃ」とつけると津軽弁になるのです。 これも「ちゃ」という語尾がとても可愛いですね。 「何をしてるの?」というのを津軽弁に置き換えるとこんなに可愛い言葉になるのです。 可愛い子に「なにしてるちゃ」と尋ねられたらついメロメロになってしまいそうです。 標準語で「また来てね」という意味の言葉ですが、可愛い子から「また来てけろ」と言われたら可愛くて日をおかずに同じ場所を訪れてしまいそうですね。 津軽弁にはたくさんの可愛らしい語尾があって現実で聞いてみたいですね。 「だびょん」なんてユニークで可愛らしい語尾もあるのですね。 これは「どうして」という意味の津軽弁で、青森だけでなく東北地方の一部でも使われている言葉なのです。 青森に住んでいる人が「なして」と言ったら「どうしてと尋ねているんだな」と分かりましたね。 これは標準語にすると「めちゃくちゃ」という意味の言葉なのです。 「なんぼかちゃくちゃねへや」という言葉を青森県民が言ったら「なんてめちゃくちゃな部屋なの」という意味になるのです。 「めちゃくちゃ」より散らかっている感じがありますね。 これは標準語で「くすぐったい」という意味の言葉で、青森県民をくすぐった際に「もちょくちぇって」と言ったら「くすぐったいって」という意味になるのですね。 青森県民を少しくすぐって実際に聞いてみたい言葉です。 これは告白の言葉で「すきだよ」という意味の言葉になります。 青森県民の女の子から告白されるときは、普通に「すきだよ」ではなく「すきだじゃ」と告白してもらうとより可愛く見えますね。 現実で聞いてみたいセリフです。 これも告白の言葉です。 「わ」というのは「私」という意味の言葉で「な」というのは「あなた」という意味の言葉です。 「私はあなたのことが好きです」という告白の言葉というわけですね。 「叱ら」という言葉が入っているので「叱られる」という意味の言葉なんだと予測できますね。 「さしね」は「うるさい」という意味の言葉です。 「うるさくすれば叱られてしまう」という意味の方言になります。 全く予想ができない言葉ですね。 「なんぼ」は「とても」という意味の言葉です。 「うぬうぬ」というのは擬音語の1つで「バタバタ」という意味を表します。 「なにを急いでいるの?」または「何をバタバタしてるの?」という意味の言葉になります。 こちらも予測がつきにくい方言ですね。 これは津軽弁で「心地良い」という意味の言葉です。 「あずましい」というのは青森県民がよく使っている言葉です。 「家はあずましい」など、頻繁に使っています。 人にとって家は安心できる場所であり心地良い場所です。 「心地良い」というより「あずましい」というと響きが可愛いですね。 これは津軽弁で「かっこつける」という意味の言葉です。 かっこつけるというより「えふりこく」という言葉の響きが可愛いですね。 しかし青森の人から「えふりこいてる」と言われたら、これからは落ち込んでしまいますね。 何事もえふりこかないようにしましょう。 これは「裏返し」という意味の言葉です。 「この服かっちゃだ」と言われれば「この服裏返しだよ」という意味の言葉になるのです。 青森ではお母さんのことを「かっちゃ」と呼ぶので、「かっちゃ、これかっちゃだ」と言うことがあります。 混乱してしまいそうですが「これ」という指示語が付いているときは「裏返し」という意味だと覚えておきましょう。 これも予測がつきにくい方言ですね。 これは「ちゃんとかきまぜろ」という意味の言葉です。 「かきまぜる」という言葉が「かます」と略されているのですね。 青森の人から「かまして」と言われたら「かき混ぜて」と言われたと考えましょう。 これは予測がつかないですし、発音もとても難しそうですね。 これは「あなたたちに迷惑をかけてしまいました」という意味の言葉です。 「めやぐ」というのが迷惑にあたる言葉で、こちらも略されているのですね。 これは「おお、びっくりした」という意味の言葉です。 「どんだば」という言葉には「驚いた、どうしたの?」という意味が含まれているのです。 文字だけ見ると驚いたように見えないのがユニークですね。 これは「ゴミを捨てて」という意味の言葉です。 青森に関わらず、北海道、東北地方の人たちはゴミを捨てることを「投げる」と表現します。 ゴミはゴミ箱に投げて捨てるというのを略して「ゴミを投げて」という表現になったのですね。 「せばだば」というのは「それでは」という言葉を意味する言葉です。 「まいね」というのは「だめ、よくない」という意味の言葉なので「それではだめだね」という意味の言葉なのです。 関連記事として、青森県民の性格や恋愛傾向や特徴を掲載した記事のリンクを貼っておきますので、青森県民、または青森県民が身近にいるという人はぜひご覧ください。 青森のかわいい方言や難しい方言や特長を学んで青森の人と仲良くなろう! いかがでしたか?青森県で使われている方言、津軽弁はとてもユニークで、可愛い語尾のものがたくさんありましたね。 津軽弁に関わらず各地の方言にはユニークで、他県民には意味が判別しにくいというものがたくさんあります。 他県民の人と知り合ったら、その人が生まれた土地の方言を調べてみて、会話をするきっかけをつかんで、良い関係を築いていきましょう。

次の