ディスク アップ 打ち 方。 【ビタ押し不要!?】ディスクアップで逆押しすると100%上乗せ?の謎。真相究明!!

ART・リーチ目・機械割どれも至高の一台 ディスクアップ

ディスク アップ 打ち 方

Contents• 1000ハマりノーボーナスの台を実践! もうこの時点で意味が分からないw 設定1を打っちゃいけないのに、1濃厚台を打つなんてよ… しかーし、1000ハマりしようが、出る望みはあるというもの。 過去の実践で、 こんな展開もあった。 さぁ、そんなロマンを追いかけて投資をしていこう。 DTを反転させることに成功! 初当たりは… ゲロ熱の 「ラジカセ+消灯」演出。 過去最高は 1780Gくらいのハマりだったから更新しなくてよかった… このBIGではDJを 37G獲得し、駆け抜ける。 ま、まぁいいさ…次の当たりを追い求めよう。 ……… …… … 497G BIG。 体感めちゃくちゃ出にくい、ハサミ押しからの9枚役ハズレ。 特に、右リールに 青7がいる時の9枚役ハズレは過去2回しか見たことがないんだよね。 リーチ目はいい出目なんだけど、大分ハマったから正直やめときゃよかったな… と思うも、DT当選。 アフロレディが出てきてガッカリ…かと思うと、 「Come Ooooooo!!! 」 唐突の奇声で目が覚める。 多分間違いなく、ディスクアップのシマにいる人は全員釘付けになったに違いない。 有利区間完走すれば、 究極Vモンキー並みのグラフを描いてくれるに違いない。 お膳立ては済んだ。 さぁ、ここから伸ばしていこうじゃないか! ……… …… … なんで獲得がマイナス3枚なわけ?!!? こりゃグレちまうよ… 有利区間完走なんてものは夢物語に終わり、無情にも再度通常時という草原に放り出される。 この出玉が飲まれたら辞めよう… 世の中そう上手くはいかねえさ DT反転というチャンスを逃し、再度当たりを追い求める。 お次は174GでBIG。 リーチ目リプレイからであった。 左リール下段が 赤7であれば、よく見るART終了後の転落リプレイの形であるが、 バーであればリーチ目リプレイ。 面白い制御だよね。 DJは 37Gのみで、これも駆け抜け。 その後は、 168G REG 31G REG (これがチェリーREGなのかは不明。 発展出目はハズレ目) 94G REG と、今まで引けていなかったREGが猛威を奮う。

次の

ディスクアップ スロット新台

ディスク アップ 打ち 方

【Question】 いつも楽しく遊技させてもらっています。 1つ気になる話題があったので質問です。 NORMAL BIG中のREADY演出発生時に、 逆押し適当打ちで上乗せをするという話を聞いたのですが、逆押ししたほうが良いのでしょうか? 【Answer】 お問い合わせありがとうございます。 ほぼ同一内容のお問い合わせを複数件いただいたので、こちら細かめに回答をさせて頂きます。 (参考:各回胴第1停止時のビタ押しポイント) 左リール:ホリホ 中リール:枠下青7(リホホ) 右リール:枠下青7 どの回胴から止めても成功時の恩恵は変わりません。 ビタ押し失敗時に救済乗せとなる確率も、押し順、押し位置にかかわらず全く同一ですので色々試していただけたらと思いますが、 お問い合わせにあるような適当打ちはダメです。 第1停止はビタ押しをしてください。 なお、ビタ押し成功時のジュワン演出は左または右を第1停止とした場合には発生しませんので、 左or右から押した場合にはジュワンとなったのに上乗せしない…!という要素は見抜きにくくなり、目押しに成功したのか失敗したのか不安になるかもしれません。 目安とする図柄も大差がないことから、あくまでも推奨手順としては中リールのリホホをビタ押しする手順になるかと思われます。 ちなみに、どの押し順だったとしても、 第1停止でビタ押し失敗時に第2停止以降で他のリールのビタポイントを狙っても意味はありません。 引用元: どうやら動画が話題になって、 同様な複数の質問があったようですね💦 謎だった上乗せ現象を簡単に説明すると、 各リールにビタ押しポイントがあるそうです。 結局どこを狙ってもビタ押しは必要になってくるので… 私のようにビタ押しが出来ない人は、 やはりディスクアップを打つのは厳しそうです💦 中リールではビタ押しが難しかったという人や、 気分転換に別のリールを狙って遊ぶことは出来そうですね!.

次の

【ディスクアップ 】トータル収支で+1万枚を達成!※収支表を公開

ディスク アップ 打ち 方

9 設定 機械割 (攻略なし) 機械割 (フル攻略時) 1 98. ボーナス成立時は1枚掛けで最速入賞• チェリー・スイカの取りこぼしなし• ボーナス中は枚数アップ手順を行う• また、注目すべきはフル攻略時の機械割で、 仮にフル攻略できれば機械割は103. 0~110. まあ実際に生身の人間がミス無しでフル攻略するのはほぼ不可能ですし、ディスクアップを打つ人全員がフル攻略目指して打つワケじゃないので、オヤジ打ちする人を含めれば十分元は取れるということでしょう。 サミーのスロットは公表値よりも機械割が辛めになりがちですし、換金ギャップがあればより利益が取りやすいですしね。 ただ、規制の影響で新台が活気づかない状況の中、こういった話題性のある機種をリリースする試みは評価できると思います。 9号機ということもあってか天井非搭載となっています。 天井狙い目 天井非搭載ということで、 天井狙いは不可能です。 ゾーン振り分け 新台のディスクアップには、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。 ゾーン狙い目 ディスクアップのART当選契機は純ボーナスからのみなので、特定のゲーム数はもちろん状態を把握してゾーン狙い感覚で打つといった立ち回りもできません。 やめどき スロット「ディスクアップ」のやめどきに関しては、 ボーナス・ART終了(通常転落)後にやめということで問題ないでしょう。 ・各ボーナス中には技術介入要素あり。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に BARor赤7or青7下チェリーのいずれかを狙いつつ、右リールは適当打ちで消化。 スイカテンパイ時は、中リールにも 赤7を目安にしてスイカを狙う。 それ以外の場合は中リールは適当打ちでOK。 右リールは適当打ちでOK! スロット「ディスクアップ」は3種類の小役狙い手順を実戦することで、それぞれで違ったリーチ目を楽しむことができます。 いずれの打ち方に関しても右リールは適当打ちでOKで、 中リールもスイカが成立した場合にだけ目押しをすればOK。 ボーナス成立を察知したら1枚掛けに切り替え、 右リール中段に青7をビタ押しする。 中段に青7がビタ止まりしたら、左&中リールにも 青7を狙う。 同色青BIGを否定したら、次ゲームでは 異色BIGを狙う。 右リール中段にBARが停止したら REGを狙う。 REGを否定したら、 右リール中段にBARをビタ押しする。 中段にBARがビタ止まりしたら、左&中リールにも BAR狙い。 中段に赤7が停止したら、左&中リールにも 赤7狙い。 ボーナス中の打ち方 【通常時の同色BIG中】 1. READYカットイン発生時は 中リール枠下に青7をビタ押し。 ビタ押し失敗時は左リールに 赤7or青7orBAR狙い。 予告音なし時は右リール下段に 青7狙い。 獲得枚数アップ手順を成功させた後の予告音なし時は、全リール適当打ちでOK。 【REG中の打ち方】 1. 中リール下段に 赤7を狙いつつ、右リールを適当打ちする。 中・右リールにスイカがテンパイしたら、左リールには BARを狙う。 獲得枚数アップ手順を成功させた後は、左リールの青7付近を避けつつ適当打ちで消化。 ボーナス中の技術介入が肝! ディスクアップの機械割アップの肝は、ずばり ボーナス中の技術介入にあります。 各ボーナス中には獲得枚数をアップするための打ち方が存在するため、まずはこれらを確実に成功させられるようにしておきましょう。 いずれのボーナスに関しても1度成功させるだけでOKなので、決して難しくはないハズです。 そして、通常時の同色BIG中には【READYカットイン】が発生することがあり、 技術介入に成功すればART【DJゾーン】のゲーム数を上乗せすることができます。 この技術介入ができるかどうかで大きな差が開くことになりますが、目押しに失敗しても左リールの3択に正解すれば上乗せが発生します。 なお、ART中の同色BIG中に関しては技術介入をしなくても上乗せが発生します。 ART中の打ち方 1. 3wayナビ(液晶・右側のランプに絵柄が表示)が発生したら、 指定された絵柄を左リールに狙う。 効果音(バシュン)発生時には、通常時と同じ打ち方で小役をフォローする。 押し順ナビ発生時は指示に従って消化。 パンク役成立時は要注意! ART中には3wayナビが発生することがあり、指定された絵柄を左リールにフォローすることで9枚役を獲得できます。 そのほかにも注意しなければならないのが、押し順ナビ発生時と「バシュン」という効果音発生時。 押し順ナビを無視した場合はもちろん、効果音発生時に小役狙い手順で消化しなかった場合はパンク役が入賞し、 RTが終了(AT状態に転落)してしまう可能性があります。 もし左リールを適当打ちしてしまっても、中リールか右リールに青7を狙っておけばパンク役入賞を回避することができるので、もしもの時のために一応覚えておきましょう。 リーチ目 下記のリーチ目は順押し、ハサミ打ち限定のものになります。 左リールにどの絵柄を狙うかによってリーチ目が変わってくるので、3つの打ち方をそれぞれ試して見るのも面白いと思います。 BAR狙い時 赤7狙い時 青7下チェリー狙い時 引用元: 小役確率 新台のディスクアップを設定狙いするにあたってカウントしておきたい小役は、共通9枚役とチェリーとスイカ、そしてART中のハズレ確率。 共通9枚役・チェリー・スイカ確率には大きな設定差が付けられていないので、補助的な設定判別要素と捉えておくべきですね。 なお、共通9枚役は通常時には成立を見抜くことができないため、 ART中にナビ無しで揃うベルをカウントしていくことになります。 ART中のハズレ確率に関しては、分母が小さくサンプルを集めやすい割には大きめの設定差が付けられているため、コツコツとカウントしておきましょう。 ただ、ボーナス成立後のハズレをカウントしないことと、パシュン演出発生時の パンク役との混同に注意してください。 特定ボーナス確率に大きめの差があるため、設定狙いの際にはボーナス当選契機までしっかりと把握しておきたいところですね。 また、同色BIG中の上乗せゲーム数振り分けにも設定差があるようです。 ボーナス確率 BIG合算確率は設定1と設定6で約1. 1倍、REG合算確率は設定1と設定6では約1. 2倍と大きくはありません。 しかし、異色BIG確率には設定1と設定6では約2. 6倍もの差が付けられているので、BIG確率は合算ではなく別々にチェックしましょう。 どちらも分母が大きくサンプルを集めにくいですが、早い段階で複数回確認できれば粘る根拠になりますね。 設定差のある小役確率 設定狙いの際にカウントしておきたい小役は、チェリー・スイカ・共通9枚役とART中のハズレ。 ART中のハズレに関しては、パンク役との混同に注意しながらカウントしていきましょう。 小役確率の詳細解析は「」を参照。 通常時の異色BIGからのDT突入率 設定 異色BIG 1 50. 設定示唆演出 ・通常時の同色BIG中ビタ押し成功時の上乗せの有無で設定を示唆。 状況が限定されていることもあってサンプルを集めづらいのがネックですが、設定1と設定6では実に 約16倍もの差が付けられているため、もし複数回確認できれば高設定濃厚と言ってしまっていいでしょう。 各ボーナス中には技術介入要素が盛り込まれており、 技術介入に成功することで最大枚数を獲得することができます。 なお、ART中に当選した同色BIGに関しては、技術介入をしなくてもARTゲーム数を獲得することができます。 同色BIGボーナス ・最大251枚獲得可能のボーナス。 ・消化中の技術介入成功で最大枚数を獲得可能。 真・技術介入要素 ・READYカットイン発生時に技術介入に成功すれば、ART「DJゾーン」のゲーム数を自力で上乗せすることができる。 技術介入手順は「」を参照。 異色BIGボーナス ・最大251枚獲得可能のボーナス。 ・消化中の技術介入成功で最大枚数を獲得可能。 ・通常時の異色BIG開始時にfeat. DTが登場すれば「ダンスタイム」突入確定。 REGボーナス ・最大103枚獲得可能のボーナス。 ・消化中の技術介入成功で最大枚数を獲得可能。 ボーナス抽選 小役 設定 1~6 通常リプレイ 通常時:0. 1G連発生以外のBGM変化条件は、同色BIG成立時に1枚掛けかつ全リールビタ押しで揃えること。 これができた場合には、BMGが初代ディスクアップのノーマルBIGアレンジに変化します。 ART スロット「ディスクアップ」のARTは、「DANCE TIME(ダンスタイム)」と「DJ ZONE(DJゾーン)」の2つ。 どちらも突入の権利を持っていればダンスタイムから突入し、ダンスタイムのゲーム数が無くなるとDJゾーンに移行します。 ART中には パンク役が成立することもあるため、十分気をつけて消化していきたいところですね。 ・残りゲーム数はドットキャラで示唆。

次の