就活 写真。 就活の証明写真はどこで撮るのがベスト?徹底解説

【東京版】就活証明写真のおすすめスタジオTOP5!ここに頼めば間違いなし

就活 写真

就活写真をどこで撮るかは予算と就活への意気込みで決めると良い はじめまして!スタジオインディの加藤です! 就活生の皆さんの中にはそろそろ証明写真の準備を考えている方もいるかと思います。 そこで「就活写真ってどこで撮れば良いんだろう?」と悩んでいる方も多いことでしょう。 思いつくものとしては「写真館」や「スピード写真機」などではないでしょうか? 就活写真が撮れる場所が様々にある中で選ぶ基準としては、 就活に対する熱量・意気込みで決めればいいと思います。 予算を特に設けず写真館でプロに撮ってもらうのも一つの手段だし、写真機を使って手軽に済ませるのも一つの手段です。 「なんとしても内定を勝ち取りたい!」という方はおそらく、予算も求める品質も高まることでしょう。 これは人それぞれです。 それは 写真館・写真スタジオと写真機です! それぞれの場所で撮るメリット・デメリットを紹介していきます。 写真館やスタジオで就活証明写真を撮るメリットとデメリット まず、写真館や写真スタジオで就活写真を撮影するメリット・デメリットをご紹介します。 写真館・スタジオで撮るメリット 写真館・スタジオで証明写真を撮影するメリットは大きく分けて3つあります。 1 プロのカメラマンが撮影する 1つ目は最大のメリットである、プロによって撮ってもらえることです。 多くの場合、プロのヘアメイク・カメラマンが在籍していることが多く、メイクや髪型のセットに服装の調整、表情や背景など撮影における一連の流れを全てお任せすることができ、かつプロの技術力で高品質な写真に仕上がりやすくなります。 プロのカメラマンは就活写真に関する知識を豊富に持っており、どのような写真が本人の就活にはベストなのかをわかった上で撮影してくれます。 また、プロのヘアメイクの方もメイク、髪型のセットを志望業界に合わせてしてくれるため、ヘアメイクに自信がない人も安心です。 したがって、プロの知識と経験により撮影を全て任せた上で、志望業界にあった高品質な写真を手に入れることができます。 2 レタッチでより綺麗な写真に仕上がる 2つ目は、レタッチで画像の加工修正ができることです。 多くの写真館ではレタッチという画像の加工修正ができます。 自分の木になるニキビやクマなどの肌トラブルや、髪型の乱れ、服装の左右のバランス調整や、汚れ・ホコリなどを消すことなどができます。 これらをすることで、通常で撮影した写りよりもはるかに良い写りになり、綺麗な就活写真にすることができるため、企業側にも好印象を与えやすくできます。 多くの写真館では、就活写真の現像とともに撮影データも用意してくれます。 最近ではスピード写真機でもデータ送信が可能な機種がありますが、まだメジャーではないことや、機械の不具合があった場合に送られていないが問い合わせもできないといった状態になる恐れがあるので不安があります。 このデータを持っておくことで、近年増えたwebエントリー採用の企業へのエントリーもできるようになります。 さらに、写真の枚数が足りなくなってもお店に連絡すれば、焼き増しをすぐに用意してくれます。 撮影プランに含まれているものもあれば、別途で有料販売しているお店もあるので、必要な場合は事前確認をしましょう。 スタジオインディのこだわり このメディアを運営するでは、 無料でお客様のスマホやPCへデータ送信が出来ます!撮影プランに組み込まれているので、ご安心ください! 写真館・スタジオで撮るデメリット 一方、写真館・スタジオで証明写真を撮るデメリットは以下の2点があります。 1 価格が高い 1つ目は、写真機の撮影料金に比べると価格が高いという点です。 写真機に比べると、人力 人が撮影する であることや、撮影プランのなかに様々なオプションが組み込まれているためその分撮影料金や写真の値段は上がります。 写真館やスタジオの中では2万以上値段がするケースもあります。 学生にとってはためらう金額ですよね? しかし、もちろんその分上質な写真を撮ることはできます。 プロが撮影してくれる場合が多いので、機械的なことはなく細かな調整が多くきき、満足のいく写真に出来上がりやすいです。 2 撮影時間が決まっている 2つ目は、撮影できる時間が決まっているという点です。 こちらも24時間いつでも撮影できる写真機と比べ、写真館やスタジオは営業時間や予約の兼ね合いから撮影できる時間決まっています。 多くの店が予約制なので当日急に撮影というのも難しいでしょう。 また、 就活が本格化する前はどの店も就活生が殺到。 予約も取りにくい状況になりやすいです。 これらの2つがデメリットとして挙げられますが、就活への熱意がある方は余裕を持って事前予約をし、価格もある程度奮発して撮ることをおすすめします。 写真機や写真ボックスで就活証明写真を撮るメリットとデメリット 次に、写真機や写真ボックスで就活写真を撮影する場合のメリット・デメリットをご紹介します。 写真機・写真ボックスで撮るメリット 写真機・写真ボックスで証明写真を撮るメリットは大きく2つあります。 1 安い金額で就活写真が用意できる 1つ目は、安く就活写真の用意を済ませることができる点です。 写真機で撮影する場合の多くは、1000円前後の価格で証明写真を撮ることができます。 就活生は交通費や服装代など様々なことにお金がかかり金欠であることが多いので、この程度の価格でお財布に優しい点は良い点です。 2 24時間!いつでも撮影が可能 2つ目は、いつでも撮れるという点です。 「明日証明写真が必要なのにまだ準備できてない!」と前日の夜にこのような事態になったとしても、近くの写真機を探してすぐに撮りに行くことができます。 駅前やコンビニなどに基本どの地域にもあるため遠方に行く必要もなくその分の時間もかからないのも魅力です。 また、24時間、深夜・早朝でも撮影できるのもありがたいですよね。 写真機・写真ボックスで撮るデメリット 写真機で証明写真を撮るデメリットも大きく分けて3つあります。 1 人の目での判断がない 1つ目は、人に撮ってもらえないという点です。 人に撮ってもらうことで客観的な意見を得られるため、表情が固い・姿勢が偏ってるなど本来修正するべき写りがわかります。 自力だと自分で就活写真用のヘアメイクをし、志望業界にあう写りかたを調べ、自分で撮る際に調整をする必要があります。 不安な方はたとえ撮ったとしても、納得のいく証明写真を用意できない場合が多く、その分履歴書の提出も自信を持って行えなくなります。 2 レタッチ 画像修正 ができない 2つ目は、レタッチができない点です。 写真館の場合多くは画像の修正・加工をするレタッチができます。 髪からでた後れ毛やアホ毛を消したり、スーツやシャツの襟の高さなどを加工し調整することもできます。 これらをすることえより綺麗な写りの就活写真にすることができます。 しかし、多くの写真機にはレタッチ機能はなく、美肌補正程度の修正オプションしかありません。 もし撮影する際はこちらの追加オプションの利用をおすすめします。 3 データがもらえない場合が多い・焼き増しできない 3つ目は、データがもらえない・焼き増しができない点です。 多くの写真機は撮影データまで用意することはできず、現像した写真のみ用意できます。 webエントリー採用の企業エントリーには画像データが必要となるため、また自分でデータを用意する必要があります。 また、写真の枚数が足りなくなった際の焼き増しも自分でする必要があります。 お店で撮ると基本的には焼き増しを用意してくれる場合が多く、時間も10分程度とかかりません。 これらを自力で用意するための時間と手間とお金がかかります。 以上3つが写真機で就活写真を撮るデメリットといえます。 証明写真の撮影を行う写真スタジオは大きく4つに分けることができる 写真スタジオは大きく分けて、• それぞれのスタジオの特徴やそこで撮影するメリット、デメリットがあるので紹介していきます。 (1)百貨店系の写真館・スタジオ 百貨店の中にある写真館・スタジオで、 写真館高島屋写真館や伊勢丹写真室などが当てはまります。 百貨店系スタジオで撮るメリット 百貨店系スタジオで証明写真を撮影するメリットとしては、多彩な技術力とブランドの安心感です。 「高島屋」「伊勢丹」、といった単語を聞いたことがない方はいないでしょう。 それほどに高級感のあるブランド名がついており、またその高級さから品の高い写真撮影が多くお客様からの指示も高いです。 幅広いジャンルの写真を撮影しているカメラマンが揃っているためもちろん技術力も高く、証明写真もより美しい写真に仕上げてくれます。 百貨店系スタジオで撮るデメリット 百貨店系スタジオで証明写真を撮るデメリットとしては、 就活用の写真を撮り慣れていない恐れがあるということです。 撮るのはプロのカメラマンですが、百貨店系では七五三や卒業写真といった家族写真を撮るために利用するお客さんが多いです。 そのため就活写真専門のお店に比べるとクオリティが劣ることもありえます。 百貨店系スタジオの撮影にかかるおおよその費用や相場 百貨店系スタジオの場合、撮影だけでおよそ3000円かかります。 それに加えて写真の現像、デジタルデータでのお渡しにお金がかかります。 デジタルデータは6000円程度かかり利用すると専門店で撮影する料金とあまり変わらないので、撮って現像だけしたいという方はにおすすめです。 スタジオインディのこだわり このメディアを運営するでは、 『他店撮り直し割』というクーポンがあります! スタジオインディ以外の写真スタジオで証明写真を撮影したけれど、• 「写りがイマイチ気に入らない・普段よりブスに見える」• 「焼き増しが必要だけれど他のお店で撮影したい」• 街の写真館は商店街にあるような老舗の写真館・スタジオを想像してもらえるかと思います。 専門スタジオ・街の写真館・スタジオで証明写真を撮るメリット 専門スタジオ・街の写真館・スタジオで証明写真を撮るメリットとしては、 就活用写真に慣れたスタッフが撮影してくれるので安心できる点です。 リクルートスーツの着こなしであったり、写真のためのメイクを施してくれるところもあります。 スタジオインディのこだわり このメディアを運営するでは、スーツ・シャツ・ネクタイの無料レンタルを行なっております。 そのため、 「まだスーツを用意できていない」「出先からついでに撮影したい」と服装を用意できない方はぜひご利用ください。 また、人気のお店だと予約を取るのが難しいという可能性もあります。 専門スタジオ・街の写真館・スタジオでの証明写真の撮影にかかるおおよその費用や相場 専門スタジオ・街の写真館・スタジオと、それぞれで価格の相場は変わってきます。 専門スタジオの場合は撮影、現像、データ込で8000円から1万円程度と考えてもらえばいいかと思います。 一方で、街の写真館・スタジオの場合は撮影・現像・データ込みでも5000円程度で済むところもあります。 全国チェーンということもあり、その知名度ゆえのネームブランドから安心して撮影を任せられる魅力があります。 では、大手チェーン系で証明写真を撮影するメリット・デメリットを見ていきましょう。 大手チェーン系の併設スタジオで証明写真を撮るメリット 写真機まではいかないですが、 大手チェーン系は利用してもそこまでお金がかからないことが多いです。 また、大手チェーンということで各店舗での情報共有がなされており、知識・経験ともに豊富な場合が多く、その分品質も高いと言えます。 大手チェーン系の併設スタジオで証明写真を撮るデメリット 大手チェーン系を利用するデメリットとしては、 オプションが少ないことです。 専門系の写真スタジオだとメイクやヘアセットを行ってくれるところもありますが、大手チェーンでは写真を撮りレタッチ修正をするだけのところが多いです。 細かいレタッチをすると不自然な仕上がりになりやすいので、自分でヘアメイクや服装などを撮影前にいかによく出来るかが仕上がりの良さにかかってきます。 大手チェーン系の併設スタジオでの証明写真の撮影にかかるおおよその費用や相場 撮影・写真・レタッチに、データを加えても3000円程度で済ませられる場合が多いです。 比較的かなりリーズナブルといえます。 (4)大学出張系の仮設スタジオ 名前の通り カメラマンが大学に出向いて仮設スタジオを設置して撮影をするスタイルです。 よく、大学でもチラシやポスターで広報がされておりよく目にする就活生も多いでしょう。 自分の大学に来てくれたらお店選びをする手間も省けるので、多くの就活生が利用するスタジオでもあります。 大学出張系の仮設スタジオで証明写真を撮るメリット 上述した通り、 大学に出張してもらえるのでフォトスタジオを選ぶ手間も行く必要がないです。 授業や部活動終わりにささっと撮影を済ませられるため、空き時間に撮影できる点も魅力ですね。 また、大学側が個人で依頼するため、就活用の証明写真の撮影に慣れているカメラマンを指名することが可能です。 知識豊富なカメラマンに撮影してもらるなら、就活に適した品質の高い写真に仕上がりやすくなります。 大学出張系の仮設スタジオで証明写真を撮るデメリット デメリットは、 店舗で撮影するのに比べると出張費などがかかるため値段が高くなります。 また、仮設スタジオなので天気に左右されたり、個人での依頼なので日付をずらすのが難しかったりします。 含まれるものは、撮影・写真が基本で、レタッチやヘアメイク、データの販売などは、大学や依頼されたカメラマンによって変わります。 就活写真をどこで撮るか?のまとめ 今回、就活用の証明写真はどこで撮るのが良いのか、について解説してきました。 大きく分けると写真館や写真スタジオか、写真機で撮影する2通りがあるとお伝えました。 そして、就活写真を撮影できる場所としては、• これまでご紹介したことから、やはり 客観的な視点から見てもらえる写真館や写真スタジオでの撮影がおすすめです。 撮影、商品となる写真やデータの品質、そして撮影ごのアフターフォローも考慮すると、多少お金をかけてもプロに撮ってもらうのが良いと考えます。 ぜひこの記事を参考に、就活写真を撮影する場所を決めてみてください!余裕を持って撮影に行ってくださいね! 就活写真の撮影場所ごとの相場はこちらを参考にしてみてください。

次の

【東京版】就活証明写真のおすすめスタジオTOP5!ここに頼めば間違いなし

就活 写真

といったように、写真を用いて視覚的効果を使うだけで採用担当者の印象に残るアピールができるのです。 要は色々話したあとに写真を見せられると親近感がわく、という心理的効果を利用して面接を成功に導きましょう。 写真は自分をアピールしやすいものを選ぶと有効です。 笑顔はOK?写りがいいものをチョイス 採用担当者が最初に目がいくのは、 顔の雰囲気や表情であることは間違いないでしょう。 残念ながら不細工よりも顔のいいイケメンや美人の方がいい印象を受けるのも事実です。 しかし自分の顔に自信がないからと悲観することはありません。 写真はあなたの 「写り具合」が重要です。 例えば表情なら無表情のものより笑顔に、角度や明度も明るく見えるものをチョイスします。 少しでも自分をよく見せるために、写真選びは納得がいくまで行いましょう。 「この就活生の写真は笑顔で明るそうだな~ESの内容も読んでみるか」 採用担当者はあなたの写真を見て、 勝手にあなたの印象を頭の中にイメージしながらエントリーシートを読み始めます。 そのときあなたの写真とエントリーシートの内容がチグハグになっては絶対にいけません。 例えばエントリーシートの内容は『超』真面目なのに、写真はすごく活動的では双方にギャップが生じて不信感が生まれます。 ある程度のギャップは好意的に見られる場合もありますが、一体どのあなたが本当のあなたなのか、採用担当者に伝わらなければ意味がありません。 写真から受ける第一印象と、文章の内容が一致しているほうが的確に採用担当者にアピールすることができます。 「あなたらしい写真」として避けるべきNG例 過度に加工した写真はあなたらしくない! 最近はアプリでの写真加工が主流になりつつあります。 自分の写真をよく見せるために加工をしたくなる気持ちはわかりますが、過度な加工は逆効果になりかねません。 加工はやりすぎると作られた自分になってしまうことに加え、 採用担当者は意外と加工した写真に敏感なため、油断は禁物です。 加工写真のデメリットは、加工度合いを自分で判断しづらいところにあります。 自分の顔は毎日見ていて目が慣れてしまっているため、どこまで写真を加工・修正したらやりすぎか、判断が難しくなります。 対処法としては、親や友人、キャリアセンターの相談員などの第三者に、「この写真どう思う?」とシンプルに聞いてみるといいでしょう。 「加工っぽい」と指摘を受けたら、ある程度ナチュラルな印象になるまで加工を弱めることがポイント。 加工は過度には禁物、どうしても加工を入れたい場合は、適度に整える程度にとどめておくことが大切です。 あなたらしい写真で旅行を選ぶ場合は要注意! 旅行の写真は自己PRに有効な写真の一つです。 しかし旅行の写真で露出の多い服装、特に水着でいる写真は絶対にNG。 レジャー中は水着になることも多く、いい写真がたくさんあるかもしれませんが、採用担当者の立場になって考えてみてください。

次の

就活写真の女性撮影例|髪型と前髪・表情は明るく見せるのが◎

就活 写真

就活写真をどこで撮るかは予算と就活への意気込みで決めると良い はじめまして!スタジオインディの加藤です! 就活生の皆さんの中にはそろそろ証明写真の準備を考えている方もいるかと思います。 そこで「就活写真ってどこで撮れば良いんだろう?」と悩んでいる方も多いことでしょう。 思いつくものとしては「写真館」や「スピード写真機」などではないでしょうか? 就活写真が撮れる場所が様々にある中で選ぶ基準としては、 就活に対する熱量・意気込みで決めればいいと思います。 予算を特に設けず写真館でプロに撮ってもらうのも一つの手段だし、写真機を使って手軽に済ませるのも一つの手段です。 「なんとしても内定を勝ち取りたい!」という方はおそらく、予算も求める品質も高まることでしょう。 これは人それぞれです。 それは 写真館・写真スタジオと写真機です! それぞれの場所で撮るメリット・デメリットを紹介していきます。 写真館やスタジオで就活証明写真を撮るメリットとデメリット まず、写真館や写真スタジオで就活写真を撮影するメリット・デメリットをご紹介します。 写真館・スタジオで撮るメリット 写真館・スタジオで証明写真を撮影するメリットは大きく分けて3つあります。 1 プロのカメラマンが撮影する 1つ目は最大のメリットである、プロによって撮ってもらえることです。 多くの場合、プロのヘアメイク・カメラマンが在籍していることが多く、メイクや髪型のセットに服装の調整、表情や背景など撮影における一連の流れを全てお任せすることができ、かつプロの技術力で高品質な写真に仕上がりやすくなります。 プロのカメラマンは就活写真に関する知識を豊富に持っており、どのような写真が本人の就活にはベストなのかをわかった上で撮影してくれます。 また、プロのヘアメイクの方もメイク、髪型のセットを志望業界に合わせてしてくれるため、ヘアメイクに自信がない人も安心です。 したがって、プロの知識と経験により撮影を全て任せた上で、志望業界にあった高品質な写真を手に入れることができます。 2 レタッチでより綺麗な写真に仕上がる 2つ目は、レタッチで画像の加工修正ができることです。 多くの写真館ではレタッチという画像の加工修正ができます。 自分の木になるニキビやクマなどの肌トラブルや、髪型の乱れ、服装の左右のバランス調整や、汚れ・ホコリなどを消すことなどができます。 これらをすることで、通常で撮影した写りよりもはるかに良い写りになり、綺麗な就活写真にすることができるため、企業側にも好印象を与えやすくできます。 多くの写真館では、就活写真の現像とともに撮影データも用意してくれます。 最近ではスピード写真機でもデータ送信が可能な機種がありますが、まだメジャーではないことや、機械の不具合があった場合に送られていないが問い合わせもできないといった状態になる恐れがあるので不安があります。 このデータを持っておくことで、近年増えたwebエントリー採用の企業へのエントリーもできるようになります。 さらに、写真の枚数が足りなくなってもお店に連絡すれば、焼き増しをすぐに用意してくれます。 撮影プランに含まれているものもあれば、別途で有料販売しているお店もあるので、必要な場合は事前確認をしましょう。 スタジオインディのこだわり このメディアを運営するでは、 無料でお客様のスマホやPCへデータ送信が出来ます!撮影プランに組み込まれているので、ご安心ください! 写真館・スタジオで撮るデメリット 一方、写真館・スタジオで証明写真を撮るデメリットは以下の2点があります。 1 価格が高い 1つ目は、写真機の撮影料金に比べると価格が高いという点です。 写真機に比べると、人力 人が撮影する であることや、撮影プランのなかに様々なオプションが組み込まれているためその分撮影料金や写真の値段は上がります。 写真館やスタジオの中では2万以上値段がするケースもあります。 学生にとってはためらう金額ですよね? しかし、もちろんその分上質な写真を撮ることはできます。 プロが撮影してくれる場合が多いので、機械的なことはなく細かな調整が多くきき、満足のいく写真に出来上がりやすいです。 2 撮影時間が決まっている 2つ目は、撮影できる時間が決まっているという点です。 こちらも24時間いつでも撮影できる写真機と比べ、写真館やスタジオは営業時間や予約の兼ね合いから撮影できる時間決まっています。 多くの店が予約制なので当日急に撮影というのも難しいでしょう。 また、 就活が本格化する前はどの店も就活生が殺到。 予約も取りにくい状況になりやすいです。 これらの2つがデメリットとして挙げられますが、就活への熱意がある方は余裕を持って事前予約をし、価格もある程度奮発して撮ることをおすすめします。 写真機や写真ボックスで就活証明写真を撮るメリットとデメリット 次に、写真機や写真ボックスで就活写真を撮影する場合のメリット・デメリットをご紹介します。 写真機・写真ボックスで撮るメリット 写真機・写真ボックスで証明写真を撮るメリットは大きく2つあります。 1 安い金額で就活写真が用意できる 1つ目は、安く就活写真の用意を済ませることができる点です。 写真機で撮影する場合の多くは、1000円前後の価格で証明写真を撮ることができます。 就活生は交通費や服装代など様々なことにお金がかかり金欠であることが多いので、この程度の価格でお財布に優しい点は良い点です。 2 24時間!いつでも撮影が可能 2つ目は、いつでも撮れるという点です。 「明日証明写真が必要なのにまだ準備できてない!」と前日の夜にこのような事態になったとしても、近くの写真機を探してすぐに撮りに行くことができます。 駅前やコンビニなどに基本どの地域にもあるため遠方に行く必要もなくその分の時間もかからないのも魅力です。 また、24時間、深夜・早朝でも撮影できるのもありがたいですよね。 写真機・写真ボックスで撮るデメリット 写真機で証明写真を撮るデメリットも大きく分けて3つあります。 1 人の目での判断がない 1つ目は、人に撮ってもらえないという点です。 人に撮ってもらうことで客観的な意見を得られるため、表情が固い・姿勢が偏ってるなど本来修正するべき写りがわかります。 自力だと自分で就活写真用のヘアメイクをし、志望業界にあう写りかたを調べ、自分で撮る際に調整をする必要があります。 不安な方はたとえ撮ったとしても、納得のいく証明写真を用意できない場合が多く、その分履歴書の提出も自信を持って行えなくなります。 2 レタッチ 画像修正 ができない 2つ目は、レタッチができない点です。 写真館の場合多くは画像の修正・加工をするレタッチができます。 髪からでた後れ毛やアホ毛を消したり、スーツやシャツの襟の高さなどを加工し調整することもできます。 これらをすることえより綺麗な写りの就活写真にすることができます。 しかし、多くの写真機にはレタッチ機能はなく、美肌補正程度の修正オプションしかありません。 もし撮影する際はこちらの追加オプションの利用をおすすめします。 3 データがもらえない場合が多い・焼き増しできない 3つ目は、データがもらえない・焼き増しができない点です。 多くの写真機は撮影データまで用意することはできず、現像した写真のみ用意できます。 webエントリー採用の企業エントリーには画像データが必要となるため、また自分でデータを用意する必要があります。 また、写真の枚数が足りなくなった際の焼き増しも自分でする必要があります。 お店で撮ると基本的には焼き増しを用意してくれる場合が多く、時間も10分程度とかかりません。 これらを自力で用意するための時間と手間とお金がかかります。 以上3つが写真機で就活写真を撮るデメリットといえます。 証明写真の撮影を行う写真スタジオは大きく4つに分けることができる 写真スタジオは大きく分けて、• それぞれのスタジオの特徴やそこで撮影するメリット、デメリットがあるので紹介していきます。 (1)百貨店系の写真館・スタジオ 百貨店の中にある写真館・スタジオで、 写真館高島屋写真館や伊勢丹写真室などが当てはまります。 百貨店系スタジオで撮るメリット 百貨店系スタジオで証明写真を撮影するメリットとしては、多彩な技術力とブランドの安心感です。 「高島屋」「伊勢丹」、といった単語を聞いたことがない方はいないでしょう。 それほどに高級感のあるブランド名がついており、またその高級さから品の高い写真撮影が多くお客様からの指示も高いです。 幅広いジャンルの写真を撮影しているカメラマンが揃っているためもちろん技術力も高く、証明写真もより美しい写真に仕上げてくれます。 百貨店系スタジオで撮るデメリット 百貨店系スタジオで証明写真を撮るデメリットとしては、 就活用の写真を撮り慣れていない恐れがあるということです。 撮るのはプロのカメラマンですが、百貨店系では七五三や卒業写真といった家族写真を撮るために利用するお客さんが多いです。 そのため就活写真専門のお店に比べるとクオリティが劣ることもありえます。 百貨店系スタジオの撮影にかかるおおよその費用や相場 百貨店系スタジオの場合、撮影だけでおよそ3000円かかります。 それに加えて写真の現像、デジタルデータでのお渡しにお金がかかります。 デジタルデータは6000円程度かかり利用すると専門店で撮影する料金とあまり変わらないので、撮って現像だけしたいという方はにおすすめです。 スタジオインディのこだわり このメディアを運営するでは、 『他店撮り直し割』というクーポンがあります! スタジオインディ以外の写真スタジオで証明写真を撮影したけれど、• 「写りがイマイチ気に入らない・普段よりブスに見える」• 「焼き増しが必要だけれど他のお店で撮影したい」• 街の写真館は商店街にあるような老舗の写真館・スタジオを想像してもらえるかと思います。 専門スタジオ・街の写真館・スタジオで証明写真を撮るメリット 専門スタジオ・街の写真館・スタジオで証明写真を撮るメリットとしては、 就活用写真に慣れたスタッフが撮影してくれるので安心できる点です。 リクルートスーツの着こなしであったり、写真のためのメイクを施してくれるところもあります。 スタジオインディのこだわり このメディアを運営するでは、スーツ・シャツ・ネクタイの無料レンタルを行なっております。 そのため、 「まだスーツを用意できていない」「出先からついでに撮影したい」と服装を用意できない方はぜひご利用ください。 また、人気のお店だと予約を取るのが難しいという可能性もあります。 専門スタジオ・街の写真館・スタジオでの証明写真の撮影にかかるおおよその費用や相場 専門スタジオ・街の写真館・スタジオと、それぞれで価格の相場は変わってきます。 専門スタジオの場合は撮影、現像、データ込で8000円から1万円程度と考えてもらえばいいかと思います。 一方で、街の写真館・スタジオの場合は撮影・現像・データ込みでも5000円程度で済むところもあります。 全国チェーンということもあり、その知名度ゆえのネームブランドから安心して撮影を任せられる魅力があります。 では、大手チェーン系で証明写真を撮影するメリット・デメリットを見ていきましょう。 大手チェーン系の併設スタジオで証明写真を撮るメリット 写真機まではいかないですが、 大手チェーン系は利用してもそこまでお金がかからないことが多いです。 また、大手チェーンということで各店舗での情報共有がなされており、知識・経験ともに豊富な場合が多く、その分品質も高いと言えます。 大手チェーン系の併設スタジオで証明写真を撮るデメリット 大手チェーン系を利用するデメリットとしては、 オプションが少ないことです。 専門系の写真スタジオだとメイクやヘアセットを行ってくれるところもありますが、大手チェーンでは写真を撮りレタッチ修正をするだけのところが多いです。 細かいレタッチをすると不自然な仕上がりになりやすいので、自分でヘアメイクや服装などを撮影前にいかによく出来るかが仕上がりの良さにかかってきます。 大手チェーン系の併設スタジオでの証明写真の撮影にかかるおおよその費用や相場 撮影・写真・レタッチに、データを加えても3000円程度で済ませられる場合が多いです。 比較的かなりリーズナブルといえます。 (4)大学出張系の仮設スタジオ 名前の通り カメラマンが大学に出向いて仮設スタジオを設置して撮影をするスタイルです。 よく、大学でもチラシやポスターで広報がされておりよく目にする就活生も多いでしょう。 自分の大学に来てくれたらお店選びをする手間も省けるので、多くの就活生が利用するスタジオでもあります。 大学出張系の仮設スタジオで証明写真を撮るメリット 上述した通り、 大学に出張してもらえるのでフォトスタジオを選ぶ手間も行く必要がないです。 授業や部活動終わりにささっと撮影を済ませられるため、空き時間に撮影できる点も魅力ですね。 また、大学側が個人で依頼するため、就活用の証明写真の撮影に慣れているカメラマンを指名することが可能です。 知識豊富なカメラマンに撮影してもらるなら、就活に適した品質の高い写真に仕上がりやすくなります。 大学出張系の仮設スタジオで証明写真を撮るデメリット デメリットは、 店舗で撮影するのに比べると出張費などがかかるため値段が高くなります。 また、仮設スタジオなので天気に左右されたり、個人での依頼なので日付をずらすのが難しかったりします。 含まれるものは、撮影・写真が基本で、レタッチやヘアメイク、データの販売などは、大学や依頼されたカメラマンによって変わります。 就活写真をどこで撮るか?のまとめ 今回、就活用の証明写真はどこで撮るのが良いのか、について解説してきました。 大きく分けると写真館や写真スタジオか、写真機で撮影する2通りがあるとお伝えました。 そして、就活写真を撮影できる場所としては、• これまでご紹介したことから、やはり 客観的な視点から見てもらえる写真館や写真スタジオでの撮影がおすすめです。 撮影、商品となる写真やデータの品質、そして撮影ごのアフターフォローも考慮すると、多少お金をかけてもプロに撮ってもらうのが良いと考えます。 ぜひこの記事を参考に、就活写真を撮影する場所を決めてみてください!余裕を持って撮影に行ってくださいね! 就活写真の撮影場所ごとの相場はこちらを参考にしてみてください。

次の