ミニ 四 駆 vz シャーシ 改造。 ミニ四駆のMSシャーシ

スーパーⅡシャーシを今風に改造してみた!!!完成編!!!

ミニ 四 駆 vz シャーシ 改造

センターシャーシとリヤユニットの当たり面を少し削ったら、粗削り感は残っていますが、無事、リヤユニットが上下可動してくれるようになりました。 魅惑の3分割構造、MSシャーシ ミニ四駆のシャーシの中でも、フロントユニット、センターシャーシ、リヤユニットの3分割構成シャーシというのは異色で、とても興味深い構造です。 この構造を見ていると、割と簡単にあんなことやこんなことができちゃうんじゃないかと妄想いろいろしちゃいます。 実際、みなさん、サスペンションを組み込んだりしていますよね~、すごいです。 リヤユニットの接触面を0. 1mmほど削ってみる というわけで、うちでもちょっと変わったこと(ネットで検索した限りでは見当たらないので、とりあえずオリジナルとしておきます)をやってみたいな、と思って、簡単な加工でリヤユニットが上下可動できるようにできないか模索中です。 ここまで、単に爪を切る、穴上部をテーパー状にしてみたものの、全く変化なく、、T字部分を少し前後方向に広げてみる、とやってみましたが、ちょっと動くようになったかな?ぐらいの結果しか得られませんでした。 うーむ、これをやっても状況変わらなかったらお手上げですが、センターシャーシとリヤユニットが接している面を削ってみることにしました。 加工のしやすさからリヤユニット側を削ります。 まずは電池金具を隠しているリヤユニットのでっぱりをニッパーで切ります。 軽く、カッターナイフで整形します。 ん?こんなもんかな? まあ、これでは変化はないだろうと思いつつ、試しにセンターシャーシに取り付けてみましたが、やっぱり変化はありません。 続いて、接触面をヤスリで削ってみます。 大きめのヤスリでのんびりと、均等に力を掛けながら削っていきます。 大きめのヤスリが無い場合は、紙やすりを台に敷いて、リヤユニットを押し付けるように削ってもよさげです。 ホイールを外したくなかったので、養生テープで削り粉がベアリングなどに入らないよう、マスキングします。 今度やるときは、シャーシ単体の状態でやろうと思います。 こんな感じかな?普通のヤスリでざっくり削り、ダイヤモンドヤスリで表面を綺麗にしました。 ちょっと雑ですがまあ実験なんでこんなもんで。 さて、どうかなどうかな?ドキドキ…。 お!スコっと行きましたよ~。 ここの当たりが最後のキュっとくる部分だったようです。 Fグリス フッ素樹脂配合 で仕上げ 最後はFグリスでさらに滑りをよくして仕上げてみます。 グリスって粘性があるので「滑りを良くする」という目的からは離れていますが、「グリスが大方取れてフッ素が残って滑りが良くなる」ことを期待して使ってみることにしました。 う、初開けしたらブニュっとなってしまいました。 なるべくチューブには力を加えないように持っていたつもりだったんですが、ちょっと失敗でした。 というわけで、リヤユニットとセンターシャーシの接触面やパイプ部分にFグリスを塗ります。 それでもまだ飛び出したFグリスがあるので、ついでにギヤの方も塗っておきました。 ガシャガシャ動かして余分なグリスを押し出して拭き取っていきます。 この時点でリヤユニットの上下可動具合、なかなかいい感じです。 さてどうでしょう? お、センターシャーシを持ち上げただけでリヤユニットが外れてくれました。 もう一声感はありますが、かなりスムーズに動くようになりました。 よしよし、目論見通りです。 ちなみに削った量ですが、削る前の厚みを測定するのを忘れていたので、同じMSシャーシのネオファルコンからリヤユニットを外して測定しました。 こちらは1. 2mmです。 そして削った後の厚みは…1. 1mmでした。 これでマズダンパーの基礎部分はOKかな?次回の記事ではマズダンパーの熱い妄想を語ります。 今日の一言二言三言• Fグリスは滑りも良好。 ちなみに妄想第一弾は「ソライヌ構造」、第二弾が現在進行中の「マズダンパー」、さらに第三弾もあって「タレブレーキ」です。 まだ走行させておらず「机上の空論」状態であり、効果のほどはハテナですが、ステップバイステップで具現化していこうと思います。 ミニ四駆カテゴリのタグ解説 子供たちがミニ四駆を始めたので父も一緒に始めました。 前世紀はトルクチューン+プラローラーぐらいでどれくらい速くなるかな?とかやっていましたが、今もニッチに楽しんでいます。 タグでちょっとわかりにくいものがありますので説明付きでリンク貼っておきます。 小学3年生と年長さん(2016. 01現在)のSiSO-Jr. 1とSiSO-Jr. 2のミニ四駆活動記録です。 特に幼稚園児のSiSO-Jr. 2がどれくらいできるのかというあたりは他の親御さんの参考になるかも。 手軽に入手可能な道具と簡単な工作レベルで作った素組みミニ四駆(ノーマルモーター、追加パーツ無し、ほぼ改造無し)はどれくらい速くなるかな?と大げさに研究中。 ミニ四駆について考察をするふりをしながら妄想にふけっています。 でも、もっともらしい説明がされている有用かもしれないっぽい情報もあるかもしれません。 わたべさん> さすが鋭いですね!タイヤにかかる加減速の方向でリヤユニットにかかる力が変わります。 この構造は、マスダンパー的なものを狙っており、着地時などにオモリ代わりにセンターシャーシを持ち上げる構造をめざしています。 一定速度で走行中はあまり影響は無さそうですが、ジャンプ着地時等、タイヤが急に減速する場合など、マスダンパー効果より先にセンターシャーシが持ち上がっちゃうかも、なんてこともあるかもです。 ギヤは、この構造も同様ですが、単純に上下動作するサスペンション搭載ミニ四駆では、ギヤがかみ合わされなくなる時間ができることがあります。 何ミリまで大丈夫か、とか、はこれから実験ですが、とりあえず3mmは全く問題ないです。 ただ、3mmだと効果が弱そう…(現在、実験中)。

次の

ミニ四駆の井桁って何!?効果や作り方も紹介!

ミニ 四 駆 vz シャーシ 改造

こんばんは。 現在の自分のマシンはSUPER XXシャーシですが、タイムアタック履歴とか見てもVSやMAシャーシが多いですね。 お一方XXシャーシで記録を残していた方がいましたが、マシンは見ていません。 はFMARシャーシ ARシャーシを逆向きにしたもの? が流行っているっぽいです。 でも俺は流行りに乗りたくない!人気のないシャーシを使いたい! こんなマゾっ毛の塊なんです。 と、いろいろネットでXXシャーシの改造について調べていても載ってない。 載っていないのです。 基本的なところは載ってましたけど、どのシャーシにも言えるところですので。 これが俺のマシン いろいろな改造の跡がありますがお気になさらず。。。 標準のシャーシを使っているのでフニャフニャです。 マジで。 着地した時にフニャフニャしているために跳ねているのがわかります。 これはどうしようもないです。 マジで。 強化シャーシに変えるしかないので、いつか見つけたら即買いします。 VSシャーシを組む方の様に、フロントバンパーを取っ払ってFRPかカーボンにしたいけど、XXシャーシで実現する方法を模索中です。 タイヤは中空タイヤを使って製作しました。 本当はそりゃもう、自分で削って作りたいです。 昔スポンジタイヤでやったように、ちょっとずつ削っては切り落とし削っては切り落としってやればできると思いますが、それだと4本同一サイズってーのは無理なんじゃないかなと。 あくまで現時点です。 今後はタイヤを削るキットを買うかも?しれません。 きっと。。。 このタイヤだと薄すぎて、軽くはなるけど速度は出ません。 材質も選べない!XXシャーシの欠点が補えない! タイヤのすぐ後ろに付けたマスダンパー。 すぐ後ろに付けたのは一番効果があるからですね。 左右の重さを変えているのはバランスです。 俺のマシンはジャンプ時に左へ傾くクセがあるようで、右側を重くして補助しています。 気持ちだけのようで意外と効いていました。 リアから見たところですが、問題はここ。 マスダンパーを左右独立して付けてみたり、スクウェア 型のマスダンパーを付けてみたり。 どれも効果がわからず、今ある形になりました。 真ん中1箇所に付けるだけで全く違う走りをしました。 なんでだろう・・・ とまあいろいろ書きましたが、まだまだ俺の試行錯誤は続くようで。 でも絶対にSUPER XXシャーシで天下を取ってやるー!と意気込んでマス。 自分的に提灯は使いたくないので(これもマゾ的思考?)、あくまでXXシャーシでシンプルな形に仕上げたいと思ってマス。

次の

ミニ四駆 シャーシセレクトガイド

ミニ 四 駆 vz シャーシ 改造

センターシャーシとリヤユニットの当たり面を少し削ったら、粗削り感は残っていますが、無事、リヤユニットが上下可動してくれるようになりました。 魅惑の3分割構造、MSシャーシ ミニ四駆のシャーシの中でも、フロントユニット、センターシャーシ、リヤユニットの3分割構成シャーシというのは異色で、とても興味深い構造です。 この構造を見ていると、割と簡単にあんなことやこんなことができちゃうんじゃないかと妄想いろいろしちゃいます。 実際、みなさん、サスペンションを組み込んだりしていますよね~、すごいです。 リヤユニットの接触面を0. 1mmほど削ってみる というわけで、うちでもちょっと変わったこと(ネットで検索した限りでは見当たらないので、とりあえずオリジナルとしておきます)をやってみたいな、と思って、簡単な加工でリヤユニットが上下可動できるようにできないか模索中です。 ここまで、単に爪を切る、穴上部をテーパー状にしてみたものの、全く変化なく、、T字部分を少し前後方向に広げてみる、とやってみましたが、ちょっと動くようになったかな?ぐらいの結果しか得られませんでした。 うーむ、これをやっても状況変わらなかったらお手上げですが、センターシャーシとリヤユニットが接している面を削ってみることにしました。 加工のしやすさからリヤユニット側を削ります。 まずは電池金具を隠しているリヤユニットのでっぱりをニッパーで切ります。 軽く、カッターナイフで整形します。 ん?こんなもんかな? まあ、これでは変化はないだろうと思いつつ、試しにセンターシャーシに取り付けてみましたが、やっぱり変化はありません。 続いて、接触面をヤスリで削ってみます。 大きめのヤスリでのんびりと、均等に力を掛けながら削っていきます。 大きめのヤスリが無い場合は、紙やすりを台に敷いて、リヤユニットを押し付けるように削ってもよさげです。 ホイールを外したくなかったので、養生テープで削り粉がベアリングなどに入らないよう、マスキングします。 今度やるときは、シャーシ単体の状態でやろうと思います。 こんな感じかな?普通のヤスリでざっくり削り、ダイヤモンドヤスリで表面を綺麗にしました。 ちょっと雑ですがまあ実験なんでこんなもんで。 さて、どうかなどうかな?ドキドキ…。 お!スコっと行きましたよ~。 ここの当たりが最後のキュっとくる部分だったようです。 Fグリス フッ素樹脂配合 で仕上げ 最後はFグリスでさらに滑りをよくして仕上げてみます。 グリスって粘性があるので「滑りを良くする」という目的からは離れていますが、「グリスが大方取れてフッ素が残って滑りが良くなる」ことを期待して使ってみることにしました。 う、初開けしたらブニュっとなってしまいました。 なるべくチューブには力を加えないように持っていたつもりだったんですが、ちょっと失敗でした。 というわけで、リヤユニットとセンターシャーシの接触面やパイプ部分にFグリスを塗ります。 それでもまだ飛び出したFグリスがあるので、ついでにギヤの方も塗っておきました。 ガシャガシャ動かして余分なグリスを押し出して拭き取っていきます。 この時点でリヤユニットの上下可動具合、なかなかいい感じです。 さてどうでしょう? お、センターシャーシを持ち上げただけでリヤユニットが外れてくれました。 もう一声感はありますが、かなりスムーズに動くようになりました。 よしよし、目論見通りです。 ちなみに削った量ですが、削る前の厚みを測定するのを忘れていたので、同じMSシャーシのネオファルコンからリヤユニットを外して測定しました。 こちらは1. 2mmです。 そして削った後の厚みは…1. 1mmでした。 これでマズダンパーの基礎部分はOKかな?次回の記事ではマズダンパーの熱い妄想を語ります。 今日の一言二言三言• Fグリスは滑りも良好。 ちなみに妄想第一弾は「ソライヌ構造」、第二弾が現在進行中の「マズダンパー」、さらに第三弾もあって「タレブレーキ」です。 まだ走行させておらず「机上の空論」状態であり、効果のほどはハテナですが、ステップバイステップで具現化していこうと思います。 ミニ四駆カテゴリのタグ解説 子供たちがミニ四駆を始めたので父も一緒に始めました。 前世紀はトルクチューン+プラローラーぐらいでどれくらい速くなるかな?とかやっていましたが、今もニッチに楽しんでいます。 タグでちょっとわかりにくいものがありますので説明付きでリンク貼っておきます。 小学3年生と年長さん(2016. 01現在)のSiSO-Jr. 1とSiSO-Jr. 2のミニ四駆活動記録です。 特に幼稚園児のSiSO-Jr. 2がどれくらいできるのかというあたりは他の親御さんの参考になるかも。 手軽に入手可能な道具と簡単な工作レベルで作った素組みミニ四駆(ノーマルモーター、追加パーツ無し、ほぼ改造無し)はどれくらい速くなるかな?と大げさに研究中。 ミニ四駆について考察をするふりをしながら妄想にふけっています。 でも、もっともらしい説明がされている有用かもしれないっぽい情報もあるかもしれません。 わたべさん> さすが鋭いですね!タイヤにかかる加減速の方向でリヤユニットにかかる力が変わります。 この構造は、マスダンパー的なものを狙っており、着地時などにオモリ代わりにセンターシャーシを持ち上げる構造をめざしています。 一定速度で走行中はあまり影響は無さそうですが、ジャンプ着地時等、タイヤが急に減速する場合など、マスダンパー効果より先にセンターシャーシが持ち上がっちゃうかも、なんてこともあるかもです。 ギヤは、この構造も同様ですが、単純に上下動作するサスペンション搭載ミニ四駆では、ギヤがかみ合わされなくなる時間ができることがあります。 何ミリまで大丈夫か、とか、はこれから実験ですが、とりあえず3mmは全く問題ないです。 ただ、3mmだと効果が弱そう…(現在、実験中)。

次の