コップ クラフト 7。 「コップクラフト」放送記念特番 #01【津田健次郎 吉岡茉祐】

コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED

コップ クラフト 7

その向こうに存在したのは、妖精や魔物のすむ奇妙な異世界「レト・セマーニ」だった。 「サンテレサ市」。 二〇〇万を越える両世界の移民が住む都市。 雑多な民族と多彩な文化。 そして持てる者と、持たざる者。 ここは世界で最も新しい『夢の街』。 だがその混沌の影には、数々の犯罪がうごめいていた。 麻薬、売春、武器密売。 それら凶悪犯罪に立ち向かう刑事たちが、サンテレサ市警察に存在していた・・・・・・。 刑事マトバ・ケイと異世界人の騎士ティラナ、性別も性格もそして「生まれた世界」も違う二人が出会うとき、事件は起きる。 二つの世界 二つの正義 その先に- バディポリスアクション開幕! コップクラフトの第1話 COP SHOW, WITCH CRAFT 15年前。 太平洋上に未知の超空間ゲートが出現した。 その向こうに存在したのは、妖精や魔物の住む奇妙な異世界「セマーニ」であった。 カリアエナ島、サンテレサ市。 地球とセマーニ、両世界の移民が住む都市。 雑多な民族と多彩な文化。 そんな街の特別風紀班 バイス に務めるケイ・マトバはとある事件を捜査する中、あるセマーニ人の貴族を迎えにいくことになる。 その貴族の名は「ティラナ・エクセディリカ」であった。 コップクラフトの第2話 DRAGNET MIRAGE 運び屋をおってアパートに突入したマトバとティラナ。 そこにいたのは様子がおかしい暗殺者であった。 悪戦苦闘しながらも暗殺者を仕留めると、ティラナは暗殺者が「ミルディ」で操られていると話をする。 暗殺者の検死をした結果、二人が追っている妖精とセマーニ世界産の麻薬「フェアリーダスト」の関係性がみえてきて・・・。 コップクラフトの第3話 MIDNIGHT TRAIN 妖精の行方を追っていくと、セマーニ人の「デニス・エルバジ」という人物にたどり着いた。 すぐに捕まえるべきと主張するティラナに対し、刑事として段取りをとろうとしたマトバ。 その様子をみてティラナは剣をおいてエルバジが経営しているクラブへ乗り込む。 『剣の放棄』の意味を調べてその意味と覚悟を知ったマトバは、ティラナを後を追ってクラブへ向かう。 コップクラフトの第4話 IN THE AIR TONIGHT 今回の事件の黒幕であるゼラーダ。 その狙いである妖精爆弾の起動を止めるため、フォレストタワーへ向かうマトバとティラナ。 なんとかゼラーダを追い詰めるが、その戦いでマトバは重症を追い、爆弾の起動も近づいてくる。 絶体絶命のなか、爆弾のなかに閉じ込められていた妖精・レアーヤはティラナへ語りかける。 コップクラフトの第5話 LONESOME VAMPIRE 妖精事件から1ヶ月後。 マトバとティラナは相棒(バディ)を組み、事件を追っていた。 そんな中で、同じ風紀班(バイス)のトニーとゴドノフが押収してきた棺桶を調べるとそこにはミイラが収棺されていた。 そのミイラが検査中に突如復活すると、検死官セシルを襲って逃亡する。 その行方をマトバたちが追っていくと・・・。 コップクラフトの第6話 NEED FOR SPEED 昼前に休憩をしていたマトバとティラナの横を逃走したトラックが走り抜ける。 車のカーミラーをトラックに壊されたことに怒りを覚えたマトバはカーチェイスの末、トラックを横転させる。 犯人は逃走し、そのトラックの荷台には大量の「ある書籍」が収納されていた。 街中をカーチェイスした責任をとり、マトバとティラナは逃げた犯人を追うことになったが・・・。 コップクラフトの第7話 準備中 コップクラフトの第8話 準備中 コップクラフトの第9話 準備中 コップクラフトの第10話 準備中 コップクラフトの第11話 準備中 コップクラフトの第12話 準備中 コップクラフトの第13話 準備中 コップクラフトの感想 TVアニメ「コップクラフト」は、累計発行部数が20万部を突破したライトノベルが原作の作品です。 主人公のおっさんとヒロインの幼女の相性が最高! 設定が凝っていて、バディで動く刑事モノ+ファンタジーの組み合わせもいい感じ。 声優の声質や演技も良かったのもみどころです。 ストーリー重視のアニメを探しているなら、今期はまずコレを見よう。

次の

【朗報】「コップクラフト」TVアニメ化決定!最新刊7巻は2019年初夏発売!

コップ クラフト 7

その向こうに存在したのは、妖精や魔物のすむ奇妙な異世界「レト・セマーニ」だった。 「サンテレサ市」。 二〇〇万を越える両世界の移民が住む都市。 雑多な民族と多彩な文化。 そして持てる者と、持たざる者。 ここは世界で最も新しい『夢の街』。 だがその混沌の影には、数々の犯罪がうごめいていた。 麻薬、売春、武器密売。 それら凶悪犯罪に立ち向かう刑事たちが、サンテレサ市警察に存在していた……。 刑事マトバ・ケイと異世界人の騎士ティラナ、性別も性格もそして「生まれた世界」も違う二人が出会うとき、事件は起きる。 二つの世界 二つの正義 その先に- バディポリスアクション開幕!.

次の

コップクラフト 7 ガガガ文庫 : 賀東招二

コップ クラフト 7

2019年7月23日 コップクラフト 3話 海外の反応 1. 海外の反応 面白いエピソードだっただけに、アクションシーンが気になってしまったし、作画が崩れ気味だったのが気になった。 せっかく面白い作品だから、たまたま今回のクオリティが少し低くなっただけだと願っているよ。 それ以外は問題はなかったし、次のエピソードも非常に気になっている。 来週はゼラーダとの派手な戦いがメインになりそうだし、来週に期待しておこう。 海外の反応 私は原作を読んだことがないんだけど、このエピソードは前回と比べてみてもかなり急いでいる感じがしたね。 海外の反応 素晴らしいエピソードだった! 今シーズンは面白い作品がたくさんあるけど、その中でも最も優れた作品の一つだと思う。 それだけに、あまり話題になっていないのがもったいないし、俺は今シーズン何が面白い?って聞かれたらコップクラフトと答えるよ。 変な引き延ばしもないし、毎回のように急展開が訪れて、とにかく次のエピソードが気になってしょうがない作品だと思う。 海外の反応 二人の信頼関係がより深まったエピソードだった。 ティラナがケイのことを相棒と呼んだシーンが個人的にハイライト。 来週は相棒としてのコンビネーションを発揮して、ゼラーダのことをやっつけてほしいね! 8. 海外の反応 止め絵を使っていたのが気になった。 でも、ティラナの変装がとても可愛かったので満点!!! 神父が本当に良い仕事をしたね。 海外の反応 やっぱり何度聞いてもエンディングに違和感を覚えてしまう。 この作品やティラナのキャラクターに合っていないし、異世界からやってきたのだから、ファンタジー系の曲の方が良かったのでは? 11. 海外の反応 デニスとの最初の戦いで変身しなかったのは、自分の剣を持っていないからだと思っていた。 でも、剣を持った後にも変身していなかったし、なぜ変身しないで戦っていたのかが気になってしまったよ。 海外の反応 ティラナが可愛すぎたし、硬派なポリスアクションだと思っていたのにパンツを見られたことに驚いた。 彼女のもっと色々なファッションを見てみたいね。 海外の反応 アニメーションや作画のクオリティが残念だった。 前回の出来がかなり良いものだっただけに、今回は色々な悪い部分が目立ってしまったように思う。 海外の反応 エピソード1でも言及していたけど、ケイは異世界との戦争を経験していて、ゼラーダとも因縁があったんだね。 次回でその過去の因縁にも触れられると思うけど、彼の過去に一体どのようなことがあったのか、楽しみでならない。 海外の反応 伏線がテンポよく次々に回収されていくから、見ていて飽きないし気持ちいいね! 一つのエピソードを見るだけで、三つのエピソードを一気に見た後のような満足感がある。 海外の反応 上司が裏切る展開は衝撃的だったな。 ケイも信頼しきっているようだったし、上司もケイのことを信頼していたね。 彼が最後にケイに対して謝っていたのが非常に印象的だった。 悪いことをしているというよりは、そこには彼なりの正義があったんだろうね。 海外の反応 ケイの皮肉のきいたセリフ回しが聞いていて痛快だね! アジトに突入する時のやり取りなんかは、緊張感があるのに思わず笑ってしまったw 19. 海外の反応 作画頑張れ! 私は彼の上司が裏切り者になるということは予想出来ていたよ! 古典的なバディポリスものの展開だからね! 20. 海外の反応 ティラナの服が切り刻まれていくのを見て、デニスの方を応援してしまったのは俺だけだろうか? 足引っ張るのをやめて欲しければ金を払えと言うお荷物根性で脅迫を正当化するのがホモヤクザ害虫上級国民とバグAIの行動原理だしホモセク闇営業とかけもフレ2や京アニの炎上見ればわかる通りホモヤクザ害虫上級国民のライツビジネスのせいであらゆる産業が頭打ちしてるんだからホモヤクザ害虫上級国民達が絶対勝つ出来レースの為に作られた国家や法律という概念が存在してる限り人種の格差に関係なく文明が詰むことが確定してるのは現実も二次元も変わらないんだよな ホモヤクザ害虫上級国民は承認欲求を満たす為だけに一般人から金を搾取して独占するのが大好きだけど金は神じゃなくて行動するのに必要な権限を可視化しただけのモノだから長者ランキングは人類を滅ぼした戦犯ランキングでしかないしな.

次の