じゃん たま 称号。 【雀魂】2人の魂天・ハピリット、3週間!その打ち筋を解説

【雀魂 じゃんたま】無料でガチャ(祈願)するための準備<奉納>│スカイブルー 白い雲間の青い空

じゃん たま 称号

2020年6月15日(月)〜Mリーグファイナルシーズン開催中!3 日以上前の対局を見たい場合は• 2019〜2020年発売!全自動麻雀卓のをまとめました!おすすめ5選徹底比較です! 「最初の魂天・ハピリット」とは何者なのか? まずはハピリットとはどんなプレイヤーなのかを簡単に紹介していきます。 雀魂では、上位プレイヤーの成績とか一覧情報を見ることができるので確認してみたところ、こんなプレイヤーであるようです。 使用キャラは、マスクをしていますが、多分四宮夏生です。 本人ツイッターはこちら。 やりました!日本サーバー最初の魂天! — ハピリット happilitto0803 天鳳においても、四麻八段、三麻九段経験という高段位プレイヤーのようですね。 で、雀魂でもその力を発揮し、すぐさま魂天へ! 雀魂のサンマもプレイ中の模様! ちなみに最初に魂天に到達したことで、公式から特別な称号「最初の魂天」をもらったそうです。 ハピリットさんの打ち筋と成績について では、続きまして、ハピリットさんの成績をみていきましょう。 2019年7月28日現在では、東風戦を165戦、東南戦を941戦の計1200戦くらいを打っていますが、その成績については驚異的です。 東風戦、半荘戦問わず、 トップ率はなんと30%オーバー。 ラス率はわずか16%程度しかありません。 副露率は34%くらいで、まあオーソドックスな範囲かなと思います。 平均打点もそこまで高くはなく、むしろ放銃率の11%台というのが非常に低いので、守備的な選手なのかなと予測。 実際に打ったことはないんですが、多分オーソドックスに強いタイプかなと。 参考にMリーグの平均打点を見ていたら、だいたいみんな6000点オーバーとかでびっくり。 そんなに平均打点高いの!? 第2の雀魂・3週間さんも誕生 2019年8月にはハピリットさんに続いて、第2の雀魂・「3週間」さんが誕生しています。 2代目魂天になりました! — 3週間 3shukan では、3週間さんの戦績も見ていきましょう。 (2019年8月26日時点) まずはランキングですが、初代・魂天のはぴりっとさんを抑えて1位となっています。 3週間が魂天になったのは2019年8月20日なので、まさに乗りに乗った状態ですね! 続いては戦績を見ていきましょう。 東風戦4戦、半荘戦が790戦とほぼ半荘特化のプレイヤーとなっています。 成績として、特筆すべきは圧倒的な放銃率の低さ。 ・・・9%!? 通常11%台とかでもそうとう防御力が高いと言われるのに、10%を切っての9%台。 放銃率の低さに伴って、4位率も14. 守備を学びたい人は参考になるかも! ちなみにサンマはまだ20戦。 サンマは専門外のようです。

次の

美女たちと本格麻雀が楽しめる!『アズレン』のYostarがおくる新作対戦型麻雀ゲーム『雀魂』ブラウザ版サービス開始 [ファミ通App]

じゃん たま 称号

ログイン関係 認証コードメール 【Yostarログインについて】 送信される「認証コード」メールは、迷惑メール等に分類されている場合がございます。 メールを確認できない場合は、入力したメールアドレスをご確認の上、メールボックス内にて「Eメールアドレスの確認」を検索していただきますようお願いします。 例外として、下記の雀士様のみアカウントの連携が必要となります。 ・Web版Googleログイン — アプリ版ios端末をご使用の雀士様 お手数ではございますが、下記方法より連携をお願い致します。 『無償分』に関しては、全て共通で引き継ぐことができます。 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 契約ポイントは輝石を購入いただくことで貯めることが可能です。 願いの石は雑貨屋内「願いの小屋」での購入および雀士との契約に必要となります。 特定の役の和了が発生した時に、その役を確定させる副露を許したプレイヤーに対して点の支払いが発生します。 投票開始後、全員が賛成に投票した場合は、途中で対戦が終了となります。 四人麻雀では、金の間以上の段位戦で海外サーバーのユーザーとマッチングします! また、「演出再生」をクリックすると打牌時の手の演出をオフにすることが可能です。 今回は特定のプレイヤーに運営からお声掛けさせていただき付与いたします。

次の

美女たちと本格麻雀が楽しめる!『アズレン』のYostarがおくる新作対戦型麻雀ゲーム『雀魂』ブラウザ版サービス開始 [ファミ通App]

じゃん たま 称号

Yostarは本日(2019年4月8日),対戦型麻雀ゲーム 「雀魂(じゃんたま)」を向けに2019年春にリリースすると発表した。 また,この発表に合わせて,が公開された。 雀魂は,全国のプレイヤーと オンラインでリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームだ。 自分の強さに合わせた段位戦から友人などとプライベートなグループを作って対戦できるなど,さまざまな対戦スタイルで麻雀初心者から上級者まで幅広く楽しめるという。 自身のアバターとして,さまざまなタイプのキャラクターが使用可能で,キャラクターボイスには, 井口裕香さんや 内田真礼さん, 小清水亜美さんなど人気声優を起用しているとのことだ。 また,キャラクターごとに 好感度というパラメータが用意されおり,キャラクターを使用したり,アイテムを贈ることで好感度が上がり, 追加ボイスやグラフィックスが開放されるなど,キャラクターにさまざまな変化が起きるようだ。 対戦型麻雀ゲーム『雀魂』を2019年春にリリースいたします 株式会社Yostar(本社:東京都千代田区神田須田町2-8-2プライム神田ビル9階、代表取締役社長:李衡達)は、対戦型麻雀ゲーム『雀魂(じゃんたま)』を2019年春にリリースいたします。 さらに、公式サイト()をオープンしました。 今後、『雀魂(じゃんたま)』に関する最新情報は、公式Twitter()にて随時、更新していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。 自分の強さに応じた段位戦から、プライベートなグループを作っての友人対戦まで、様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。 プレイヤーは自身のアバターとして様々なタイプのキャラクターを使用可能です。 キャラクターのボイスは井口 裕香さんや内田 真礼さん、小清水 亜美さんなど人気声優を起用。 ホーム画面やプレイ中に可愛らしい声を聞くことができます。 キャラクターには好感度のパラメーターも設定されており、アバターとして使用したり、アイテムを贈ることで好感度を上げることができます。 好感度が上がることで、追加ボイスやアバターのCGが変化する機能の開放など、様々なシーンでキャラと触れ合い関係を深めることができます。 他のプレイヤーとのチャットには、キャラに応じた多彩な表情のスタンプが使用できます。 リリース当初はWebブラウザ版のみですが、iOSとAndroidでプレイできるアプリ版も展開していく予定です。

次の