現代魔術科。 【問題】時鐘塔的學部、君主和教室設定 @TYPE

魔術協会 (まじゅつきょうかい)とは【ピクシブ百科事典】

現代魔術科

概説 [ ] では広義の呪術について magic 、 sorcery 、 witchcraft といった分類がなされるが、それとは別に、現代の英米の実践家の間では magic と妖術 sorcery と witchcraft はある程度区別される用語となっている。 のまとめたところによると、大まかに以下の二つに分けられる。 儀式魔術 Ceremonial magic 高等魔術 High magic とも。 的な階層構造をもつ、カバラ を中心とした枠組みに基づく秘教体系。 19世紀末の黄金の夜明け団が体系化した。 古代やの神話伝説のシンボリズムを折衷的に取り入れ、儀式や瞑想を行う。 ペイガン魔術 Pagan magic を含む、呪術的な面を有する先キリスト教のヨーロッパの復興運動()。 自然魔術とも(ルネサンス思想史の文脈で言われる自然魔術とは別)。 歴史 [ ] 期、儀式魔術 : Magia ceremonialis という言葉は霊と交渉する魔術()の類を指し、キリスト教的な通念では異端的な忌まわしいものとされていた。 こうした古典的な儀式魔術はと呼ばれる古い魔術書群に遺されている。 一方、一部のらは自然の理に基づいた賢者の知恵としての魔術、すなわち自然魔術 : Magia naturalis に言及している。 中でもが著した『隠秘哲学』三書は後代の魔術に大きな影響を与えた。 近代の英国では、19世紀までと呼ばれる人々を担い手とする民衆魔術の伝統が生き残っていたが、一方でゴシック趣味が隆盛した18世紀には、魔術への多分にロマン主義的・中世趣味的な関心が呼び覚まされた。 19世紀初頭には ()がアグリッパやグリモワールの魔術をまとめ上げ、 The Magus を著した。 これは英国における魔術復興の嚆矢となった。 19世紀半ばのフランスではが『高等魔術の教理と祭儀』などを著し、魔術思想を説いた。 そして19世紀末のイギリスにできた魔術結社、黄金の夜明け団は、/的儀礼とと古典的な儀式魔術とを総合・体系化し、魔術に新たな息吹を吹き込んだ。 この出来事を魔術史家 ()は魔術の「復興」と表現している。 は、1913年に発表された『第四の書』第二部において魔術の表記を magic から Magick に転換した。 これは自分の提唱する魔術を手品や洗練されていない旧来の魔術から区別するために、19世紀以前に用いられた近代英語の古い綴りを復活させたものであった。 クロウリーの提唱した"Magick"概念の内容についてはを参照。 周辺領域 [ ] セレマ Thelema アレイスター・クロウリーが創始した宗教/実践哲学。 聖典は『』、儀式魔術との実修、「グノーシスのミサ」という宗教儀礼などがある。 詳細は「」を参照 技法 [ ]• 追儺 ついな Banishing• 聖別 Consecration• Invocation• Evocation• 護符魔術 Talismanic magic• Divination:、• Scrying, Skrying:幻視• Astral projection• ヴィジョン Tattwa vision• パスワーキング Pathworking:小径の作業、道行き。 界層の上昇 Rising on the planes• Sex magic k 行法 [ ]• Reverse Meditation• リズム呼吸 Rhythmic Breathing:• Meditation:受動瞑想と能動瞑想• 日拝 Four Adorations• 小五芒星追儺儀式 the Lesser Banishing Ritual of the Pentagram 略称 LBRP• 中央の柱 the Middle Pillar 道具 [ ] 四大元素武器や各種ワンド(杖)等の道具は自分で作成して聖別することになっている。 儀式魔術• 四大元素武器 Elemental weapons• を象徴する火の棒、水の杯、風の短剣、地の。 流派によっては棒(杖)を風の象徴とし、短剣を火の象徴とする。 ロータスワンド Lotus wand• 黄道十二宮の12色に塗り分け、先端に睡蓮の花を模したものを取り付けた棒。 短剣 Dagger• 小五芒星儀式などで用いられる汎用の短剣。 元素武器の風の短剣とは区別される。 魔法日記 Magical Diary• 行った訓練や儀式の内容、状況、感想などを記録。 Tarot pack• 魔女宗• アセイミーまたはアサミー Athame• 黒い柄の両刃のナイフ。 Pentacle• 五芒星などが描かれた円盤状のもの。 チャリス Chalice• を模した杯。 コールドロン Cauldron• 魔女の大釜。 儀礼 [ ]• 儀式魔術• イニシエーション(秘儀参入の儀式)• 春分・秋分の儀式• 魔女宗• イニシエーション• サバト:年8回の季節の祝祭• エスバト:満月の夜の集会 組織 [ ] 儀式魔術 結社には上位組織と下位組織がありそれぞれに位階がある。 魔女宗 13人のである。 13人以上になるとカヴンを分ける。 人物 [ ]• 鏡 2003, pp. 18-20. の Kabbalah の伝統そのものではなく、ルネサンス期以来の () Cabala の影響を受けた、 () Qabalah とも称されるもの。 吉村 2013, p. クロウリーの『第四の書』第二部 Book Four, Part II の脚注に「の学をそのあらゆる紛い物から区別するために Magick という古い綴りを採用する」旨が記されている。 119. ウイッチクラフト、ウイッカ、魔女宗といった言葉の適用範囲については、楠瀬啓(2014年9月23日閲覧)を参照のこと。 以下、本項ではウイッチクラフトとウイッカの双方を含むものとして魔女宗という呼称を用いることとする。 参考文献 [ ]• 鏡リュウジ 『鏡リュウジの魔女入門』 柏書房、2003年。 吉村正和 『図説 近代魔術』 河出書房新社、2013年。 ロバート・A・ウィルソン 『コスミック・トリガー』 武邑光裕監訳、八幡書店、1994年。 フランシス・キング 『黄金の夜明け魔法大系5 英国魔術結社の興亡』 江口之隆訳、国書刊行会、1994年。 The Magus. York Beach, ME: Samuel Weiser. Mathers, S. Liddell MacGregor 2000. The Key of Solomon the King. York Beach, ME: Samuel Weiser. Stealing Fire from Heaven - The Rise of Modern Western Magic. New York: Oxford University Press. フランシス・キング 『イメージの博物誌4 魔術--もう一つのヨーロッパ精神史』 訳、、1978年、 『オカルト 上』 中村保男訳、河出文庫、、1995年、 コリン・ウィルソン 『オカルト 下』 中村保男訳、河出文庫、河出書房新社、1995年、 魔女宗に関する図書 『ウイッチクラフト(魔女術) -都市魔術の誕生-』 、1994年(新装版)、 鏡リュウジ 『鏡リュウジの魔女入門』 柏書房、2003年、(上の改訂増補版だが、参考文献と索引が削られている) マリアン・グリーン 『ナチュラル・マジック』 河出書房新社〈聖なる知恵入門シリーズ〉、1996年、 マーガレット・A・マレー 『魔女の神』 西村稔訳、人文書院、1995年、 『魔女 上』 藤田浩一郎訳、現代思潮社、1967年 『魔女 下』 藤田浩一郎訳、現代思潮社、1967年 その他の関連書 「」1992年2月号(特集=魔術)、 フランシス・キング 『アレイスター・クロウリー著作集 別巻1 アレイスター・クロウリーの魔術世界』 山岸映自訳、国書刊行会、1987年 『コスミック・トリガー』 監訳、八幡書店、1994年 ブランチ・バートン 『悪魔教』 小森雪枝訳、、1995年、 クリストファー・マッキントッシュ 『薔薇十字団』 吉村正和訳、平凡社、1990年、(現行版はちくま学芸文庫より) レイチェル・ストーム 『ニューエイジの歴史と現在』 高橋巌・小杉英了訳、角川書店〈角川選書〉、1993年、 上山安敏 『神話と科学 -ヨーロッパ知識社会 世紀末~20世紀-』 〈岩波現代文庫〉、2001年、 『若きとその時代』 平河出版社、 リチャード・ノル 『・カルト カリスマ的運動の起源』 月森左知・高田有現訳、、 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語).

次の

異世界魔法は遅れてる!

現代魔術科

魔術とは何か? その業は科学であり、世界の研究。 違いはあるか ある魔術師(wizard)が、自らの業を魔術(wizardry)だと言う時、その魔術という言葉は、他に適当な言葉がないから、とりあえず使われてるパターンが多いらしい。 ある魔術師は言う。 魔術を定義するなら、それは「最も総合的な科学(Most comprehensive science)」である。 また魔術は、「世界の研究(Investigation of the world)」であり、「命そのもの(life)」、「意思そのもの(Intention)」でもある。 この世界の何もかもは、繋がっている。 ある人という原子の集まりは、空気の原子、メッセンジャー粒子、愛や友情、社会的概念、想像上の領域で繋がっている。 我々はの共有をする。 ある人が今日の5時に生きてた時に、また別の人も同じ時間に生きている。 意思は、実在性と深く関わる。 我々は互いを、有限の速度である光を通して見る為に、実質的には我々が見る万物は過去のものである。 我々が知っていると思っている、目の前の現在の現実は、すでに現実ではない。 それは我々の想像力が作った虚像にすぎない。 魔術とは『自然の理(theory of nature)』を知り、それを利用する術。 基本的には科学と同じである。 魔術の意味。 言葉と真理 魔術の目的は奇跡を行う事ではないという。 しかし奇跡を起こしてならない訳ではないらしい。 魔術は何らかの目的を持って行うものだが、別にそれは奇跡でも、些細な事でもいい。 言葉は真実を表現するのに向いてない事に注意するべしである。 魔術師がその事を知りながら、言葉を用いるのは、他に表現の道具を知らないからにすぎない。 他の魔術師が考案した魔術を行う場合に、その魔術における言葉、例えば『神(God)』や『精霊(spirit)』、『大地(Earth)』、『宇宙(Universe)』などはよく使われるが、それらの言葉全ての意味を間違えないようにしないと、魔術は意味を失う。 ただいつでも忘れないでいるべきは、特別な者の特別な魔術など、あまり存在しないという事。 真理さえ知るなら、魔術を行うのは、誰にでも出来るのだ。 神秘主義思想。 天使や精霊は実在するか。 『神秘主義(mysticism)』、『超能力(psychic)』、『幻覚(hallucination)』、『妄想(delusion)』。 いずれも魔術とは似て非なるものとされる。 もちろん魔術は宗教とも違う。 よく悪魔がどうたら、という話があるが、悪魔の契約というのは、的な世界が生み出した、それこそ単なる妄想である。 実際、魔術の業として、や悪魔や精霊の力を借りる魔術もある。 しかし魔術師が、その天使や精霊だと解釈しているものが何か、実は魔術師にもわかっていないのだ。 もちろんいくつか説はある。 実際にそのような霊的な存在がいるとする人もある。 それらは自らの意思による、基本的には想定外の力を、理性的な人の脳が理解する為の幻にすぎないという見解もある。 どちらかというと後者の方が真実に近いかと思う。 なぜなら同じ手順を踏んだ、同じ霊の魔術であっても、現れる霊の姿が人によって異なる場合があるからである。 魔術師達の、霊がいるかどうかという議論は、の研究者達の、計算上にしかちゃんと確認出来ない「存在確率の波」や、「より小さな粒子」の実在性の議論に似ている。 ただ魔術師達は、自分達の扱うものの本質がわからない事を、物理学者ほどには深刻な問題とは考えてないという。 魔術師達からしてみれば、天使や精霊が本当は何なのかという事は大した問題でなく、実際にその霊(と思えるような何か)の力が、現実に少しでも作用するのかどうか、という事のみが重要なのである。 そういった意味では、魔術師は実用主義と言えるかもしれない。 魔術諸々 白魔術と黒魔術の違い。 まとめては駄目 勘違いされがちだが、普通の魔術師は『黒魔術(black magic)』を徹底的に嫌う。 そもそも黒魔術とはどのようなものか、と言えば、それは悪の業である。 まともな思考回路をしている魔術師は、黒魔術を使う事もないし、徹底的に嫌悪し、知識としてすら学びたがらない者が多い。 理由は、魔術師が善人ばかりという訳ではなく、恐ろしいからであるからだと思う。 自らを全知全能であるとする魔術師など普通はいない。 なぜなら魔術師は、自分達が行う魔術について何もかも理解している訳ではないからだ。 それに魔術が大前提とする、意志が存在するこの世界についてなどは、ほとんど何も知らない。 悪が悪であるというのは、魔術師でなくとも、人は直感で知っているものだ。 そういう、学ばずとも知っているような直感的な事実は、魔術師を恐れさせる。 なぜなら魔術師は、たいていその直感とやらを頼りに魔術を行うからだ。 黒魔術を使うなら、自らが悪である事を認めるのと同義。 しかし魔術師はそれが恐いのである。 そういう訳で、黒魔術を学びたがる者は、むしろ無知な素人が多いという。 そして本物の(あるいはそうだと完全に冷静に自認している)魔術師が使う魔術は、基本的に白、つまり善の業な訳である。 悪の業、善の業と言うが、業自体に違いはなく、違うのは悪の為に使うか、善の為に使うか、という使用目的のみ。 (コラム)悪でも善でもなし 善と悪しかないのかなって思う。 どちらとも言えない灰色魔術はないのかなって。 まああまり聞いた事ないけどさ。 召喚術(conjuration)。 精霊召喚の魔術儀式 精霊術(Spirit magic)と呼ばれる場合もある。 普通、天使とか精霊とかを出現させ、それらによる影響を扱う。 『召喚(Summons)』とは伝統的な言い方であり、使用する上では、あまりに意味する範囲が広い事に注意する。 『儀式術(Ritual magic)』は召喚術と実質的に同義である事が多い。 儀式を絶対的に必要とする魔術が、主に召喚術だからである。 召喚術の儀式には、大まかに3種あるという。 まず第一が、『献身(dedication)』。 これは信仰心厚い宗教信者がやってる事とほとんど同じ。 つまり自らが崇拝する何らかの存在へ、自らが思う最適のやり方で、自らの愛や友情を捧げるというもの。 第二が、『召喚儀式(ritual of summoning)』。 おそらく創作などでも最も馴染み深い、適切な儀式により、何らかの存在を呼び出す、あるいは実体化するもの。 第三が、『劇(theater)』。 これは、召喚対象を、絵画や音楽、演技などで表現するもの。 世の芸術活動とほぼ同義である。 これらは組み合わせられる場合もある。 例えば、自らの神が川遊びを所望した場合に、その望みを叶える為(第一)、紙に川を描く(第三)。 適切な儀礼の手順を踏んでいたならば、実際に川で遊ぶ神が現れる場合もある。 (第二) それがあなたにしか見えない光景であっても、あなたの世界の光景であるなら、それは確かに真実であるのだ。 (注釈)異世界、異次元 地獄、天界、アストラル界。 召喚術で呼び出される霊が、平時に存在する場とされるものはいくつもある。 これら異世界、あるいは異次元の存在の解釈については、霊そのものの実在性と同じで、魔術師達の見解はバラバラである。 よくある解釈としては、そのような「~界」は、イメージ上に、召喚対象を段階的に 配置する為の空間であるというもの。 召喚術とは、実は非実在を実在として捉える業であるという観点らしい。 非実在を実在とする為に、まずは非実在の世界にそれを置く訳である。 そうしてから、非実在の世界(つまり~界)のみを消しされば、そこにいた本来は非実在の霊が現実に姿を現す訳である。 錬金術(alchemy)。 現代科学との大きな関わり 元素術(element magic)とも言う。 術というより、知識、知恵に近い。 一般的に言う化学とほとんど同義である。 古くさい模式を重視する向きもあろうが、実用主義であるたいていの魔術師にとって、それは賢いスタイルではない。 なぜなら化学知識の乏しい昔の人達が行う、化学の業の実用性が低いのは当たり前であるからだ。 また量子論が、現代のだと考える人もいるかもしれないが、それらは似て非なるものと個人的には思う。 なぜなら量子論は、根元主義的か不可知論的な性質を多分に含んでいると思えるからだ。 つまり量子論者は、この世界のあらゆるものが、最も基本的な何かの組み合わせにより説明可能と考えているか。 あるいは、この世界の本質の中には、誰にも理解できない何かがあると考えている傾向が強いのだ。 魔術師とは違う。 魔術師は(そんなものがあるとして)最も基本的な性質など重視しない。 それに(やはりそんなものがあるとして)誰にも理解できない事など扱う対象ではない。 要約すると、錬金術とは、人が実用的なレベルで扱える範囲での物質の支配の業である。 その範囲での最小が原子とは思わないが、真に最小の何かとも思えない。 (注釈)史上最悪の魔術 おそらく歴史の中で、錬金術の最悪の成果は核兵器である。 そして原子爆弾の投下は、人間が行った最も恐ろしい黒魔術である。 まともな神経の魔術師が黒魔術を嫌うのもわかるだろう。 数秘術(numerology)。 情報暗号学の魔術的使い方 主に純粋数学、暗号学、情報学などに関連した魔術。 というかある種の暗号記法だと考えられている場合も多い。 『神名(God name)』や『呪文(magic spell)』などは、数秘術関連であるとする説もある。 いずれも口から音として発するだけで、効果があるようなイメージが強いが、それはなどから連想された妄想にすぎない可能性が高い。 音はただの物質原子の規則的な振動にすぎない。 概念は、意思の力と関係していようが、その概念に万人共通のものはない。 数字は最も共通性が高い。 1羽の鳥を「鳥」でなく「bird」という人がいても、使いなれた言語が違うと思うだけだが、1羽の鳥を10羽いると言ったなら、それは明らかにおかしい。 そういうのは常識だと考える人もいるかもしれないが、魔術師にとってはそれは大切な直感である。 魔術を否定する科学者でも、数字は信じられるという人は多いだろう。 実は数字を一番信頼してるのは、魔術師も同じなのである。 数秘術をどう扱うか、魔術師には主に2タイプある。 1つが応用数学と同義なタイプ。 この観点から言うなら、や量子や時空間を見つけた計算の業は数秘術である。 コンピューターも、数秘術による開発である。 もう1つは、数字を用いた世界の探求である。 こちらは完全に純粋数学的であり、例えば0や複素数、無限とかの探求となる。 占星術(astrology)。 惑星の意味を探る 日本語の名称に「占」の字が使われてる為、占いの術のイメージが強いが、別に占いに限った魔術ではない。 召喚術にかなり近いが、あちらが霊を呼び出すのに対し、占星術は、実在する星を霊に見立て、あるいは霊の媒介として利用する。 「実在する星」とは、実は夜空の星に限らない、惑星が使いやすいからよく使われるが、それは架空の星でも、そもそも星でなくともよい。 ただし生命体は使えないという説がある。 生命体の意志が、霊の振る舞いを拒否できるかららしい。 占星術はある意味で、小宇宙創造であり、そこで星である諸々を用いて、行う業なのである。 召喚術では、段階的に使う異世界概念の方をメインとした術とも言えるかもしれない。 呪術(sorcery)。 基礎的な魔術。 高等魔術 最も基礎的な魔術であるが、極める難易度が低い訳ではない。 ただ、(効果を発揮できるかはともかく)概念的に理解しやすく、実践もしやすい。 自然の理を理解し、利用する魔術の総称。 つまりその意味が含む範囲はかなり広い。 ある意味で、呪術とは、召喚術、錬金術、数秘術、占星術以外の全ての魔術の総称である。 ただし呪術を高等魔術の意味で使う流儀も多いという。

次の

現代魔術科の竜君

現代魔術科

概要 国籍・ジャンルを問わず魔術師たちによって作られた自衛・管理団体。 魔術を管理し、隠匿し、その発展を使命とする。 外敵に対抗するための武力と、魔術の更なる発展(衰退ともいう)のための研究機関を持ち、魔術犯罪の防止法律を敷く。 魔術師は己の研究を公表することはなく、魔術師同士の研究の交流などというものはない(交流などというものがあるとすれば、それは世俗的な権力闘争くらいである)。 魔術を学ぶには最高の環境であり、自分の研究こそが最優先の魔術師にとって、それらの魅力は何物にも代え難い。 名目上、支配者ではないことを標榜する協会は辞めることは自由だが、そんなことを考える魔術師はそうそういない(封印指定でも受ければ仕方ないが)。 とは表向きは不可侵であるが、裏では記録に残さないことを条件に現在も殺し合いが続いている。 また、中東圏の魔術基盤、及び大陸(中国)の思想魔術とは互いに相容れず、やはり不可侵を装っている。 加え、西洋魔術を扱う魔術協会では呪術は学問ではないとされて蔑視されており、中東圏に大きく遅れをとっている。 封印指定 魔術協会が判断した、希少能力を持つ魔術師に与えられるもの。 その奇跡とも言える希少能力を永遠に保存するために、対象の魔術師を「貴重品」として優遇し、「保護」する。 しかしそれは名目にすぎず、実際は一生涯幽閉しその能力が維持された状態で保存する。 言ってしまえば、ホルマリン漬けの標本にして飾るのと変わらない。 要するに、協会自身が力ずくで我が物にし封印するということ。 対象者 肩書 理由 現在 最高の人形師。 人間の完全なる複製。 一度解除後、現在逃亡中。 統一言語師 Master of Babel。 神代の意志疎通を再現。 逃亡後、死亡。 衛宮家四代目継承者。 根源を目指した時間操作。 逃亡後、死亡。 その後再利用される。 封印指定候補 対象者 肩書 理由 宝石剣の担い手。 魔術実験の過程で因果律を捩れさせる。 心理の支配者。 人間の感情を操作する霊薬の作成。 遠坂凛のみ、 意図せずして封印指定される一歩手前のことをやらかしてしまったという点で、他の対象者とは一線を画している(その為、協会も判断に困っている)。 三大部門の一角。 三大部門の中では最も新しく、設立は西暦元年。 現在は魔術協会総本部とされ協会といえばここを指すようになっている。 しかし、時計塔が本部となって以後、他の二つとの交流は途絶えているらしい。 組織内部は権威主義と権力争いの温床で腐敗しており、フラガのような新興の名門が座る 幹部の 椅子は何世紀も前から存在すらしない。 創始 西暦の開始と前後して神代は完全に終了した。 しかし 王の弟子の一人が『神秘を学問として伝える』と学院を 設立した。 以後は院長として各地に魔術都市を建設するが、との対立で多くは廃止され、 最終的には新時代を迎えて後のブリテン島に機能が集中することになった。 十三世紀頃には魔術協会と言えばロンドンにある始まりの学府を指すようになっている。 組織構成 魔術協会、特に時計塔を束ねる貴族を「ロード」と呼び、大きくは学部を治める君主 ロード 達を指し、狭義には時計塔内で最も力持つ貴族 ロード 達、12の君主 ロード の中でも特別視される三大貴族、バルトメロイ、トランベリオ、バリュエレータの三家の縁者を指す。 大貴族が三家、親族が二十家ほど存在する彼らは表の世界でも名門貴族として地位を得ている。 貴族たちの歴史は最短でも五百年以上、最長に至っては二千年を超える。 この12の君主で構成される会議を「冠位決議(グランド・ロール)」といい、学科、派閥の垣根を越えて 審議する必要が議題ある場合に開かれる。 実質的な時計塔の最高意思決定機関。 十三個目の項目として、政治家を志すための「法政」があるが、これは神秘を探求する学問ではなく、社会を回すためのものであるため十二の学部にはカウントされない。 現在、明らかになっている、君主 ロード とそれを保持する一族、その担当学部は以下のものである。 尤も学部ごとの特色というものもあり、選民思想の権化じみたバルトメロイが君臨する法政学部のカレッジならば私設憲兵が外部からの侵入者を取り締まるほどに排他的であったり、考古学部のような権力闘争とは縁遠いカレッジでは純粋に学問のみを追求する落ち着いた雰囲気であったりと、程度の差はある。 しかし、必ず1つの学部に所属しなければならないという決まりはなく、優秀な者ほど掛け持ちや転属を繰り返しやすいのが常である。 また、独立した組織として地下に広がる迷宮(ダンジョン)を管理する秘骸解剖局、地上の魔術を測定し特出した封印指定となるべき魔術を選別する秘儀裁示局天文台カリオンが存在する。 派閥 ここ数世紀、ロード達は時計塔の運営理念の方向性から3つの勢力に分裂、内紛寸前の状況にある。 バルトメロイ派:『優れた血統のものに任せるべき』とする 貴族主義派閥。 三大貴族最有力者バルトメロイが筆頭を務める。 トランベリオ派:『血統がイマイチでも才能ある若者から募るべき』とする 民主主義派閥。 三大貴族トランベリオを中心に、残りの三大貴族バリュエレータもここに含まれ、1. とは主張の違いから冷戦状態。 メルアステア派:『主義主張はどうでもよくて研究第一』の 中立派閥。 その中の最大勢力がメルアステア。 と違い研究優先の家柄が集まっただけで意見の統一もなく、いつ内ゲバが始まってもおかしくない仲にある。 の時代にそれを良しとするか否定するかの対立が生じ、後の貴族主義と民主主義の派閥 争いの原因を作った。 技術や観念の近代化は魔術世界にとっても痛手だが、知識と技術が複雑になるのは『良きこと』でもあり単一の世界観で勢力を広げるへの攻撃にもなるため最終的には後押しすら行った。 施設 倫敦の大英博物館地下に築かれた極秘施設を本部とし、施設としての時計塔自体はここの事を指す。 組織の規模が大きくなるごとに施設は増築され、現在は地下本部と倫敦を囲むように郊外に点在する11の学園都市で構成されている。 建物、学術棟としての時計塔は倫敦郊外にありに似た外観である。 これらの施設は各12学部に割り振られており、『全体基礎』が地下本部、他の11学部は倫敦郊外の各学園都市を拠点としている。 多数の人々が出入りする建物は一般には老舗の大学ということになっており、魔術、心理学を用いた設計により一般の人々を入れないようにはしている。 霊墓アルビオン 時計塔の地下に広がる大迷宮(ダンジョン)。 地上では失われた神秘が色濃く残っており、竜種の牙や純度の高い霊石といった現代では得られない貴重な呪体が眠る。 地上からは消えた幻獣種が闊歩している危険地帯。 ここから発掘される物品による収入や研究によって、時計塔は他の魔術組織より優位を保っており、時計塔の根幹をなす施設。 時計塔がロンドンに居を構えた理由自体この霊墓によるものである。 そのため運営は学科、派閥から独立した秘骸解剖局が行っており、彼らの許可を得られなければ迷宮に入ることはかなわない。 多くの魔術師が成り上がりを夢見て迷宮にもぐるが、入るには解剖局と契約を結ばなければならず、そして発掘作業の任期を終える前に幻獣種が跋扈する迷宮で死に絶える。 一般の魔術師が迷宮入ればまず出てくることはなく現代の奴隷制度と揶揄される。 その危険性ゆえにまれに生還したものは生還者(サヴァイバー)と称される。 この迷宮の由来については時計塔においてさえ不明だが、世界の裏側に行きそこなった巨大竜種の亡骸だという伝説が伝わっている。 階位 協会内には冠位 グランド 、色位 ブランド 、典位 プライド 、祭位 フェス 、開位 コーズ 、長氏 カウント 、末子 フレーム という位階がある。 最高位である冠位 王冠とも書かれる は協会の歴史でも数少なく、君主 ロード の多くも色位どまりであり、そのため色位が事実上の最高位として扱われ、それに次ぐ典位でも一般魔術師には雲の上の存在とされている。 また第四階位である祭位は名誉階級としての性格が強く、通常の魔術師として能力とは別に評価せざるを得ない特殊な能力、技能を持ったものに贈られている。 そのため時には色位級もしくはそれ以上の魔術師がここに据えられることもある。 また個人と家系に贈られる階位は別となっている。 の世界では亜種聖杯戦争が原因で魔術師の総数が減ってきてるため例外的に階位が比較的容易に手に入るという。 階位 該当者 冠位 、 色位 典位 祭位 、、 開位 長子 末子 さらに、このほかにも最高位の術者には色の名を冠した称号を与えており、最高位が三原色の『赤』、『青』、『黄』。 そこから合成色の『橙』、『紫』、『緑』、『黒』と続き、後者ほどランクは下となる。 勘違いされがちだが、この色の称号と色位は別である 冠位の魔術師に色の称号を与える描写があるため。 なお創設者である学院長、及びには エルダーという称号があるらしいがこれは階位であるかは現状不明。 一般生徒からは伝説上の概念でしかない。 over count1999による神秘の崩壊によってその力の大部分を失い、西欧財閥とその協力者となった聖堂教会によって反社会組織として壊滅させられるという、呆気ない最後を迎えている(あくまで、その世界線だけの話だが)。 学部長 元素変換を教える二級講師 時計塔十一科ロクスロート研究棟館長。 学院長 時計塔設立時から現在までその座にあり続ける、少なくとも二千年を生きているとされて来た謎の人物。 長く経歴や過去をうかがわせる情報は無かったが 王の弟子のひとりであったことがマテリアルにて明かされた。 「神秘はいずれ消えるが過去を知るための学問として残す」と決意しそのための学院を創始する。 だが西暦の初めに第五架空要素 疑似エーテル が実証され、神秘の実践はカタチを変えて続けられる事となった。 新世界の開始。 ルフレウスの嫡男であり、次期学部長の座を約束されている貴公子。 一級講師を務めている。 召喚科学部長。 既に在任50年を過ぎているとも噂される矮躯の老人。 降霊科の本来のロードであるユリフィス家当主およびそれに次ぐ立場のブラムが特命により不在のため、降霊科のロード代理に就いている。 十二人のロードのうちでは守旧派の代表格と見なされている。 フィーンド・ヴォル・センベルン 新鋭の一級講師。 その身柄の確保がユグドミレニア残党にとって有利なカードとなる程度には期待されているらしい。 時計塔第十三の科である「法政科」に所属する魔術師。 踝まで届く黒髪に友禅の振袖、魔眼殺しの眼鏡が特徴的な美女。 現代魔術科の先代学部長。 現在は時計塔を出奔している。 シャルダン エルメロイ教室に所属する二級講師。 魔術師らしかぬ好々爺。 降霊科所属の一級講師。 女性から人気の美形魔術師。 アンセス・グローチェスター 動物科に所属する主任講師。 ディンベルグ卿 全体基礎科の重鎮だった人物。 エルメロイ教室の立ち上げ直後に客員講師を務めた事もある。 詳しくは該当記事を参照。 カルデアに所属する魔術師。 『狼男』と呼ばれ蔑まれている殺し屋。 「悪霊」ガザミィ 封印中の、とある魔術師の異名。 協会における厄ネタの一つ。 事件簿マテリアルでは罪人ガザミィと変更されていた。 ゲリュオン・アッシュボーン 「魔術刻印の修復」という特殊な技術を持つ魔術師。 階位は『祭位』。 オルロック・シザームンド 「蝶魔術パビリオ・マギア」と呼ばれる魔術体系の重鎮。 ハイネ・イスタリ 錬金術の名家イスタリ家の嫡子。 一度は魔術の道を棄て、聖堂教会に所属していたが実家の事情により引き戻された過去を持つ。 人形師。 人前には常に人形を遠隔操作して出ている。 外部調査なども行っている模様。 バイロン・バリュエレータ・イゼルマ バリュエレータの係累、イゼルマ家の当主。 所属は創造科。 ミック・グラジリエ 呪詛科に所属する魔術師。 マイオ・ブリシサン・クライネルス 伝承科に所属する薬師の青年。 イスロー・セブナン 黄金姫と白銀姫のドレスを仕立てた魔術師。 霊墓アルビオンを管理する「秘骸解剖局」管理部門の職員。 三十代くらいに見えるふくよかな体型の男性。 「秘骸解剖局」資材部門の職員。 三十代くらいに見える黒人の女性。 霊墓アルビオンの「生還者」。 の弟子。 ジョレク・クルダイス 霊墓アルビオンの「生還者」。 失踪している。 ゲセルツ・トールマン 霊墓アルビオンの「生還者」。 失踪している。 オーガスタス・ヘンリク・アスプルンド 創造科に所属する魔術師。 クラスト・レニー・ウェグナー 鉱石科に所属する魔術師。 バレイア・サイクルフィ 全体基礎科に所属する魔術師。 ミザリア・クロウラム 動物科に所属する魔術師。 グルドア・ダヴェナント 動物科の重鎮と言われる魔術師。 表向きは百貨店を経営している。 バルザーン 元の所属は不明だが、時計塔での扱いに不満を覚えて彼らを見返すべく出奔した。 天体科に所属する魔術師。 オルガマリーの家庭教師とは、古い友人。 天体科に属するファーゴ家の当主。 封印指定執行者等の実務担当• ミリョネカリオン 封印指定総与。 詳細不明。 封印指定執行者。 フォルテ 教会屈指の風使いとして知られる剣士。 & 協会から派遣される正規の執行者ではなく、フリーランスの賞金稼ぎ。 協会が動き出す以前に行動し、成果を売り渡すことを生業とする「狩人」。 封印指定に限らず、魔術犯罪者として協会に追われる者の相手もする。 切嗣達同様、フリーランスの賞金稼ぎ。 元々かなりの名門の出で、研究者として協会の中でもかなり将来を有望視されていたらしい。 元学生 魔法使い。 元・魔導元帥。 今でもたまにふらっと顔を出す。 魔法使い。 異名は「マジックガンナー」、「ミス・ブルー」 三大部門の一角。 別名「の穴倉」。 西暦以前から存在する、エジプトを根拠とする錬金術師の集団。 時計塔に所属しているような、中世を発祥とする西洋魔術に傾倒した現代錬金術とは別物で、魔術の祖と言われる錬金術師の集まり。 錬金術として万物・物質の流転は共通のテーマだが、アトラス院ではそれに加えて事象の変換も研究している。 錬金術、その中でも思考分割、高速思考といった、人体を演算装置とする術に特化している。 魔術回路数が少ないことも特徴で、単体では自然干渉系の術はまったく使えない。 しかし「最強になる必要はない。 最強であるものを作ればいいのだから」との考えから、それをよしとしている。 別名「蔵書の穴倉」。 マナが枯渇した2030年代においてはそのものが消滅し、マナに頼らない魔術大系を持つ彼ら錬金術師のみが旧き魔術の探求を続けている。 魔術協会の崩壊後も在り方を変えず、逃亡した魔術師を迎えることはせず、世界から孤立した閉鎖社会であり続けている。 霊子虚構世界のにも根源に至るための聖杯を求め、を送り込んでいる。 西欧財閥の支配は人類の滅亡を加速させると結論付けているが、西欧財閥にもそれに対抗するレジスタンスにも特段の対立も協力もしていない。 所属者.

次の