クリア スライム の 作り方。 【簡単!!】むっちりクリアスライムの作り方(BGM有)

スライムができる原理|どうしてドロドロになるの?

クリア スライム の 作り方

ふわふわスライムの材料は2種類! スライムをフワフワさせるためには、 材料にシェービングフォームを使う方法と 泡ハンドソープを使う方法があります。 シェービングフォームが100円で販売されているの ローソンストア100のCRISP(135g) と、いう商品があります! 香りも柑橘系で、 スライム作りにはオススメですよ。 ヘラ(他、スプーンなど)• 計量スプーン• 計量カップ 簡単ふわふわスライムの作り方材料おすすめは100均のシェービングフォーム 作り方 では、作り方をご紹介いたします。 先ほどの材料は、 最小1人分くらいですので たくさん必要な場合は 量を増やしてくださいね! 1. ボールにせんたくのりと水を入れ ヘラなどで混ぜあわせます。 スライムに色をつけたい時は、 お水に絵の具をとかしておきます。 pinterest. pinterest. シェービングフォーム(または泡ハンドソープ)を 1で混ぜ合わせたモノと 同じ量~2倍くらいの量を入れ ヘラで混ぜます。 pinterest. 2にホウ砂水を少しづつ入れて 様子を見ながら混ぜ合わせます。 pinterest. etsy. フワフワスライムも 100均の材料で簡単に作れます! 色をつけたい時は、 お水に好きな色の絵の具を とかしておけばOKです。 スライムが固く感じる時や、 伸びなくなってきたら、 シェービングフォームや、 ハンドソープを足せば やわらかくなります。 ローソンストア100がない時は、 100均の炭酸泡洗顔フォーム(300円)でも 作れます! こちらでもお試しくださいね! 最後までご覧いただきありがとうございます。 お手数おかけしますが 1日1回、下の2つのボタンに応援のクリックをいただけると 励みになります。 よろしければご覧下さいね!.

次の

スライムの作り方はとても簡単!ホウ砂あり・なしで作れる方法を紹介!

クリア スライム の 作り方

ぶるぶる・・・、もしかして、とんでもないスライムを作ってしまったかもしれない ちょっと大げさかもしれませんが、それくらい完成度が高いスライムが出来上がりました。 手につかない• よく伸びる• ぜひ、最後までお付き合いください! 【クリアスライムの基本的な作り方】• 水50mlに洗濯ノリ50mlを入れ5~10回程度かき混ぜる• そこにホウ砂水を小さじ1追加し、更にトコトンかき混ぜる 基本の作り方はこれだけです!ポイントはホウ砂水を足した後は、水と塊が分離しようとも、とにかく手を動かしてかき混ぜ続けることですね。 更に細かい点については以下の記事で解説していますので、行き詰ったらぜひ合わせてご覧になってください。 次に、キネティックサンドについて。 100均で売っています。 ただし、キネティックサンドという名称では売っていません。 ダイソーは『魔法の砂』。 セリアは『ワンダーサンド』。 おすすめは、セリアの『ワンダーサンド』です。 なぜなら、砂に色がついているからです。 水色や緑色がありましたよ~。

次の

スライムの作り方~重曹や片栗粉などで簡単にできる4種類

クリア スライム の 作り方

スライムをクリアにする方法はいろいろありますが、今回は【電子レンジを使った作り方】をご紹介したいと思います。 私は、初めてこの方法を知った時『スライムを電子レンジで加熱する?!』とすごくビックリしました。 そして、正直なところ電子レンジにスライムを入れることにちょっと抵抗がありました^^; でも子供と一緒にやってみると電子レンジで加熱するのは少しの時間ですし、ラップもきちんとかければ何も問題はありませんでした。 何より出来上がった クリアスライムがめちゃくちゃ綺麗! 作り方もそんなに難しいことはないので、ぜひ作ってみてほしいスライムです。 スライムをクリアにする方法は? スライムをクリアにする方法は• 気泡をぬくこと が最大のポイントとなります。 クリアスライムってただの透明のスライムだから、着色しなかったらできると思っていましたが大きな間違いでした。 こちら、着色せずに作ったスライムです。 クリアスライムは、こんなにクリア【透明】!!! その違いはなんなのか?写真を見て気付かれたかと思いますが、そう 「気泡」なんです。 気泡があるかないかで、こんなにも印象が変わるんですね! 綺麗なクリアスライムを作るためには、いかに気泡を全部ぬいてしまえるかがポイントになってきます。 その手段として今回は「電子レンジ」を使って気泡をぬいていきますよ。 クリアスライム 電子レンジを使う場合 スライムに気泡が入るのはなぜか? それは洗濯のりとホウ砂を混ぜ合わせる時に、空気がたくさん入ってしまうからなんですね。 その空気がスライムの中で気泡となって現れます。 電子レンジでスライムを加熱することによって、しっかりと混ぜなくても洗濯のりとホウ砂が混ざり合っていきます。 洗濯のりとホウ砂を混ぜ合わせてスライムにする工程を、電子レンジの加熱で行うというイメージです。 なので「空気が入らない=気泡がないスライムになる」ということなんです^^ クリアスライムを作る時に電子レンジを使う場合、子供さんの場合は 大人の方もそばで一緒に見てあげてくださいね。 スライムを作っている容器(ボウルなど)が電子レンジに対応していない場合もありますし、ラップをかけたり、温度や時間を設定したりする必要があるので、子供さんの年齢によっては心配なこともあります。 電子レンジでクリアスライムを作る場合は、• ボウルが電子レンジ対応のものか• ヘラやスプーンなどを一緒に入れていないか• ラップはきちんとかけられているか• 設定温度や時間は合っているか などについて見てあげると安心です。 私の子供は、銀色のボウルを電子レンジで加熱しようとしていたり、ワット数の設定が1000wになっていたり!? 普段から電子レンジの使い方は知っているハズなのに、早くクリアスライムを作りたくて慌てていろいろなミスを犯そうとしていたのでした。 スポンサーリンク そんなこともあるので、小学生の子供さんなら電子レンジを使う時には大人の方が側に付いてあげることをおすすめします。 ボウル• ヘラなど• 洗濯のり(PVAが入っているもの)• ホウ砂水• ラップ• 電子レンジ• 容器(蓋付きの保存容器が便利) 作り方 1.作りたいスライムの分量の洗濯のりを入れます。 子供は50ccを量っていました。 2.ホウ砂水を加えます。 3.軽くひと混ぜしました。 4.ラップをかけて電子レンジに入れ、 600wで1分加熱します。 5.ヘラで軽く混ぜるだけでスライムになりました。 6.容器に入れて放置します。 7.完成です。 放置する期間は、作ったスライムの量によっても変わってくることがあるので、早くクリアスライムを作りたい場合は少量のスライムで作ってみるといいですよ。 放置期間が長いので、その間にスライムが乾燥してしまわないように、容器は蓋付きのものがオススメです。 蓋付きの容器がない場合にはラップでぴっちり密閉して、さらに輪ゴムをかけておくといいですよ^^ クリアスライムを作る時には、ゴミやホコリなどが入らないようにも気をつけてみてくださいね。 スライムをクリアにする方法 まとめ スライムをクリアにする方法は、とにかく 「気泡をぬききること」です! スライムの中に空気が入らないようにするには、電子レンジを使って洗濯のりとホウ砂を混ぜ合わせる工程を手伝ってもらうというイメージです。 電子レンジを使う時には子供さんだけで行うのではなく、大人の方も一緒に付いてあげてくださいね。 そんなに難しい工程はありません。 電子レンジなしで作るクリアスライムの作り方もご紹介しています^^ >>.

次の