紫陽花 挿し木。 【アジサイの育て方】鉢植えや植え替え方法、肥料の量や枯れる原因は?

アジサイは挿し木後、地植えすると開花するまで4年かかる話は本当ですか?...

紫陽花 挿し木

アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木と剪定はセット? アジサイを増やすには剪定で切り取った枝を使って挿し木にするのがおすすめです。 そのため、剪定と挿し木を一緒に行えば、効率的にアジサイの栽培が楽しめますよ。 アジサイ 紫陽花 に剪定が必要な理由は? アジサイに剪定が必要な理由は、育てるスペースがない、植木鉢よりも大きくなった、など人間側の都合が悪くなるためです。 もともと、アジサイは剪定をしなくても問題はありません。 ただし、観賞用としてアジサイを育てている以上、飾っている場所の雰囲気や樹形を意識する必要が出てきます。 アジサイを剪定するときには、切り取る時期と方法に注意して、好みの樹形に整えてくださいね。 アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木のコツは剪定した枝を使うこと アジサイは、挿し木で簡単に数が増やせる植物です。 挿し木でどんどん数を増やしていきたい方は、剪定で切り取った枝を利用するのがおすすめです。 剪定後の枝を再利用できるだけではなく、花芽がついた枝ならば、翌年花を咲かせてくれるかもしれません。 土に植える• 6~7月頃、剪定した枝を10~15cmほどに切り揃える。 葉っぱは2枚ほど残して、他の葉は全て切り落とす。 切り口をナイフやカッターで斜めに切って、枝全体も7〜8cmにする。 水を入れた容器に1〜2時間ほど切り口を浸す。 赤玉土(小粒)を入れた容器に指や割り箸で穴を空ける。 枝が2~3cmほど埋まるように挿す。 土が乾燥しないよう水やりをして日陰で管理する。 1〜2ヶ月後、十分に根が生えたら一回り大きな鉢や地面に植え替える。 この際、挿し枝を植え付けるタイミングで発根剤を切り口につけると発根しやすくなりますよ。 水挿し アジサイの剪定した枝を水挿しで管理するときは「土に植える」の4番目までは同じ作業をします。 その後、毎日水を入れ替えていれば根が生えはじめます。 十分に発根したら、遅くても9月までには土を入れた鉢か庭に植え替えてください。 アジサイ 紫陽花 のベストな剪定時期と方法は? 6~9月中旬、花が咲き終わってからがアジサイの剪定の適期です。 花が枯れ、花色が色あせてきた頃、花のすぐ下を切り落としましょう。 剪定のポイントは「新芽」が出てくるところを残しておくことです。 10月頃になると次の年に咲かせる花の芽が枝にできはじめるので剪定は控えてください。 翌年の花数が減ってしまいます。 基本剪定 アジサイには、その年に伸びた新しい枝に翌年花芽をつけない性質があります。 そのため、上から1節目は花を咲かせる可能性が低いので、花のすぐ下に生えている1節目の下を花ごと切り取りましょう。 葉っぱや茎は翌年花を咲かせるために必要なので、そのまま残しておきます。 少し花数や枝を減らしたいときは、「内向きの枝」「下向きの枝」「伸びすぎている枝」「細い枝」を選んで、付け根から切り取ってもかまいません。 風通しがよくなって病害虫の被害が減らせますよ。 全体的に小さく(短く)したい 長年アジサイを育てていると、鉢や庭のスペース以上に生長することがあります。 そんなときは基本剪定でボリュームを減らしつつ、さらに1〜2節分を短く切り落としてください。 注意しておきたいのは枝の色が緑色の所で切り落とすという事です。 茶色の古い枝から切り落としてしまうと翌年は花が咲かないので気を付けてみて下さい。 ゼロから育て直したい(強剪定/切り戻し) アジサイが大きく育ちすぎて、基本剪定などで樹形が整えられないときは、株元近くまで枝を剪定する「強剪定」や、太い枝を途中から切って短くする「切り戻し」と呼ばれる作業をしましょう。 ただ、強剪定をすると次の年は花が咲かないことが多いので、枝や芽を生長させる1年になることを承知のうえで取り組んでくださいね。 葉っぱが枯れ落ちた冬の時期が適期です。 以前に強剪定をしたなら、3年は間をあけてください。 一番下の節目だけを残して、全ての茎を切り取りましょう。 全体の枝が株元から約10~15cmの高さにそろうイメージです。

次の

アジサイ(紫陽花)を増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

紫陽花 挿し木

スポンサーリンク アジサイの挿し木の方法と時期と必要なものは! アジサイの挿し木が一番しやすい時期は、5月から7月下旬にかけての3ヶ月間になります。 この時期は花が咲き始めてから花の見頃が終わる時期で、ちょうど梅雨を迎える時期でもあります。 乾燥に弱いアジサイはこの梅雨時が根の活着が一番よいです。 挿し木にする枝を「挿し穂」と呼びます。 アジサイの挿し穂には、アジサイの葉が一対で出ているその上1センチ上でカットし、次の葉が一対出ている上1センチでカットしたものを使います。 この時に注意するのがアジサイの葉を3分の1ぐらい残してカットして下さい。 アジサイの葉が大きい分だけ水分の蒸散が多いのでそれを防ぐためです。 これを「一節挿し」と呼び、この方法が一番多くアジサイの挿し穂が多くとれ、挿し木が初めての方にはこの方法をおすすめします。 この方法は、幾つか挿し木がうまくいかなくても、多く挿したぶん成功した挿し穂が多くとれるので一番のオススメです。 さらにこの挿し木の失敗を防ぐために使うのが活根剤です。 私が常に使用しているのが「ルートン」と「メネデール」です。 根を早く活着する早技にはこの2つの発根促進剤は必需品です。 あらゆる挿し木に使えますから、お持ちになって損はないですね。 普段はルートンであらゆる挿し木は使いますが、経験上アジサイの場合はさらにメネデールを使うとアジサイの挿し木の成功率は上がります。 挿し床にアジサイの太さと同じくらいの穴を開け、そこにアジサイの挿し穂入れ軽くまわりを固めて終わり。 残ったメネデール液を挿し床に水まきします。 上の写真が我が家で使っているルートンとメネデールです。 こんなに容器が小さくてもかなりに利用できます。 この二つがあると挿し木にはとても便利です。 私は基本ルートンを使い、難しそうな挿し木にはメネデールを利用しています アジサイの挿し木のさし床は何が良いか? アジサイの挿し穂を育てる容器に挿し木の用土入れたものを「さし床」と呼びます。 この挿し床の容器は専用の浅く広い挿し床もありますが、余っているプラ鉢やイチゴパックの容器やペットボトルなどの器など、水が抜けるようにしてあれば何でも使えます。 挿し床の培養土は、通気性が良くて排水性の良い土を使います。 一般的な培養土だと、鹿沼土、赤玉土、川砂、パーライトこのあたりの用土が使いやすいです。 よく使われているのが鹿沼土です。 この土は乾燥すると土の表面が白くなるので管理しやすいですね。 挿し床を置く場所は直射日光が当たらない半日陰の場所を選びます。 直射日光に当てないというのは、水分の蒸散を防ぐためです。 竹や支柱を使いビニールで覆って水分の蒸散を抑える方法もありますが、 この方法はなれないとムレて挿し穂をダメにする事があります。 置く場所も注意する必要があるし、 細かな穴を開けても、ムレ具合を常に観察する必要があるので、私はこの方法での挿木はおすすめしません。 前述しましたが、鹿沼土を使用すると管理しやすいです。 土の表面がが乾いてくると白くなる鹿沼土は、霧吹きや水を上げる目安になり、とても管理がしやすいのでおすすめです。 手を加えなくてもアジサイは形が自然に丸みをおびて大きくなります。 あまり大きくしたくない場会は花が終わったあとに、花の下の対になった2節目の下あたりでカットします。 また花つきが悪くなったなと感じたら、思い切って下からバッサリとカットしてアジサイ全体に風通しを良くし、新しく元気な枝と新旧交代させます。 この時注意するのは全部の枝をバッサリとカットするのでは無く、ある程度に間引いてカットします。 そうすることによって来年の花は確実に見ることができます。 全体にキレイに丸みをおびた紫陽花の株にするには、思い切って地際からカットします。 その時は花がまだキレイな状態の時にカットします。 少しもったいない気がしますが、早くカットして地際から早めに新梢を出させて、花芽がつく秋ぐらいまでに枝を成長させましょう。 アジサイの花下の一節、葉が一対になった位置で切ります。 鉢にアジサイの枝が幾つかある時は、同じ高さで合わせてカットします。 来年の花はカットした次の下の葉の脇から枝が伸び、そこに花芽が付きます。 カットする時期は花が終わったあとすぐにしましょう。 9月過ぎてのカットは来年に花を見られない可能性があります。 そうする事によって来年に花が揃って見られます。 また株の大きさが一定になりますから、一サイズ大きくせずにすみます。 もちろんアジサイを大きくするには剪定をせずに、一回り大きな鉢に植え替えする必要があります。 まとめ アジサイは挿し木で簡単に増やすことできます。 ここで紹介した方法で挿し木を行って下さい。 アジサイはもともと日本に自生している植物なので、日本の環境にベストマッチします。 身近で季節感を感じるアジサイは貴重な植物で、うっとうしい梅雨の一時を和ませてくれます。 ガーデニングを始めるならアジサイが育てやすく一番のおすすめです。 今年出た新芽というのは、花が咲かなかった枝でしょうか。 そうであれば剪定はしないほうが来年咲く確率は高くなります。 新芽の状態と切る位置、時期によって花が付かなくなる場合もあります。 また、株元から出た新芽であれば尚の事、剪定はなさらないほうがよろしいと思います。 もし鉢植えで全体のバランスが悪く、どうしても剪定するということでしたら 同じような新芽の半分を剪定し、半分は残すようにしたら良いと思いますよ。 また剪定する見極めポイントとして、葉の出ている脇に必ず芽があることを確認してからその上で剪定することです。 それと花を咲かせるには植え替えも重要です。 昨年に植え替えをしてない状況でしたら、今の時期に一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。 とりあえず、花が咲かなかった新芽には剪定はしないほうが、花は咲きやすくなるのでそのままが良いですよ。 by noribou 2018年6月17日 10:20 PM 人気記事• 母の日のプレゼントにアジサイの鉢は人気がありますが、花後の植え替えや移植のタイミングで悩む方は多いです。 203,073ビュー• 梅酢の作り方は意外と簡単にできます。 梅とお酢に砂糖があれば誰にでもできますが、さらにまろやかで香り高くしたりフ... 197,578ビュー• 人気のオリーブの鉢植え、植え替えする際の土はオリーブの土専用がありますが、代用して使用できる 土もあります。 190,541ビュー• オリーブをバルコニーで15年以上育て、毎年実を付けています。 品種の組み合わせで、実が付きやすくなったり... 172,908ビュー• 卒業式に贈る花束のプレゼント。 花束を送った経験がない人は、 1本の値段がわからないですよね。 157,736ビュー• アジサイは季節感が感じられる育てやすいお花です。 初心者でも挿し木で簡単に増やす事ができ、ガーデ... 150,553ビュー• 手や足の指先のしもやけ、非常にかゆいですよね。 毎年この時期になると恒例のしもやけ。 139,279ビュー• 魚の目の治療を会社近くの皮膚科で受診したところ、 そこのクリニックでは靴の選び方と歩き方を指南され、 魚の... 121,468ビュー• ハイビスカスの花はトロピカルをイメージさせ そばにあると南国のリゾート気分になります。 一番の... 116,476ビュー• ユリの花粉が付いたからといって、クリーニングに出したり染み抜きを頼まなくても、ほとんどの花粉はお落とせます。 104,317ビュー.

次の

紫陽花の挿し木に最適な時期はいつ?失敗しないための注意点

紫陽花 挿し木

アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木と剪定はセット? アジサイを増やすには剪定で切り取った枝を使って挿し木にするのがおすすめです。 そのため、剪定と挿し木を一緒に行えば、効率的にアジサイの栽培が楽しめますよ。 アジサイ 紫陽花 に剪定が必要な理由は? アジサイに剪定が必要な理由は、育てるスペースがない、植木鉢よりも大きくなった、など人間側の都合が悪くなるためです。 もともと、アジサイは剪定をしなくても問題はありません。 ただし、観賞用としてアジサイを育てている以上、飾っている場所の雰囲気や樹形を意識する必要が出てきます。 アジサイを剪定するときには、切り取る時期と方法に注意して、好みの樹形に整えてくださいね。 アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木のコツは剪定した枝を使うこと アジサイは、挿し木で簡単に数が増やせる植物です。 挿し木でどんどん数を増やしていきたい方は、剪定で切り取った枝を利用するのがおすすめです。 剪定後の枝を再利用できるだけではなく、花芽がついた枝ならば、翌年花を咲かせてくれるかもしれません。 土に植える• 6~7月頃、剪定した枝を10~15cmほどに切り揃える。 葉っぱは2枚ほど残して、他の葉は全て切り落とす。 切り口をナイフやカッターで斜めに切って、枝全体も7〜8cmにする。 水を入れた容器に1〜2時間ほど切り口を浸す。 赤玉土(小粒)を入れた容器に指や割り箸で穴を空ける。 枝が2~3cmほど埋まるように挿す。 土が乾燥しないよう水やりをして日陰で管理する。 1〜2ヶ月後、十分に根が生えたら一回り大きな鉢や地面に植え替える。 この際、挿し枝を植え付けるタイミングで発根剤を切り口につけると発根しやすくなりますよ。 水挿し アジサイの剪定した枝を水挿しで管理するときは「土に植える」の4番目までは同じ作業をします。 その後、毎日水を入れ替えていれば根が生えはじめます。 十分に発根したら、遅くても9月までには土を入れた鉢か庭に植え替えてください。 アジサイ 紫陽花 のベストな剪定時期と方法は? 6~9月中旬、花が咲き終わってからがアジサイの剪定の適期です。 花が枯れ、花色が色あせてきた頃、花のすぐ下を切り落としましょう。 剪定のポイントは「新芽」が出てくるところを残しておくことです。 10月頃になると次の年に咲かせる花の芽が枝にできはじめるので剪定は控えてください。 翌年の花数が減ってしまいます。 基本剪定 アジサイには、その年に伸びた新しい枝に翌年花芽をつけない性質があります。 そのため、上から1節目は花を咲かせる可能性が低いので、花のすぐ下に生えている1節目の下を花ごと切り取りましょう。 葉っぱや茎は翌年花を咲かせるために必要なので、そのまま残しておきます。 少し花数や枝を減らしたいときは、「内向きの枝」「下向きの枝」「伸びすぎている枝」「細い枝」を選んで、付け根から切り取ってもかまいません。 風通しがよくなって病害虫の被害が減らせますよ。 全体的に小さく(短く)したい 長年アジサイを育てていると、鉢や庭のスペース以上に生長することがあります。 そんなときは基本剪定でボリュームを減らしつつ、さらに1〜2節分を短く切り落としてください。 注意しておきたいのは枝の色が緑色の所で切り落とすという事です。 茶色の古い枝から切り落としてしまうと翌年は花が咲かないので気を付けてみて下さい。 ゼロから育て直したい(強剪定/切り戻し) アジサイが大きく育ちすぎて、基本剪定などで樹形が整えられないときは、株元近くまで枝を剪定する「強剪定」や、太い枝を途中から切って短くする「切り戻し」と呼ばれる作業をしましょう。 ただ、強剪定をすると次の年は花が咲かないことが多いので、枝や芽を生長させる1年になることを承知のうえで取り組んでくださいね。 葉っぱが枯れ落ちた冬の時期が適期です。 以前に強剪定をしたなら、3年は間をあけてください。 一番下の節目だけを残して、全ての茎を切り取りましょう。 全体の枝が株元から約10~15cmの高さにそろうイメージです。

次の