エースバーン 格闘。 【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【リベロ型もあり!】

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【主人公ポケモン!ヌルアント対策】

エースバーン 格闘

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 ダイナックルでAを上げて戦う Sの種族値119の速さを活かして戦う物理アタッカー。 Aが足りないと思った場合はダイナックルでAを上げながら戦おう。 技範囲が広い エースバーンは技の範囲が広く、炎以外にも、格闘、悪、エスパー、鋼、飛行技を覚える。 ダイマックス技を打ち分けて、能力を上げたり下げたりすることも可能。 ちょうはつも覚えているので受けポケモンとも戦える。 みがわり採用時はHPを調整 エースバーンにみがわりを採用する場合、HPの実数値を4の倍数以外したほうが良い。 4の倍数の場合は、みがわりを3回しか使用できなくなるためだ。 Hに4振ると4の倍数の156になるので気をつけよう。 ただし、チイラのみを持たせる場合は、4の倍数にして早期に効果発動を狙うことが多い。 補助技や変化技を打つ余裕があるので落ち着いて戦おう。 もうかは発動させないように HPはわずかになると発動するもうかで、 かえんボールの威力が上がってしまう。 中途半端に削りすぎないよう十分に気をつけよう。 みがわりチイラ型を警戒 みがわりを3回使い、チイラのみともうかを発動させて高火力で攻撃する型も多い。 単純に攻撃するだけでは思うツボなので、ちょうはつや先制技、状態異常などを駆使して立ち回ろう。 受けポケモンはちょうはつに注意 エースバーンは受け対策としてちょうはつを採用している可能性がある。 ちょうはつがなければ有利に戦えるが、使われた場合は厳しい戦いとなるので慎重に見極めよう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

エースバーン対策メモ

エースバーン 格闘

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 ダイナックルでAを上げて戦う Sの種族値119の速さを活かして戦う物理アタッカー。 Aが足りないと思った場合はダイナックルでAを上げながら戦おう。 技範囲が広い エースバーンは技の範囲が広く、炎以外にも、格闘、悪、エスパー、鋼、飛行技を覚える。 ダイマックス技を打ち分けて、能力を上げたり下げたりすることも可能。 ちょうはつも覚えているので受けポケモンとも戦える。 みがわり採用時はHPを調整 エースバーンにみがわりを採用する場合、HPの実数値を4の倍数以外したほうが良い。 4の倍数の場合は、みがわりを3回しか使用できなくなるためだ。 Hに4振ると4の倍数の156になるので気をつけよう。 ただし、チイラのみを持たせる場合は、4の倍数にして早期に効果発動を狙うことが多い。 補助技や変化技を打つ余裕があるので落ち着いて戦おう。 もうかは発動させないように HPはわずかになると発動するもうかで、 かえんボールの威力が上がってしまう。 中途半端に削りすぎないよう十分に気をつけよう。 みがわりチイラ型を警戒 みがわりを3回使い、チイラのみともうかを発動させて高火力で攻撃する型も多い。 単純に攻撃するだけでは思うツボなので、ちょうはつや先制技、状態異常などを駆使して立ち回ろう。 受けポケモンはちょうはつに注意 エースバーンは受け対策としてちょうはつを採用している可能性がある。 ちょうはつがなければ有利に戦えるが、使われた場合は厳しい戦いとなるので慎重に見極めよう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

エースバーン/対策

エースバーン 格闘

ポケモン剣盾で6月初旬に解禁された夢特性「リベロ」のエースバーン。 シングルでは使用率1位、ダブルでも3位にランクインしており、その圧倒的な性能が猛威を振るっている。 また、今回のアップデートでキョダイマックス個体が解禁され、7月のランクバトルで使用できるようになるとみられる。 今でもかなり強いのに、さらに強化されるエースバーン。 対策はあるのか。 スポンサードリンク リベロエースバーンが強すぎる! 5倍になる リベロ:自分のタイプが出した技と同じになる ポケモン剣盾の炎タイプの御三家・ヒバニーの最終進化系。 当初は「豪炎寺みたい」などデザインが酷評されたが、リベロ未解禁でもシングル使用率上位に上り詰めた。 種族値は、攻撃と素早さが高めで、耐久面や特攻は低い物理速攻系。 タイプは炎単色で、あまり強い勝手はよくないように思えた。 しかしリベロが解禁され、評価が急上昇。 シングルではわずか数日で使用率1位に上り詰め、ダブルでも3位に浮上し現在もそれを維持している。 リベロによるタイプ変更により、炎単色という使い勝手の悪さが解消され、元々ウエポンは豊富だったこともあり、さまざまなタイプの技をタイプ一致かつダイマックスすることで高火力で放てるようになった。 ゲッコウガを超える強さ リベロと同じ効果を持つ特性としてへんげんじざいがあり、これを持つゲッコウガと引き合いにされることが多い。 一応、7世代で追加されたZ技を使えば、一度だけ特定の技の威力を底上げでき、またシングル環境で流行った「げきりゅうゲッコウガ」なら水タイプの技に限定されるが高火力の技を放つことができた。 一方、リベロエースバーンはダイマックスがあるので少なくとも3ターンはタイプ一致かつ高火力で技を出せ、ダイナックルを積んでいれば解除後も高火力で技を繰り出すことができる。 また、ダイマックス中は最大でHPが倍になり、リベロで自在にタイプを変えてくるので一撃で倒すのは非常に困難となっている。 メガガルーラに匹敵する強さ リベロエースバーンの圧倒的な強さは、6世代におけるメガガルーラを思い出す。 2回目の攻撃は6世代では0. 5倍、追加効果は2回分発生 メガガルーラは、ポケモンXYに登場したメガシンカの1体。 攻撃125と高めな上、おやこあいで常時1. 5倍なり、グロウパンチで攻撃を一気に2段階上げる戦法が強力。 シングルではメガガルーラメタを突破する特殊型もみられた。 耐久面も高水準で弱点は格闘のみ。 当時、格闘タイプは環境にほとんどおらず、メガガルーラを一撃で倒すのは非常に困難だった。 シングル・ダブルともに使用率上位を振るい、6世代はガルットモンスター(ガルーラゲー)と呼ばれる暗黒時代だった。 そんな暗黒時代が、リベロエースバーンの解禁で再び訪れている。 リベロエースバーン解禁前の環境では、シングル・ダブルともに壊れポケモンは1体もおらず、比較的バランスが取れた環境だった。 しかしリベロエースバーンにより、その均衡が崩されている。 スポンサードリンク キョダイマックスでさらなる強化 今のままでも強すぎるリベロエースバーンにキョダイマックスが追加された。 キョダイマックス技「キョダイカキュウ」は威力160の炎技で相手の特性に影響されずにダメージを与えられる。 これにより、ミミッキュの「ばけのかわ」などは意味を成さなくなる。 ダブルでも使用率1位になるのはもはや必然だろう。 キョダイマックス解禁で、かつてのメガガルーラを超えたかもしれない。 リベロエースバーンの対策は? リベロにより、あらゆるタイプの技をタイプ一致かつ高火力で放ち、ダイマックスやタイプ変更により倒すのも困難なエースバーン。 多少の相手なら強引に突破できてしまうため対策が非常に難しいのが現状だ。 そんなエースバーンの対策として今筆者が使っているのがパッチラゴンだ。 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる パッチラゴンは、ポケモン剣盾に登場した化石ポケモンの1体。 はりきりによる先制でんげきくちばしが強力で、はりきりのデメリットを帳消しにできるダイマックスと非常に相性がいい。 ポケモンHOMEを見た限り、エースバーンは以下の技が採用されている かえんボール とびひざげり ふいうち とびはねる アイアンヘッド とんぼがえり しねんのずつき ダストシュート また、シングルでは「ビルドアップ」「カウンター」、ダブルでは「まもる」といった変化技も採用されている。 まず、上記の技ではパッチラゴンは弱点を突かれない。 これがかなり重要となってくる。 次にこの中でも特に使われる技として、かえんボール、とびひざげり、ふいうち、とびはねる、アイアンヘッドが挙げられる。 かえんボール、アイアンヘッドに関してはダイアース(地面技)で、とびひざげりに関してはダイジェット(飛行技)、ふいうちに関してはダイナックル(けたぐり)、とびはねるに関してはダイサンダー(電気技)でそれぞれ弱点を突ける。 相手には弱点を突かれないが、こちらは弱点を突きまくれるということで圧倒的に優位に立ち回れる。 ただ、ダブルではギガインパクト採用型が少なからずいるようで、珠ダイアタックだとダイドラグーンを入れても乱数2発なので注意が必要だ。 ギガインパクト採用が増えない限り、パッチラゴンは安定した対策になるのではないか(増えたとしても、耐久に振れば耐えないこともない) なお、パッチラゴンはエースバーンの次に脅威となっているグラスゴリランダーにも強い。 もう少しでいい感じの結果が出るのでそうなったら構築を公開したい。

次の