パラオ レース。 日本一パラオ親善ヨットレース|JAMSTECが挑む海洋プラスチック問題

HOME of 2019

パラオ レース

年の瀬に横浜港からスタートし、約3千キロ南の島国・パラオ共和国を目指す国際ヨットレースが海洋プラスチックの科学調査に協力する。 プラスチックごみによる海洋汚染が新たな地球規模の環境問題として関心を集める中での意欲的な取り組みに大きな声援を送りたい。 海プラ問題では5ミリ以下の破片となって漂うマイクロプラスチックなどの実態把握が喫緊の課題とされている。 日本でも複数の大学と海洋研究開発機構(JAMSTEC)などが調査しているが、プラごみの最大排出源と目される東南アジアの太平洋海域がほぼ手つかずとなっていた。 そうした中で、神奈川県セーリング連盟などが準備を進めた「2019-2020 日本-パラオ親善ヨットレース」とJAMSTECの出合いがあったのだ。 参加ヨット7艇のうち1艇とJAMSTECの研究者が同乗する伴走艇にマイクロプラスチックの採集装置を取り付けて走る。 1950年代以降、世界で生産されたプラスチックは83億トンに達し、1億5千万トンが海に流出したと考えられている。 そのうち、沿岸漂着分などを除いた4500万トンが外洋を漂っているはずなのだが、これまでの観測などから見積もられる量は、わずか44万トンにすぎない。 99%の行方が分からないのだ。 PR 環境問題としての海プラは、この「ミッシングプラスチック」の解明から始めなければならない状況にあるという。 広大な海を相手に研究機関だけでは間に合わない。 ヨット界の協力は貴重で、しかも今回のコースはミッシングプラスチックのたまり場とおぼしき海域と重なる。 学術的な意味も高いのだ。 便利な素材のプラスチックは、半世紀にわたり、多くの分野で大量に使用されてきた。 天然の有機物と異なり、プラスチックは細菌の力で分解できない。 自然界に残り続けることで、さまざまな負の影響を引き起こす。 レジ袋やストローの使用削減だけで解決する問題ではない。 タイヤの摩耗片も海のマイクロプラスチックの主要な供給源なのだ。 パラオも日本も共に海洋国家である。 両国を結ぶヨットレースがより多くの人々の関心を、海洋プラスチックに向ける契機となることを期待する。 29日の開幕だ。

次の

日本

パラオ レース

海洋プラスチック汚染は地球規模の環境問題であり、生態系や人類の健康への影響や社会/経済的インパクトが懸念されています。 昨今、多くの国が産学官民をあげての対策を取りつつあり、先のG20大阪サミットにおいても、2050年までに海洋への新たなプラスチック流出ゼロを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が表明されました。 プラスチックごみは広大な海洋に拡散し、その集積する過程は不明な点が多く、特にマイクロプラスチックに関するデータは不足しています。 そのような状況の中で、海洋プラスチック汚染の迅速な解決のために、当機構のような専門の研究機関による調査に加え、競技ヨットやプレジャーボート、フェリーなどの民間船による市民参加型の調査が注目を集めています。 そこで、当機構としても、様々なセクターとの協働のもとでいち早く取り組みを進めるため、パラオ共和国独立25周年及び日本パラオ外交関係樹立25周年を記念して開催される「日本-パラオ親善ヨットレース」において、海洋プラスチック汚染に関わる科学的調査を実施いたします。 日本-パラオ親善ヨットレースに参加する競技艇および伴走船(帆船「みらいへ」)に、マイクロプラスチック採取装置を設置し、レース中に海水からマイクロプラスチックを採取します。 また、当機構の研究者が帆船「みらいへ」に乗船して、プランクトンネットによるプラスチック採取などいくつかの調査を実施します。 帆船「みらいへ」には、パラオ共和国の青少年などを含む一般市民も乗船する予定で、それらの乗船者には、調査の見学や船内セミナーなどを含む、海洋環境への理解を深めていただくための教育プログラムに参加していただく予定です。 レース終了後は、表彰式などで調査結果を速報で紹介するほか、様々な機会を活用して、本活動を周知して参ります。 この活動は、海洋プラスチック汚染問題に高い関心を抱く多様なセクター間での協働のもとで実施する予定です。 今後詳細が決まり次第、ウェブサイト等において適宜情報を公開いたします。 帆船「みらいへ」は、「日本-パラオ親善ヨットレース」の伴走船として、2019年12月29日に横浜ベイブリッジを出発し、太平洋を南へ3,197kmを航走後、2020年1月14日、パラオ・コロール港に入港しました。 「みらいへ」には、海洋プラスチック調査チームとしてJAMSTECの千葉早苗研究員、UNEP-WCMCのHolly Griffinさん、ヤマハ発動機の関友理恵さんが乗船しました。 「みらいへ」と競技艇「トレッキー号」にマイクロプラスチック採取装置が設置され、レース中に海水からマイクロプラスチックの採取を行いました。 また、「みらいへ」には、パラオの子どもたち6人も乗船し、17日間の航海中、海洋の教育プログラムに参加したり、ニューストンネット用いた採取調査を行いました。 1月15日の表彰式では、JAMSTECの阪口秀理事から「トレッキー号」と「みらいへ」に感謝状が贈呈されました。 また、千葉早苗研究員が「みらいへ」でのマイクロプラスチック調査の速報をパラオ大統領、駐日本パラオ大使、駐パラオ日本大使などの参加者に報告しました。 採取されたマイクロプラスチックはJAMSTECで詳細な分析を行っています。 西太平におけるマイクロプラスチックの分布などを知る貴重なデータとなります。 乗船研究者からのメッセージ 2017年、国連は初めて海洋の保全をテーマに会議を開きました。 それ以降「健全な海」を守り、かけがえのない海の恵みをこれからもずっと享受するためのうねりが、今世界中に広がりつつあり、海洋科学への期待も、その社会への果たす役割も大きくなっています。 海洋科学者たちは国際観測ネットワークを作って協力して必要な知見を得ようとしており、海洋プラスチックの調査も例外ではありません。 そこで期待されるのは、タンカーや、フェリー、レジャーボートのような民間船舶の観測ネットワークへの参加です。 私たちは、このプロジェクトの成功により、さらに多くの民間船舶や市民の皆さんが、海洋プラスチックの観測に参加し、科学的に信頼性の高いデータの生産に貢献してくださることを望みます。 また、海洋プラスチック汚染の実態を知ることを通じて、市民の皆さんが広く海の恵みやその不思議、海と地球環境との関係について興味を持ち、理解を深めてくれることを望みます。 海洋プラスチック汚染は、深刻な地球環境問題の一つです。 しかし、政治、法律、経済、科学、教育、多様なセクターが協力してともに取り組めばその影響を軽減することはまだ間に合うのです。 千葉 早苗 (JAMSTEC).

次の

日本

パラオ レース

しかし、今年、 ほとんど 修復されたので、来年からは、念願の周回コースで開催する予定です。 スタート地点は、例年通り、 KBシェル石油となりますが、 ゴール地点はパラオ国際空港に変更することにしました。 ・パラオ・パシフィック・リゾート(PPR)に泊まること。 理由:このホテルの施設をお借りして開催するためです。 ・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。 それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。 これに同意される方。 ・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。 ・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。 尚、宿泊ホテルはパラオで最高級リゾート「パラオ・パシフィック・リゾート(PPR)」です。 今年も、このホテルが大会会場となります。 ・オフィシャルツアー以外の参加もOkです。 但し、PPR泊のこと。 200以上の島々からなり、人が住んでいるのは僅か9島だけで残りは無人島のまま。 人口が集中し、経済の中心はコロール島。 今尚、手付かずの自然が多く残り、謎が多いミステリアス・アイランドとして世界にその名を知られています。 また、世界中のダイバーの憧れの島であり、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ等々から大勢のダイバーが訪れます。 1920~1947年まで日本の統治下にありました。 人口約2万人、通貨はUSドル、公用語は英語とパラオ語(日本語もパラオ語として流通)、 日本との時差はない。 治安は良い。 スタート&フィニシュは同じ場所。 2009年始めにようやく完全開通した周回道路コンパクトロードを使用する。 距離は1周約90km。 完成仕立てのピカピカの道路である。 路面は申し分ない。 アップダウンあり、コーナーありで、バイクを走らせるには非常に楽しいコース。 パラオのランは超暑い!!スタート&フィニシュは同じ場所。 大会概要 開催日 2016年12月3日 土 募集締切: 2016年11月3日 木 開催場所 南太平洋の楽園「パラオ共和国」 概要 主催 パラオ・ナショナル・オリンピック委員会、 KFCトライアスロンクラブ 後援 パラオ共和国政府、駐日パラオ大使館、パラオ政府観光局、パラオ・パシフィック・リゾート PPR 募集開始 2016年8月22日 月 お問合せ KFCトライアスロン事務局 その他 トライアスロンURL スイムURL 自転車レースURL 種目概要 概要 種目 トライアスロン 距離 オリンピックタイプ(S1. 理由:このホテルの施設をお借りして開催するためです。 ・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。 それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。 これに同意される方。 ・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。 ・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。 ・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方 募集定員 100名(但し、トライアスロンとスイムレースとサイクルレースの合計) 種目概要 概要 種目 スイムレース 距離 1. 理由:このホテルの施設をお借りして開催するためです。 ・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。 それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。 これに同意される方。 ・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。 ・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。 ・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方 募集定員 100名(但し、トライアスロンとスイムレースとサイクルレースの合計) 種目概要 コース説明 パラオ最大の島であるバベルダオブ島がレースの舞台となる。 スタート地点から島一周道路 コンパクトロード を時計周りに走ります。 約50km先にあるキャピタル(国会議事堂) にエイドを設置。 また、島の北部はスケールの大きなコースでアップダウンが連続している。 自転車好きには堪らない コース。 路面は良好。 松丸真幸選手絶賛のバイクコースだ。 一部、トライアスロンのバイクコースに使用している。 メイン会場となるパラオ・パシフィック・リゾート(PPR)からスタート地点まで、コロール島の繁華街を全選手 一団となってパレードしながら移動する。 理由:このホテルの施設をお借りして開催するためです。 ・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。 それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。 これに同意される方。 ・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。 ・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。 ・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方 募集定員 100名(但し、トライアスロンとスイムレースとサイクルレースの合計).

次の