レン デックス 評判。 【FPが解説】レンデックス(LENDEX)の解析|評判・特徴・詳細データ

【最新版】LENDEX(レンデックス)の評判と口コミは本当?調査してみた

レン デックス 評判

Contents• LENDEX(レンデックス)について まずは、LENDEXがどのような会社なのかを紹介します。 商号 株式会社LENDEX 事業内容 ソーシャルレンディング事業 金融商品取引業者 第二種金融商品取引業 関東財務局長 金商 第2460号 代表者 深澤 克己 住所 東京都渋谷区渋谷二丁目1番11号 郁文堂青山通りビル5階 設立年月日 2000年8月1日 資本金 110,000,000円 LENDEXは2017年にソーシャルレンディングのサービスを開始した会社であり、その歴史もまだ浅く、業界大手のSBIソーシャルレンディングなどに比べては小ぶりな会社です。 ソーシャルレンディング事業としては、他の会社と基本的に仕組みは同じであり、投資家と借り手を結ぶ投資サービスを提供しています。 投資家はLENDEXのファンドに投資を行い、LENDEXは対象の事業者にお金を貸し付けます。 そして、事業者は貸付金をもとに不動産に投資をしていく流れとなっております。 LENDEXの場合、取り扱う案件が不動産投資が多いことが特徴です。 投資を行った投資家は、LENDEXが事業者から得た貸付金の利息を、出資金に応じて分配されるという形になります。 そのため投資家としてもLENDEXの取扱い案件を見ていけば、不動産投資型のソーシャルレンディングの仕組みがよく理解できるようになります。 というのも、他のソーシャルレンディング事業者では、様々な事案を取り扱っており、一体どのような形態のものか初心者の内は理解しにくいからです。 また、 LENDEXは東急リバブルとも提携いることからも、不動産投資に力を入れており、その知見も十分に保有していると考えられます。 東急リバブルと提携 東証一部上場の「東急不動産HD」の子会社だね!! LENDEXのメリット・デメリット それではここからは、LENDEXを利用するメリット・デメリットについて紹介します。 中には 利回りが13%と非常に高い案件もあり、銀行への預金金利がほぼゼロに近い今の時代では、とても魅力的な金利となっています。 ただし、高利回りな案件は無担保(連帯保証はあり)なものが多く、貸し倒れが発生した時には担保が何もないため、連帯保守人の弁済余力によっては、投資したお金が返ってこない可能性があります。 そのため、高利回りだかと言って飛びつかず、案件のリスクを把握した上で分散投資を行うことをおすすめします。 中には 投資期間が2~3か月とい超短期もあります。 そのため、高利回りの案件で無担保と言えど、投資期間で考えるとリスクは緩和される傾向にあります。 投資は余裕資金で行うことが前提ではありますが、短期でお金を回転していきたい投資家にとっても投資期間の短さは魅力的です。 そのため、投資初心者、若い世代の人でも投資を気軽に行うことができます。 また、最低投資金額が低ければ分散投資を実施しやすいこともメリットの1つです。 両社の査定価格を比較して、低い方の価格の80%を上限としてファンドを組成して融資金額を投資家から集めています。 LENDEX のメリットまとめ• 高利回り(8~13%)の投資案件が多い• 投資期間が短い(1年以内、最短は2~3か月)• 2万円から投資可能• 第三者による不動産査定結果を利用• また、取得している担保も不動産が多く、不動産市況が値上がりしている時は問題ありませんが、景気の影響、天災・事件の影響などにより不動産市況が急落する可能性もあります。 そのため、高利回りだからと言って集中投資を行うことなく、少額の分散投資を行うことが大切です。 LENDEXの中でも分散投資を行うことはもちろんですが、他のソーシャルレンディング事業者が取り扱う不動産以外の案件に対しても分散投資を行うことをおすすめします。 楽だね! LENDEXのよくある質問 ここまでLENDEXについて紹介しましたが、こちらではよくある質問について回答します。 それ以外には手数料はかかりません。 申請段階で20歳以上、75歳未満• 日本国内に在留資格を有しており、居住地が日本国内の人• 取引約款等に同意していただける人• LENDEXの審査に通過 LENDEXのまとめ 本記事では 「LENDEX」について書きました。 LENDEXは、 投資期間が最短で2~3か月のものがあり、2万円から投資できるので 、投資初心者にもおすすめができる事業者です。 LENDEXから投資についての知見を広げていくのはかなりおすすめですよ! ライトニング( )でした。

次の

TOP

レン デックス 評判

Lendexの特徴・メリット【早見表】• 東急リバブルと業務提携• 全案件不動産担保付き• 遅延や貸倒れが無い• 手数料無料で2万円から少額投資が可能• キャンペーンで Amazonギフト券プレゼント! このようにメリットが多いLENDEXですが、どんな企業で信頼できるのか?またリスクや注意点は無いのか?あるとしてもメリットの方が魅力的か?など疑問に思うことが多いと思います。 そこで、本記事ではLENDEXの特徴、また他のソーシャルレンディングと比較した場合の魅力やメリット、また利用方法や利用する場合の注意点、口コミ・評判を解説して行きます。 LENDEX レンデックス の魅力・メリット• 東急リバブルと業務提携• 遅延や貸倒れが無い• 全案件不動産担保付き• 手数料無料で2万円から少額投資が可能• 出金手数料が無料• キャンペーンでAmazonギフト券が貰える! また、他のソーシャルレンディングと比べて短期案件が多く、中長期の投資資金だけでなく、短期的な余裕資金の運用も可能な点が魅力的です。 以下、各メリットについて1つずつ解説して行きます。 業界最高水準の高い利回り LENDEXの最大の魅力・メリットは、不動産関連の高利回り案件が多い点です。 下図は、Lendexの直近の案件リストです。 通常、利回り高い金融商品の場合、10年以上など長期運用が必要となりますが、LENDEXの不動産ファンドを利用すれば、7ヶ月〜など短期で、高い運用利回りが期待できます。 そのため、中長期の資産運用の資金だけでなく、 短期資金の運用も可能と言えます。 サイト管理人自身も、投資の待機資金の一部をLendexの高利回り案件で運用しています。 東急リバブルと業務提携 昨今、ソーシャルレンディング事業者の行政処分などが増加しているため、事業者・運営会社の安定・信頼性は、ソーシャルレンディング事業者を選ぶ上で、重要なポイントになります。 その点で、Lendex(レンデックス)は、大手不動産の東急リバブルと業務提携しており、安心感があります。 実際、不動産の担保性を語る上で重要な、不動産査定は、東急リバブルの査定結果を利用しています。 また、LENDEXに怪しい点があれば、大手不動産が業務提携するはずが無いので、東急リバブルとの業務提携は、LENDEXの安心材料の一つと言えそうです。 貸倒れ案件が無い LENDEX レンデックス では、サービス開始から2019年現在まで、 一度も貸倒れや遅延を起こしていません。 貸倒れによる元本損失はもちろんですが、元本や分配金支払いの遅延は、その後の資産管理に影響してしまうので、貸倒れ・遅延ゼロは、かなり評価できる点です。 他のソーシャルレンディングでは、貸し倒れが発生している案件を抱えている業者もあるので、LENDEXの貸し倒れが無い事実は、企業自体の信頼性をさらに高めるものと言えます。 全案件が不動産担保付き 貸倒れがこれまで無いと言っても、ソーシャルレンディング事業であるため、その性質上、貸倒れが今後必ず発生しないとは言いきれません。 しかし、LENDEX レンデックス では、全ての案件で不動産担保をつけており、万が一、貸付先の企業で貸し倒れが起きたとしても資金回収できる可能性を高める施策が行われています。 手数料無料で少額投資が可能 LENDEXの投資案件は、2万円から少額投資が行えます。 また、投資にかかる手数料も基本的に無料となっており、投資初心者の方にも優しい投資環境となっています。 キャンペーンでAmazonギフト券が貰える Lendexでは、定期的なキャンペーンの開催で、Amazonギフト券がプレゼントされます。 キャンペーンの内容は、50万円以上の投資を行えば、誰でもプレゼント特典として 最大20万円相当のAmazonギフト券がプレゼントされるものとなっています。 金額 Amazonギフト券 50万円以上100万円未満 1,000円相当 100万円以上500万円未満 2,000円相当 500万円以上1,000万円未満 10,000円相当 1,000万円以上5,000万円未満 2万円相当 5,000万円以上1億円未満 10万円相当 1億円以上 20万円相当 本サイトでのキャンペーンの詳しい解説は、以下の記事をご参考ください。 注意点・デメリット• 不動産市況に左右される• 不動産市況に左右される Lendexは、国内外の不動産に特化したファンドの組成を行なっています。 不動産価格が値上がりする場合は、利回りが募集時より高くなることがありますが、逆に値下がりした場合は利回りの低下の可能性もあります。 また、担保にも影響が出てくるため、投資資金の全額ではなく、一部または少額の投資が無難です。 ソーシャルレンディングでの投資で、案件のテーマ・事業者を分散することでリスクを軽減できますので、LENDEXの不動産特化ファンドにのみ投資するのではなく、大企業の事業を投資対象とする「」、太陽光・風力発電など再生可能エネルギーの組成ファンドに特化した「」などに分散して投資を行いましょう。 実際、サイト管理人もLENDEXだけでなく、Funds・クラウドバンク、OwnersBook4つの事業者で得意な組成ファンドへ投資を行なっています。 税金・確定申告は? LENDEX レンデックス を利用した場合も他のソーシャルレンディングと同様に 、分配金に対して税金がかかります。 ソーシャルレンディングの分配金の所得は「 雑所得」に分類され、給与所得などと合計して所得税が計算されます。 分配金に関しては、20. お客様への分配金は課税対象のため、源泉税を控除した金額をお客様の口座にお振込みさせていただきます。 00%(但し、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に確定した分配金に関しては復興特別所得税を含めた20. 42%)です。 この源泉徴収税額は、お客様が支払うべき所得税の前払いとして、当社が所轄の税務署へ納付しています。 お客様は、確定申告を行うことにより還付を受けられる場合もありますので、詳しくは、税務署もしくは税理士等の専門家にご確認ください。 引用元: なお、確定申告は、原則、 分配金を含めた雑所得が20万円以下の会社員 年収2,000万円以下 は不要にできます。 ソーシャルレンディングの税金や確定申告に関する詳細は、以下の記事をご参考ください。 サイト管理人が行なったLENDEXの口座開設の手順や流れ、投資の始め方についの解説は、以下の記事をご参考ください。 評判・口コミ LENDEXの口コミや評判を何点かピックアップしていきますので、LENDEXで投資を行うか迷った際に一つの指標としてご参考ください。 この手の口コミやツイートは何件も確認できました。 ソーシャルレンディング事業者から年間取引報告書がまだ発行されない。 さっさと作りやがれ!すでにいただいている企業さまは、エーアイトラスト、日本クラウド証券、LENDEX。 速くてグッド! — かもじゅう kamo1010 2月頃になると気になる確定申告用の書類は、LENDEXの対応は早いようですね。 みんクレの件から事業者リスクを重要視している人が多い印象。 — メカ 株式型クラファン専門家 ipomechanic 事業者リスクを気にする口コミ・評判もありますね。 始め方|口座開設・登録、入金、案件など投資の仕方は? レンデックスで資産運用を始めるためには、まず会員登録と口座開設が必要になります。 口座開設までの手順は、クラウドバンクの会員登録後、必要事項の記入、最後に本人確認書類などを送付・アップロードする流れとなります。

次の

LENDEX(レンデックス)の評判と口コミ・メリットデメリットは?

レン デックス 評判

結論:• 担保をとっており比較的低リスクで高いリターンを見込める。 一方で、不動産担保に加え事業も不動産関連事業が多い案件に出資している。 つまり、不動産市況が急速に悪化する局面では注意が必要。 しかし、資金拘束が短く現状までの実績は貸し倒れ・延滞はゼロ。 他のソーシャルレンディング先との分散投資案件として活用余地は高い。 レンデックスの特徴:• 不動産担保付きローンでリスクを抑えている。 レンデックスのメリット:• 担保を取っており貸し倒れ・延滞はゼロ。 比較的高いリターン。 1年未満という短い資金拘束期間。 レンデックスのデメリット:• 歴が浅く案件数は少ない。 不動産市況の悪化で事業と担保に影響。 代表が変更しているのは気掛かりな点。 それでは、ソーシャルレンディングの簡単な解説と、レンデックスの特徴、活用するメリット・デメリットについて解説していきます。 目次 レンデックスはまだ60件ほどしか案件がありませんが、「貸し倒れ」「延滞」のどちらも0件というのは優秀ですね! 以下は、ソーシャルレンディングのリスクリターンの分布図です。 レンデックスは「 低リスク・ミドルリターン」の案件を取り扱っています。 上記の分布図からおすすめのソシャレン業者をまとめると以下の通りです。 また、運用報酬は内包された形で利回りが表示されています。 ここで『 詳細へ』ボタンを押します。 資金拘束が比較的短い案件が多い 銀行にお金を貸し出す定期金利や国にお金を貸し出す国債にも言えるのですが、一定期間の資金拘束をうけます。 同様にソーシャルレンディングも一旦出資したらプロジェクト期間中は引き出しことは出来ません。 他のソーシャルレンディングは1年から長いものは3年程度の拘束を受けますが、LENDEXは非常に短く1年未満の拘束期間の案件がほとんどです。 拘束期間が短いということは貸し倒れとなる可能性が低いということを意味します。 実績が60件足らずしかない LENDEXは運営が開始されたの2017年ということもあり、まだ十分な案件が取り扱っているとは言えない状況です。 現状、償還済みの案件を含めたとしても58件(2019年5月時点)しか取り扱っていません。 実績の少なさはこれからの運営に期待したいところですね。 この第三者機関ですが、2018年度の末までは「第三者機関」という表記ではなく東急リバブルでした。 現在は「第三者査定機関」という不明瞭な書き方となっており、東急リバブルとの関係性についても不透明感があります。 担保の査定はあくまで現在の不動産価格を基準にした価格です。 今後不動産価格が急落するような局面においては、担保の不動産価格が下落する可能性もあります。 【 担保がある = 絶対安心】というわけではないことは、頭に留めておきましょう。 2万円から投資と他のソシャレンよりハードルが高い 多くのソーシャルレンディングでは1万円から投資が可能となっています。 しかし、LENDEXでは2万円からしか投資が出来ません。 リスクに不安のある方は、より多くの案件に分散投資をしたいと思われる方もいらっしゃると思います。 そこまで大きなデメリットではありませんが、1万円で投資をしたい方には辛いですね。 運営の変更で不透明性がある 2017年7月に運営を開始したのですが、2019年3月に運営が変更しています。 弊社は平成29年7月にソーシャルレンディング事業を開始し、皆様のご支持を得て事業を成長軌道に乗せることができました。 誠に感謝御礼申し上げます。 筧前社長は会計専門家としての会計ビジネスに加えて当社のソーシャルレンディング事業に尽力してきましたが、会計ビジネスが多忙になってきたことから、兼業していくことが困難な状況になり、この度代表者を辞任いたしました。 なお、筧前社長は弊社の管理部長として、引き続き業務を支えます。 今後の長期的な発展のためには、組織体制をさらに整備・強化していく必要があり、財務省における財政金融行政経験等を通じて、コーポレートガバナンスやコンプライアンスに知見を有する、田川氏を迎えることになりました。 (引用:) 立ち上げて1年半での代表変更には、何か深い意味でもあるのかな?と考えてしまう側面もあります。 結論:• 担保をとっており比較的低リスクで高いリターンを見込める。 一方で、不動産担保に加え事業も不動産関連事業が多い案件に出資している。 つまり、不動産市況が急速に悪化する局面では注意が必要。 しかし、資金拘束が短く現状までの実績は貸し倒れ・延滞はゼロ。 他のソーシャルレンディング先との分散投資案件として活用余地は高い。 レンデックスの特徴:• 不動産担保付きローンでリスクを抑えている。 レンデックスのメリット:• 担保を取っており貸し倒れ・延滞はゼロ。 比較的高いリターン。 1年未満という短い資金拘束期間。 レンデックスのデメリット:• 歴が浅く案件数は少ない。 不動産市況の悪化で事業と担保に影響。 代表が変更しているのは気掛かりな点。 以上、【レンデックス】担保付案件が多く「貸し倒れ」「延滞」実績がゼロと評判の「LENDEX」を徹底評価。 …の話題でした。

次の