八木 さや 自分 ビジネス。 子宮委員長はる(八木さや)の引退ビジネス!2018収入は3億円?

スピリチュアル界を騒がせた、子宮委員長の今――「八木さや」改名後も“信者ビジネス”を続けている実態(2019/08/07 21:00)|サイゾーウーマン

八木 さや 自分 ビジネス

— 2019年 8月月5日午前7時06分PDT 誰にでも、心が弱ってしまう時はあります。 救いを求める先が、信頼できる家族や友人ではないこともあるでしょう。 「こうすれば幸せになる」と語りかける心理カウンセラー、スピリチュアリスト、霊能力者。 最近、熱くなってきましたね。 いやいや、気温のことではありません。 現在は名前を「八木さや」に変えて新しい試みを行っており、列島を襲う猛暑に負けまいと、日々奮闘しているようです。 その後、彼女は長崎県壱岐市(壱岐島)に移住。 名前を「八木さや」に変えて、家庭菜園やガーデニングについてつづるブログを始めた……ハズでした。 今年2月、唐突に「美神レーベル」を立ち上げて化粧品のプロデュースを開始。 「誰でも美肌になれる」美容クリームや、自身の心臓の音を収録したCD(ジブリ作品の音楽プロデューサーとのコラボとか。 ホントかよ!? )まで販売を始めます。 現在は、バッグや財布なども売り始め、子宮委員長時代の商魂がまったく隠しきれていない状態になっています。 我々ウォッチャーから「どこが引退だ!」と総ツッコミが入る中、満を持して登場したのが、「自分ビジネス・オンライン講座」。 「体に優しい働き方で、面白いお金の使い方で、老後まで使える働き方」が学べるというDVDと、YouTubeでオンライン配信されている動画のお値段は、なんと3万8,000円。 かつて子宮委員長が唱えていた「子宮メソッド」の自己啓発DVDを出していた、「東京映像制作」という会社から販売されました。 この「自分ビジネス」とは一体何なのか。 販売元の説明をご紹介します。 「終身雇用が都市伝説になりかけているこの頃、『自分に永久就職』『自分に終身雇用』という概念を学び、自分の居場所を作ってみませんか? 自分ビジネスは自分を整えるセラピーです。 特に、スピリチュアルな趣味をお持ちの方はお金と出会ってみませんか?」 「前半は、どこから開業届をもらえばいいのか、どこに提出すればいいのかから、確定申告の詳細や、経費の使い方まで、超初心者レベルから学べつつ、八木さやイズムを投入したので、とっても面白い内容となっています。 後半はマーケティングノウハウを持ち、企業コンサルの経験もあり、また、自身も実績のあるビジネスのプロフェショナルを講師にお招きし、今まで言われてきたビジネスノウハウと八木さやビジネスの違いについて仰天対談します」 簡単に言えば、八木さやが子宮委員長だった時代のスピリチュアル・ビジネスや、自己ブランディングについて正当化して、自慢げに語る動画です。 彼女のSNSにアップされた販促用の情報を眺めると、「自分ビジネス」と神社との類似点を挙げたり、「自分自神(じぶんじしん)」といったスピリチュアルなワードが散見されます。 「やっぱりな!」という印象しかありません。

次の

心屋仁之助氏「不倫告白」、八木さや「市長選出馬」!? 2020年スピリチュアル界隈の“注目株” (2020年1月10日)

八木 さや 自分 ビジネス

カモシーカです。 今日は私のTwitterタイムラインでも常に話題の、「子宮系女子」について書きます。 子宮系とは八木さやさんを筆頭に「子宮の声に従えばうまくいく」という考え方を取り入れ生きている方々です。 なぜ問題なのかと言うと、前回取り上げた心屋さん同様、 「自分がハッピーならそれでいい」という考えが過剰になりすぎ、不倫や育児放棄や借金など周りを巻き込み不幸にしていくからです。 《壱岐移住支援に夢を見る子宮系》 さてその中で最近の話題は、子宮系の教祖八木さやさんが、自分の住む壱岐に移住者を募っていることです。 (その理由は、夫が寄り付かないうえ公開で三行半を突きつけられて内心とても寂しいからだと思う) 八木さんは「壱岐にくれば自分ビジネスでザクザク稼げるよ!」と無責任にファンを焚きつけるものだから、 「壱岐にいけば自分ビジネスでさやちゃんみたいに億女になれる」と勘違いする人が出てきています。 その中でひときわ痛々しいのが、八木さやに盲信したある妊婦さんです。 離婚して豊洲のタワマン暮らしを捨て、ポリアモリー(パートナー公認の元複数の異性と関係を持つ)になりたいとかぬかし、 借金270万、妊娠4ヶ月で幼子2人を抱えて壱岐に引っ越しました。 初日で八木さんに会った嬉しさを爆発させたところ、八木さんに「うざい」認定され、Facebookライブで公開処刑され、「今すぐでてけ」と放り出されました。 八木さやさんの「壱岐にくれば稼げるよ」を信じて全てを捨てて移住した直後に、住所不定無職借金270万付きシングルマザーです。 書いていて胸が苦しくなってきました。 その道も自ら選択したから幸せと強がる彼女いわく「仕事=存在がアート」だそうです。 自分一人でやる分には「痛い人だなあ」で終わる話ですが、彼女は妊娠中で幼い子供を連れ、収入がないから親族の仕送りで生活をしています。 壱岐で自分ビジネスについては何をしているかと思えば、どう好意的に見ても観光して遊んでいるようにしか見えません。 「宇宙メソッド子育て」で悪びれもなく保育園に遅刻したり、すでに周りに迷惑かけっぱなしです。 ほんと、何してるんですか。 《ただの被害者》 さて本題になりまして、これのどこが酷いのか。 それは彼女の一連の行動は当然、批判されますし叩かれます。 主には子供を心配する声が大きいですし、親族からも怒りや心配の声が寄せられているようです。 それに対して彼女が 「画期的な考え方が出てきたときには批判されるもの」 「自由に生きる私に憧れて嫉妬している」 「制限の中で生きている人には私が羨ましい」 などと、さも自分は 「最新の生き方を体現している先駆者」みたいな立ち位置でいることです。 世間を知らずに周りが見えていない情報弱者って本当に怖いなと、思わざるを得ません。 《もう聞き飽きました》 私が八木さやさんを子宮委員長はる時代に知ったのは3〜4年前かと記憶しています。 彼女ほど酷くはないですが、友達が子宮委員長を信じて、同じように仕事をやめて自分ビジネスを始めて当然上手くいかずに実家に帰ってバイトを始めました。 当時引き寄せブームもあり、「自分に正直に生きる」とか「迷惑かけていいんだよ」とか「子宮の声」とか「存在給」とか「商品の価格が私の価値」とか もう聞き飽きてるんす。 こっちは。 それをやった結果どうなるのか、もう見飽きたんです。 それで失敗した人を山ほど見てきているし、目が覚めて注意喚起している人、酷くなると人生を破綻させてしまった人、 親族がはまり今なお苦しんでいる人、 その子宮系やら宇宙メソッドを実行した人のその後を散々見てるんですよね。 だから「それ危ないよ、やめときな」って言ってるのに 「私の画期的な最新の生き方は(以下略)」って、もういい加減気付いた方がいいと思う。 存在がアートな彼女は、苦言を呈す親族に対し、 「なぜ私が挑戦していることを黙って見守る事が出来ないのか。 私のためにって言ってるけど本当は自分の価値観を押し付けたいだけでしょ」のような発言をしています。 彼女その親族から仕送りもらって生活してるんですよ。 もういいや、すごい辛口になりそうだからこれ以上は思ったこと書かない。 《無責任な甘い言葉に注意》 八木さんたち子宮系の教えは、今まで我慢して生きていたり、なにかしらコンプレックスを抱え自分以外の何者かになりたい人には甘く響くかもしれない。 でもそれで本当にの意味で幸せになった人は一体どれくらいいるのでしょう。 そもそも八木さん本人が、好き放題生きた結果、元旦那は子供を連れて家を出て行き、現旦那から見放され、旦那と暮らすために買った豪邸に一人。 とても愛されているようには見えないではないですか。 辛いとき、苦しい時、心が弱った時はなにか信じるものがほしいもの。 それは誰しもそうでしょう。 ただ依存する先を間違えると、一瞬は自分を麻痺させ幸せになったかのように錯覚できるかもしれませんが、その先に行き着くのは一層のイバラの道なのではないでしょうか。 エセスピや子宮系にハマりそうになったら、一度立ち止まってよく考えてほしいですね。

次の

八木さやちゃんの自分ビジネスオンライン講座3ヶ月コース受けてます💓

八木 さや 自分 ビジネス

30代以降の女性のエロスを引き出す写真家西川らむです^^ 昨日、八木さやちゃんのオンラインビジネス講座のDVDが届いてました〜〜💓嬉しい。 講座中に行われたフォローアップのYouTube配信も全て見ていました。 毎回毎回が私にとって神回で。 目から鱗ばかりの新しい視点のお話しで、参加してホント良かった。 改めて、ゆっくりDVDでも見るんっだ^^ 八木さやちゃんになる前の、子宮委員長はるちゃんの頃から好きで。 自分想いを1つ1つ丁寧にすくい上げて、言語化していくのがブログセラピー。 「言えると癒える。 」 その言葉の通り、言えると気持ちが昇華されてスッキリと天に昇っていくような気持ち良さがあって。 それが、拡大していくサインなんじゃないかなと感じてます。 自分ビジネスを申し込んだ方、いらっしゃるかな?参加されてる方はご存知かもしれないのですが、参加者さん限定の特典映像があってね。 八木さやちゃんとロンズーさん、ハッピーちゃんの3人が10名の参加者さんを集めて実際に公開でグループコンサルをしている様子の特典映像。 それがめっっちゃ面白くて、為になる。 八木さやちゃんの自分ビジネス講座、なんと参加者さんは1万人を超えていて。 その集合意識を代表して集まったかのような十人のグループコンサルだった。 だからどんな人が聞いても、「あ、これ私だ!」と思える相談内容が必ずあると思う。 色んな段階の人が、よくぞこんなに綺麗に集まったなあ!と言うのが率直な感想で、私はどの方の相談もすんごく参考になりました。 その中でも、特に響いたのが!写真家の三宅みきさん💓みきさんも写真家で、なんとなく(勝手に)親近感を持ってウンウン激しく頷きながら聞いてました。 詳しい内容は・・・これ、特典映像の内容なので控えさせてもらいますが🌙 「自分ビジネスじゃなくて、バリバリのビジネスやってる人だよ。 女性起業家だね、社長です。 」って言われてて笑笑!! サイコーだな!!!って聞いてる私が奮い立った。 大きなグループ会社の社長になりたいって思う。 変な話しなんだけどね、そうやって思ってでも胸の奥底にずっとしまっていたのを思い出してきたんです最近。 でもコレクションプロジェクトは続たいから形としては残ていくしどんどん拡大していく方向に向かってて。 ってタイミングいつやねんw) 自分ビジネスもとい、ビジネスって楽しいと教えてくれたのは八木さやちゃんです。 開業する前に知りたかったなってホント思うけど、でもそれでもやっぱり私にとってはこのタイミングだからこそ体感覚で分かる神社ビジネスマーケティングなんだと思う。 元美容師。 その後整体師、店舗サロンオーナー兼セラピストを経て写真家へ。 20代半ばで病気になり髪の毛が抜けて絶望的な日々を送っていた時に、ランジェリーと写真に出会い救われる。 その経験から女性の美しさの可能性に感動し、コンプレックスを抱えている女性や 女として諦めていたり、自信をなくした人に向けて整体&撮影を始める。 女性性を開花するツボを押す施術が得意。 写真は独学で、大のカメラ好きだった祖父から幼少期からモデルの練習を(イヤイヤ)させられていたおかげか どうすれば女性が美しく見えるのかを熟知しており、それが今の仕事に活きるとは微塵も思っていなかった田舎娘です。 <また、現在好きな仕事で圧倒的自由に活躍するために稼ぐとは?をテーマにビジネスを学んでいるのでビジネスの動画も配信中。 youtube. rumnishikawa. com.

次の