行政書士フォーサイト。 フォーサイト行政書士講座の評判は?デメリットを分析してみた|資格取得Navi+

行政書士通信講座【フォーサイト】特徴や口コミなどを徹底解説!|takaojournal

行政書士フォーサイト

行政書士は、合格率9%以下の年もある難関資格です。 そんな行政書士の合格率がダントツに高い通信講座がフォーサイトです。 フォーサイトを受講して合格した人の合格体験記を読むと驚きました。 合格者は法学部の卒業生や実務経験者ではなく、受講生の多くが、 法律の知識がゼロの 初心者です。 それでも全国平均の3. 7倍の合格実績(2019年度)を出しています。 (引用:フォーサイト「行政書士講座」より) そして、2020年度から 不合格の場合は、受講料が全額返金される講座が登場しました! 私は2019年にフォーサイトで「マンション管理士+管理業務主任者」を受講しました。 6%、全国平均 3. 7倍の信頼感 (2) フルカラーとイラストが多い、 初心者向けのオリジナル教材 (3) ハイビジョン撮影の鮮明な動画講義。 講師の講義がわかりやすい (4)E ラーニングと紙の アナログ教材の両方が充実。 手厚いサポート (5)不合格の場合は 全額返金保証制度があり 講座は違っても私が評価した点と全く同じだと感じました。 以下、フォーサイトの5つの強みを合格者の評判と口コミと一緒に紹介します。 合格率 42. 6%、全国平均 3. 7倍の信頼感 通信講座の中でフォーサイトを選ぶ理由は、 合格率の高さが圧倒的に多いです。 行政書士の合格率が 42. 6%は、 約 10人中4人が フォーサイトの受講生です。 2018年行政書士合格 20代 中西 奈緒さん 知り合いの行政書士合格者の方が、 3カ月でフォーサイトを利用して合格したという話を聞きましたので、即決しました。 (引用: ) (引用:中西さんが使っていたフォーサイトのEラーニングシステム「道場破り」) 忙しい中西さんは、毎朝、出勤前にカフェで集中して勉強していまた。 驚くことは、わずか3ヶ月前から勉強を始めても、毎日 3時間ほどの学習時間で無理なく合格しています。 中西さんはフォーサイトに申込前は、独学で勉強はしていたとしても驚異的なスピードです。 また、受講生が 安心して勉強できる合格率の裏付けがあるのもフォーサイトの強みです。 2018年 行政書士合格 40代 大関 啓之 さん 良かったのはテキストが見やすい点と 合格率が高いデータがあったので、信用して勉強すれば受かると思いました。 (引用 ) 大関さんの場合は、900時間〜1000時間の勉強量、約8ヶ月間の受験期間で合格しました。 900時間以上も勉強が続けられたのも、フォーサイトの教材を信用できたからです。 見やすいテキストで、安心して学習できました。 難関試験は、勉強が進まない時は、誰でも不安になり途中で挫折しそうになります。 自分が選んだ教材を最後まで、信じて勉強し続けることができるのは、 精神的に大きな安定が得られます。 大関さんのように、合格できると信じることが合格できるコツです。 フルカラーとイラストが多い、 初心者向けのオリジナル教材 フォーサイトの教材は、全て自社で開発した オリジナル教材です。 フルカラーで図解が多いテキストは、勉強しやすいだけでなく、記憶に残りやすいです。 実物のテキストと比べると、色合いがより鮮明です。 2018年 行政書士合格 40代 大関啓之 さん フルカラーで挿絵があり、行間が空いている点がわかりやすく、見やすかったです。 カラーですし、細かく文字が書いてあるわけではなく、 挿絵もあり、飽きずにずっと見ていられました。 (引用:) フォーサイトのテキストを他の予備校と比べても、わかりやすい印象を持ちます。 行政書士合格 20代 中村 千有希さん 色んな予備校とか会社から資料請求して、テキストを見させて頂いたんですが、フォーサイトがカラーで、見た瞬間に一番わかりやすいテキストだなという印象がありました。 (引用【 】体験談の続きを読む) 白黒と違い、 フルカラーで読みやすいテキストは、勉強が長続きしやすいメリットがあります。 フォーサイトの講義では、テキストを全て読む訳では無いのですが、不思議と要点が頭に入ります。 また、テキストの文字も大きめで負担になりません。 復習用に読み返しても新鮮な気持ちで学習できます。 フォーサイトで学習しましたが、 数ヶ月使っても 学習が飽きないことが良さだと実感しています。 また、テキストには適度な空白もあるので、書き込みもできるので便利です。 (引用:行政書士に合格した受講生が使っていたフォーサイトのテキスト) 暗記が必要な用語が赤字になっているので記憶しやすいです。 さらに要点を赤字で書き込むと、自分が使いやすい要点がまとまったテキストになります。 講師の講義がわかりやすい フォーサイトの動画講義はハイビジョン撮影で見やすいことに定評があります。 現役の行政書士の講師による講義のわかりやすさも受講生に好評です。 (引用:フォーサイト福澤講師の画像より) 2018年 行政書士合格 30代 佐藤 陽平さん 福澤先生の口調や声が聞き取りやすく、講義の内容はまとまっていて繰り返し見ることで内容が腑に落ちました。 たまに 判例に対する苦言などジョークを交えていたことが良いアクセントになり、 記憶の定着につながったと思っていす。 (引用【 】体験談の続きを読む) 福澤講師の良い面は、行政書士みなと合同事務所にて開業・日々業務を行っているので実務の話も聞けることです。 実際の仕事の話は、モチベーションも上がり、実務から覚えやすい面白い講義です。 先生の語り口はソフトですが、染み入るように知識が定着してくる講義です。 講義DVDの内容がまとまっていて見やすかったことが一番の決め手でした。 大学の講義を受けているような懐かしい感じがしました (引用【 】体験談の続きを読む) 大学の講義を受けている懐かしさは、私が受講中の「マンション管理士+管理業務主任者」でも感じます。 行政書士講座の動画の無料サンプル講義 サンプルの講座もあるので、一度視聴してみてください。 (引用:フォーサイト公式サイト) E ラーニングと紙の アナログ教材の両方が充実。 手厚いサポート 2019年 行政書士合格 40代 岡本祐典さん 通勤の時間、合間にはデジタルテキストで見ながら、アプリで問題をしっかり解く。 覚えなきゃいけないものは紙のテキストや問題集を見て、書くということをひたすら繰り返しましたね。 フォーサイトでは、Eラーニングのデジタル学習と紙の教材の両方で勉強することができます。 両方の教材が充実しているので使い分けができます。 不合格の場合は全額返金保証制度あり! フォーサイトでは2020年度は「 全額返金保障制度」が登場しました! 不合格の場合は、受講料が全額返金されます。 フォーサイト行政書士講義の内容・サポート体制・料金 フォーサイトは、セット講座だけでなく単科コースなど用途に合わせた講座を開講しています。 その中でも 教育給付金対象で、合格率の高い人気の「バリューセット1〜3」を、以下まとめました。 1万円も割引されてお得です。 「マンション管理士+管理業務主任者バリューセット」の教材が届いた時は、圧倒されました。 間違いなく言えることは、フォーサイトの教材の 実物は、ホームページの写真で見るよりも充実しています。 専用のダンボール箱で、ギッシリと詰め込まれた教材が届きます。 テキストや問題集だけでなく、合格手帳、カレンダーや文房具など合格を応援するグッズが盛り沢山です。 受験生の中には、鉛筆やカレンダーなどの文房具品は必要ない人もいるかもしれません。 私も最初はそうでしたが、「合格セット」は本試験で使うと心強いです。 「行政書士」講座は、「マンション管理士+管理業務主任者」よりも更に講座内容が充実しています。 (画像引用:フォーサイト公式サイト「行政書士講座」より) 合格に的を絞った最低限の分量だけを学習 フォーサイトでは、 6割以上の合格点を少し上回ることを目標にしています。 よって、基礎講座の内容も 最低限に絞られています。 学習量が少ないので、受講生には 過度な試験勉強の負担がかかりません。 2018年 行政書士 合格 30代 塚本さゆりさん 少ない時間の中で合格に必要なスキルを身に付けるには、フォーサイトは簡潔でわかりやすかったので、 数をこなすという点ではすごく良かったです (引用【 】体験談の続きを読む) 塚本さんは、5歳の子供を育てながら行政書士に一発合格しました。 小さい子供や介護が必要な家族がいると、休日でも勉強に集中する時間が限られてきます。 仕事が忙しく、毎日十分な学習時間が取れない受験生もいます。 そんな忙しい人には、 合格に必要な分量が絞られているフォーサイトの教材は特に助かります。 他社の教材や市販のテキストの3分の2以下です。 (引用:塚本さんが使っていたフォーサイトのEラーニングシステム「道場破り」) オリジナルの過去問題集が使いやすい オリジナルの 過去問題集が使いやすいことも評価が高いです。 (引用:フォーサイト行政書士講座の合格者が使用していた過去問題集) ただ、その分、余白に書き込みは多くできるし、分量が少ないので過去問を解く作業は進みやすいです。 ただ、Eラーニングの道場破りならば、携帯が一台あれば学習できますが、印刷物の場合は、過去問の 冊数が多くなるのは、 少し邪魔に感じます。 しかし、私のように 印刷物の問題集に慣れている受講生は、フォーサイトの紙の問題集の方が、 携帯よりも勉強しやすいです。 Eラーニングでも アナログの紙媒体でも、学習法をどちらでも 好きに選べるのが、フォーサイトの魅力です。 教材は全て2020年の民法改正に対応しているので安心 法律系の資格試験で、独学が難しい理由の一つは、 法律の新改正に対応できないことです。 2020年度は、民法の大改正により、行政書士試験に出題される法律内容が新しくなります。 一般的に宅建士や行政書士など法律系の試験は、改正前が合格しやすい最後のチャンスだとも言われます。 しかし、法改正がある2020年で合格率が下がる心配は、フォーサイトでは関係ありません。 フォーサイトの行政書士試験対策のテキストは、 2020年の民法改正に早めから対応しているので安心です。 むしろ他の受験生に差をつけられるのでチャンスです。 行政書士 試験の最新情報が手に入ります。 Eラーニング学習システムが凄い フォーサイトの教材を使った受講生の評判や口コミを読むとEラーニングの学習システム 「道場破り」が好評です。 テキストだけでなく過去問題集も全てネットから閲覧できます。 携帯やi-padなどがあれば、好きな場所でいつでも気軽に勉強できます。 フォーサイトを使って便利なことは、ネット上で事務手続きもスケジュール管理も全てできる事です。 合格者の勉強法をまとめると下記の特徴があります。 ・ 過去問を何度も繰り返し解いた ・点が確実に稼げる分野に注力 道場破りで過去問を繰り返し解くことで合格 子育て中の人でもフォーサイトで、早めに計画的に勉強すれば合格できます。 上記で紹介した塚本さんは、子育てと両立! 1日6時間の勉強時間を13カ月続けて合格した子育て中の主婦の方です。 通学の時間が取れない人にとっては、 空き時間に自由に勉強できる通信講座は、自分の好きなペースで学習できます。 彼女は毎晩、子供が寝つくまでのスキマ時間もフルに活用して勉強しました。 Eラーニングの学習システム 道場破りの過去問を何度も繰り返して学習することで実力をつけました。 (私が使用中のフォーサイト道場破りゲーム版の過去問の画像より) 私も経験ありますが、小さい子供がいると、まとまって集中できる時間を作ることにも苦労します。 部屋の照明を消して、横で寝かせながら、 暗い部屋でも勉強できる携帯やi-padの学習は本当に重宝します。 3ヶ月前から勉強、400時間で最短合格!道場破りを活用 上記で紹介した合格者の中西さんは、1回目は独学で不合格。 2度目の受験ではわずか 約3ヶ月の短期集中で合格しました。 ちなみに 不合格になった独学の頃の彼女の勉強時間は 約100時間、独学だと勉強法がよくわからなかったらしいです。 中西さんの場合は、道場破りをフルに活用し、特に注力して勉強したのが「 行政法」です。 【中西さんの短期勉強法の特徴】 ・講義は 1. 5倍速で聞く ・一番配点が高く、暗記すれば解ける「 行政法」に力を入れる フォーサイトはリピーターの受講生の合格者が多い 一度、合格して自信がつくと、関連する次の資格にも挑戦したくなります。 フォーサイトの評判と口コミを読むと、次の資格に挑戦する前向きな人が多いです。 ちなみにフォーサイトの講師達も関連資格を幾つか取得するスペシャリストです。 例えば、フォーサイトの 宅建講座の主任講師の窪田先生も行政書士を宅建と一緒に取得しています。 逆に行政書士講座の主任担当者の福澤講師は、 宅建士も取得済です。 さらに、この2人は、 宅建士と 行政書士だけでなく、難関資 マンション管理士も取得しています。 このように講師も努力家ですが、フォーサイトでは、宅建士と行政書士などW取得する受講生も少なくありません。 フォーサイトで「行政書士」「宅建」「FP2級」に合格 フォーサイトでは、「行政書士」「宅建」「FP2級」にそれぞれ一回で合格した受講生もいます。 その時も1回で合格しました。 それが嬉しくて、今度FP2級を受講しました。 それも1回で合格しました。 フォーサイトだったら1回で合格ができるという刷り込みというか思い込みがあったので、難しい資格にも挑戦してみたいと思い、行政書士を選びました。 (引用【 】体験談の続きを読む) 北川さんの場合は、過去問題集と講義動画を10回近く、繰り返し活用したそうです。 試験から逆算して 勉強時間を常に意識していたそうです。 資格試験に合格できる勉強法のコツがわかれば、ペース配分ができるようになってきます。 資格試験に合格する成功体験が好循環を生み、次のステップアップになることがわかります。 サンプルですが、実物のテキスト同じ紙質と内容を一部紹介しているので、受講後でイメージしやすいです。 他社のパンフレットに比べて、フォーサイトのサンプル教材の方が信用できそうなので、受講を決めた受験生もいます。 (画像:フォーサイト行政書士評判と口コミ:無料サンプルセットの届いた状態 ホームページの公式サイトで紹介されている情報が、コンパクトにまとまっています。 行政書士専用のパンフレットは、この2冊です。 (画像:フォーサイト行政書士の無料サンプルセットの資料の一部の写真 【テキスト】フォーサイト行政書士のサンプル テキストは見やすいフルカラーでわかりやすく内容がまとめてあります。 (画像:フォーサイト行政書士の無料サンプルテキストの写真 テキストの最初のページには、学習効果が上がるテキストの使い方と特長が説明されています。 (画像:フォーサイト行政書士の無料サンプルテキストの使い方の写真 チェックポイントは、重要事項や難解な専門用語など、注意すべきポイントが簡潔に明記されています。 (画像:フォーサイト行政書士の無料サンプルテキストのチェックポイントの写真 初心者は、行政書士に出題される法律関係の解釈が大変なので、説明が詳しいと勉強でつまずく心配がありません。 【過去問題集】フォーサイト行政書士のサンプル また、行政書士講座の過去問題集が使いやすいのは、私が受講した「マンション管理士+管理業務主任者」と同じです。

次の

合格体験記では語られないフォーサイト行政書士講座の正しい勉強方法

行政書士フォーサイト

更新日:2020年6月10日 行政書士の通信講座「 フォーサイト」については、当サイトの「」のページで 一番のおススメ通信講座としてご紹介しており、通信講座の業界では非常に高い実績と人気を誇っている資格予備校です。 しかし、フォーサイトは、広告宣伝をあまり行っていないことから、一般的な知名度が低く、本当に大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、このページでは、 フォーサイトの行政書士通信講座のどのような点が優れているのか皆さんにご理解していただけるよう、テキスト、問題集、講義、eラーニングシステムなどについて、 私自身が実際に体験しながら、具体的にご紹介していきたいと思います。 このページの目次• フォーサイトの行政書士通信講座の概要 それではまず、 フォーサイトの行政書士講座の概要について、簡単に確認しておきたいと思います。 フォーサイトは、教室を持たない通信教育専門の資格予備校であり、広告宣伝等をあまり行っていないため、一般的な知名度は低いかもしれませんが、行政書士をはじめ、宅建士やマンション管理士、社会保険労務士などなど、様々な通信講座を開講しており、通信講座の業界では 非常に高い実績と人気を誇っている資格予備校です。 フォーサイトは、 業界初のフルカラーテキストや、 特許取得のeラーニングシステム、そして極めつけは、42. 6%の 驚異の合格率(全国平均11. 資料請求の入力フォームから、氏名、住所、メールアドレス等を入力すると、サンプル教材の請求をすることができます。 私の場合、この資料請求フォームから送信後、2日後に、ゆうパケットでサンプル教材等がとどきました。 その中身は、講座パンフレットや会社案内、合格体験記の冊子、その他リーフレットなど、そして、今回の資料請求のメインとなる サンプル教材として 「サンプルテキスト」と 「サンプルDVD」、そしてさらに、 「6ヵ月で行政書士 本当は教えたくない究極の行政書士合格メソッド」という書籍が入っていました。 では、このサンプル教材等について、レビューしたいと思います。 フォーサイトの行政書士通信講座「サンプルテキスト」を体験 まずは、 サンプルテキストから見ていきます。 フォーサイトの 最大のセールスポイントのひとつが、このテキストにあります。 フォーサイトの行政書士通信講座のテキストは、 フルカラーテキストで、サイズはB5サイズ、表紙にはゴッホの油絵の写真、、、いつも思うのですが、なぜこのような芸術作品を表紙にするのか不思議でなりませんが。。 まぁとりあえず、それは気にしないことにします。 まず、テキストをめくってみて感じるのは、 洗練されているな〜、読みやすいな〜ということです。 さすが、業界で初めてフルカラーテキストを採用し、それ以来、改訂を繰り返しているだけのことはあります。 フルカラーだからといって、ゴチャゴチャして見にくくなるようなことは全くなく、 とてもスッキリした印象です。 十分な余白やメモ欄もあります。 そして、 フルカラーのメリットをフルに活用して、重要箇所がわかるように色分けされたデザインで、 見やすくてメリハリもしっかりとして、とても読みやすいと感じます。 そして、 イラストも適宜入れられており、難しい内容もイメージが湧いてスムーズに理解できますし、飽きずに学習が進められると思います。 フルカラーだからこそ、 図表もわかりやすいものになりますね。 【関連記事】• 問題集については、フルカラーではなく 2色刷りになっていますが、ブルー系の色使いが とても優しくて見やすく感じます。 これはなぜでしょうか。。 2色刷りというと赤系が多いですが、ブルー系はパステルチックな感じで、優しく感じるんですね。 この問題集は、 左ページが問題で、 右ページが解説と解答というページ構成になっています。 解答については、問題を解きながら答えが目に入ってしまわないように、一番右下の端っこのところに記載するという工夫がなされています。 また、解説については、 重要なキーワードにはマーカーが入っていますので、解答の正否を分ける重要なワードを見逃すことなく、しっかりと意識して学習することができるようになっています。 では、 そもそもこの教材で合格できるのか、というのが最も重要なポイントになってくるかと思いますが、この点については、フォーサイト受講生の 抜群の合格実績を見れば明らかです。 なんと、全国平均の合格率が11. 5%であるのに対し、その 3倍以上の42. 特に、行政書士スピード合格講座「バリューセット3」は、もし 不合格だった場合には、受講料を全額返金してくれるという、超太っ腹なサービスまで用意されていますので、余計な心配は無用ですね。 フォーサイトの行政書士通信講座「サンプル講義(DVD)」を体験 次は、 サンプルDVDについて、見ていきたいと思います。 講義は、フォーサイトオリジナルの電子黒板を使って、 フルカラーテキストを画面に映し出し、講師がそのテキストに ラインを引いたり、説明を書き込んだりしながら解説してくれるようになっています。 このため、自分で手元のテキストを見ながら講義を聴く必要がなく、常に画面を見ているだけでいいため、 テキストと講義が完全に連動し、とても勉強がしやすいと思います。 他社の講座では、テキストとは別に、講師がスライドを用意して解説するというパターンがよくありますが、そのときは理解しやすいかもしれませんが、スライドを別で印刷してテキストに貼り付ける必要があったりして困るんですよね、、、その点、 フォーサイトでは、 すべての講義がテキストに基づいて解説されますし、テキストには十分なメモ欄も用意されていますので、テキストに載っていない情報であっても、そこに書き込むなどして テキストに情報を集約することができ、とても勉強しやすいと思います。 なお、フォーサイトの講義映像は、専用スタジオで収録した ハイビジョン映像になっており、講師の見え方や音質にもこだわり、 講義に集中できるため、効率よく学習を進められるようになっています。 また、講師は、2001年(平成13年)から、フォーサイトの専任講師を務め、業界ナンバーワンの驚異の合格率を生み出す 「福澤 繁樹」講師が担当しています。 講義を聴いた第一印象は、 にこやかでさわやかな先生だな、と感じました。 言葉もはっきりとしていて聴き取りやすいですし、重要なところとそうでないところの強弱もつけながら、 メリハリをつけて説明してくれますので、飽きずに講義を聴いていくことができますね。 また、 エピソードを交えながら説明してくれますので、具体的なイメージも湧いて、とてもわかりやすいと思います。 【関連記事】• この書籍はフォーサイト行政書士講座の講師である「福澤繁樹」氏の著書で、定価は1,500円と記載されています。 1,500円の本が、資料請求のサンプル教材に含まれているというのは、一体どういうことなのか、、、太っ腹と考えてよいのか、それともそもそも販売目的ではない本なのか。。 この書籍は、主に、 行政書士に合格するための勉強方法について解説された書籍のようです。 学習スタイルは、独学がよいのか、通学がよいのか、通信講座がよいのか、といったことや、行政書士の各試験科目の傾向と対策、受験勉強の計画の立て方、勉強環境・勉強時間の作り方、受験勉強をする上での心構え、などなど、 短期合格を成功させるための合格メソッドについて、合格者の体験記を交えながら、詳しく教えてくれる内容になっています。 これから行政書士試験の合格を目指すに当たって、参考になる内容が多く記載されていると思います。 フォーサイト行政書士通信講座の資料請求で届いた「その他パンフレットなど」 それでは、 その他のパンフレットなどについても確認しておきたいと思います。 「 行政書士 合格体験記」には、14名の合格体験記が掲載されています。 フォーサイトを選んだ理由、フルカラーテキスト・講義DVD・eラーニング「道場破り」などの各教材についての感想などが掲載されています。 やはり皆さん、総じて高評価ですね!もちろん、合格体験記に掲載されているわけですから、当たり前ですが。。 リーフレット「 めざせスピード合格!フォーサイトで合格した受講生が伝授!効率学習法」では、3名の合格者の1日の時間の使い方の事例や、スピード合格を実現するヒントなどが掲載されています。 あとは、フォーサイトの会社概要のパンフレットと、講座の受講料などが掲載されたチラシが入っていました。 フォーサイト行政書士通信講座のその他の教材 フォーサイトの行政書士講座の教材における大きな特徴として、「 フルカラーテキスト」、「 機能的問題集」、「 ハイビジョン講義映像」、「 eラーニング道場破り」がありますが、資料請求(サンプル教材請求)では、フォーサイトが特許を取得している「eラーニング道場破り」については残念ながら体験することができません。。 と思っていたのですが、いつの間にか、公式サイトに「eラーニング無料体験」というボタンが現れていることを発見しました!(おそらく、2019年11月から?) ということで、早速、 eラーニングの無料体験をしてみることにしました!• フォーサイトを含め、行政書士の通信講座について、受講料、講義、テキスト、セールスポイントなどから総合的に評価したおすすめ通信講座は「」でご紹介しています。 フォーサイトの行政書士通信講座のeラーニング「道場破り」を体験レビュー! それでは、フォーサイトの行政書士通信講座の eラーニング「道場破り」を無料体験するため、公式サイトから無料体験に申し込んでみたいと思います。 注意書きを見ると、無料試用版では、 試用期間は14日間に限られるということと、教材は最新版ではないとのことです。 まぁ、システムを試しに利用するだけですから、特に問題はなさそうです。 では、eラーニング無料試用版の申込フォームにメールアドレスを入力して送信してみます。 すると、即座にアカウントが作成され、パスワードが画面に表示されました(メールも届いています)。 早速、ログインして試してみます。 表示されているメニューをそれぞれ確認してみると、学習メニューでは、• 「 講義」は、特定の1講義のみ視聴が可能• 「 テキスト」も特定の1テキストのみ参照可能• 「 確認テスト」は特定の2回分が利用可能• 「 単語カード」は、どうやら全部利用可能• 「 用語集」も全部利用可能 となっています。 あとは、学習サポートの「 スケジュール」も利用可能な状態となっていますね。 「 質問箱」は利用できません。 そりゃそうですね。 無料試用版ということで、若干制限されている部分もありますが、 一通りほぼ全ての機能が使えるようですね!それでは順に、各機能について体験していきたいと思います。 フォーサイトの行政書士通信講座のeラーニング「道場破り」 学習スケジュールの設定を体験 それでは、まず始めに、eラーニング「道場破り」で、「 学習スケジュール」の作成から始めてみたいと思います。 この学習スケジュールの設定では、 曜日ごとに、1日のおおまかな過ごし方(睡眠、食事、通勤・通学、会社・学校、入浴、空き時間、プライベート) を30分刻みに設定していくと、空き時間の何パーセント、通勤時間の何パーセントといった形で、 学習することが可能な時間数が自動的に算出されるというシステムになっています。 空き時間を丸々学習時間に充てられてしまわないところが嬉しいですね! このシステムで算出された学習時間数に基づいて、本試験当日までの学習スケジュールが組み立てられますので(例えば、〇月〇日に基礎講座の〇〇の講義を受講するといった形)、それに従って、学習を進めていけばいいようになっています。 これなら通信講座でも、スクールに通うような感覚で決まったスケジュールで学習を進めることができますね! フォーサイトの行政書士通信講座のeラーニング「道場破り」 基礎講座の「講義」と「テキスト」を体験 続いて、フォーサイトの行政書士通信講座の本編となります「 基礎講座」の講義を体験してみたいと思います。 再生速度は、本来、「標準倍速」と「1. 5倍速」の2種類がありますが、試用版では「標準倍速」のみとなっています。 講義は ストリーミング再生のほか、 ダウンロードすることもできますので、自宅でダウンロードしておけば、外出先で通信料を気にすることなく視聴することもできますね。 また、動画だけでなく、 音声ダウンロードも可能ですので、音楽プレイヤーで聴くこともできるようになっています。 講義動画は、相変わらず 綺麗な映像ですね。 講義については、サンプルDVDで既に体験済みですので、ここでのレビューは省略することとして、次に進みたいと思います。 テキストについては、 フルカラーの冊子版テキストのほか、eラーニング道場破りから、 PDFファイルをダウンロードすることができます。 講義中は、画面にテキストも表示されますので、基本的にはPDFファイルでテキストを参照することはないかと思いますが、例えば、外出先の状況によっては、動画を見ることもできないし、音声を聞くこともできないし、、でもインプット学習を進めたい!といった場合には、PDFでダウンロードしたテキストを読み進めていくことができますね。 フォーサイトの行政書士通信講座のeラーニング「道場破り」 「確認テスト」を体験 それでは続いて、「 確認テスト」を体験してみたいと思います。 確認テストでは、 一問ずつ制限時間が設定されていて、バーが短くなっていくのが目に入りますので、早く解答しないと!とけっこうドキドキしますね。 なお、この「確認テスト」には、通常版とゲーム版の2種類あり、「 通常版」というのは、通常通りのWeb問題集ですが、「 ゲーム版」というのは相撲で相手を倒すというゲーム性を取り入れたWeb問題集になっています。 ゲーム好きの人は、このゲーム版で問題演習に取り組めば、病みつきになるかもしれませんね! 基礎講座を受講しながら出てくるのは「通常版」の方だけですので、別メニューから確認テストに入れば、「ゲーム版」の確認テストを受けることができるようになっています。 フォーサイトの行政書士通信講座のeラーニング「道場破り」 「単語カード」、「用語集」を体験 次は、「 単語カード」を体験してみます。 この「単語カード」というのは、いわゆる「単語帳」のデジタル版のようなもので、 一問一答式で暗記すべき事項の「問い」があり、「解説を表示」ボタンを押すと、その「答え」が表示されるというものです。 先ほどの「確認テスト」と似ているといえば似ていますが、こちらの単語カードは、とにかく「 暗記が必要な事項」に限られているという点で、違いがあります。 「基礎講座」の講義でインプット学習を進めながら、 スキマ時間などに単語カードを使って暗記していくという使い方をすれば、効率的に知識を定着させていくことができますね。 暗記が必要な事項というのは、とにかく日々、繰り返して記憶し直すという作業が必要になってきますので、このような暗記カードが用意されているというのは、暗記が苦手な人にはかなり役立ちそうですね! 次に、「 用語集」についても、併せてレビューしておきます。 「用語集」というのは、いわゆる「用語集」です。 50音順に索引があり、そこに用語と意味が記載されているというものです。 わからない言葉が出てきた際に、確認することができるようになっています。 まぁこれは、ネットで検索するのと大差ないかもしれませんね。 フォーサイト行政書士通信講座の体験レビューの「まとめ」 ここまで、フォーサイトの行政書士通信講座を体験しながらレビューしてきましたが、おススメNo. 1でご紹介している理由がわかっていただけましたでしょうか? もしわかっていただけないとしたら、それは私のレビューの仕方が悪いだけだろうと思います。。 フォーサイトの行政書士講座を体験してきた「まとめ」としては、とにかく テキストがわかりやすいんです。 フルカラーも洗練されています。 講義もわかりやすいです。 eラーニングシステムでは、 学習のスケジュール管理もしてくれます。 スキマ時間を活用できる Web問題集もありますし、 単語カードもあります。 合格するために必要なものが全て揃っているんです。 これだけ揃っていれば、 業界最高水準の合格率が叩き出せるのも納得ですよね! 以上により、行政書士試験に合格するための通信講座としては、 迷いなく、フォーサイトを一番におススメします!.

次の

フォーサイト通信講座【行政書士・宅建・社労士・簿記】キャンペーン開催中!

行政書士フォーサイト

「行政書士」は行政書士法に基づく国家資格です。 職務上請求権が認められる「8士業」の一つで、弁護士や司法書士、税理士などと肩を並べる法律系の資格です。 当然合格率も低く、合格率10%前後という難関試験に合格する必要があります。 それでも弁護士や司法書士などと比べると、比較的合格はしやすく、必要な勉強期間は半年~1年ほどが平均的と言われています。 ですが、行政法や憲法といった専門的な法律知識・解釈スキルが必要となりますので、法学の学習経験がない方には独学では難しいかもしれません。 そのため、多くの受験生はオンラインスクールや予備校を受講しています。 ひと昔前は、資格予備校と言えば「TAC・大原・LEC」といった大手が主流でした。 難関だけあって、大手予備校で受講しようと思うと 20万円程受講料がかかってきます。 どこも高額でなかなか受講に踏み切れないのが実態です。 しかしここ数年で、新興の「通信講座会社(オンラインスクール)」が続々とできてきており、安価で優秀な講座があります。 そのひとつが 「フォーサイト」です。 今回は、フォーサイトの行政書士講座が 行政書士資格講座の中でも人気の 理由・他社通信講座に比べたメリット・デメリットを詳細に調査しましたので、解説していきます。 「安いから」 という理由だけでこの難関資格の講座を決めるのは大変危険ですので、この記事を読んで、ご自身に合うか見極めてください。 フォーサイトの武器は、• 過去問などのアウトプットの効率性を重視した eラーニング• 講義も演習も スマホ一つで完結!• それでいて DVDも冊子テキストも無料で付いてくる• そして 安い という点につきます。 1位ではなく2位なのは、スタディングもスマホ一つで完結するうえに、 価格がフォーサイトよりさらに安いためです。 (DVD・冊子テキストは有料) もチェックすることをお勧めします。 資格マニアであり、数々の資格勉強をしてきた私としては、講義が長い講座より、過去問演習をしっかり繰り返せる講座の方が、圧倒的に学習効率が良いと思います。 そのため、フォーサイトを上位と考えているのです。 基礎講座だけでなく、過去問演習講座・直前対策講座の講義動画、模擬試験も付属したバリューセット3で 「104,280円」という価格です。 クーポンの利用方法は後ほど解説します。 フォーサイトの 「バリューセット3」と類似カリキュラムの大手予備校講座価格は以下のとおりです。 講義の質は比較しづらいため、講義動画の時間で比較してみました。 <動画講義の時間> フォーサイト: 5,464分(基礎講義52. 5時間+直前対策7. 3時間+演習講義31. これをどう見るかは、講座選びには非常に重要です。 基礎講義(インプット)の長さについては好みがあります。 理解力がないので、インプットはしっかりやりたい! 様々な方がいらっしゃると思いますので、自分に合った講座を選択するとよいでしょう。 ですのでこのデータからは、 少なくとも フォーサイトが「価格が安い=手抜き」ではない ということを理解していただければと思います。 フォーサイトの講座はなぜこんなに安いの? ではなぜフォーサイトの講座は他社に比べてここまで価格を抑えられるのでしょうか。 それは ビジネスモデルに秘密があります。 通学講座は、 優秀な講師や教室の数に限りがあります。 講師の人件費や教室の賃料を回収するために、 単価を上げざるを得ません。 一方で通信講座は、一度撮影してしまえば不特定多数に配布することができるため、 場所代がほとんどかかりません。 フォーサイトの場合、専用スタジオがありますので、 設備代の初期コスト・スタジオの場所代はかかりますが、 全国展開する予備校に比べれば大したことはありませんね。 専用スタジオを駆使した講義のサンプルはYouTubeでご覧いただけます。 他社も通信講座やってるけど、通信講座の価格を安くすればいいじゃない? と思うかもしれません。 しかし残念ながら、 「通学講座」をメイン事業としている企業が「通信講座」を安く提供してしまうと、メインの「通学講座」を受講する人がいなくなってしまいます。 そうならないために、通信講座を通学講座並みにせざるを得ないのです。 つまり、 「価格が安い = 質が低い」ではない!! ということをしっかりと理解しておいてください。 フォーサイト行政書士講座の特徴は? 価格が安いから質が低い、ということではないということは理解いただけたかと思います。 ではここから本題で、フォーサイト行政書士講座の良いところ・悪いところを分析しましたので、解説していきます。 下表はフォーサイトの行政書士講座に向いてる人・向いていない人の特徴です。 向いてる人 向いてない人 仕事や学校が忙しいので 通信講座が良い しっかり時間を取れるので 通学講座が良い テキストは 電子・紙の両方がほしい欲張りさん 少しでも 価格が安い方がいい 講義は最小限にして、 過去問をひたすら繰り返したい 理解力がないので 基礎講義に時間を取りたい ネット環境のいらない 講義DVDもほしい 結論から見るとこのように分けられるのですが、その理由をこれから詳しく解説していきますね。 フォーサイトの行政書士講座の合格実績は?口コミは? 講座選びにおいて、カリキュラムや教材ももちろん大事ですが、何より 「合格実績」は気になりますよね。 フォーサイトは2002年から行政書士講座を開講しており、オンラインスクール業界としてはかなり歴史がある方です。 2019年11月に実施された令和元年度行政書士講座では、 全国平均11. 5%の合格率に対し、 フォーサイト受講生の合格率は 42. 6%・全国平均の3. 7倍という驚異的な合格実績を記録しました。 受講者の口コミを紹介します。 やろうと思って机に向かっても、テキストを読むだけですと重要なところなどが分からず続かないことがあります。 これが動画ですとモチベーションが下がっているときでも、とりあえず動画を流しておく、ということができました。 引用URL: 合格者の声を見ると、 「フルカラーテキストの分かりやすさ」 「eラーニングでスキマ時間を活用」 といった点を評価している方が多いようです。 難解な法律系資格ということで、 分かりやすさは重要です。 また、行政書士試験は受験者の大半が社会人ですので、 スキマ時間をいかに活用できるかが、非常に重要なポイントになってきますね。 フォーサイトのカリキュラムは? フォーサイトの初学者向け講座カリキュラムは以下のとおりです。 非常に充実していますね。 フォーサイトは、基本テキストや問題集の他にも、マンガや体験記などモチベーションを上げる付録が充実していることが特長です。 フォーサイトのカリキュラムの中で、私が重要だと思う特長はこちらです。 各々の勉強スタイルにはよりますが、「働きながら資格取得」という方にとってはどれも便利です。 「通信講座ならだいたいそうじゃないの?」 と思うかもしれません。 ですが意外と、 「通学講座を録画しただけ」 「講義は通信だけど、テキスト・問題集は紙だけ」 「『模試』といいながら過去問を組み合わせただけ」 という通信講座が多いのです。 この価格で、この条件が揃ってるフォーサイトは見事だと思います。 では、フォーサイトのカリキュラムの詳細を以下に書いていきます。 そこでフォーサイトは、 資格マンガや体験記、学習戦略立てからはじめることで、学習意欲を長続きさせる工夫が施されています。 まずはマンガ で合格後のイメージをもって学習意欲アップ!• 合格体験記 で先輩の学習スタイルを吸収!• 直前対策講座で弱点や不足個所をしっかり埋める というスタイルです。 資格試験など勉強慣れしている方はお気づきかもしれませんが、このスタイルはフォーサイトや行政書士試験に限ったことではありません。 そのため、フォーサイトの行政書士のカリキュラムは王道スタイルと言えるでしょう。 テキストのサンプルをご覧ください。 引用: とても行政書士試験のテキストとは思えないですよね。 1年間近く付き合っていくテキストですから、文字ばかりの白黒テキストよりは絶対にこっちの方がいいと思います。 通信講座を選択する理由として最も多いのが 「仕事が忙しいのでスキマ時間を活用したい」 です。 「道場破り」ができることは以下の通りです。 講義動画 の視聴• フルカラーテキスト の閲覧• ゲーム感覚でできる確認テスト• 暗記に役立つ 単語カード• 学習スケジュール・進捗管理 いかがですか。 つまり全部できちゃうということです。 冊子テキストやDVDも送られてきますが、スマホ一つあれば完結するんです。 まさに通信講座のメリットを最大限に生かしたカリキュラムとなっているのが、 フォーサイトの特長です。 フォーサイトの講師は?講師には確かな実績! フォーサイトの行政書士講座は、現役の行政書士でもあり、行政書士試験のノウハウ本を著作として持つ「福澤繁樹講師」による講義です。 引用: 福澤講師は行政書士のみならず、• 宅建士• マンション管理士 などの資格も持つ、オールマイティ講師なのです。 実力は間違いなさそうですね。 講座選びには講師の話し方やテンポ、声のトーンなど相性が非常に重要です。 YouTubeで福澤講師のサンプル講義を必ず事前に視聴してみてください。 フォーサイトの特典・割引は? フォーサイトには、合格特典や割引制度があります。 特に割引制度は、HP上で表示されるクーポンコードを入力するだけですので、絶対に忘れずに活用してください! クーポンの入力方法はこの後解説します。 クーポンコードは HPの右下に表示されています。 クーポンコードの右側に「コードをコピーする」というボタンがありますので、こちらをクリックします。 申し込みたい講座の右にある「お申し込み」ボタンをクリックします。 「カートのご確認」画面にある、「割引クーポンID」欄で、Crtl+Vまたは右クリック貼り付けをします。 すると、割引クーポンが適用されますので、金額を確認してください。 あとは、お客様情報の入力など通常の申し込みと同じです。 非常に簡単ですね。 こんなに簡単なら、初めから割り引いた価格にしてくれればいいのに…とも思いますが。 指定の講座を受講し、確認テストや模擬試験・行政書士本試験で一定以上の成績を修めた方 に適用されます。 <割引内容> 本試験不合格の場合、全額返金 <対象講座> 行政書士 バリューセット3 <適用条件> 以下の条件をすべて満たした方が対象です。 全ての確認テストで100点を取得する(何度でも挑戦可)• 学力テストを2回受験し、150点満点で平均120点以上を取得する(各1回の挑戦)• 本試験5日前までに受験票・本人確認書類のコピーと「返金申請書」を提出• 試験後に、試験結果通知書(不合格)のコピー・「返金希望」と記入したメモ用紙・教材一式・返金先口座情報を送付 つまり、 フォーサイトの講座をしっかりやって、本試験でギリギリ不合格になった方が返金対象、ということですね。 全員が返金対象ではないので、ご注意ください。 フォーサイトの欠点・デメリットは? ここまで、 フォーサイトの行政書士講座のメリットを中心にお伝えしてきました。 当然どの会社の資格講座であっても「メリット」はアピールするのでよくわかります。 しかし「デメリット」はあまり語られないので、 口コミに乗せられて受講したけど、こんなはずじゃなかった! ということがよくあります。 そこで今回は、 デメリット・欠点についてもしっかり触れていこうと思います。 数々の講座を知り尽くした当サイト管理人である私だからこそ分かるデメリット・欠点です。 このデメリットや欠点を見ても、「許容できる」と思えるのであれば、フォーサイトの行政書士講座を選択して問題ないでしょう。 これは、 通学講座の大手3社に比べると50%程度の時間です。 <動画講義の時間> フォーサイト: 5,464分(基礎講義52. 5時間+直前対策7. 3時間+演習講義31. 一方で、私が行政書士講座おススメ1位と評価している スタディングは、5,010分とフォーサイトより短いのです。 フォーサイトとスタディングの共通点として、どちらも eラーニングをフル活用した時短学習にコミットしています。 そのため、 インプットである講義時間を最低限に抑え、アウトプットであるeラーニングにより時間を費やせるようになっているのです。 しかし、 「講義が短いと抜け漏れがないか不安!」 「法律の勉強ははじめてだから、動画講義にゆっくりと取り組みたい!」 という方にとっては、物足りないかもしれません。 動画講義の短さは、デメリットと思う方もいるのではないでしょうか。 しかし、私が行政書士講座おススメ1位と評価している スタディングは、65,780円とフォーサイトを大きく下回る破格で提供しているのです。 講義時間はわずかにフォーサイトの方が長く、行政書士マンガや合格体験記、戦略編など、付録はフォーサイトが充実しています。 しかし、 完全な価格重視の方にとっては、スタディングに劣ってしまうのが、フォーサイトの欠点と言えるでしょう。 フォーサイトは欠点が少ないが・・・ 正直なところ、フォーサイトの欠点はこれくらいしかありません。 講義は短めだが、 問題演習に強い• DVD・Web動画どちらも対応• 冊子・電子テキストどちらも対応• 価格も安い方• マンガや戦略編などの付録が強い とても盤石で、スキがありませんね。 しかし、一方で講義時間・価格どちらも「中途半端」という印象です。 講義重視ならアガルート、電子・価格重視ならスタディング となってしまいます。 つまり、あまり特徴・他社との差別化がないのがフォーサイトの欠点と言えます。 それでもフォーサイトには、• 福澤講師の講義• DVD・Web動画どちらも対応• 冊子・電子テキストどちらも対応• 充実の 付録 といった、唯一無二の特長があります。 講座選びには 「メリット・デメリット」をしっかり把握することが失敗しないコツです。 今回解説した内容から、行政書士試験勉強にフォーサイト講座が向いている人・向いていない人の特徴をまとめました。

次の