市販 ヘルペス。 バルトレックスの市販薬はある?口唇ヘルペスに使える市販薬を紹介!

口唇ヘルペス 市販薬 値段はいくら?

市販 ヘルペス

ヘルペスに効果のある薬の個人輸入ならこちら 再発型ヘルペス治療に有効! 薬局で買える市販薬にはどのようなものがある? ヘルペスに有効な薬は塗り薬と飲み薬の両方があります。 ヘルペスの薬は薬局でも購入することができますが、結論から言ってしまうと市販薬は塗り薬のみとなっており、飲み薬は売られていません。 飲み薬は医療機関による処方でしか購入することができないことになっているのです。 ヘルペスの市販薬には次のようなものがあります。 ・アクチビア(グラクソ・スミスクライン社) ・アラセナS(佐藤製薬) ・ヘルペシア(大正製薬) 市販薬を購入する場合は、過去にヘルペスであるという診断を受けていなければ購入することができないことになっており、市販の塗り薬はあくまでも「再発用」という位置付けになります。 市販薬の塗り薬と処方される飲み薬との違いは? では、市販薬と医療機関で処方される飲み薬とでは、どこがどのように異なるのでしょうか? ヘルペスを治療する上で、両者の違いを知っておくことも重要です。 分かりやすく単純に説明しますと、塗り薬が対症療法で、飲み薬が根本療法ということになります。 市販薬である塗り薬はヘルペスのできた部分に塗ることで症状を抑えますが、飲み薬は体内の細胞に隠れているヘルペスウイルスの増殖を抑え込む効果があるのです。 体内から効果的に作用するのが飲み薬 ヘルペスウイルスは非常に厄介なウイルスで、細胞の中に巧みに隠れて普段は大人しくしているのですが、免疫力の下がった場合などのタイミングを狙って暴れ出します。 その際にウイルスが増殖するわけですが、飲み薬はここでウイルスの増殖を抑え込むことができ、ヘルペスを根本から撃退するのに効果を発揮します。 一方の塗り薬は、体内にも吸収されにくいために副作用こそ飲み薬よりも少ないというメリットがありますが、ウイルス自体を撃退することはできません。 ヘルペスのできた箇所に塗り込むことで、その部分のヘルペスウイルスが増殖するのを抑えるという効果があります。 塗り薬より飲み薬の方が効果的 つまり、ヘルペスウイルスが増殖して大きくなっている場合は、塗り薬では思うような効果を得られないこともあるのです。 発症してすぐの段階であればその後のヘルペスウイルス増殖にも一定の効果がありますが、ヘルペスが大きくなってしまっているということはウイルスが増殖しきってしまっている状態でもありますので、そうなってしまうと塗り薬で抑え込むのも容易ではなくなってしまいます。 効果的にヘルペスウイルスに作用させるためには、初めてヘルペスに感染した場合は飲み薬を、再発したらとにかく早い段階で塗り薬を使用するというのがおすすめです。 市販薬が塗り薬だけなのはなぜ? 元々ヘルペスの治療薬は、医療金での処方に限られていました。 その理由は、本当にヘルペスなのかどうか個人の判断では難しいからです。 病院で診察を受け、ヘルペスであると診断された場合に初めて治療薬が処方されるもので、安易な自己判断でヘルペス治療薬を購入しても効果がないどころか、逆に患部を悪化させてしまいかねません。 そのため、近年販売されている市販薬は経口タイプではなく塗り薬のみに限られ、それも過去にヘルペスであると診断されている人しか購入できないのです。 過去にヘルペスであると診断されていれば、「また再発した」ということが容易に分かりますが、初めてであればそれがヘルペスかどうか素人では判断できませんので、必ず医療機関を受診して然るべき診断を仰ぐ必要があるのです。 飲み薬は自分でネットから購入することもできる! 市販薬は薬局へ行かなければ購入することができませんが、実は飲み薬に関しては必ずしも医療機関で処方を受けなければならないというわけではありません。 医療機関での処方が原則であることは言うまでもありませんが、本来は医療機関でしか手に入れられない飲み薬を個人がネットで購入することも可能です。 ヘルペスに効果の高い抗ウイルス薬としてはなどが有名ですが、もちろん、このもネットで購入することができます。 バルトレックスにはどんな作用が期待できる? の主成分はバラシクロビル塩酸塩で、製薬会社として有名なグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス薬です。 細胞内に隠れているヘルペスウイルスが増殖するのを抑える効果があり、ヘルペス治療において最も効果のある飲み薬のひとつです。 は、ヘルペスの治療のほか、帯状疱疹や水痘などの治療にも用いられます。 ヘルペスに代表されるウイルスは、細菌とはまた異なる非細胞性生物です。 ウイルスの特徴は別の生物の細胞を利用して増殖するというところです。 細胞内で自身のDNAをどんどん複製することで増殖していきます。 は、この複製を阻害する効果があり、結果としてヘルペスの発症を抑え込むことができるのです。 市販薬ではそもそも体内からヘルペスウイルスの増殖を抑え込むことができないため、などのような飲み薬で得られる効果とは格段の差があるのです。

次の

口唇ヘルペスに効く市販薬|薬剤師おすすめの薬

市販 ヘルペス

今まで全然気付かなかったんですが、実はヘルペスでした。 ヘルペスと気付いたのは4ヶ月前。 彼女が性器ヘルペスだったことを知ったからです。 初めはヘルペスって何?って感じでした。 聞いてみると、性器 外陰部 回りにできる水ぶくれみたいなもの。 2~3年前に発症したらしく、外陰部に出来ると排尿が激痛を伴うらしい。 女性だけかと思ったら男性もできるらしく、主にセイこうしょうで感染するらしいです。 口ですると口に感染し「口唇ヘルペス」が発症するようです。 感染を防ぐ為、その日から暫くはお預け。 2日後、自分の性器にも小さいブツブツが発生。 でもこのブツブツ、昔からたまに発症していたのもなんです。 痛くも痒くもなく、皮膚炎か何かだと思って放っておくと、1週間ほどで治ってました。 しかし、今回彼女がそれをみて「これがヘルペスだよ」と。 彼女のヘルペスは大きいのが2つ出来ているみたいですが、僕の場合は小さい水ぶくれが何個もそこに集中して出来きていました。 女性は見ない方が良いかと… この水ぶくれが割れるとヒリヒリします。 女性の場合はここに尿がかかってヒリヒリと痛むみたいです。 ホントに激痛らしいです。 性器ヘルペスを自力で治す方法 性器ヘルペスには、市販薬はありません。 病院で抗ヘルペスウイルス薬を処方してもらう• 通販で抗ヘルペスウイルス薬を購入する この2つしかありません。 市販薬が存在しない理由は、抗ウイルス薬は市販出来ない医療用成分を含んでいるからです。 彼女が病院へ行った時の話を聞くと、 『アソコをまじまじと見られるよ』と… 医者が患部を見るのは当たり前なんですが、女性看護師とかの前はちょっと…無理です。 そこで僕は医薬品を通販で購入することにしました。 ヘルペス薬は海外医薬品なら処方箋なしで買える 服用して3日ほどで水ぶくれがなくなりました。 ここまでくれば、もうほとんど治ってます。 ただ「治ってきたから」と言って薬の服用をやめると、また同じところにヘルペスができます。 最低5日は飲んだほうがイイです。 陰部のヘルペス(性器ヘルペス)は完全には治りません 性器ヘルペスはヘルペスウイルスが原因なんですが、そのウイルスを完全に死滅させることはできないんです。 バルシビルで抑えることはできますが、また再発します。 間違いなくなります。 病院で処方される薬は5日分だけ 処方薬は原則、 5日分しか処方されません。 再発することを考えると、もっと欲しいですよね。 20代、30代になると仕事が忙しくて病院に行ってられないと思います。 僕は休日出勤もあたり前だったのでホントに病院へは行けませんでした。 もちろん、病院の空いてる時間帯までに帰えれる訳がない。 『性器ヘルペスになっちゃいまして・・・ははっ』って言って休めるわけがありません。 そんな状態なので、僕は病院行くことは諦めて(そもそも陰部を見せたくないので…)再発する前に買っておきました。 性器ヘルペスになってから注文は遅い もし、性器ヘルペスになっているのならあらかじめ大量に買っておくことをオススメします。 一箱になったらまた3箱購入というのを繰り返しています。 バルシビルは海外医薬品なので到着に2週間ほどかかってしまいます。 2週間なんて待てるわけがありません。 女性ならばなおさら。 2週間も激痛と戦う事になります。 パートナーに感染させる危険性があるので、早めの対処が肝心です。 性器ヘルペスは塗り薬もあると楽 薬を飲んでもいいけですが、塗り薬でも対応可能です。 だいたい、性器ヘルペスが発症するときって、患部がムズムズしたり、足の付根が痛くなるんですよね。 なので、ムズムズしてきたら、患部に塗り薬を塗ってます。 飲み薬は発症してしまった場合のみにしています。 ヘルペスの兆候がみられた時に予防的な感じで塗ってます。 結構使えますよ。 飲み薬でも対応可能ですが、塗り薬なら何度も使えるので両方もっておくといいですよ。 自分用に買ったのですが、彼女もこっそり定期的に塗ってたらしいですw それくらい便利.

次の

口唇ヘルペスの市販薬軟膏は性器ヘルペスにも有効?

市販 ヘルペス

口唇ヘルペスの市販薬の種類は? 口唇ヘルペスの薬は、塗り薬と飲み薬に分けられ、どちらも抗ヘルペスウイルス薬となりますので、ヘルペスの症状を軽減させる対症療法として用いられます。 塗り薬と飲み薬の違いは? 塗り薬は皮膚の表面のヘルペスウイルスに働きかけ、飲み薬は、皮膚表面と体内のヘルペスウイルスに働きかけてくれます。 唇がピリピリしてきてヘルペスができそうなときや症状が軽いときは塗り薬で対処できますが、水膨れができて症状が重いときは飲み薬が有効となります。 市販薬は塗り薬のみ 市販で購入できる口唇ヘルペスの薬としては、塗り薬のみとなっています。 飲み薬を使いたいときは、病院で医師の診断を受けてからでないと処方してもらえないので、注意が必要です。 さらに、市販の塗り薬を使えるのは、口唇ヘルペスが再発したときのみとなっています。 初めて口唇ヘルペスになったときは、症状が本当にヘルペスなのか医師に判断をしてもらう必要がありますので、医療機関を受診するようにしましょう。 何度か口唇ヘルペスを再発していて、症状が同じであることを薬剤師が確認する仕組みになっていて、チェックを受けてから市販の塗り薬を購入することができます。 そのため、口唇ヘルペスの市販薬は第一類医薬品とされていて、薬剤師がいる薬局やドラッグストアでのみの取り扱いとなっています。 市販の塗り薬は2種類に分けられる 口唇ヘルペスに効く市販薬の成分は、下記の2種類に分けられます。 成分名 作用 アシクロビル ウイルス感染細胞内で活性化し、ウイルスDNAの複製を阻害する。 ビダラビン ウイルスDNAを合成する酵素を強力に阻害する。 市販薬によって、配合されている成分が異なりますので、再発したヘルペスに対して初めて市販薬を購入する際は、異なる2種類の成分の薬を選ぶのも良いでしょう。 副作用はある? どちらも副作用はほとんどありませんが、稀に赤みがひどくなったり、かゆみがでてくることがあるようです。 このような刺激感を感じた場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。 ステロイドは有効? アトピー性皮膚炎など皮膚炎全般に用いられる、アルメタ軟膏などのステロイド薬をヘルペスにも使っていいのでは、と思っている人もいると思います。 しかし、口唇ヘルペスにステロイドを使用すると、症状が悪化することがあるので注意が必要です。 口唇ヘルペスはウイルスによって引き起こされているので、ステロイドを用いることによって、更にウイルスの増殖を促してしまうことがあるようです。 口唇ヘルペスには抗ウイルス作用のある、「アシクロビル」や「ビダラビン」といった成分の薬が有効となりますので、独断でステロイド剤を使わないようにしましょう。 おすすめの市販薬4選! それでは、薬局やドラッグストアで購入できる、口唇ヘルペスの市販薬を紹介していきます。 アクチビア軟膏 容量 2g 希望小売価格 1,188円(税込) 有効成分「アシクロビル」が1g中に50mg配合された、口唇ヘルペスの再発治療薬です。 アシクロビルだけでなく、皮膚の保湿や保護をする「マクロゴール」も配合。 患部を保護し、皮膚を滑らかにしてくれるので、炎症を起こした肌への負担を軽減させます。 また世界100カ国以上でアシクロビル製剤を販売する「グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン」から販売されているので、安心と信頼があります。 ヘルぺシアクリーム 容量 2g 希望小売価格 1,188円(税込) 鷲のマークでお馴染み、大正製薬から販売されている口唇ヘルペスの再発治療薬です。 ヘルぺシアクリームには、「アシクロビル」が1g中に50mg配合されています。 ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、再発した口唇ヘルペスを安全に治療することができます。 ヘルぺエース 容量 2g 希望小売価格 1,008円(税込) イオングループが展開するドラッグストアグループの「ハピコム」から販売されている、口唇ヘルペスの塗り薬です。 アクチビア軟膏やヘルぺシアクリームと同じく、「アシクロビル」が1g中に50mg配合されています。 薬剤師がいる薬局が入ったイオンやダイエー、マックスバリュのほか、ツルハドラッグやウエルシアといったドラッグストアチェーンで購入ができます。 アラセナS・アラセナSクリーム 容量 2g 希望小売価格 1,458円(税込) 佐藤製薬から販売されている、「アラセナS」と「アラセナSクリーム」は、有効成分の「ビダラビン」が1g中に30mg配合された薬です。 アシクロビル配合の薬と同じく、口唇ヘルペスの原因となるウイルスの増殖を抑え、口唇ヘルペスの症状を軽減したり、治癒までの期間を短くする働きがあります。 「アラセナS」も「アラセナSクリーム」も効果としては変わりませんが、「アラセナS」は軟膏タイプ、「アラセナSクリーム」はクリームタイプとなっていますので、好みの使用感のものを選びましょう。 購入方法のポイント 実際に薬局やドラッグストアで購入したいと思っている人のために、購入方法のポイントも説明します。 口唇ヘルペスが再発した人のみ購入ができる 口唇ヘルペスの市販薬はすべて、再発治療薬となっています。 今までに病院で口唇ヘルペスと診断されて、同じ症状がでてきたときに購入をすることができます。 初めて口唇ヘルペスの症状が出てきた場合は、お医者さんに判断をしてもらう必要がありますので、医療機関を受診するようにしましょう。 唇がピリピリとしてきたら購入する 薬を購入するタイミングとしては、口唇ヘルペスの水膨れができてからではなく、水膨れができる前の唇がピリピリ、ヒリヒリとした違和感を感じた時点で購入します。 水膨れになるまえに薬を塗ることで、症状を軽くすることができます。 セルフチェックシートを持っていくとスムーズに購入できる 購入の際には薬剤師のチェックが必要となりますが、事前にセルフチェックシートを持参するとスムーズに購入することができます。 チェックシートはそれぞれの薬のサイトからダウンロードすることができます。 Amazonや楽天などの通販でも購入できる 口唇ヘルペスの市販薬は第一類医薬品となっており、薬局やドラッグストアでしか買えないイメージがありますが、実はAmazonや楽天などの通販でも購入できるのです。 今回紹介した薬もAmazonや楽天でも取り扱いがありますので、忙しい方は通販を利用してみるのもいいかもしれませんね。 ただし、通販といっても注文時にいくつかの項目に答える必要があり、薬剤師がチェックをした上で問題なければ、購入という流れになりますので、注意が必要です。 効果的な薬の塗り方 口唇ヘルペスの市販薬を購入したら、薬の塗り方にも気をつけましょう。 そこで効果的な薬の塗り方について説明します。 塗り始めるタイミングは初期症状が出始めたら 薬を塗り始めるタイミングとしては、水ぶくれになる前のヘルペスができる前兆が見られたら塗り始めます。 前兆としては、唇がピリピリ、チクチク、ほてりといったような違和感を感じます。 この初期症状のうちに薬を塗ることで効果を発揮してくれますので、口唇ヘルペスになりやすい人は普段から市販薬を持ち歩いておくと安心です。 食後や就寝前に複数回塗る 薬によって1日に1~5回塗ると指示をされていますが、できるだけ2~3時間置きくらいでこまめに塗り直すのがおすすめです。 食べ物をたべたり、飲み物を飲んだりすると薬が剥がれ落ちてしますので、食後や就寝前に塗るようにしましょう。 塗るときは手を洗って清潔にすることも大切ですよ。 かさぶたができて乾燥するまで塗り続ける 目安としては10日間ほど塗り続けるのが望ましいですが、口唇ヘルペスがかさぶたになって完全に乾燥してしまえば、使用をやめても構いません。 水ぶくれやただれなど炎症を起こしている状態のときは、薬を塗り続けるようにしましょう。 妊娠中や授乳中でも塗り薬を使うことはできる? 妊娠中や授乳中に口唇ヘルペスになる人も多いと思いますが、この時期の塗り薬の使用は医師や薬剤師に相談をするようにしましょう。 安全性が確立されていないので、安易に自己判断で塗り薬を使用することは危険です。 市販薬と処方薬の違いはある? 病院で口唇ヘルペスと診断された際に処方される塗り薬と、市販で買える塗り薬は成分としては同じものとなっています。 病院でよく処方される「ゾビラックス軟膏」ですが、市販薬と同じく「アシクロビル」が1g中に50mg配合された薬となっています。 これは元々、病院でしか処方されていなかった薬だったものが、薬剤師の判断によって薬局やドラッグストアなどで購入できるようになったからです。 塗り薬と飲み薬は併用できる? 塗り薬と飲み薬は併用しても問題ないとは言われていますが、どちらも抗ウイルス薬ですので、同じ用途のものを同時に併用する必要はありません。 そのため病院で処方される場合も、塗り薬か飲み薬どちらかを処方されることが多いようです。 基本的には症状が軽い場合は塗り薬を、症状が重い場合は飲み薬といった判断になるようです。 もし病院で飲み薬しかもらえず、市販の塗り薬を使おうと思っている人は、塗り薬は使わずに病院で処方された飲み薬だけを服用しましょう。 発症したら気をつけたいこと 口唇ヘルペスは強い感染力をもつ、感染症のひとつです。 発症をしてしまったら、家族や周りの人に移さないように以下の事に気をつけましょう。 食器やタオルは共有せずに、洗剤で清潔にする。 マスクを着用し、他人への感染を予防する。 極力、患部に触ることは控え、触れた後は手を洗う。 親から子どもへの頬ずりは控える。 キスや性行為は避ける。 このように思わぬところから他人へ感染させてしまうことがありますので、口唇ヘルペスになった場合は、行動に気をつけましょう。 普段から予防・対策をすることが大切! 口唇ヘルペスは一度感染すると、ウイルスが体の中に留まりますので、一生付き合っていかなければならない病気です。 しかし、免疫力を高めることで再発を防ぐことができますので、普段から健康的な生活を心がけましょう。 栄養バランスのとれた食事を心がける まずは、毎日3食きっちりと食事を摂ることが大切です。 栄養バランスに気をつけ、特にビタミン類を意識して摂取するようにしましょう。 積極的に摂りたい食品は以下の通りです。 人参、レモン、ほうれん草、ブロッコリー、豚肉、レバー、ごま など 十分な睡眠をとる 睡眠不足や疲労は免疫力を低下させるため、毎日しっかりと睡眠をとることが大切です。 十分な睡眠はストレスの解消にもつながります。 風邪をひかないようにする 口唇ヘルペスは別名「熱のはな」と呼ばれるように、風邪をひいて熱が出て免疫力が落ちると発症しやすくなります。 普段からうがいや手洗いをこまめにして、風邪をひかないように注意しましょう。 このように普段から再発防止のために免疫力を高めることが、口唇ヘルペス予防には大切になります。 これ以外にも、強い紫外線に浴びたときや月経前でホルモンバランスが乱れたときなどにも口唇ヘルペスが発症しやすくなります。 よく口唇ヘルペスができる人は、どういったときに再発をしやすいかを把握することで、普段の生活から予防をすることができますね。 口唇ヘルペスになりやすい人は市販薬を常備しよう! 口唇ヘルペスを再発した場合、唇がピリピリし始めたらすぐに薬を塗ることが大切です。 繰り返し発症しやすい人は、普段から市販薬を常備して、唇に違和感を感じたら早めに薬を塗るようにしましょう。 また何度も繰り返しますが、口唇ヘルペスの市販薬を購入できるのは、一度でも口唇ヘルペスにかかったことがあり、再発をした場合のみとなっています。 初めて口唇ヘルペスを発症した人や症状がひどい場合は、病院で診察してもらうようにしましょう。

次の