無印 良品 コオロギ。 コオロギが地球を救う?|コオロギせんべい

コオロギが地球を救う?|コオロギせんべい

無印 良品 コオロギ

新型コロナウイルスにより世の中が劇的な変化を迫られる中、日本人の食の風景にも変化が起きようとしている。 昆虫食が今、広がりをみせているのだ。 2020年5月には大手小売りの無印良品がネットで「コオロギせんべい」の発売を開始。 大きな話題となっている。 どのようにして「コオロギせんべい」が生まれたのか。 開発はすんなり進んだのか。 関係各社に話を聞いた(全2回) 2020年5月20日、日本人の昆虫食の意識を変えるかもしれない商品が発売された。 無印良品が「コオロギせんべい」の販売をオンラインショップで開始したのだ。 食用に養殖されたコオロギの粉末を用いたせんべいで、一袋に約30匹分のコオロギが使われている。 初回販売分は当日完売。 27日に再入荷されたが、こちらもほぼ1日で完売した。 現在はネットのみの販売だが、今後店舗数を絞り実店舗で売る計画もある。 店舗で販売を開始する際には、大規模な展開を予定しているという。 無印良品の「コオロギせんべい」。 芳ばしい香りが食欲をそそり後を引く。 一袋55グラムで213キロカロリーとカロリーも控えめ(写真:メレンダ千春) これまで昆虫食というと、食べ物として意識されてこなかった昆虫が、そのままの姿で用いられた料理やスナックをそのインパクトからメディアなどが取り上げるケースが目立った。 しかし、無印良品の「コオロギせんべい」にコオロギの姿はない。 完全に粉となった状態で混ぜ込まれているため、袋に「コオロギ」の文字や絵がなければ、普通のせんべいにしか見えない。 さっくり軽い食感のせんべいは芳ばしく、エビせんべいそっくりの味だ。 そもそもコオロギをはじめとする昆虫食に注目が集まるのは、世界的な人口増加による食糧難に備えるためだ。 であれば、まずは姿のままよりも「コオロギ粉」の方が、より広い層に食材として浸透しやすいだろう。 「コオロギせんべい」は、虫が食材として世間に認識されていく大きなきっかけとなるかもしれないのだ。 フィンランドから届いたコオロギのお菓子に着目 無印良品を運営する良品計画(東京・豊島)は「商い」で社会に貢献することを目標とし、環境に対する意識が高い企業だ。 「コオロギせんべい」もその社風から他社に先駆け企画した商品かと思いや、実は同社の担当者は昨年まで、食用コオロギの存在を知らなかったという。 きっかけは、無印良品の初のフィンランド出店の計画だった。 昨年11月の開店に向けて現地スタッフが日本を訪れた際、土産に持ってきたのが同地で話題を呼んでいるコオロギを用いたお菓子だったのだ。 チリ風味のコオロギに、コオロギクッキー、コオロギのチョコレートがけなどが並んだそうだ。 「意外にうまいな」「味はいけますね」 「コオロギせんべい」の開発を担当した同社食品部 菓子・飲料担当の神宮隆行氏と山田達郎氏は、異口同音に振り返る。 最初は、フィンランドにそうした昆虫食の文化があるのだろうかと思ったが、調べてみると国連食糧農業機関(FAO)の報告書や欧米の動向に行きついた。 FAOは、爆発的な人口増加から近い将来訪れる世界的な食糧難に対応する食材としてタンパク質が豊富で栄養価が高い昆虫を取り上げた報告書を13年に発表。 以来、各国で盛んに研究開発が行われ、虫を用いた食品が販売されるようになっているのだ。 両氏はまた、コオロギの養殖や製品を手掛けるフィンランドの企業も現地で視察。 「養豚からコオロギの養殖に切り替えるなど、50カ所ほどコオロギ農場があると聞き、ビジネスになってきていると肌で感じた」とカテゴリーマネージャーの神宮氏は話す。 「日本では食料問題は遠い先のことという感覚の人が多いと思うが、コオロギを使った商品を出すことで、問題を知ってもらう入口となるのではと考えた」(同)と言い、コオロギを用いた食品の開発に取り組むことになったという。 フィンランドで筆者が見たコオロギを使ったお菓子やスナック。 2018年当時のもの。 最近では、コオロギのプロテインパウダーなども登場している(写真:メレンダ千春) 同社のせんべいに使われているコオロギを提供しているのは、徳島大学発のベンチャー企業であるグリラス(徳島県鳴門市)だ。 約30年前から発生生物学の分野でコオロギの研究を続けてきた徳島大は16年より食用コオロギの研究を開始。 19年にはコオロギの飼育管理・育種の専門会社である同社が創立された。 食用コオロギのリーディングカンパニーである。 コオロギの粉末を使ったせんべいは、一見シンプルな商品に思えるが、実は完成するまでにさまざまな苦労があった。 最も大きな課題となったのは「どこが作ってくれるのか」だった。 コオロギという、これまで食材として認識されてこなかった材料を、扱ってもらえる工場が見つからなかったのだ。 「無印良品の売れ筋商品をコオロギに置き換えるといいのではないか。 そうした発想からスタートしたが、そもそもコオロギを使う、というだけでほとんどの工場はNGだった」と神宮氏は明かす。 アレルギーの問題もあった。 コオロギなどの昆虫は、エビ、カニといった甲殻類と系統的に近くアレルギー反応がでる可能性が高い。 そのため、元々甲殻類を扱っていない工場は手掛けることができなかった。 その上、コオロギの破片は異物混入と区別がつかないという問題もでてきた。 工場探しに3カ月 「製品にコオロギの足が入っていたとして、それがコオロギなのか他の虫の足なのかは判断がつきません。 そうした問題が起きないような対応をしてもらえる工場となると、さらに選択肢は絞られた。 最終的に受けてもらえたのは、エビせんべいを作っている工場。 一般商品ほど大量に作る製品ではなく、掃除に時間がかかるなど、工場にとって効率がいい仕事ではない。 それでもその工場が受けてくれたのは、未来の食に向けて提言する商品であるという考え方に賛同してもらえたからです」(神宮氏)。 生産工場の決定までには3カ月ほどの時間がかかったという。 「コオロギせんべい」は最初から今のような形で企画されたものではない。 当初はやはりインパクトがある商品がいいのではと、コオロギをぺちゃんと潰し、姿焼きにしたイカせんべいのような形にできないかと考えたという。 「ところがサンプルを作ってみると、形がいびつでバキバキと割れてしまった。 コオロギの足も飛んでいって異物混入になる可能性もある。 インパクトは抜群だったが、製品にはできなかった」(山田氏)。 コオロギの姿にこだわらない商品が完成するまでには、こんな過程があったのだ。

次の

コオロギせんべい無印良品の栄養価やカロリーは?値段も

無印 良品 コオロギ

無印良品のコオロギせんべいはどこで買える? 2020年5月13日、無印良品を運営する良品計画が 2020年5月20日から 「 コオロギせんべい」を発売します。 発売場所は 無印良品のネットストアです。 無印良品のネットストアはこちらのURLから飛べます。 無印良品の各店舗での発売は未定になっています。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のようです。 今後店舗で発売されるときは、 限定ストアでの販売になるようです。 店舗での発売開始時期は決まり次第、 無印良品のネットストア、 無印良品のアプリ「MUJI passport」、 無印良品の公式SNS Twitterなど で お知らせされるようです。 2020年5月20日の発売日には 争奪戦になる予感がします。 今のうちに会員登録等を済ませておくのが おすすめです。 値段や味は コオロギせんべいの値段はどうなっているのでしょうか? コオロギせんべいの値段は 1袋税込190円になっています。 一袋には55グラム入っています。 気になる味はどうなっているのでしょうか? 無印良品の公式サイトには以下のようになっています。 香ばしいエビのような味がします。 ちなみに「エビは海の昆虫、コオロギは陸のエビ」とも言われて、生物学的にも近しい関係です。 引用元: なんと エビのような味がするそうです! コオロギがエビに似ている味というのは驚きました。 他にもコオロギせんべいを食べた方の感想を紹介します。 最初はコオロギと聞いて食べるのはちょっと・・・と思いましたが実際はえびせんべいのようで食べやすく、子どもにも食べさせたいと思います。 恐る恐る食べて、でも実際には「おいしい!」というと思います。 30代女性 引用元: おいしい!クセもなくお酒のつまみによさそうだと思いました!見た目の普通のせんべいなので、気になったりはしませんでした。 良い取り組みで意味のある商品だと思います。 40代男性 引用元: ドキドキしながら食べましたが思ったより普通の味でした、もっと苦くてもコオロギっぽくて良さそうです。 こういう商品は話題にもなるし友人にもプレゼントしたいと思います! 40代女性 引用元: 思っていたよりも好印象な感想ばかりでした。 コオロギせんべいはコオロギをパウダー状にして せんべいに練り込んでいるため、 コオロギが丸々入っているわけではありません。 写真を見る限り、ふつうのせんべいに見えます。 ここまで調べてみると一度食べてみたくなります。 発売が楽しみです。 そもそも昆虫食って? 昆虫食とはその名の通り昆虫を食べることです。 世界では今でも人口が増えています。 増え続ける人口に対して食糧が不足が懸念されています。 特にタンパク質を確保が課題だそうです。 その中で 家畜の代わりに昆虫が注目されています。 2013年にはFAO 国連食糧農業機関 が出した報告書で 昆虫食が食糧問題解決の選択肢として着目しました。 またEUでも2015年にNovel Food 新規食品 の 一つとして昆虫が規定されました。 承認された昆虫ならEU全域で販売、流通できるようになっています。 ヨーロッパでは 昆虫食の商品がスーパーなどで発売中です。 また昆虫は飼育する際にでる温室効果ガス排出量や 必要な水、エサが他の家畜に比べて少なく、 環境にもいいのではないかと岩荒れています。 昆虫食は今後どんどん広まる可能性があります。 今回のコオロギせんべいを機に 昆虫食にトライしてみるのもいいかもしれません。 コオロギせんべいにはフタホシコオロギを使用? 無印良品が発売するコオロギせんべいには フタホシコオロギというコオロギが使われているそうです。 フタホシコオロギは東南アジアの熱帯地域を 主な生息地としています。 日本では沖縄県や南西諸島に生息しているそうです。 オスの成虫は25mm、メスの成虫は30mmに成長すると言われています。 今回無印良品のコオロギせんべいには、 徳島大学の研究をベースに量産されたフタホシコオロギが 使用されています。 もちろん野生のフタホシコオロギではなく、 衛生的で安全な環境で育てられたフタホシコオロギを使用しているそうです。 しっかりとした所で育てたコオロギなら安心です、 徳島大学大学院兼徳島大学発ベンチャーCEOの 渡邉崇人博士と協業して今回発売を迎えたようです。 渡邉崇人博士はコオロギ研究の第一人者で、 約30年前から研究されているそうです。 これからも昆虫食が広まるために、 今回のコオロギせんべいは成功してほしいですね。 まとめ 今回は無印良品の「コオロギせんべい」についてまとめました。 5月20日、ネットのみの販売になるため争奪戦が予想されます。 気になる方は無印良品の会員登録を済ませた上で、 「コオロギせんべい」の発売を待ちましょう!.

次の

無印良品、「コオロギせんべい」をネットストアで先行販売

無印 良品 コオロギ

大手では初の昆虫食 新食品として、巷でじわりと注目を集めている昆虫食。 たんぱく質を中心に豊富な栄養素を備えていることから、サプリメントや漢方などの健康食品としても注目されている。 とはいえ、これまで昆虫食の生産販売を行ってきたのは、主に新興企業。 一般にはまだまだなじみが薄い昆虫食を、あまり聞いたことのない会社が作っているとなると、消費者としては手を出しにくいのが本音ではないだろうか。 そんな昆虫食販売に大手が参入した。 販売するのは、を展開する良品計画。 商品名はそのものズバリ「コオロギせんべい」だ。 香ばしくておいしい 使用するのは、昆虫食に詳しい徳島大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」。 見た目の抵抗感をなくすために、コオロギは粉末状にして練りこんだ。 また、コオロギそのものの味を活かすために、余計な原料を使わずにシンプルな配合に。 食べた人からは「エビせんべいのようで食べやすい」「香ばしくておいしい」「ほぼエビせん」といった感想があがっている。 エビのような香ばしさが好評だが、実際、エビやカニなどの甲殻類と似た成分が含まれるため、当該アレルギーを持つ人には購入を控えるよう呼びかけている。 55グラム入りで価格は190円。 国内の無印良品限定店舗とネットストアでの販売予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ネットストアでの先行販売のみに変更。 感染拡大の状況を見ながら、今後は国内無印良品の限定店舗でも販売する予定だ。 魅力が多いコオロギ 2050年には100億人になると予想される世界人口。 現実味を帯びてきた、そう遠くない将来の食糧危機への対策として、国連食糧農業機関(FAO)も昆虫食を推奨している。 そこで同社は、栄養価が高く、環境への負荷が少ない昆虫の中でも、飼育がしやすく成長が早いコオロギに着目。 必要なエサや水の量が他の昆虫に比べて圧倒的に少なく、約35日というスピードで成虫になるからだ。 また、フタホシコオロギは熱帯性のコオロギで、湿度や温度を一定に保てば通年産卵させることができるため、生産量をコントロールしやすいメリットも。 衛生的な環境で飼育することで、食用としての安全面もクリアした。 食品部の山田達郎さんは「単なるゲテモノということではなく、飼育における環境負荷の少なさや栄養価の高さなど、食用コオロギのコンセプトと魅力を伝えられれば世の中の役に立つのでは、と考えました」とコメント。 コオロギせんべいを通して、食品分野での社会貢進める。 とはいえ、製品化に至るまでには様々な困難も。 そもそも、コオロギを食材として使う概念がないため、製造を請け負ってくれる工場がなかなか見つからなかったという。 「話しすら聞いてもらえない状況が続きましたし、聞いてもらえた場合にも、なぜコオロギなのかというコンセプトを理解していただくこと、清掃やアレルギーの問題などハードルが多く、非常に苦労しました。 そんな中で、『梅せんべい』や『えびせんべい』を製造する工場がコンセプトに共感してくださり、開発が実現しました」と振り返る。 協業した徳島大学では現在、フタホシコオロギを大量かつ自動で飼育できるシステムを開発中。 コオロギを食べることで体にどのような良い影響があるのか、機能性を明らかにする研究も行っている。 社会課題解決の一助となり、体への好影響まで認められれば、コオロギはまさに人類の未来をサポートする存在になり得る。 食糧問題に目を向けるきっかけとして、まずはパリッと1枚、エビ風味のコオロギせんべいをかじってみてはいかがだろうか? (まいどなニュース特約・鶴野 ひろみ) 外部サイト.

次の