オボロ ティガ ウォック。 《絶海の虎将 ティガウォック》

シャッフとラッキーナンバー!の長所短所を教えてください。またオボロテ...

オボロ ティガ ウォック

はい、久々にブログ書きます。 ま、見たところふつうに見えますね 謎の解釈 とりあえず事前に個人的なオボロティガウォックに対して欲しいカードの条件を言わせていただくと ・ まず入れる多色に基本的に水が入ること ・採用するパーツが7コス以下できれば6コスであること ・山札はよっぽどのことがない限りシャッフルするカードは避ける 以上になりますね。 では踏まえた上で各種パーツ解説 ・オボロカゲロウ 4 このデッキの核 4枚確定 必ず盾に1枚あるカード ・ティガウォック 4 デッキの核 その2 強い ・未来設計図 1 必須パーツだと個人的には思っています。 何故かというとオボロティガウォックのどちらかを引き込まないといけないこのデッキに置いて設計図は確定でピンでも入れるべきカードです。 新弾のガガンジョーカーズでもいいのですが見れる枚数、トリガーゆえこっちです。 マナ回収の後を考えればセイレーンコンチェルトでもいいんですけどもちょっと緑単色が欲しかったんでこっちになりました。 ・サイバーダイスベガス 4 まぁ、入るカードになります。 青単色そして このデッキのコンセプト的に通常5cコンでよくあるベガスから打つ札がないという状態が少なくなるのでかなり強い札だと思います。 ・ガロウズホール 1 ・英知と追撃の宝剣 1 2枚とも簡単な話 ベガス最強の札 色も良し 完璧 ・ GWD 2 最近流行りの赤白ミッツァイルのために増量されたカード 一言 バーナインを必ず処理ましょう。 ドープが入って轟轟轟が抜けた方ならバーナインを処理できれば相手の動きがそうとう鈍くなります。 設計図で回収したい札の1つ ・天使と悪魔の墳墓 2 初心者に絶対投げちゃいけないカードNo1 僕は友人にデュエマを始めた一週間後に墳墓専用デッキによって人生を変えられました。 4投も多いので採用 ・ テック団の破壊go 3 色良し、やること良し、コスト良し 完璧 ・2nd 1 細かい所に手を届かせるカード 握ればわかるんですけども、取り合えず軽く殴ってきたカードを倒すための札になります。 ラス打点生成も行うのでかなりいいカード ・ジャックス 1 強いよ、まじこの4コス以下破壊 スレイヤーゆえの次ターン含めればの二面処理 赤黒とかいう神色 よって確定 ・ ハムカツ団の爆砕go 1 とりあえず今の環境のGR破壊させるパワーラインは低くて3000です。 つまり確定 あとマナに送れるのが強すぎる。 ・炎槍と水剣の裁き 1 前述しましたが3000というパワーラインは今の環境にとっての一線だと思ってます。 そして赤青という色も完璧 ただ最近はこの枠を2nd増量に割くべきかもしれません。 GWDが強すぎる ・オリオティスジャッジ 1 強いんですけど、味方巻き込んだりでまぁ環境も踏み倒ししまくってくる環境な感じも少ないし手打ちもなんか最近刺さらないゆえに減量 ・ジ・エンドオブエックス 1 現環境強いカード コマンド減った関係で刺さり易すぎるただ二枚入れても手打ちをやたらめったらしたくないので1枚 ・クローチェフォーコ 1 墓地リセカード このデッキブロッカーを建てたいデッキだから尚更強い ・ホワイトグリーンホール 1 マナ回収カードその2 盾埋め、色、コスト やはり殿堂 ・ブルーホワイトホール 1 色に青入ってる多色ゆえにやっぱり入っちゃうカードになります ・サイゾウミスト 2 色、やること 全てがやばすぎるカードの1つ ・ 単騎マグナム 1 ・音精ラフルル 1 夫婦 強すぎる ・ 魔天降臨 1 マナ回収カードその3 これないとビマナ系のデッキを完全に見切れないんや許してほすぃ、あと強い ・滅亡ルーレット 1 多分みんなが困惑したカードだと思います。 とりあえず効果書いときますね。 自分の手札を相手に見せ、その中から選んだ数字と同じコストのカードをすべて捨てる。 その後、相手は自分自身の手札を見せ、その中から選んだ数字と同じコストのカードをすべて捨てる。 まぁつまり革命チェンジで帰ったものだったりサーチしたカード落としたり、ロストマインドじゃ無理なシノビとかを軒並落としたりします。 序盤ならめんどくさいカードを指定することでないかの確認。 あと魔天降臨した後ならほぼ手札把握してるんで中盤後半も割とやります。 なんだろう剣が生きてたら環境に入ってた気もするカードですかね、ロストマインドは刺さり悪くて入ってません。 ロストソウルはマナをそこまで伸ばしたくないです。 あとこちらのハンドを見せる行為がアド損になりかねないと感じるでしょうが、次ターンにオボロ起動できれば一瞬で手札を謎めいたことにすることが可能です。 ニコルボーラスはそのために3枠も開けたくなかったんで入りません。 ・ミッツァイル 1 GR召喚最強のカード 何故かといえば、オボロティガウォックで最悪ジャスキルを瞬時に組み上げたい場合こいつはまじで神兵器、オボロティガは割と並ぶんでピン刺ししとくとプランの1つとして考慮するに値するカードです。 ・マル 1 お守り やっぱり殿堂だよ、このカード 超次元 ・生姜 1 いつもの ・プリンプリン 2 かわいい ・メリーヤン 1 ブロッカー ・ヴァルグサンダー 1 やっぱり入れる ・ガンヴィート 1 ガロウズホール ・ 1 オボロのお陰で覚醒します ・ 1 墓地にいったオボロ蘇生 GRカード ・フォーユー 2 ミッツァイルだと横並びするのでこのカードはドドドより強くなります。 ・オクタン 2 クソ強カード 見切れました、すみません。 採用枚数の調整についてはですが、とりあえず条件としてオボロティガウォックは採用したカードが2枚あれば 引けるカードになります。 つまりよっぽどのことがない限り3枚以上は入れなくても引き込めると思います。 これがオボロティガウォックの醍醐味みたいなところで2枚入れれば4枚入れたのと同じかそれ以上な感覚になります。 やばくない? つまりオボロティガウォックパッケージで8枚残り32枚に対して最低16種類のメタやフィニッシャーが入るデッキ強くない? それ故にヒラメキボーラスはあれだけで3枠取られたので不採用になったのですけども... だから基本的に好きなコンセプトでやれるデッキになります。 今後入れたいパーツ キリモミスラッシュ ジャスキル生成 今回はミッツァイルですけども 一応交換枠 メガマナロックドラゴン 母数が増えたら入れるよう割く枠は滅亡ルーレット リバイヴホール 言わずと知れた強いホール、まぁ特に割きたい枠ないのできついですがやはり強い ヴォズレック ミラーの時にオボロカゲロウを叩き落とすのに使う札 オボロが叩き落ちるとめちゃんこきついです。 とりあえずこんな感じですかね? ちなみに対面不利は圧倒的にドロマーと緑黒ゲドンなどのとメタクリーチャーをきっちりしてくるデッキはきついです。 とりあえずGWDが先に一枚殴っているので大体こんな感じになります。 だからやっぱり2ndは2枚になりそうです。 これを成立するのを目指し1つ1つ準備をしていくのがこのオボロティガウォックになります。 やっていけばいずれ慣れます。 環境に順次対応していくデッキですので自分は最近ならこれというだけです。 以上で前編 受けるオボロティガウォックでした。 kaizouya1234.

次の

【デュエマ】ちょっと変わった5色コントロール 激ムズデッキ『オボロティガウォック』を紹介【対戦動画】

オボロ ティガ ウォック

知ってる人はこんにちわ。 知らない人ははじめまして。 ウスラトンカチ biribirilevel5 です。 今回は、日本一決定戦に出場するメンバーのために調整していた 【オボロティガウォック】 の解説記事となっています。 目次 1. オボロティガウォックとは? 2. カード採用経緯 3. 構築 4. 小技・テクニック 5. 各対面へのプレイ方針 6. 候補に挙がった候補達 7. 更新履歴 8. 最後に 例に漏れず長文なので、「文読むのしんどいよ!! 」って人は3までスキップしてください。 早速解説に移っていきます。 オボロティガウォックとは? まず初めに、デッキ名にもなっている2体のクリーチャーの効果を見ていただきたい。 月光電人オボロカゲロウ C 水文明 2 クリーチャー:グレートメカオー 1000 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引いてもよい。 その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。 絶海の虎将 ティガウォック SR 水文明 7 クリーチャー:ムートピア 6000 このクリーチャの召喚コストを、このターン自分が引いたカード1枚につき1少なくしてもよい。 ただし、コストは0以下にならない。 ブロッカー W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚まで引く。 これらのカードを組み合わせることでアドバンテージを稼いでいくデッキである。 どのように組み合わせるかというと、 ターン開始時の1枚のドローと《オボロ》の効果で最大5枚までドローをし《ティガウォック》の召喚コストを最大で合計6少なくすることができる。 これによって、本来7コストである《ティガウォック》の早期召喚を狙い、盤面と手札をそれぞれ整えていこうというものだ。 マナにある色の数による《オボロ》召喚後の《ティガウォック》の召喚コストは以下の通りである。 ターン開始時のドローで常に-1されている。 基本的には 4色揃えて4t《オボロティガ》もしくは 4色揃えて5t《オボロティガティガ》を狙う。 プレイ方針としては、増えた手札と山札の下に戻したカードから、 相手のやりたいことをさせない立ち回りをし、着実に詰めていく。 中盤には山札が1周していることが珍しくない程、山札を掘り進めることができ、採用枚数が少ないカードでも有効に使うことができるため、採用カードは散らしている。 無料分はここまでです。 よければ続きをどうぞ!.

次の

オボロティガウォックにハマって頭が悪くなった話 後編

オボロ ティガ ウォック

知ってる人はこんにちわ。 知らない人ははじめまして。 ウスラトンカチ biribirilevel5 です。 今回は、日本一決定戦に出場するメンバーのために調整していた 【オボロティガウォック】 の解説記事となっています。 目次 1. オボロティガウォックとは? 2. カード採用経緯 3. 構築 4. 小技・テクニック 5. 各対面へのプレイ方針 6. 候補に挙がった候補達 7. 更新履歴 8. 最後に 例に漏れず長文なので、「文読むのしんどいよ!! 」って人は3までスキップしてください。 早速解説に移っていきます。 オボロティガウォックとは? まず初めに、デッキ名にもなっている2体のクリーチャーの効果を見ていただきたい。 月光電人オボロカゲロウ C 水文明 2 クリーチャー:グレートメカオー 1000 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引いてもよい。 その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。 絶海の虎将 ティガウォック SR 水文明 7 クリーチャー:ムートピア 6000 このクリーチャの召喚コストを、このターン自分が引いたカード1枚につき1少なくしてもよい。 ただし、コストは0以下にならない。 ブロッカー W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚まで引く。 これらのカードを組み合わせることでアドバンテージを稼いでいくデッキである。 どのように組み合わせるかというと、 ターン開始時の1枚のドローと《オボロ》の効果で最大5枚までドローをし《ティガウォック》の召喚コストを最大で合計6少なくすることができる。 これによって、本来7コストである《ティガウォック》の早期召喚を狙い、盤面と手札をそれぞれ整えていこうというものだ。 マナにある色の数による《オボロ》召喚後の《ティガウォック》の召喚コストは以下の通りである。 ターン開始時のドローで常に-1されている。 基本的には 4色揃えて4t《オボロティガ》もしくは 4色揃えて5t《オボロティガティガ》を狙う。 プレイ方針としては、増えた手札と山札の下に戻したカードから、 相手のやりたいことをさせない立ち回りをし、着実に詰めていく。 中盤には山札が1周していることが珍しくない程、山札を掘り進めることができ、採用枚数が少ないカードでも有効に使うことができるため、採用カードは散らしている。 無料分はここまでです。 よければ続きをどうぞ!.

次の