青山 京子。 小林旭悲痛…妻・青山京子さん死去、50年以上連れ添ったおしどり夫婦

青山京子の子供(息子・娘)の現在は?小林真実・一路の画像や職業は?

青山 京子

生まれた子供を愛おしそうに抱く小林旭(左)と京子さん。 おしどり夫婦だった=1969年撮影 歌手で俳優、小林旭(81)の妻で、1950~60年代に映画で活躍し、67年の結婚を機に引退した元女優、青山京子(あおやま・きょうこ、本名・小林みどり=こばやし・みどり)さんが12日午後6時45分、肺がんのため東京都内の病院で死去したことが16日、分かった。 84歳だった。 関係者によると、定期的に受けていた検診で2年前に肺がんが発覚。 小林の活躍を励みに闘病を続けていた。 全国ツアーの合間を縫っては駆けつける小林のたわいもない日常の会話に勇気づけられ、晩年も意識はハッキリとしていた。 だが、家族がそろっていた今月12日、最期の時を自分で決めるかのように大きく息を吐くと、眠るように息を引き取り、帰らぬ人に。 小林は、ずっと京子さんの手を握りしめていたという。 50年以上連れ添った妻の死にショックは計り知れず、コメントを出せるような状況ではない。 現在も遺体の枕元に付きっ切りのようだ。 京子さんは高校在学中に東宝のオーディションに合格し、1952年に映画「思春期」でデビュー。 谷口千吉監督の映画「潮騒」(54年)でヒロインを演じるなど約70本の映画に出演した。 故美空ひばりさんとの事実婚を64年に解消した小林と67年に結婚し、引退。 1男1女をもうけ、小林を陰で支え続けてきた。 通夜は22日午後6時、葬儀・告別式は23日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。 喪主は小林が務める。

次の

青山京子、小林旭の子供(娘・息子)は現在何している?職業は?

青山 京子

生まれた子供を愛おしそうに抱く小林旭(左)と京子さん。 おしどり夫婦だった=1969年撮影 歌手で俳優、小林旭(81)の妻で、1950~60年代に映画で活躍し、67年の結婚を機に引退した元女優、青山京子(あおやま・きょうこ、本名・小林みどり=こばやし・みどり)さんが12日午後6時45分、肺がんのため東京都内の病院で死去したことが16日、分かった。 84歳だった。 関係者によると、定期的に受けていた検診で2年前に肺がんが発覚。 小林の活躍を励みに闘病を続けていた。 全国ツアーの合間を縫っては駆けつける小林のたわいもない日常の会話に勇気づけられ、晩年も意識はハッキリとしていた。 だが、家族がそろっていた今月12日、最期の時を自分で決めるかのように大きく息を吐くと、眠るように息を引き取り、帰らぬ人に。 小林は、ずっと京子さんの手を握りしめていたという。 50年以上連れ添った妻の死にショックは計り知れず、コメントを出せるような状況ではない。 現在も遺体の枕元に付きっ切りのようだ。 京子さんは高校在学中に東宝のオーディションに合格し、1952年に映画「思春期」でデビュー。 谷口千吉監督の映画「潮騒」(54年)でヒロインを演じるなど約70本の映画に出演した。 故美空ひばりさんとの事実婚を64年に解消した小林と67年に結婚し、引退。 1男1女をもうけ、小林を陰で支え続けてきた。 通夜は22日午後6時、葬儀・告別式は23日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。 喪主は小林が務める。

次の

青山京子

青山 京子

歌手で俳優の小林旭(81)の妻で、1950~60年代に映画で活躍した元女優の青山京子(あおやま・きょうこ、本名小林みどり=こばやし・みどり)さんが12日午後、肺がんのため東京都内の病院で死去した。 84歳。 東京都出身の青山さんは52年に映画「思春期」でデビュー。 谷口千吉監督の映画「潮騒」(54年)でヒロインを演じるなど約70本の映画に出演した。 67年に旭と結婚し、引退した。 息子の一路さんによると、「すごく芯が強い人だった」という青山さんは、2年前から肺がんを患い入退院を繰り返していた。 本人の意思で抗がん剤などの治療は一切、受けなかったという。 最後は家族に看取られて旅立った。 一路さんは、旭の様子について「こちらが逆に心配になるくらい気丈に振る舞っている。 冷静で取り乱すこともない」と明かした。 葬儀・告別式は23日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。 喪主は旭が務める。

次の