秋篠宮 家 ブータン。 秋篠宮殿下が外務省に連絡なく海外訪問か 皇室外交に囁かれる懸念

秋篠宮さま「タイ愛人説」が再燃 宮内庁は否定するも…

秋篠宮 家 ブータン

秋篠宮家の長男である悠仁さまが初めての海外旅行として紀子さまとブータンに出発されました。 秋篠宮さまも悠仁さまとは別便でブータンに出発しました。 ご家族でも別便に乗るのは皇位継承順位1位と2位の方が同じ飛行機にのって交通トラブルに巻き込まれないようにするためです。 常に最悪の状態を想定して動く宮内庁の対応はすごいですね!この「別便移動」については理解の声があがっていますが・・・。 「公務ではない海外旅行(家族旅行)に税金で行くのか?」 「小室の問題を片付けないと何をやっても批判されるよ。 」 「全国で台風被害が起きているときに・・・」 といった厳しい批判の声も多数あがっています。 そこで、この記事では今回の悠仁さまのブータン旅行について、税金で旅行に行く必要があるのか? また、この不満の元凶である「小室圭さんの問題は今?」についてまとめていきます。 初の海外旅行!悠仁さまブータンへ夏休み家族旅行に出発 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)は16日午前、ブータンへの私的旅行のため、東京・羽田空港から民間機で出発された。 皇位継承順位2位の悠仁さまにとり初の海外で、紀子さまと一緒に搭乗。 同1位の秋篠宮さまは別の民間機に搭乗した。 中学1年の悠仁さまの夏休みを利用した私的旅行で、ブータンの王室から招待があった。 16日はタイ・バンコクに1泊し、17日にブータン西部のパロに到着する。 飛行機事故など万一に備え、秋篠宮さまと悠仁さまは往復とも別便を利用する。 24日までブータンに滞在し、ワンチュク国王を表敬訪問するほか、寺院や博物館、伝統弓技などを見学し、現地の自然や文化に触れる。 青年海外協力隊員らとも懇談する。 25日に帰国する。 yahoo. 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、旅行先のブータンに向けて出発されました。 悠仁さまにとって初めての海外経験となります。 この悠仁さまがブータン旅行に出発した記事の 「私的旅行」「家族旅行」というのに 着目した読者の多くが 「家族旅行に税金を使うのか!?」という批判をしているのですが・・・、 よく読んでみると、家族で遊びに行っているわけではなく、 ・ブータン王室から招待があった ・ワンチュク国王を表敬訪問 ・寺院や博物館、伝統弓技を見学 ・現地の自然や文化に触れる ・青年海外協力隊員との懇談会 これらって、すべてどう考えても公務ですよね。 ただ、初の海外旅行として、夏休みを利用して悠仁さまが同行するので「家族旅行」という側面もあるというだけです。 一般人が自分のお金でブータンに行っても「ワンチュク国王」に会うことはないでしょうしね。 なので、あまり「国民の税金を公務ではない私的な海外旅行に使って!」とは言わない方がいいとおもます。 それよりも、「私的というからマスコミを信じて税金の無駄遣いと批判したけど、実際は公務をめちゃくちゃしてるやん!」と誤認させるような報道の仕方を批判した方がいいですよね。 本当に記事って、最初のつかみ1行~2行は大事ですよね。 ユーザーは記事を全部読んでくれません。。。 最初の部分だけをみて「けしからん!」となりますからね。 とはいえ、秋篠宮家の「小室圭さんの問題」についてはまだ解決していなので、それを解決せずに海外旅行にいくのか!という批判はあると思います。 海外旅行に行くこと自体が問題ではなく、「小室圭さん問題」を解決できていないことに対する不満だと思います。 終戦記念日の次の日に、皇位継承者2位、3位の方々が居る御一家家が、よくブータン豪華旅行に10日間も行く気になるよな・・・ しかも税金で。 と申し訳ないが言いたくなってしまった・・・ この人らが遊びに行くのに何で我々の税金が使われなきゃダメなの?遊びに行く時くらいあなた方も自分で稼いだお金で行ってください。 姉も弟もか。 海外公務が多いな。 しかも別便って… 国民の税金で行くことを肝に命じてほしい。 このお子たちは、何故海外ばかり行かれるのだろう? 視野を広げる意味ではいいと思うのだが、それよりも国内にも見るべきところあるように思う。 地方経済の現状、被災地の現状を見て回る等の方が優先事項だと思う。 ブータンとかウロつくより先に、するべき事があるような気がしますが。 思春期の男のというのをどんなに差し引いても、躾と教育、立ち振る舞いに関してこれ以上ない環境にお生まれになっているのに、ちょっと厳しいものを感じます。 どんな生まれでも、得意不得意はあります。 こうあるべきとわかっていても、できない器の人もいます。 学校の長期休暇は、そこを見つめ直す期間に充てるべきかと思います。 税金で旅行行く以前に、解決しなければならない問題があるだろ! 一家で問題解決する気が全くないのが、よーくわかった 秋篠宮家は小室問題があるのに、何を呑気に海外旅行ばかりしているのか?被災地訪問とかする気は無いのか?海外旅行ばかり企画する宮内庁の責任は重大だ。 国民の税金を使っての公務なら必要なことだと思いますが…私的旅行に多額の税金を使うのはあまり良いとは思えません。 万が一の事故に備えるのは重要ですが、飛行機を2便使うとなると費用も膨らみますね….

次の

秋篠宮さま「タイ愛人説」が再燃 宮内庁は否定するも…

秋篠宮 家 ブータン

秋篠宮家の長男である悠仁さまが初めての海外旅行として紀子さまとブータンに出発されました。 秋篠宮さまも悠仁さまとは別便でブータンに出発しました。 ご家族でも別便に乗るのは皇位継承順位1位と2位の方が同じ飛行機にのって交通トラブルに巻き込まれないようにするためです。 常に最悪の状態を想定して動く宮内庁の対応はすごいですね!この「別便移動」については理解の声があがっていますが・・・。 「公務ではない海外旅行(家族旅行)に税金で行くのか?」 「小室の問題を片付けないと何をやっても批判されるよ。 」 「全国で台風被害が起きているときに・・・」 といった厳しい批判の声も多数あがっています。 そこで、この記事では今回の悠仁さまのブータン旅行について、税金で旅行に行く必要があるのか? また、この不満の元凶である「小室圭さんの問題は今?」についてまとめていきます。 初の海外旅行!悠仁さまブータンへ夏休み家族旅行に出発 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)は16日午前、ブータンへの私的旅行のため、東京・羽田空港から民間機で出発された。 皇位継承順位2位の悠仁さまにとり初の海外で、紀子さまと一緒に搭乗。 同1位の秋篠宮さまは別の民間機に搭乗した。 中学1年の悠仁さまの夏休みを利用した私的旅行で、ブータンの王室から招待があった。 16日はタイ・バンコクに1泊し、17日にブータン西部のパロに到着する。 飛行機事故など万一に備え、秋篠宮さまと悠仁さまは往復とも別便を利用する。 24日までブータンに滞在し、ワンチュク国王を表敬訪問するほか、寺院や博物館、伝統弓技などを見学し、現地の自然や文化に触れる。 青年海外協力隊員らとも懇談する。 25日に帰国する。 yahoo. 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、旅行先のブータンに向けて出発されました。 悠仁さまにとって初めての海外経験となります。 この悠仁さまがブータン旅行に出発した記事の 「私的旅行」「家族旅行」というのに 着目した読者の多くが 「家族旅行に税金を使うのか!?」という批判をしているのですが・・・、 よく読んでみると、家族で遊びに行っているわけではなく、 ・ブータン王室から招待があった ・ワンチュク国王を表敬訪問 ・寺院や博物館、伝統弓技を見学 ・現地の自然や文化に触れる ・青年海外協力隊員との懇談会 これらって、すべてどう考えても公務ですよね。 ただ、初の海外旅行として、夏休みを利用して悠仁さまが同行するので「家族旅行」という側面もあるというだけです。 一般人が自分のお金でブータンに行っても「ワンチュク国王」に会うことはないでしょうしね。 なので、あまり「国民の税金を公務ではない私的な海外旅行に使って!」とは言わない方がいいとおもます。 それよりも、「私的というからマスコミを信じて税金の無駄遣いと批判したけど、実際は公務をめちゃくちゃしてるやん!」と誤認させるような報道の仕方を批判した方がいいですよね。 本当に記事って、最初のつかみ1行~2行は大事ですよね。 ユーザーは記事を全部読んでくれません。。。 最初の部分だけをみて「けしからん!」となりますからね。 とはいえ、秋篠宮家の「小室圭さんの問題」についてはまだ解決していなので、それを解決せずに海外旅行にいくのか!という批判はあると思います。 海外旅行に行くこと自体が問題ではなく、「小室圭さん問題」を解決できていないことに対する不満だと思います。 終戦記念日の次の日に、皇位継承者2位、3位の方々が居る御一家家が、よくブータン豪華旅行に10日間も行く気になるよな・・・ しかも税金で。 と申し訳ないが言いたくなってしまった・・・ この人らが遊びに行くのに何で我々の税金が使われなきゃダメなの?遊びに行く時くらいあなた方も自分で稼いだお金で行ってください。 姉も弟もか。 海外公務が多いな。 しかも別便って… 国民の税金で行くことを肝に命じてほしい。 このお子たちは、何故海外ばかり行かれるのだろう? 視野を広げる意味ではいいと思うのだが、それよりも国内にも見るべきところあるように思う。 地方経済の現状、被災地の現状を見て回る等の方が優先事項だと思う。 ブータンとかウロつくより先に、するべき事があるような気がしますが。 思春期の男のというのをどんなに差し引いても、躾と教育、立ち振る舞いに関してこれ以上ない環境にお生まれになっているのに、ちょっと厳しいものを感じます。 どんな生まれでも、得意不得意はあります。 こうあるべきとわかっていても、できない器の人もいます。 学校の長期休暇は、そこを見つめ直す期間に充てるべきかと思います。 税金で旅行行く以前に、解決しなければならない問題があるだろ! 一家で問題解決する気が全くないのが、よーくわかった 秋篠宮家は小室問題があるのに、何を呑気に海外旅行ばかりしているのか?被災地訪問とかする気は無いのか?海外旅行ばかり企画する宮内庁の責任は重大だ。 国民の税金を使っての公務なら必要なことだと思いますが…私的旅行に多額の税金を使うのはあまり良いとは思えません。 万が一の事故に備えるのは重要ですが、飛行機を2便使うとなると費用も膨らみますね….

次の

宮務管I氏の名前は?秋篠宮家の旅行で責任者がクビになった理由は?

秋篠宮 家 ブータン

秋篠宮家の私的旅行でブータンに行かれたことは 連日メディアで報道されていましたよね。 悠仁様の初海外で楽しそうにされる様子には心が和みました。 しかし、その裏で旅行に随行するはずだった 宮務管のI氏の随行が急遽キャンセルになっていました。 そのI氏の名前と随行キャンセルになった理由について調査しました! 宮務管I氏の名前は? 宮内庁のホームページには職員名簿が掲載されていますが、 その中で 皇嗣職が4名います。 そのうち、イニシャルIに当てはまる人物が一人だけいました。 皇嗣職宮務官長の石井裕晶(いしい ひろあき)氏です。 駐米公使などを経て11年8月から内閣府大臣官房審議官。 香川県出身、56歳。 役職でいうと「皇嗣職大夫」に次ぐ 2番目に偉い方で、大ベテランにあたります。 女性セブンの記事によると、 I氏はもともと警察庁出身かつ皇室のお偉いさんでもあるため、 私的旅行とはいえ、危険が多い海外旅行には随行して然るべきだったそうです。 「実は、もともと宮務官のIさんが随行するとされていました。 Iさんは警察庁出身なので、皇室の警備にも詳しく、テロなどの危険が伴う海外訪問の随行には適任でした。 ところが、訪問直前に発表された同行者名簿には、Iさんの名前がなかったんです。 その代わりに、昨年10月に三重県庁職員から宮内庁の秋篠宮家担当に出向したばかりの職員が随行しました。 宮務官ではなく事務方で、外交儀礼に明るいわけでもなく、皇族のサポートの経験もまだ1年にも満たない」(宮内庁関係者) 宮務管I氏の責任者クビ(随行キャンセル)の理由は? 随行キャンセルの理由について、 皇嗣職大夫の会見では 『秋篠宮殿下が決めました』 ということだけが発表されています。 異例の自体なので記者たちがこぞって質問しても、 頑なに同じ答えを繰り返されたことから、 「 何らかの事情でI氏が秋篠宮さまの怒りを買い、 私的旅行の責任者を急きょクビにされたのではないか」 という憶測が飛び交っています。 もともと 秋篠宮家の宮務管といえば、 以前は10名いたのがいつの間にか7名に減っていて、 その理由も『秋篠宮殿下が決めました』とのことで、 詳しい情報の一切が伏せられています。 そこにきて、宮務管ナンバー2の責任者クビですから、 どうしたのだろうと不安がる声が上がっています。 今回の旅行が私的なものだったから外した可能性もありますが、 やはり私的な旅行であっても皇位継承順位は変わりませんし、 皇族の海外旅行に危険がつきまとうのも事実です。 そうなってくると、 直前になって警備の関係で 秋篠宮殿下と石井宮務管の間で話が詰まらなかった可能性がありますね。 また、石井氏はお年が現在62歳。 そろそろ持病などが出てきてもおかしくない年齢です。 もしかすると、 海外旅行に随行するには 健康状態に不安があった可能性もあるのかもしれませんね。 また、今回の件には無関係ですが、 秋篠宮家といえば、いまだ長女の眞子さまと小室圭さんの 結婚延期問題が解決していません。 数ヶ月前には悠仁さまが通われるお茶の水女子大学付属中学校へ 刃物を持った不審者が侵入しています。 皇族であることに加えて、 今現在、問題を同時多発的に抱える秋篠宮家は、 何かあれば「今度は何があったんだろう」と思われてしまうのも無理はないこと。 早く、諸々の問題が解決して、 心安らかにご公務に集中できるようになればと思います。

次の