なんでここに先生が 画像。 なんでここに先生が!?

なんでここに先生が!? (なんでここにせんせいが)とは【ピクシブ百科事典】

なんでここに先生が 画像

なんでここに先生が!? ジャンル (オムニバス) 漫画 作者 蘇募ロウ 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 21号 - 発表期間 2017年 - 巻数 既刊10巻(2020年5月7日現在) アニメ 原作 蘇募ロウ 総監督 監督 所俊克 キャラクターデザイン たむらかずひこ 音楽 吟 アニメーション制作 製作 なんでここに先生が!? 製作委員会 放送局 ほか 放送期間 4月 - 6月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 なんでここに先生が!? 』(なんでここにせんせいが)は、蘇募ロウによるの。 『』()2017年21号より連載中。 『ゴールデンタイムズ』というタイトルで同誌の2015年46号 、2016年18号・31号・32号に読切として掲載された後、現在のタイトルに改題し2016年46号から51号までの短期集中連載を経て、翌2017年21号から完全連載となる。 年上の女教師と年下の男子生徒によるカップルの物語が1巻につき一組ずつ各10話のオムニバス形式で描かれている。 また、別のカップルの主役時にはカメオ出演もある。 この節は、読者の興味を煽る のような記述内容になっています。 やとならないよう注意しつつ、 作品全体の内容を明らかにするよう、してください。 児嶋加奈編 「鬼の児嶋」と恐れられる 児嶋加奈はおっかないと評判だが、佐藤一郎の前だけは天然ドジな先生。 それが原因で引き起こされるエッチなハプニングに二人は巻き込まれてしまう。 松風真由編 聖母のように優しい 松風真由は、強面が原因でクラスメイトに避けられている生徒・鈴木凛を意識し、エッチなハプニングに巻き込まれながらも彼に手を出そうとする。 葉桜ひかり編 幼馴染の高橋隆にイタズラを繰り返す困った先生・ 葉桜ひかりは、度重なるエッチなハプニングにより高橋を異性として意識するようになる。 立花千鶴編 クールで表情もほとんど崩さない保健の教師・ 立花千鶴は、好きな漫画で生徒と仲良く話している保健の教師の描写を見た際、自分も同じようになりたいと思うようになる。 そんな中、保健室に現れた感情表現豊かな高校三年生・田中甲に興味を持つ。 ホムラ・フランチェスカ編 幼馴染である伊藤依人・松風さやの二人と同じ学校に通いたいと思った15歳の天才少女・ ホムラ・フランチェスカがALTとして川村西高に赴任してきた。 猪川泉編 学校をサボりコンビニのバイトに明け暮れている高校三年生・渡辺渉を学校に通わせるために、バイト先に担任の 猪川泉先生がやってきた。 岡本桜花編 岡本さくらの芸名でアイドルとして働いている 岡本桜花はある日、山本大和の通う麻岡高等学校に教育実習生としてやって来る。 そして、人と関わろうとしない教師・ 南條奈々に男であることがバレてしまい…。 登場人物 [ ] キャストは特記ない限りアニメ版。 23歳。 B:89、W:57、H:86。 人気投票 : 1位。 男勝りで素行に厳しく生徒からは「鬼の児嶋」と恐れられている。 密かに佐藤と付き合っている。 生徒に手をあげた他校の不良を一人で全員撃沈させるほどの実力者である一方、引っ込み思案で照れ屋。 佐藤の母とも仲が良く、料理が上手。 酒には弱く一滴でも飲むと泥酔する。 実は高校時代に佐藤と出逢っており、その時の出来事がきっかけで先生になる。 しっかり者に見えてかなりのドジっ娘でもあり、に佐藤と閉じ込められた結果、佐藤の前でなど失敗談も多い。 佐藤の卒業後は婚約者扱いで部屋に入り浸るなど幸せを満喫している。 佐藤一郎(さとう いちろう) 声 - (アニメ・ドラマCD) 、(少年期) 川沼西高3年。 18歳。 成績・運動・ルックスの全てが普通の生徒。 加奈の好みの男性の特徴である「年下で面倒見が良く子供に好かれる」に当てはまる人物。 当初はアヤちゃんが好きだったものの、加奈の名誉を守った末にアヤちゃんには嫌われてしまった。 一方で紆余曲折を経て加奈と付き合うことになる。 大学には推薦で合格。 念願の一人暮らしを始め、加奈が日々入り浸っている。 松風真由編 [ ] 松風真由(まつかぜ まゆ) 声 - 川沼西高の美術教師。 24歳。 B:85、W:58、H:86。 人気投票 : 2位。 全てを包みこむような優しさから生徒の間では「聖母松風」と呼ばれている。 水泳は苦手。 大学4年時の教員採用試験当日に遅刻しそうになった際に鈴木に助けられている。 鈴木に想いを寄せているが、彼の鈍感さ・真面目さ故の悪気の無い言動でショックを受けることもしばしば。 一方でいざという時は我が身をかえりみず自分を助けてくれる鈴木の優しさも知っており、周囲から孤立させられてしまう鈴木を気遣ってくれる理解者である。 鈴木の卒業後は晴れて婚約者同士として相思相愛の日々を送り、「ホムラ・フランチェスカ編」では鈴木と結婚。 鈴木姓を得た。 鈴木凛(すずき りん) 声 - 川沼西高2年。 17歳。 通学定期は袋池-増成間。 視力が悪くコンタクトをしている。 趣味は温泉巡り。 松風を心優しい教師として尊敬している。 成績優秀・運動能力抜群で性格も良いのだが巨躯と強面のせいで、中学の先輩である佐藤以外友人が一人もいない。 そのため友人作りに奮闘しており、言葉遣いが非常に丁寧。 自身の外見が周囲を怖がらせていることには日々反省しており、非常に真面目で心優しい性格。 恋愛に関しては鈍感だが、寝ている間に松風にキスされてからは彼女のことを意識するようになる。 卒業後は家業である鈴木建設の若き社長として仕事をこなしている。 葉桜ひかり編 [ ] 葉桜ひかり(はざくら ひかり) 声 - 川沼東高の体育教師。 22歳。 B:88、W:56、H:87。 日焼けした肌が特徴で生徒会と水泳部の顧問をしている。 性格は明るく元気で天真爛漫だが少々ガサツ。 度重なるハプニングにより高橋を異性として意識するようになる。 高橋とは団地で隣同士の幼馴染で「タカ」と呼んでいる。 タカを茶化すのが得意な反面、タカにリードされると弱いためタカに主導権を握らせないよう日々空回りをしている。 「栗栖くるみ編」では咲川高校で働いている。 高橋隆(たかはし たかし) 声 - 、(少年期) 川沼東高1年。 生徒会会計。 15歳。 背が低く中性的な顔立ちをしている。 家が隣の葉桜のことを「ひか姉」と呼んでいる。 自由奔放なひかりに振り回され悩んでもいるが、身動きがとれなくなったひかりがという事態に陥った際でも最後まで事態解決に奔走するなど、いざという時に頼りになる心優しい人物。 当初からひかりを意識していたが、次第に双方の想いが一致するようになっていく。 立花千鶴編 [ ] 立花千鶴(たちばな ちづる) 声 - 川沼東高の養護教諭。 24歳。 B:87、W:56、H:85。 人気投票 : 3位。 銀のショートヘアーの先生。 場の空気が凍る発言をしばしばするため「絶対零度の立花」と呼ばれている。 性格はクールで表情もほとんど崩さない。 陥没乳首。 好きな漫画で生徒と仲良く話している保健の教師の描写を見た際、自分も同じようになりたいと憧憬する。 そんな中、保健室に現れた感情表現豊かな田中に興味を持つ。 一度田中に告白されるが、自分達が先生と生徒という関係であるという理由で一度断り、田中が卒業した後改めて田中に告白して恋愛関係になる。 その後、卒業旅行ではひょんなことから田中と一緒にラブホテルに泊まることになったが、一線は越えなかった。 その後第10巻で娘を設けていた。 田中甲(たなか こう) 声 - 川沼東高3年。 元生徒会会長。 18歳。 高橋の2学年上。 佐藤・鈴木とは同じ中学出身。 教師を彼女とした3人に対し道徳的な観点から疑問に思うなど常識的だが、悔しくもあり高校卒業までに彼女を作ることを宣言した。 大学は推薦で合格している。 立花先生と過ごしているうちに彼女のことが好きになり、告白して一度断られるが、卒業後に立花先生から告白されて恋愛関係になる。 ホムラ・フランチェスカ編 [ ] ホムラ・フランチェスカ 川沼西高。 16歳。 4月30日生。 B:82、W:56、H:85。 15歳で海外の大学を卒業した天才。 幼少時に日本で1ヶ月生活した際、伊藤と松風さやと出会っており、再度二人と学校に行きたいという動機から日本の川沼西高に赴任した。 ただ、二人の前では本心を言わず素直になれていない。 赴任当時はその天才が災いして独り善がりの授業を行っていたことから生徒から酷評されていたが、伊藤とさやからアドバイスを受け、生徒の趣味趣向を一晩で調べあげたことで翌日にて大きく改善された。 後に、かむら寮に仕事で来た伊藤と共に姿を見せており、そこで面識を持った南條に助言する。 伊藤依人(いとう よりと) 川沼西高1年。 15歳。 3月30日生。 さやに幼少時より恋心を抱いており、猛勉強の末に同じ高校に進学した。 ホムラについてはあまり覚えていない。 ホムラが伊藤に誤って送った動画を観て彼女の気持ちに気付き、ホムラを意識するようになる。 最終的にはさやの後押しもあってホムラと恋人同士になる。 11月24日生。 B:72、W:56、H:82。 松風の妹。 小学生の時に学童で伊藤とホムラに勉強を教えていた。 二人に関しては弟妹のように非常に可愛がっている。 大好きな姉と鈴木との結婚には嬉しさの反面寂しさもあり、「松風真由編」では家庭教師の鈴木がその容貌も相まって姉の体を狙っていると勘違いしていた。 伊藤がさやのことを好きなことに気づいていた上でさやとホムラの間で揺れ動く伊藤の後押しをした。 高校三年生の時に髪型がロングヘアからショートボブに変更。 猪川泉編 [ ] 猪川泉(いのかわ いずみ) 8月5日生まれの24歳。 身長150cm、体重45kg。 B:86、W:57、H:85。 人気投票 : 4位。 渡辺の担任の先生。 麻岡高等学校で地理・歴史を担当している。 長い黒髪と右目の泣きぼくろ、そして黒ずくめの服が特徴的。 幼稚園児の弟がいる。 怪我をした渡辺に絆創膏を貼ったり、弟がリレーをしている時に横断幕を使って応援するなど、心優しい性格の持ち主だが、いきなり生徒の背後に現れてその生徒のプライベートのことを言うため、生徒達から陰で「背後霊の猪川」と呼ばれ怖がられている。 寝ながら服を脱ぎだすほど寝相が悪く、一度寝るとなかなか起きない。 蛍が好き。 渡辺を学校に通わせるために彼と行動を共にしているうちに、彼を意識するようになり、一学期終業式の日に学校に来た渡辺が言い放ったひとことをきっかけに両想いになる。 3月31日、渡辺が社会人になる瞬間を二人で迎えるために彼の自宅で過ごした。 渡辺渉(わたなべ わたる) 麻岡高3年。 で苦学生ということもあり、学校よりバイトのほうが楽しいからという理由で3年になってからは不登校になり、コンビニのバイトに明け暮れている。 佐藤一郎はバイト先の先輩。 自宅に車はないが普通免許を所持している(校則違反なので周囲には秘密にしている)。 猪川の想いを知ったのをきっかけに彼女のことが好きだと気づき、彼女と付き合うためにきちんと学校を卒業することを決心する。 その後、麻岡高校を卒業し、佐藤の紹介で鈴木建設に就職が決まる。 「先生と生徒の関係じゃなくなったら付き合う」という約束を果たすために、3月31日に猪川先生を自宅へ呼んだ。 岡本桜花編 [ ] 岡本桜花(おかもと おうか) 大和の4歳年上の幼馴染で、彼から「桜花姉ちゃん」と呼ばれている。 肩甲骨くらいまである黒髪を後ろで留めており、眼鏡をかけている。 芸能界に入り 岡本さくらの芸名でアイドルグループ「ナタデコ娘」のリーダーを務めている。 おバカアイドルとして人気を博しているが実際は大和曰く真面目で勉強の鬼である。 東京の大学に進学しており麻岡高に教育実習生として来る。 アイドルを年内で辞め教師を目指していたが大和との関係をスクープされたため理事長に実習の中止を申し出た。 その後、アイドルは引退し大学を留年し教員免許を取得、大会に出場する大和の応援に駆け付け彼の新記録達成を見届け、大和の告白に涙を流しながら答える。 第10巻の特別編で大和と結婚したことが判明する。 山本大和(やまもと やまと) 麻岡高2年。 陸上部主将。 幼少時、幼馴染の岡本から「好きなタイプは強いて言うなら足が速い人」と言われてから、彼女に好きになってもらいたくて陸上競技(短距離走)に励んでいる。 学業に関しては成績が非常に悪い。 一年後の大会では9,91の新記録を出し、岡本に告白する。 灰色のショートヘアが特徴的な麗人で、生徒達からモテている。 あだ名は「プリンス栗栖」。 互いの胸を大きくするために、心と胸を揉み合う約束をしている。 柄物を他の服と一緒洗濯するなどガサツな一面を持つ。 彼女が通っていた幼稚園も学校も共学でなかったため男性に免疫がなく、トランクスを見ただけで赤面する。 言葉責めに弱い。 中村忠(なかむら ただし) 心の双子の弟で、咲川高校の生徒。 アホ毛が1本生えている。 脚を骨折して入院した姉の代わりに半ば強制的に姉妹校の咲川女子学園に通わされることになる。 心と栗栖が同室だったため、栗栖と同じ部屋で過ごすことになる。 プール監視員のバイトをしている。 南條奈々(なんじょう なな) かむら寮で生活している教師で、ひかりの幼馴染。 膝裏まである長髪とギザギザの歯が特徴的。 一人称は「アタシ」。 身長148cm、体重43kg。 B:87、W:60、H:85。 同僚からは「人と関わるのを極端に嫌う人」という評価をされている。 自分が尊敬している科学者のホムラが恋愛で成長したという記事を読み、恋愛に興味を持っている。 「キミぃ」「なるほどぉ」など、語尾に小さい母音を含んだ喋り方をする。 「ココロヨメール」「ドッカニオトコイナイカーナ」「イセイホイホイ」といった物を発明している。 自らが開発した装置の反応から、中村が男であることを見抜き、中村が男であることを黙認する代わりに、かむら寮にいる教師の誰かと恋愛をしてほしいと頼む。 尊敬するホムラと出会った際は恐縮していた。 皆本瑞稀編 [ ] 皆本瑞稀(みなもと みずき) 小林が通う学校の先生。 青目と金髪ポニーテール(本人曰く地毛)が特徴的で、学校では「一匹狼の皆本」と呼ばれ恐れられている。 かつてミナトとして漫画を描いていた。 小林翔凜(こばやし しょうりん) 高校三年生。 家は医者の家系で娯楽全般禁止されているが、コンビニでミナトの漫画をたまたま読んだことで漫画編集者を目指すようになる。 その他 [ ] アヤちゃん 佐藤の好きだった相手。 修学旅行中に男湯で騒ぎがあった際、佐藤が露天風呂にラブドール(これは児嶋がいることを隠すために佐藤がついた嘘)を引っ張り込んでいたのを目撃し、ドン引きした。 佐藤咲 声 - 佐藤の母。 36歳。 後輩の児嶋と息子の関係が進展するよう両者に積極的に働きかける。 キャラクターブックによれば、高校在学中に当時の担任と付き合い始め、卒業後直ぐに結婚して息子を出産したとのこと。 佐藤詩緒 声 - 佐藤の年の離れた妹。 兄にはよく懐いているが、雰囲気の怖い児嶋には懐かない。 鈴木すず、れい 声 - (すず)、(れい) 鈴木の双子の妹と弟。 猪川猛(いのかわ たける) 猪川の年の離れた弟。 猪川の母 娘と瓜二つの外見をしている。 また娘が渉に好意を抱いていることを知っている。 渡辺の母 シングルマザーでで生計を立てているが、女手一つで家計を支えているためいささか疲労も抱えている。 息子がバイトのために不登校になっている事を知って以来、親身になってくれる猪川に感謝している。 林林檎 ナタデコ娘のメンバー。 メディアへの対応では非常に丁寧な口調で喋るが、実際は姉御肌な性格で大和の前ではかなり砕けた話し方になり、竹松・木口同様エロい。 竹松小梅 ナタデコ娘のメンバー。 小学生のような体型だが18歳。 明るく元気な性格でさくらに一番迷惑をかけてるらしい。 木口杏 ナタデコ娘のメンバー。 大人しく恥ずかしがりな性格だが、裸にさせられる大和の股間をしっかり見ようとする。 ムダ毛は永久脱毛済。 中村心(なかむら こころ) 中村の双子の姉で、咲川女子学園の生徒。 アホ毛が2本生えている。 学園内の「かむら寮」で生活している。 授業をサボりすぎて留年の危機に陥っていた矢先に脚を骨折して入院してしまい、弟に代わりに学校へ行って欲しいと頼む。 最上桃花 かむら寮で生活している細目の美術教師。 豊満な胸をしている。 普段おっとりしている分、怒ると怖く、怒った時だけ開眼する。 何故か寝る時にスケスケのネグリジェを着る。 大村織絵(おおむら おりえ) かむら寮で生活している体育教師。 快活な性格。 田中甲とは従兄弟の間柄。 栗栖とは大学時代の同級生。 立花の両親 声 - (母)、(父) 書誌情報 [ ] 単行本 [ ]• 蘇募ロウ『なんでここに先生が!? 』 講談社〈スペシャル 〉、既刊10巻(2020年5月7日現在)• 発売 、• 2017年発売 、• 『フルカラー小冊子つき特装版』同日発売 、• 発売 、• 『ドラマCD付き限定版』同日発売 、• 2018年発売 、• 『フルカラー小冊子付き限定版』同日発売 、• 2018年発売 、• 『フルカラー小冊子つき豪華特装版』同日発売 、• 発売 、• 『フルカラー小冊子つき豪華特装版』同日発売 、• 2019年発売 、• 『アニメ完全版DVD、フルカラー小冊子付き限定版』同日発売 、• 2019年9月6日発売 、• 『DVD付き限定版』同日発売 、• 2019年12月6日発売 、• 『DVD付き限定版』同日発売 、• 2020年5月7日発売 、• 『フルカラー小冊子つき豪華特装版』同日発売 、 公式ガイドブック [ ]• 蘇募ロウ『なんでここに先生が!? 生活指導の手引き』 講談社〈〉 発売 、 テレビアニメ [ ] 2019年4月から6月までほかにて放送された。 原作において局部露出が存在するため、きわどい部分が大きめに隠されたりする一般バージョンの他、および一部の動画配信サービスでは、伏せ表現の一部分が撤廃された『もっとたゆたゆver. 』が放送・配信され 、AT-Xでは更にセルビデオ版を『限界突破の完全版』として未放映の13話も含めて2020年5月10日より放送した。 原作7巻から9巻には伏せ表現が完全撤廃された『限界突破の完全版』各4話分の完全無修正版のOADが付録として付く。 アニメーション制作会社のは本作放送後の2019年12月に経営破綻したため、この作品が最後のテレビアニメ作品 となった。 スタッフ [ ]• 原作 - 蘇募ロウ• 総監督 -• 監督 - 所俊克• キャラクターデザイン・総作画監督 - たむらかずひこ• 美術設定 - 椎野隆介• 美術監督 - hidehide• 色彩設計 - 古川康一• 編集 - 柳圭介• コンポジットディレクター - みやがわよしかず• 音楽 - 吟• 音響監督 -• 音響効果 -• 音響制作 - 叶音• 音楽プロデューサー - 諏訪豊• プロデューサー - 藤井貴大、須藤孝太郎、石綿春也、小林健一、宮城惣次、原田貴之• アニメーションプロデューサー - 石井ひとし• アニメーション制作 -• 製作 - なんでここに先生が!? 作詞・作曲・編曲は。 「りんご色メモリーズ」 吟(BUSTED ROSE)の作詞・作曲・編曲によるエンディングテーマ。 歌唱は第1〜4話が児嶋加奈(上坂すみれ)、第5・6・9話は松風真由()、第7〜9話は葉桜ひかり()、第10・11話は立花千鶴()。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 ヒロイン 1時限目 ゴールデンタイムズ 所俊克 たむらかずひこ 児嶋加奈 汗尻泉 ( かんけつせん ) 2時限目 雨宿り 藤丸悠理• ナターシャ. 2018年10月1日. 2018年10月1日閲覧。 ナターシャ. 2018年12月21日. 2018年12月21日閲覧。 2019年2月10日. 2019年2月10日閲覧。 2017年9月6日閲覧。 2017年9月6日閲覧。 2017年9月6日閲覧。 2018年1月5日閲覧。 2018年1月5日閲覧。 2018年5月7日閲覧。 2018年5月7日閲覧。 2018年10月5日閲覧。 2018年10月5日閲覧。 2019年3月6日閲覧。 2019年3月6日閲覧。 2019年6月23日閲覧。 2019年6月23日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2019年4月18日閲覧。 AT-X. 2019年3月8日閲覧。 TVアニメ「なんでここに先生が!? 」公式サイト. 2019年4月5日閲覧。 TVアニメ「なんでここに先生が!? 」公式サイト. 2019年4月15日閲覧。 TVアニメ「なんでここに先生が!? 」公式サイト. 2019年3月19日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

【なんでここに先生が!?3話】ネタバレ結末と児嶋先生画像!無料漫画を読む方法

なんでここに先生が 画像

Contents• なんでここに先生が!?【8巻72話】最新話のネタバレ・あらすじ 女子高生の姉「中村心」になって女子高に通うことになった「中村忠」であったが、いきなりの試練に会うことに・・・・ 心と同室であった美人女教師「栗栖くるみ」と一緒の部屋でいきなり一晩を過ごすことになってしまう。 中村はそのシチュエーションに興奮してしまうが、栗栖が目覚め、さらに露もない姿を見てしまい一層興奮してしまうのであった。 しかし邯鄲の夢の如く、熱気は冷めることに。 なぜなら二人は今週洗濯当番になっており、寝起きの栗栖はあっという間にパンツすら脱ぎ捨て一糸も纏わぬ姿を晒したからだ。 この寮には他に三人の女教師が住んでいるのだが、彼女達の部屋へと洗濯ものを取りに向かう。 「最上先生」のもとを訪れるが、彼女もほぼ全裸に等しいスケスケのネグリジェで現れ、いきなりパンティを脱ぎ出すのであった。 中村は戸惑うばかりなのだが、かと思えば「大村先生」は明るくガサツな雰囲気で登場し、かご一杯の洗濯ものを山ほど渡してくる。 残りの一人の「南條先生」にも声をかけようとするのだが、先生達に止められることに。 彼女は人との付き合いを避けており、声をかけないように同僚の先生達にも伝えているのだった。 洗濯物の集荷も終わり、屋上でいざ洗濯が始まるのだが、「プリンス栗栖」の異名を持つ彼女は性格が大雑把であり、洗濯物をまとめて洗濯機に突っ込むという荒技にでる。 中村は洗濯物の色移りなどを気にして、栗栖に声をかけるのだが、彼女から返ってきた言葉は「気合いでどうにかなる!!」と言うものだった。 なんとか洗濯も終わり「終わったー!ご飯食べにいこうー!」と栗栖は性格そのままに足早に食堂へと駆けていく。 その姿を中村は見届け、彼はミッションにとりかかる、履いていたトランクスを人知れず洗わなければならない。 だが、そこへ栗栖が戻ってくるのだった。 『なんでここに先生が!?』 思わずトランクスを洗濯機の中に入れてしまい、動揺する中村。 だがそれ以上に動揺したのは栗栖の方であった。 彼女は幼稚園はもとより、小中高大学と全て共学でなかったため、彼女は男性に免疫がなく、トランクスを見ただけで赤面し、動揺してしまうのだった。 気が動転した彼女は中村にトランクスをどうにかしろと懇願する一方で、知らず知らずのうちに思わぬ行動をとる。 中村の股間に無意識に手をあてながら、喋りかけるために彼は絶体絶命の状況に追い込まれる。 「恥ずかしくて男性の物には触れないんだ!」と栗栖が叫ぶ一方で、中村は「男性の象徴には触れてますけどーーー!!」と心の中で叫ぶばかり。 さらに風に舞うトランクスの動きに翻弄されて、それを避けるあまり中村の股間を掴んでしごく形になってしまう。 トランクスは風に乗ってどこかへと消えてしまうのだったが、中村は思わず栗栖の手に発射してしまっていた。 冷静になった栗栖が手についた粘液に気づくが、「それは柔軟剤です!」でなんとか誤魔化し事を治めた中村だった。 『一難去って、その場を去ろうとした中村の前に一人の女性が現れる。 彼女の正体はいったい!?』 なんでここに先生が!?【8巻72話】最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む 『なんでここに先生が!?』の次の巻の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。 この言葉何気に名言と言っていいんではないでしょうか? 栗栖先生が男慣れしていないにせよ、この強引な話の持っていきかたは凄い!! さすが今ヤンマガで一番勢いのある漫画だと言っていいんじゃないでしょうか! 笑 なんとか窮地を逃れた中村でしたが、いきなり正体バレしてしまいます。 本来は6巻に出てきた猪川泉「背後霊の猪川」先生みたいな彼女を想像していたんですが・・・ キャラが被らないように全然違った雰囲気のむしろヤバいマッドサイエンティストの匂いがしますね! 次話以降彼女と中村のコンビで栗栖先生の男嫌いを治していく話になるのは間違いないでしょう。 次話に注目です!.

次の

なんでここに先生が!? 第5話『松風真由がエロい!』感想

なんでここに先生が 画像

画像一覧 OP映像 先生たちの尻と巨乳。 裸ワイシャツ姿の加奈。 入浴中の真由。 Tシャツで汗を拭く、ブラジャー丸見えのひかり。 ブラジャー丸見え・寝起きパジャマ姿の千鶴。 第1話前編「ゴールデンタイムズ」 男子トイレの個室にて、便器に座る加奈と遭遇する一郎。 「確認せず、中に入って来るとは、いい度胸だ」 「先生こそ…ここ、男子トイレですよ?」 「私は、女子トイレが清掃中で、男子トイレを使わせてもらったんだ」 尿意を堪える加奈。 「騒ぐな!あんまり騒ぐと、出てしまいそうなんだ…」 (超ピンチじゃねえか!先生がフィニッシュしたら…) 一郎と密着し、失禁寸前の加奈。 「ぐあっ」(おっぱいダイブ) 「うぐっ…!」(尿意我慢中) 「声を出すな。 トイレの個室で男女が二人…要らぬ誤解を与えかねん…」 「すみません、すぐ離れます…」 「待て…そんなに早く動かれると、出ちゃう…すまないが、ゆっくり動いてくれ」 「は、はい…」 シャツの胸元が開け、ブラチラ・巨乳胸谷間露出する加奈。 尿意に悶える加奈。 (汗ばみ、震える体…先生のこんな姿見たら、俺…!) 「はうっ…うぐっ…!」(尿意我慢中) 尿失禁する加奈。 「はうっ!?」(尿道括約筋決壊) 「はああああーんっ!!」(イキ顔) 第1話後編「汗尻泉」 保健室にて、上半身キャミソール姿の加奈と遭遇する一郎。 (何故、こんな事になっている!?) 「佐藤か。 今は授業中の筈だが、お前も体調不良か?」 発熱赤面・汗だくで喘ぐ加奈。 「大丈夫ですか、凄い汗ですよ?」 「少し、熱もあるようだ…ハァ…ハァ…」 (熱ってるせいか、妙に色っぽいな…) 一郎に尻を向ける加奈。 「熱で体が上手く動かないんだ。 お前がやってくれ…」 「頭も上手く動いてないですよ!?」 「…いいんですね?」 「ああ…でも、あんまり見ないでくれ。 恥ずかしい…」 「勿論、全力で目隠しします!」 加奈のパンツを脱がす一郎。 目隠ししながら、加奈に座薬を挿入する一郎。 「い、行きます…!」 「う、うむ…」 「ひゃんっ!馬鹿者、そっちは違う!もっと上だ」 「す、すみません!」 「すまんが、辛いんだ。 早く、入れてくれ…」 「ここですね。 あの、もう少し力を抜いて…行きます!」(挿入実行) 「はうっ!」 「はああああーんっ!!」(絶頂) 布団の中で、加奈と密着する一郎。 第2話前編「雨宿り」 コインランドリーにて、濡れ透けワイシャツ姿の加奈に遭遇する一郎。 「佐藤も雨宿りか?」 「え、ええ…」 「下校時、急に降り出したからな。 おかげで、随分濡れてしまった」 「せっかく、乾燥機あるんですし…服、乾かしたらどうですか?」 「はぁ?服は、これしか無い。 私に裸になれと言うのか!?」 「ち、違いますよ!」 一郎に借りたワイシャツに着替える加奈。 「いやあ…ありがとうな、佐藤」 (これはこれで、目のやり場に困る…!) 一郎の腕に抱きつき、乳当てする加奈。 「もしかして…雷、苦手なんですか?」 「まさか!私は先生だぞ、そんな子供みたいな…うひゃあんっ!」(おっぱい当ててんのよ) 一郎に肩車され、分電盤に手を伸ばす加奈。 「どうですか?」 「もう少しで、手が届く…!」 加奈の下乳を目撃する一郎。 「もう少し…」 「ぐおっ!?」(興奮) 棚から落ちてきた洗剤を浴び、濡れ透け状態になる加奈。 「ヌルヌルするな…これは洗剤か?」 「ですね…」 一郎に乳揉みされる加奈。 「よっと…」(おっぱい鷲掴み) 「ひゃんっ!?」 「しまった!御免なさいっ」 ワイシャツと乳首が擦れて、イキそうになる加奈。 「ひゃうんっ!」 「ま…待て、佐藤!本当に…やめっ…ッ!」(乳首勃起中) ワイシャツ全開・おっぱい丸出しになる加奈。 ブチッ(ボタン弾け飛び) 「はああああーんっ!!」(絶頂) パンチラ・裸ワイシャツ姿の加奈。 第2話後編「風梨汁(パイナップルジュース)」 ビニールプールで行水中・紐ビキニ水着姿の加奈。 (まさか児嶋が、こんな際どい水着をお召しになるとは…!) 「そんなに見るな。 実家に、学生時代のしか無かったんだ」 詩緒に水着紐を引っ張られ、おっぱいポロリする加奈。 転んだ弾みに、加奈に密着・口付けする一郎。 加奈の巨乳に埋もれる詩緒。 「あっ…」(接吻) 「す、すみません…」 「私こそ、すまん…」 詩緒に乳吸いされる加奈。 「はむっ」(乳首おしゃぶり) 「あんっ!」 「うわあっ!すぐ、引っ剥がしますんで!」 詩緒に授乳する加奈。 「いや…このままでいい」 「何で!?」 「私の胸を吸うと言う事は、私に母性を感じてくれたと言う事…嬉しいではないか」 第3話前編「よいどれ」 酔い潰れて、パンチラしながら寝転がる加奈。 パンチラしながら川に落ちる加奈(学生時代) 裸バスタオル姿の加奈(学生時代) 第3話後編「大人げ」 M字開脚・パンツ股間全開の加奈。 服を脱ぎ、上半身裸になる加奈。 「少しだけ、触るくらいなら…いいぞ?」 「何言ってるんですか!?先生、酔っ払いすぎですよ!」 パンツ尻を見せながらパイズリする加奈。 「うおっ!?」 「ほら!さっさと…男らしく、むぎゅっと来ないか!私だって、恥ずかしい…」 一郎と見つめ合い、舌入れキスする加奈。 おっぱい丸出しで無防備に眠る加奈。 第4話「約束」 南の島の浜辺で紐ビキニ水着姿の加奈。 加奈に日焼け止めローションを塗る一郎。 「どうでしょう…?」 「ああ、そんな感じだ…次、首元を…あんっ」 一郎に乳揉みされる加奈。 「あっ…」 「す、すみません!」(おっぱい鷲掴み) 一郎の腕に乳当てする加奈。 海蛇に咬まれ、M字開脚して傷を見せる加奈。 「俺が毒を吸い出します!どこを咬まれたんですか?」 「どこって、その…ここ」 「何て所!?」 まんぐり返しされる加奈。 「凄い格好だぞ…!?」 「すみません。 でも、こうするしか…」 加奈の傷から毒を吸い出す一郎。 どう見てもクンニに見える。 「行きます!はむっ…ちゅるちゅる…ぷはっ」 誤ってクリトリスを噛んでしまい、加奈をイかせる一郎。 「はうっ!?はああああーんっ!!」(絶頂) 第5話前編「聖母 in」 スカートを脱がされ、パンツ丸見えの真由。 凛に抱かれ、M字開脚・濡れ濡れパンツ股間全開の真由。 「この体勢は、恥ずかしいです…!」 「すみません。 すぐ陸に上がらないと…」 胸元露出・乳首が見えそうな真由。 (ヤバい…!) 噴水が股間を直撃し、イキそうになる真由。 「ひゃあああんっ!」(快感赤面) 「どうしたんですか?」 水流でパンツが脱げそうな真由。 満員電車の車内にて、凛に密着・乳当てする真由。 「あの…出来れば、離れて…」 「出来ないんです。 今ので、ボタンが外れて…」(おっぱい当ててんのよ) 服が脱げておっぱい丸出しになる真由。 「と言うか、その…し、下着は…?」 「着替えてる途中で急いで来たので、忘れて…」 窓ガラスにへばり付き、潰れおっぱい丸見えの真由。 「大丈夫ですか?」 「大丈夫じゃないかもです…」 (不味い…このままホームに着いてしまったら…) (先生のこの姿が、公衆の面前に曝されることに…何とかしないと) 「時間が無いんで、僕が先生のボタンを付けます!」 「はい、お願いします…あんっ!」 ボタンと間違えて、真由の乳首を抓む凛。 「鈴木君…それ、ボタンじゃない…そんな強く…!」 「はああああーんっ!!」(絶頂) 第6話前編「ウキ雨季DAY」 真由の巨乳胸谷間に入り込む、玩具の金魚。 「えっ!?ふ、服の中に…!」 金魚の尻尾で乳首を刺激され、イキそうになる真由。 ウイイイン(尻尾動作中) 「はうっ…!」(快感赤面) 真由の尻に刺さる傘。 「あんっ…このままじゃ、私…」 「早く、トラック…行ってえええっ!」(絶頂) 入浴中の真由。 第6話後編「ぴぎぃバック」 転んでパンチラする真由。 凛に背負われる真由。 シャツと乳首が擦れ、金具が股間に当たり、イキそうになる。 (この感触…さっき転んだせいで、ブラが外れちゃってる…!) (早く大学に…そうしないと、私…!) 「はああああーんっ!!」(絶頂) 第7話前編「ミッション淫ポッシブル」 ひかりに抱きつかれ、巨乳に埋もれる隆。 「タカは昔から温かいなぁ…これで、ゆっくり眠れる…」 「ちょっ!?ひか姉、ダメだよ!」 ジャージが脱げて、ブラジャー丸出しのひかりで眠るひかり。 (何で脱げ…と言うか、ブラジャー外れちゃってる!早く、どうにかしないと…) ブラジャー全開・おっぱい丸出しのひかり。 (あっ、しまった…余計、大変な事になっちゃった!) ひかりに授乳される隆。 (下着を見るとか、そういう次元じゃないよ…何とか離れないと…) 「もがっ」(乳吸い開始) 「んっ…あんっ」 「お…おはよう、ひか姉」 「タカ…?よしよし、そんなにママが恋しかったのか?赤ちゃんみたいだぞ」 第7話後編「ラブラブお買いもの」 着替え中・下着姿のひかり。 スケスケエロ下着を試着するひかり。 (こ、これ…透け透け過ぎるのでは…!?) 隆に急かされ、裸ジャージ状態で試着室から出るひかり。 「なっ!?ひか姉、服は?」 「待てと言ったのに、聞かないから…」 エスカレーターの手すりと股間が擦れて、イかされるひかり。 「はああああーんっ!!」(絶頂) 第8話前編「ソウナンですね」 洞窟にて雨宿り中、裸靴下姿になるひかり。 「いいよ…こっち来い」 ひかりと全裸密着中の隆。 隆に乳舐めされるひかり。 「水…」(おっぱいペロペロ) 「タカ、何してんだ!?麦茶あるから、こっち飲め!」 ひかりの股間に溜まった麦茶を飲む隆。 「ここ、一杯ある…」 「ひゃんっ!ま…待て、タカ、飲むな!そんな所に溜まった水、汚いから…」 「まだ、奥の方に…」(股間ペロペロ) 「はああああーんっ!!」(絶頂) 第8話後編「キーすとーん」 手錠拘束中・おっぱい丸出しの真由。 「嘘っ、ブラが…!」 「のおおおおーっ!?」 真由のパンツ尻に入り込んだ鍵。 「鍵は、お尻にあります…」 「何でーッ!?」 「取れないんですか?」 「手が届かなくて…」 「不味いですよ。 今、ドアを開けられたら…」 「こうなったら…」 スカートを捲り、パンツを見せる真由。 「そのまま手を前に出して…ぱ、パンツ脱がしてください」 「はっ!?いや、それは…」 凛にパンツを脱がすよう指示する真由。 「変なこと言ってるのは分かってます。 でも…こんなこと、鈴木君以外に言えません」 「了解しました」 凛に乳揉みされる真由。 「ひゃうんっ!?」(羞恥赤面) 「あれ、何か柔らかい…?」(おっぱい鷲掴み) 「パンツは、もっと下ですーッ!」 「ぐわっ」 凛にラッキークンニされ、イかされる真由。 「ひゃあああーんっ!!」(絶頂) 第9話前編「Sikin'」 床に開いた穴に嵌り、服が脱げてパンツ・おっぱい丸出しのひかり。 尿意に悶えるひかり。 (不味い…ずっと寒い中に居たから、腹が冷えて…凄く、おしっこ行きたい…!) 「出ちゃう…タカは行ってて。 もう我慢できない…」 「ダメダメダメ!今、出されたら、確実に僕の上に…!」 放尿するひかり。 ただし効果音のみで、描写はされない。 「じゃあ、出すぞ…」 ジョボジョボジョボ…(おしっこ放出音) (我慢してたから、止められない…早く終わって…) 第9話後編「所YOU権」 着ぐるみの中で、ひかりと絡まり密着する隆。 「何すんだ!タカのエロ、エローッ!」 「ひか姉、グイグイしないで!おっぱいに擦れて…」 隆にラッキークンニされ、イかされるひかり。 「はあああーんっ!!」(絶頂) 第10話前編「無氷情」 甲に食用油をぶっ掛けられた千鶴。 (…って、なんでここに先生が!?) 脱衣中・上半身ブラジャー姿の千鶴。 「ちょっ、何してるんですか!?まだ、僕居ますよ!」 「平気」 「僕が平気じゃないんですよ」! 甲に押し倒しラッキースケベられる千鶴。 「…どいて」 「はっ、はい!すぐ、どきます…」 甲に乳揉みラッキースケベられる千鶴。 「すみません。 足を捻ったようで…」 「そうなの。 湿布要る?」 (何でこの人、こんなに冷静なの…) 乳首を勃起させる千鶴。 「今は、そこ…見ちゃダメ」 (なるほど…表情は変わらなくても、体は…) 第10話後編「シャンパンツ」 千鶴のパンツ股間映像を目撃する甲。 テーブルから落ちたケーキを受け止める千鶴。 サンタコスがずれておっぱい丸出しになる。 千鶴のパンツ尻の下敷きになる甲。 「ギリギリセーフ」 「いや、アウトです…」 噴出したシャンパンが尻を直撃し、パンツ濡れ濡れの千鶴。 プシュー(シャンパン噴射音) 「あんっ…」(快感) パンツに貼った名札を見られ、何故か恥じらう千鶴。 「んっ…先生、パンツにまで名前…?」 「そんなとこまで、知らなくていい…」(羞恥赤面) 第11話前編「海水欲」 脱衣・紐ビキニ水着姿になる千鶴。 海に落ちて、水着下部が外れる千鶴。 「先生、大丈夫ですか!?」 「平気…じゃない」(下半身すっぽんぽん状態) 「何と!?」 千鶴のノーパン生尻を直視する甲。 「上を見ちゃダメ…」 「ご、御免なさい!」 水着上部がずれて、おっぱい丸出しになる千鶴。 ヤドカリに乳首を挟まれ、悶える千鶴。 「あんっ!」 「一体、何が…!?」 「ヤドカリが胸に…あんっ」 「力が入らない。 取って…」 「と言われましても…!」 ヤドカリを取ろうと手を伸ばす甲。 しかし、千鶴の乳首を抓ってしまう。 「ここか!」 「そこは、違う…あんっ!」 千鶴の陥没乳首を引っ張り出す甲。 「隠れてないで、出て来い!」 スポッ(乳頭出現) 「あああーんっ!」(絶頂) 第11話後編「挿入洞」 甲に乳当てする、胸元全開・巨乳胸谷間丸出しの千鶴。 「温かい?」(おっぱい当ててんのよ) まんぐり返し・パンツ丸見えの千鶴。 パンツ尻を突き出す千鶴。 キャミソールがずれて、おっぱい丸出しになる千鶴。 尻に水滴が当たり、快感に悶える千鶴。 「あんっ」 「先生!?」 「何でもない…あんっ!」 陥没乳首を徐々に勃起させる千鶴。 最終的に、甲の唇に接触する。 (ヤバい、唇に触れそう…!) 「もう、大丈夫…あっ」 「んあああーんっ!!」(絶頂) 第12話前編「美ター&吸ィート」 脱衣中・下着姿の千鶴。 パンチラ・ブラチラ・裸白衣姿の千鶴。 おっぱいチョコレート塗れの千鶴。 「あっ…」 (予期せぬチョコフォンデュ!ストーブの熱で溶けてるとは…) 千鶴のおっぱいチョコフォンデュを食べる甲。 「すみません。 僕が食べちゃって…」 「平気。 これは元々、貴方にあげるつもりだったチョコだから」 第12話後編「おめでた」 おっぱい白濁液塗れ・透けブラする千鶴。 着替え中・パンツ一丁に靴下姿の千鶴。 釣り糸が絡まり、半裸緊縛中の千鶴。 「先生、どうしました…?」 「絡まった…」 (どう言う事!?) 「あれ、開かない…」 「待って…開けると、釣り糸が食い込む…」 「鋏、取って来ます!」 自己緊縛放置プレイ中の千鶴。 (ダメ…こんな姿、見られちゃう…!) 甲に抱きつき、パンツ一丁・裸靴下姿で愛の告白をする千鶴。 「やっと言える…私も、田中君と付き合いたい…」 第13話(特典OVA・未放送回)「なんでここに先生たちが!?」 全裸で抱き合う、ひかりと隆(イメージ映像) 絶頂する全裸ひかり(イメージ映像) 入浴中の加奈と真由。 凛に性感マッサージされる真由。 「あんっ!そこ、ダメ…気持ち良すぎる…!」 浴衣が開け、パンツ・おっぱい丸出しの真由。 浴場に入る、全裸の千鶴。 「私も入る」 「えっ!?」 甲の前で全裸M字開脚する千鶴。 「私も経験なくて不安だけど…保健の先生だから、少しは教えられる」 「まさかの保健の授業!?」 甲に全裸騎乗中の千鶴。 シャワーを浴びるひかり。 甲に舌入れキスする千鶴。 人物一覧• 児嶋先生/児嶋 加奈(こじま かな)• 佐藤 一郎(さとう いちろう)• 佐藤 詩緒(さとう しおり)• 松風先生/松風 真由(まつかぜ まゆ)• 鈴木 凛(すずき りん)• 葉桜先生/葉桜 ひかり(はざくら ひかり)• 高橋 隆(たかはし たかし)• 立花先生/立花 千鶴(たちばな ちづる)• 田中 甲(たなか こう).

次の