手越 花見。 安倍昭恵氏の芸能人とのお花見写真は嘘!?手越祐也の髪色が違うと話題!

安倍昭恵夫人 花見写真はこちら【手越祐也】参加した芸能人メンバーは誰!?合成?

手越 花見

安倍昭恵の花見写真にうつる手越祐也は合成?デマの証拠は? NEWSポストセブンによって、手越祐也さんが安倍昭恵さんの花見の会に参加している写真が公開されましたが、 ファンの間では 手越祐也さんの写真は合成、もしくは1年以上前のものと話題になっています。 そこで ファンが考える 手越祐也さんの花見写真はデマ疑惑 についてご紹介します。 一般人からしたら手越祐也さんの髪色は金髪というのは分かりますが、微妙な違いは分からないですよね。 髪色が違います襟足の長さも違います、正面から見ると襟足は殆ど無くかなり横を向くと見えますが1枚目はほぼ正面を向いてます。 なによりこの時期の手越くんの顔面仕上がり具合はいつもに増して良くなるのでこのほっぺぷくぷく祐也は今月の写真ではない — ひよこ JWvyWhDpD9AA5NY ファンが髪色の他に注目していたのは、手越祐也さんの襟足。 2020年3月21日音楽番組『春は必ず来る』に出演した手越祐也さんの写真をみると 正面では襟足が見えません。 しかし花見の手越祐也さんの写真は正面で襟足が長いですよね。 安心して この手越。 加工じゃないとは思う 顔パンパンだとこの時の — RK K14724108 花見の写真の手越祐也さんはすこし 顔がふっくらしているように見えますよね。 手越祐也さんのファンは花見の写真を掲載したNEWSポストセブンの写真はデマと言い切っています! また手越祐也さんは今まであらゆるスキャンダルが週刊誌によって報じられていました。

次の

手越祐也ファン「合成でしょ」|エンタMEGA

手越 花見

手越と夫人の関係が見えてこない また安倍昭恵さんの知り合いを中心に集めているということですが、手越祐也さんと安倍昭恵さんの関係は明かされておらず、繋がりに関して現在不明です。 【検証】髪色&髪型 ファンの検証によると、花見の写真に写る手越祐也さんは、襟足が長く・髪色も違うようです。 花見の写真が撮られたのは、2020年3月下旬。 このころFNS歌謡祭に出演した手越祐也さんですが、静岡県から生中継で出演しました。 最近の手越祐也さんは、襟足がスッキリして髪色も茶色。 花見の写真に写る手越祐也さんは、明るめの金髪で襟足が長いので、 2020年に撮られたものではないと言われています。 【検証】顔がむくんでいる 最近の手越祐也さんは顔がスッキリしています。 しかし花見の写真に写る手越祐也さんは、顔がむくんでいるように見えます。 ファンによると、NEWSのCDリリース時やライブが近いときの手越祐也さんは痩せると証言していました。 最近は、ライブのために体作りをしていたと思われる手越祐也さん。 花見の写真に写る手越祐也さんは、顔がパンパンなので短時間でここまで太るとは考えられません。 手越ファンの反応は? ひどすぎるひどすぎるひどすぎる。 合成するなんて、モラルなさすぎる。 ファンは気付くからいいとして、 世間では手越が花見行ったってことになってるんだよね。 本当にありあえない。 嫌だ、手越が悪者扱いされるの、本当に嫌だ。 本当に嫌だなにこれ。

次の

安倍昭恵夫人 花見写真はこちら【手越祐也】参加した芸能人メンバーは誰!?合成?

手越 花見

安倍昭恵オフィシャルサイトより 国民に喧嘩を打っているとしか思えない行動を、またもあの人が繰り出した。 政府が不要不急の外出を自粛するよう国民に呼びかけている最中の3月下旬、安倍首相の妻・昭恵氏が芸能人らに囲まれて花見を楽しんでいた、という報道が飛び出したからだ。 この、昭恵氏による「桜を見る会」開催問題をスクープしたのは、来週発売の「週刊ポスト」(小学館)。 昨日夕方に「NEWSポストセブン」が先出し記事を配信したのだが、そこに掲載された写真には、ライトアップされ美しく咲き誇る桜の木をバックに、ニッコリと満面の笑みを浮かべる昭恵氏の姿が。 そして、昭恵氏の前方には、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・NEWSの手越祐也が親指を立てて微笑み、さらに昭恵氏の隣ではモデルの藤井リナが昭恵氏に親しげに顔を寄せて写真に収まっている。 昭恵氏と手越、藤井以外の参加者の姿はボカシが入っているため判然としないが、10人近くで集合写真が撮られたものと見られる。 繰り返すが、現在、政府は国民に不要不急の外出を控えるよう呼びかけ、12日には夫の安倍首相が小池百合子・東京都知事と「お花見はどうしようか」と花見の扱いについて相談までおこない、東京都は都立公園や河川敷での飲食を伴う宴会の自粛を呼びかけている。 当然、我慢を強いられている国民からは「総理の妻なら何でも許されるのか」「本当に危機感があるのか」と反発が起こっている。 だが、この政府の呼びかけを無視した昭恵氏の振る舞いについて、夫の安倍首相は必死に擁護。 本日おこなわれている参院予算委員会でこの問題が取り上げられると、安倍首相はこう答弁した。 「都内のプライベートなスペース、これはレストランであったということでございますが、知人と会合を持った際に、それはあの、みんなで記念写真を撮る際にですね、そういう桜を背景に記念の撮影をおこなったと」 「いわゆる公の場で花見をおこなっていた、また東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会をおこなっていたという事実はない」 「花見をしたのではない、桜の前で写真を撮っただけだ」って、この主張に何の意味があるのか。 当然、質疑に立っていた立憲民主党の杉尾秀哉議員も「レストランなら問題ないのか」と返したのだが、すると安倍首相は逆ギレし、こんなこと言い出したのだ。 「これは、いわば、レストランに行ってはいけないのか。 その時点でですね、といういうことではないのだろうと思います。 いわばまさに、そのとき自粛が何を求められていたのかということをですね、杉尾委員も正確に把握した上でご意見を述べられたら」 ようするに、安倍首相は「公園ではなくレストランの敷地内の桜の前で撮っただけだから問題ない」「レストランまで行くなとは要請していない」と言い張ったわけだが、そもそも政府の専門家会議は2月24日の時点で立食パーティや飲み会を避けるよう呼びかけている。 国民には不要不急の外出を控えろと言っておいて、総理大臣の妻が芸能人らと十数人で仲良く「会合」を開いていることは問題ないって、そんなの納得できるはずがない。 それとも安倍首相は、立派な桜の木が植えられたレストランのプライベートなスペースを貸し切れるほどの金がある者なら、「感染爆発拡大に警戒」と政府が訴えるなかで不要不急の会合を開き、桜を愛でるのは良しとでも言うのか。

次の