土木 女性 求人。 いま注目!土木女子(ドボジョ)って何?|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB

建築・土木現場監督の求人・転職情報サイト【はたらいく】でお仕事探し

土木 女性 求人

現場で活躍する女性の施工管理技士の比率 平成27年に行われた国土交通省による調査によると、建設業界における女性の比率は13. しかし多くは事務系の職員で占められています。 事務系職員に対する女性の比率は37. 一方で、技術者や技能者といった部分については女性比率がそれぞれ4. 平成27年の採用者数を見てみると、事務系職員のうち51. まだ数は少ないながら、女性の進出が進んできた証拠といえます。 施工管理の仕事における女性と男性の考え方の違い 同じ仕事を行っても、男性と女性では仕事のやり方に違いが出てきます。 特に住宅の建築などでは、女性が主婦的な目線に立って使い勝手などをチェックする関係上、男性にはない視点で仕事をすると言われています。 現場の職人とのコミュニケーションについても、男性とは違った形で行うことがあるようです。 女性は共感能力に優れているとされ、それぞれの職人の事情に共感することで相手に気持ちよく仕事をしてもらうことに向いていると言われています。 一方で、問題を根本的に解決しようとする姿勢は男性に分があるとされており、男女がお互いの仕事のやり方を見ながら考え方を転換させることで、現場全体に良い影響があるかもしれません。 施工管理の仕事が適職かどうかに性別は関係ない 施工管理の仕事は男性でも向いていない人がいますし、女性でも向いている人がいます。 女性だから無理というのはある意味言い訳に過ぎません。 また、多少の向き不向きは努力でカバーすることが可能です。 幸い建築系の資格は多いので、資格を積み重ねることでもキャリアを得られます。 建築を志すと決めて就職するのであれば、たくさん勉強して資格を取り、仕事の幅を広げるのも立派な選択肢の1つです。 現在の施工管理の仕事は男性がメインですが、女性でも今後の活躍が期待されています。 産前産後休暇や生理休暇の整備など、建築業界における女性のための労働環境は整いつつあります。 国土交通省も、建設業界の女性技術者や技能者を5年間で倍増する目標を立てており、女性が働きやすい労働環境の整備は官民双方で進んでいるのです。 建築が好きなのであれば、性別に囚われずにチャレンジすることが大切です。

次の

【土木技術者】海へ、陸へ、独自の技術で挑戦し続ける。女性社員の7割以上は管理職として活躍中!の転職・求人情報 8552748|エン ミドルの転職

土木 女性 求人

ごあいさつ 株式会社松居土木のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。 弊社は滋賀県米原市に事務所を構え、米原市や長浜市をメインに滋賀県全域で公共・民間問わず土木工事全般を請け負っております。 地域密着型企業として町の発展に貢献すべく、宅地造成工事・道路工事・水道工事・除雪作業委託のほか、災害を未然に防ぐための河川工事・護岸工事など、幅広く事業を展開しております。 弊社代表は基幹技能者の認定を受けており、この業界に関する豊富な知識と高度な技術には定評があります。 昭和63年の創業以来、みなさまがより安心して暮らせる町づくりを心掛け、「土木工事業の原点を忘れず地域貢献の心でこの湖北地域を守る」という思いを胸に、公共インフラ工事を行なってまいりました。 弊社では測量の際にはドローンを使用し、掘削の際には3次元ソフトを搭載したICT建機を使用するなど、最新技術を積極的に取り入れることで、人員削減や作業の効率化、作業員の安全確保を実現しております。 日頃からスタッフ同士のコミュニケーションを密に取っておりますので、社内のチームワークは抜群です。 代表も含め、スタッフそれぞれに得手不得手がありますが、苦手な部分は別のスタッフが補完し、お互いが手を差し伸べ支え合える関係を築いています。 土木工事においては、この結束力が大きな強みとなります。 次世代へと継承する建設技術の向上と創造を目指して今後も研鑽を積み、町の活性化に努めてまいりますので、「株式会社松居土木」をよろしくお願い申し上げます。 男女ともにスタッフ求人募集中 今後の事業拡大を見据え、株式会社松居土木ではスタッフを性別問わず求人募集中です。 職種によっては普通自動車免許が必須となりますが、その他の資格やご経験はいっさい不問です。 「次世代を担っていきたい!」という活力あふれる方を積極的に採用していきたいと考えています。 弊社は「社員を大切にし、社員にとって働きやすい環境づくりをしている企業」として、2019・2020年に『健康経営優良法人』を受賞いたしました。 国土交通大臣と経団連が提唱する新3K(給料が良い・休暇がとれる・希望が持てる)の理念に則り、スタッフがのびのびと働ける企業を目指しております。 代表が率先して働き方改革を促進しており、スタッフの両親に介護が必要となった際の長期休暇や、子どもの体調不良による突発的な早退・欠勤についても、ご相談いただければ柔軟に対応しております。 滋賀県ワークライフバランス推進企業・滋賀県女性活躍推進企業にも登録しており、仕事と生活の両立に取り組む企業として活動を続けております。 また、残業はできるだけ最小限に抑えるよう余裕をもった工程を組んだり、有給休暇の取得を促進したりと、スタッフの健康面にも最大限配慮しております。 将来を見据え、安心して働ける弊社であなたも頑張ってみませんか?ご応募を心よりお待ちしております。 詳しくは「採用情報」ページをご参照ください。 株式会社松居土木について• 米原市の『株式会社松居土木』は、土木工事を通じて滋賀県にお住いのみなさまが安心して暮らせる町づくりに貢献しています。 こちらのページでは、弊社が携わった施工実績を写真付きで随時ご紹介します。 公共工事・民間工事どちらにも対応しております。 お問い合わせはお電話もしくはにて承っております。 回答に時間がかかる場合がありますので、お急ぎの方はにてお問い合わせください。

次の

建築・建設・土木作業、女性のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

土木 女性 求人

女性の の現状 土木作業員というと、一昔前までは完全に男性だけの職業とみなされてきました。 しかし、近年は慢性化している働き手の不足を補う目的もあって、土木業界全体が労働環境の改善やイメージアップ活動などを積極的に行っており、土木作業員に従事する女性は年々増加しています。 ドボジョの先駆者たちによって1983年に設立された「土木技術者女性の会」という組織も、全国各地に200人以上の会員を有するまでに成長し、女性技術者を支援するさまざまな活動を行っています。 ただしそれでも、土木工事が男性優位の現場であることは、依然として変わりないのが現状です。 たとえば、女性専用のトイレがない、女性の更衣室がないなど、受け入れ体制が不十分な現場も少なくありません。 女性であっても、土木作業員になることは十分に可能ですが、さまざまな面で我慢や不便を強いられやすい点には、あらかじめ覚悟しておく必要があるでしょう。 女性の土木作業員の強み・弱み 土木工事現場には、さまざまな立場や職種の関係者が多数出入りし、工事の進捗状況や今後の進め方など、逐次確認し合い、打ち合わせなどを行いながら、作業が進められます。 そうした複数の人が絡むコミュニケーションの場において、全員が男性だと、ときには意見が対立したりして、雰囲気が険悪になるケースもしばしば見られます。 しかし、そこに女性が1人でもいると、お互いの意見を調整するなどして、全体の潤滑剤となり、現場がうまく回っていくというケースが多いようです。 女性の土木作業員は、女性らしい優しさや気遣い、やわらかみなどが、ギスギスしやすい男性社会において、大きな強みになるでしょう。 反対に、女性の土木作業員の弱みとしては、やはり肉体的な強さで劣るという点があります。 近年は資材や機械、工具類の軽量化が進み、女性でも扱いやすくなっているとはいえ、それでも女性には相当な重労働です。 たとえば重機を操縦する、施工完了した現場を検品するなど、専門スキルや知識を磨いて、体力面をカバーしていく努力が必要になるでしょう。 結婚後の働き方 土木作業員の仕事は、朝が早い代わりに、安全上の問題や騒音・振動などの問題もあって、終業時刻はかなりきっちりと定まっています。 このため、夕方以降の時間はゆとりが生じやすく、仕事が終わったあとに料理や洗濯、掃除といった家事をこなすことで、結婚してからも独身時代と同様に働き続けることは十分に可能です。 しかし、日中は土木作業員としてハードワークをこなし、夜も家事に追われるとなると、肉体的にも精神的にも休まる暇がほとんどないかもしれません。 よほどタフでない限りは、配偶者と家事を分担することが不可欠となるでしょう。 さらに、大規模な公共工事などでは、地元の土木施工会社だけでは人員が賄えず、かなり遠方まで応援要請がかかることもよくありますので、土木作業員は意外と出張が多い職種でもあります。 数日間にわたって家を空けることもありますので、そうした業務に対して配偶者の理解を得ておくことも必要です。 土木作業員は子育てしながら働ける? 土木作業員として働きながら子育ても同時に行うというのは、現状かなり厳しいといわざるを得ません。 土木作業員は、働いた日数に応じて給料が支払われる日給月給制の職場が一般的であり、出産休暇や育児休暇といった長期休暇制度のある職場はほとんどありません。 事情が何であれ、現場に出られない期間の収入はゼロです。 また、日中は保育所などに子どもを預けて働き続けるとしても、夜間以降に子どもの食事や入浴、授乳、寝かしつけなどを行うのは、体力的にきわめて過酷です。 睡眠時間もろくに取れない状態で現場に出ると、思わぬけがや事故を招くリスクも高まります。 少なくとも、子どもがある程度成長し、手がかからなくなるまでは、休職することが現実的な選択肢となるでしょう。 ただ、短期契約で休み休み働く、あるいは として事務作業メインで働くといったように、体力的な負荷を軽くすることで、職場復帰を早めることはできるかもしれません。 土木作業員は女性が一生働ける仕事? 土木作業員は、肉体労働がおもになるハードな仕事ですし、未だに根強い男性社会で、女性だからといって特別な配慮がなされることもほとんどありません。 結婚や出産、育児など、ライフイベントの多い女性の場合は、キャリアを中断せざるを得ないことも多いでしょう。 ただ、その一方で、土木作業員は、多様な仕事内容があり、体力作業ばかりではなく、専門的技能が必要になる作業も複数あります。 技術と資格さえあれば、たとえ体力的なハンデがあっても、あるいは子育てなどでブランクがあっても、即戦力人材として、最前線で活躍することは十分に可能です。 努力次第で「手に職をつけられる」という意味においては、土木作業員は、女性が一生働ける仕事といえるでしょう。

次の