保険会社 転職。 転職時には保険証の返却が必要!新しい保険証への切り替え方|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

生命保険会社への転職、中途採用

保険会社 転職

年収把握 かんぽ生命の上場や日本生命と三井生命の経営統合など、業界の再編が一段落しました。 現在の生保業界の平均年収や企業ごとの年収を把握しておきましょう。 少子高齢化で国内市場は縮小傾向の中、40社が凌ぎを削っています。 生保の平均年収自体は、全職種の平均より高まっています。 ただし、平均年収は、職種や実績によって幅が広い業界です。 特にトップの営業マンでは、平均年収をはるかに上回る年収の可能性が高いでしょう。 また、生保業界は上場している企業が少なく、持株会社の傘下、グループ内の会社が多い特性上、正確な年収を把握するのは難しいかもしれません。 上場していれば、有価証券報告書に平均年収が公表されています。 公表されている範囲で、企業ごとの年収を参考にしてみましょう。 人気企業と業績確認 生保業界は金融業界ということもあり、比較的人気があります。 日本生命、第一生命などは、毎年人気企業のランキングの常連です。 コマーシャルを流しており、我々の生活にも身近なイメージがあるかもしれません。 また、最近は、アフラックで有名なアメリカンファミリー生命などの外資系生保も人気・知名度ともに高くなっています。 保険料等収入では、かんぽ生命が5兆円を超えていますが、基礎利益は日本生命が、かんぽ生命の2倍近くを誇っています。 しかし、第一生命は、保険料等収入が、この2社の約半分ですが、基礎利益はかんぽ生命と同等です。 生保業界は、今後の動向も見逃せませんが、人気のある企業や業績などを分析してみる必要もあるでしょう。 ランキングは業界研究で大活躍する ランキングは視覚的にも印象に残りやすく、業界研究で大活躍します。 注意点は、現代は情報の洪水ですから、確認したランキングに信頼性や妥当性、出所などの根拠がはっきりしているかなどです。 生保業界であれば、生命保険協会のホームページには、生命保険各社や生保業界全体の統計資料や決算の見方などを紹介しています。 また、生命保険文化センターのホームページでは、生命保険に関する基礎的なことから実態調査を行なっているなど正確な情報を入手することができます。 くわえて、経済誌や日本経済新聞などでもランキング形式のものが発表されることが多いです。 ランキングといえど、巷に流布されるような、聞きかじったような情報ではなく、しっかりと根拠を求めることをおすすめします。 によると、生保業界の平均年収は438万円となっていました。 この数字は、損害保険業界と合わせた年収になっています。 職種、経験、営業成績によって、大きな差がある業界でしょうが、平均を出すとこのような結果ということになります。 今後、生保業界も退職者の年齢が引き上げられるので、平均年収も上がるかどうか気になるところです。 一方で、保険会社には、保険外交員という職種があります。 保険外交員は、生命保険会社の社員ではなく、個人事業主という扱いになります。 確定申告を行ない、定年も関係なく、高齢になってからも顧客をもっている方もいらっしゃいます。 保険のセールスを行なうのが、主な業務です。 企業によって、様々な形態や職種も違いや特性があることも把握しておきましょう。 30代から年収がアップしやすい 保険業界は経験を積むと年収があがる業界です。 特に営業成績によって、左右される場合、簡単には顧客を獲得することは困難でしょう。 一方で、生命保険の特徴は、一度契約をすれば、普通はそう簡単には解約しません。 顧客との付き合いも自然に長くなっていき、長くなっていけば信頼を得ることにつながります。 信頼が得られれば、そこから他のお客様を紹介されるなど好循環が生まれやすいわけです。 目には見えない商品を提供するため、最初は苦労の連続でしょう。 自転車を一生懸命漕ぐと惰性で走ります。 最初の勢いでどれほど頑張って漕いだかで、その距離は変わってきます。 保険業界も同様です。 30代から年収がアップするまでに、どれだけ経験を積んで、信頼を獲得するかが鍵になります。 インターンの時期までに、自己分析を終わらせておこう 就活には自己分析が必須。 遅くても、 インターンの時期までに終わらせる必要があります。 ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。 そんな時は、自己分析ツールのを活用してみましょう。 My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。 によれば、生保業界の1位は第一生命株式会社です。 相互会社がスタンダードの業界で株式会社として、先鞭をつけた企業です。 続いて、明治安田生命保険相互会社、日本生命保険相互会社、住友生命保険相互会社となっています。 全て、テレビコマーシャルを行なっており、知名度も抜群でしょう。 次に、全国共済農業協同組合連合会、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社と続きます。 全体の企業ランキングより、生保のみをピックアップしてみました。 第一生命保険株式会社 第一生命株式会社は、保険契約者が約800万人の大手保険会社の一角です。 民間生保4強の中では、唯一の株式会社です。 保険会社は、相互会社が多くなっていますが、業界の株式会社の嚆矢となっています。 特徴は、国内で初の相互会社として発足したことです。 みずほフィナンシャルグループと試算運用会社を統合するなど関係性が深いです。 2017年3月期の決算では、6期連続で最高益を更新しました。 2010年の上場以来、業績は好調です。 海外展開は積極的で、アメリカでの大型買収などを行なっています。 2016年10月に持株会社体制に移行して、第一生命ホールディングスの傘下になっています。 第一生命ホールディングスとしての平均年収は、975万円となっています。 明治安田生命保険相互会社 明治安田生命保険相互会社は、元々、三菱系の日本初めての生命として誕生しました。 2004年に系列を超えた合併で今に至ります。 国内団体保険市場では首位を誇っています。 最近では、地方創生として、地方銀行や各都道府県と協定を結び、地域の課題に連携して取り組もうとする姿勢がみえてきます。 上場していないため、平均年収は公表されていませんが、客観的な指標から推測すると、決して低くはないことが予想できます。 2019年の総合職初任給を来春11年ぶりに引き上げる方針です。 全国型採用の場合、月5,000円も引き上げとなります。 今年度は、新卒採用者数でも、日本生命や第一生命よりも多い採用計画になっています。 日本生命保険相互会社 日本生命保険相互会社は、生保業界最大手です。 財閥系ではなく、関西発祥の企業であり、全国で5万人にのぼる営業職員の販売力に強みを発揮しています。 オーストラリアのMLCや三井生命との経営統合など国内外ともに積極的に動いています。 来年には、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ向けの保険開発を開始して専用の会社を作る予定です。 上場していないため、平均年収は公表されていませんが、生保業界最大手ということを考えれば、他者と比べても言わずもがなかもしれません。 住友生命保険相互会社 住友生命保険相互会社は、生命保険会社の中で、後発企業ではありますが、民間生保大手4強の一角の一つを担っています。 最近は、医療や介護の分野に力を入れています。 今後は、契約者の健康への取り組みに応じて、毎年保険料を見直す「健康増進型保険」を発売します。 他社にも同様の商品展開はありますが、取り組み状況によって毎年の保険料を上下させる商品は国内では住友生命が初めてとなります。 2016年には、アメリカの中堅生保会社を完全子会社しました。 また、来店型の保険ショップへの出資も積極的に行なっています。 上場していないため、平均年収は公表されていません。 民間生保大手4強の一角であることを、考慮すれば、上位と遜色はない可能性が高いかもしれません。 全国共済農業協同組合連合会 全国共済農業協同組合連合会は、JA共済連といわれ、全国の農協の共済事業を統括しています。 生保だけでなく、損保も取り扱っています。 総資産は、約60兆に迫り、個人保険長期保有高は世界で一番です。 全国共済農業協同組合連合会は、非営利の共済団体です。 特徴は、他社と比べて、主に中高年の契約者が割安になります。 営業コストが高い大手生命保険会社は、一般に保険料は高くなるものです。 全国共済農業協同組合連合会は、全国のJA店舗を活用した窓口サービスを行なうことで効率化を図っています。 共栄火災が傘下にあり、連携により、JAが運営する農産物直売所向けの損害保険商品を発売しています。 平均年収は公表されていませんが、イメージとしては非営利組織のため、準公務員的な感じでしょうか。 保険業界の業界研究を効率的に進めよう 保険業界で働きたいという就活生は、保険業界の仕組みや各企業について把握すること大切です。 業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。 そこでおすすめなのが「」です。 日本生命・第一生命・損保ジャパンなどの情報をまとめています。 無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。 1位 SOMPOホールディングス 株 …11,730,000円• 4位 ソニーフィナンシャルホールディングス 株 …8,860,000円• 5位 東京海上ホールディングス 株 …8,520,000円• 6位 アニコム ホールディングス 株... 7,540,000円• 7位 株 かんぽ生命保険…6,450千円• 8位ライフネット生命保険 株 …6,340,000円 1位:SOMPOホールディングス 株 SOMPOホールディングスは、3メガ損保の一角を形成しており、国内生保事業の拡大を推進しています。 グループ会社には、損害保険ジャパン日本興亜株式会社を筆頭に、生命保険会社などがあります。 事業内容では、現在、介護とヘルスケア事業を収益の柱と位置づけて強化している最中です。 特に介護業界は、保険との関係性が高く、今後の動向が大変注目されています。 生命保険の分野では、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社の健康増進型の新商品の申し込み件数が伸長し、注力しています。 海外保険事業も各国にまたがり成長を続け、さらに戦略事業として、保険に留まらない幅広い事業展開を行ない、さらなるビジネスフィールドの拡大を図っています。 一方で、生保事業では、三井住友海上あいおい生命保険株式会社や三井住友海上プライマリー生命保険株式会社などを育成している最中です。 アジアを軸に海外進出しており、三井住友海上火災保険株式会社は、中国の生保会社に4割出資しており、欧米進出の足掛かりとしています。 その他には、金融サービス事業とリスク関連サービス事業を行なっています。 金融サービス事業では、アセットマネジメント事業、金融保証事業などを営んでいます。 リスク関連サービス事業では、リスクマネジメント事業、介護事業などを営んでいます。 大同生命は、中小企業向けに強みがあります。 太陽生命は、個人向けが柱になっており、この2社で9割の事業を担っています。 その他には、T&Dフィナンシャル生命保険があります。 事業内容は、保険と保険関連で7社、資産運用関連事業で7社、総務・事務代行等関連事業の5社で行なっています。 生保分野では、シニア客の旧手続支援サービスの利用者が増えています。 「ひまわり認知症治療保険」は健康に自信がない人でも健康状態の簡単なチェックだけで加入でき、保険金の支払時には自宅を訪問し手続きを助けるなど独自の商品力で勝負しています。 「認知症予防アプリ」や先端のIT技術を導入するなど効率性の向上を図っています。

次の

5.保険証や離職票など転職時の税金・年金・社会保険の手続き / 転職成功マルわかりガイド

保険会社 転職

現在、日本の企業で営業の仕事をしている人の中には、さまざまな理由で転職を考えている人も多いのではないでしょうか。 特に外資系保険会社では、日本企業にはない待遇を受けられる事も多く、転職先としては人気が高いです。 この記事では、外資系保険会社へ転職したいと考えている人向けに、仕事内容・向いている人・年収・体験談を解説します。 外資系保険会社への転職について理解し、今後のキャリアアップにつなげてください。 近年、日本にもたくさんの外資系保険会社が進出しています。 外資系保険会社としては、プルデンシャル、アフラック、メットライフなどが有名です。 外資保険営業の仕事内容は以下のとおりです。 自社の保険サービスの販売 外資系保険会社では、主に自社の保険サービスの販を行っています。 販売する商品の多くは、欲しい保険だけを選んで設計する、オーダーメイド型の保険です。 対象となる顧客は個人ではなく富裕層や企業などが主軸となります。 新規契約の取得のみ行い、アフターフォローは行いません。 営業の際必要となる経費は会社からは出ず、自己負担で行います。 給与が完全歩合制であるため、貪欲に対価を求め続けないと収入につながりません。 雇用条件のよさが理由で入社しても、ノルマが達成できず辞めてしまう人も少なくありません。 営業スキル・提案力・コミュニケーションスキルを高めるための努力と強い意思が必要です。 顧客の予定に合わせて営業し、成果をあげる必要があるため、精神的なタフさが求められます。 少しの失敗で落ち込まず、粘り強く続けられる人がよいでしょう。 たくさん営業を行えば、失敗することも多くなります。 失敗を糧にして次に生かそうとする目標達成意欲は、外資保険営業を行うためには必要です。 高収入だが完全歩合制 外資保険営業の収入は完全歩合制のため、高収入になりますが、上手く営業できない場合は高収入に結びつかないこともあります。 営業として入社後、企業で定められた研修期間中は、月額10万円程度が支給され、それに成果報酬が加算されます。 入社3年目以降になると完全歩合制になる企業が多く、成果に伴って報酬は上がり、上限はありません。 しかし成果が出せなければ、年収200万円以下になってしまう可能性もあります。 完全歩合制の場合は、報酬0円ということもあり、営業経費が会社から支払われないため、マイナスの収支になることもあり得ます。 給与は保険料ベースで加算される 給与は、取れた契約の保険料をベースとして基本給に加算されます。 保険サービスの契約が決まった初年度は、保険料の30~50%が給与に加算されます。 2~4年目辺りには保険料の8~12%となり、5年目以降は加算が0円となります。 新規契約を取り続けることと、中途解約されないことを注意しておかないと給与が激減してしまいます。 福利厚生の概念がない 外資保険営業には、日本企業のように福利厚生という概念がありません。 住宅手当や家族手当などの各種手当もありません。 成果を上げることで収入額を上げ、福利厚生に充てる必要があります。 雇用保険や健康保険などの社会保険は、日本の法律が適用されるため、加入できます。 ボーナスは支給されることもありますが、退職金は、基本的に支払われないことが多いです。 この状況から脱するために転職を決意しました。 外資系生命保険会社には、ワークライフバランスや今後のスキルアップを求めて転職したのですが、結果的には年収もアップしました。 外資系保険会社では、顧客が必要とする商品を提供できることに魅力を感じ転職を決意しました。 顧客の都合で営業するため、土日に仕事をすることが多くなりました。 自分自身で市場を開拓する必要がありプレッシャーは大きいが、やりがいも感じています。 その後、外資系保険会社のスカウトを受け、営業職として転職しました。 完全歩合制である外資系保険会社では、1年目は、新人研修や勉強に力を入れられ、早く営業に出たいと思っていました。 2年目以降は、知人・友人を中心に営業したのですが契約は取れず、3か月で退職しました。 現職での待遇に対して不満もあり、「もっといい生活を」と夢を抱いて決意した転職です。 ノルマを達成できず、精神的に追い詰められることが多くありました。 知識不足や計画不足で見込み客や関係各所に迷惑をかけたこともあります。 ストレスも増えたため退職しました。 しかし「本気で成功したい」「乗り越える覚悟がある」という方なら、日本企業では考えられないほどの高待遇が待っています。 外資系保険会社の営業に転職するために今日からできることの一つとして、エージェント登録があります。 では、外資系企業や日系グローバル企業など幅広い転職先の中から候補者のキャリアを中長期で見て最適なご提案をしております。 まずは情報収集兼ね無料面談にご応募ください。

次の

【生保ランキング】就活の業界研究に役立つ年収・人気企業TOP8

保険会社 転職

私は、新卒で国内大手損害保険会社に入社しました。 その会社には15年間、勤めましたがいろいろな事情により転職をしました。 一般的には国内大手損害保険会社では、世間一般に比べ、離職率はそれほど高くはないと思います。 20代、30代でざっと20%くらいの離職率だと思います。 損害保険会社の主な転職先 損害保険会社で営業を担当していた人が、転職する先の多くは同業である外資系損害保険会社です。 外資系損害保険会社は、中途入社組がとても多く中途入社のハンデが全くありません。 また、実力主義の考え方が多いため、前職でそれなりの実績を残した人であると魅力的な報酬を提示される場合があります。 また、一度、外資系損害保険会社に入社をすると、一定期間で外資系損害保険会社を渡り歩く人が多いのも特徴です。 さらには一度、A社という外資系損害保険会社を退職してB社という外資系損害保険会社に転職した人が、数年後またA社に戻るというケースも珍しくありません。 外資系損害保険会社は間口が比較的広いようです。 あまり日本の企業ではなじまないようですが、実力を評価して採用する外資系保険会社ではこういったことは頻繁に行われています。 私が現在勤めている損害保険代理店は、外資系損害保険会社の商品を扱っています。 当社に出入りしている外資系損害保険会社のある営業担当者は頻繁に転職を繰り返しています。 転職先も外資系損害保険会社なのですが、驚くことに転職先でも引き続き、当社を担当しています。 最近ではその営業担当者が今はどの保険会社に所属しているのか分からないといった笑い話があるくらいです。 外資系損害保険会社にとって当社は重要な損害保険代理店なのです。 その当社の情報や人脈をその営業担当者は持っており、それらが魅力だから外資系損害保険会社は中途採用をしているのです。 当然、そういった背景で転職をしていきますので、引き続き転職先でも当社を担当し続けるという事態が起こる訳です。 損害保険代理店も転職先の一つ 私は、国内大手損害保険会社を退職後、損害保険代理店に転職をしました。 損害保険代理店であれば、それまでの経験は活かすことができますので、私同様、損害保険代理店に転職するケースも多いようです。 また、実力に自身がある方は、自身で損害保険代理店を開業されることもあります。 損害保険以外の金融機関 損害保険会社は金融機関の一つです。 そのため、転職先として証券会社、銀行、生命保険などへの転職される方もたくさんいます。 特に営業としてのスキルはそれら業種でも通じる部分がとても多いので採用される確率はとても高いです。 地銀などでは、地場の中小企業の社長を相手に営業をして回ることが多いのですが、これには損害保険会社で経験したような個人代理店営業のノウハウを生かすことが出来るのです。 個人代理店の営業にあたっては、代理店の社長が何に困っているのか、我が社に何をして欲しいのかということを社長の懐に飛び込んで聞き出すのがコツなのですが、そういったノウハウは地銀での営業にも大いに流用出来ます。 法人担当の場合は、担当先の企業にヘッドハンティングされることも 最近はどの企業も自社のリスクマネジメントには力を入れています。 そのため、外部のリスクマネジメント機能である損害保険会社社員に優秀な人がいると、自社のリスクマネジメント部門にヘッドハンティングをするというケースも見受けられます。 私の周りでも、損害保険会社の営業担当者として東証一部上場の企業を担当していた経緯から、その企業よりスカウトされ転職をしたという人が数名いました。 このように、損害保険会社は同業である他損害保険会社への転職もしやすく、また、リスクマネジメントというノウハウを評価されヘッドハンティングを受ける場合もあります。 総じて、世間一般で通用するキャリアを形成することが出来る業種ですので、転職先に困ることはない仕事であると言えます。

次の