モンハン アイス ボーン ヘビィ。 【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWアイスボーン】散弾ヘビィ「王牙砲」のおすすめ装備と作り方

モンハン アイス ボーン ヘビィ

抜刀ヘビィとは? クラッチに抜刀術【技】と冰気錬成を乗せる! 「抜刀ヘビィ」という聞きなれない戦法は、アイスボーンでクラッチクローと冰気錬成が登場したことによって成立するようになったため生まれた。 冰気錬成で攻撃力を高めておき、抜刀術【技】でクラッチクローの初撃に会心を発動、攻撃後納刀して、再びクラッチを繰り返して攻撃する。 抜刀ヘビィのメリットとデメリット メリット• 立ち回りが単純• 傷だらけにできる• 弾が必要ない デメリット• 敵によって向き不向きがある• クラッチタイミングを見誤ると簡単に力尽きる 傷が付き味方のダメージが増える 繰り出すのはクラッチクロー攻撃なので、当然傷が付く。 マルチで遊んでいる場合は全身傷だらけにすることによって、 味方のダメージが跳ね上がるのも大きなメリットとなる。 極論を言うと一切の弾が不要! 抜刀ヘビィはクラッチクローで攻撃するため、 弾を撃つ必要がない。 もはや「ボウガンとは?」といった感じであるが、極論弾はなくても問題ない。 これらの装衣の再使用を早めるために整備Lv3も必須。 また、装衣の効果時間が終わったら、 必ず自発的に脱ぐこと。 脱がないと 再使用のカウントが進まないので装衣の回転率に響いてくる。 それぞれにあった装備を組んでスキルで弱点を補わないと、中途半端な性能になってしまうだろう。 ダムディアーカがおすすめ! 攻撃力を上げるスキルのことを考えるとフルチャージが有力候補になってくるため、 回復カスタムを多く付けられるダムディアーカをおすすめしたい。 逆にフルチャージを嫌うのであればダムディアーカを使う理由がなくなるので、回光返照で装備を組んだほうがいいだろう。 クラッチクロー1回で50ほど回復できるので体力満タンを維持しやすい。 抜刀ヘビィにおすすめのパーツはどれ? 近接射撃4とシールドで固定! 抜刀ヘビィのクラッチクロー攻撃は近接射撃の影響を受けるので近接4つは必須。 近接4つあるなしでは 1回のダメージが100〜200ほど変わってくる。 残り1枠は、クロー攻撃をした後の武器出し状態の生存率を上げるためのシールドパーツで決まり。 回光返照も回復カスタムがおすすめ ダムディアーカほどの回復量は見込めないが、回光返照の場合も回復カスタムがおすすめ。 これだけだと回復量が少ないので、体力回復量UPスキルも発動させて回復量を補うといい。 それほどダメージは変わらないが、もちろん攻撃力を上げる選択肢もあり。 抜刀ヘビィと相性のいいスキル 【必須】抜刀術【技】 これがあるからこそ抜刀ヘビィが成立しているので必須。 【必須】冰気錬成 攻撃力を上げるために必須。 発動にはラヴィーナ4部位が必要だが、ラヴィーナには納刀や抜刀術【技】も付いているので、この防具4部位縛りは全く重荷にならない。 【必須】超会心 抜刀術【技】と相性がいい必須スキル。 通常1. 25倍の会心倍率を1. 4倍まで引き上げて火力アップを狙う。 【必須】整備 装衣があるとクラッチクロー攻撃が安定するので、装衣の回転率を上げるこのスキルはLv3必須。 フルチャージ 回復カスタムを3つ付けられるダムディアーカと相性がいいスキル。 とても安定して発動できるのでおすすめ。 納刀術 抜刀装備で使う定番スキル。 挑戦者 攻撃力を上げるために使うスキル。 発動させるのであれば5必須。 他スキルとの兼ね合いで高Lvを素で発動させるのは難しいため、装衣に攻撃珠を仕込んでおくのがおすすめ。 どれだけのLvが必要になるかは個人個人の装備構成によって異なる。 無属性強化 ダムディアーカ運用の場合に採用を検討。 これを発動させると回光返照の攻撃力を若干上回る。 体力回復量UP 回光返照は回復カスタムを1つしか付けられないので、このスキルで回復量を補おう。 MHW モンハンワールド のその他攻略情報.

次の

【MHWアイスボーン】覚醒武器ヘビィの当たりとおすすめ覚醒能力丨赤龍ノ撃ツ砲【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン アイス ボーン ヘビィ

狼牙砲は、大型アプデ第2弾で登場したジンオウガ亜種の武器。 王牙砲同様散弾Lv3をリロード普通で扱える、王牙砲のライバル的存在だ。 単純な性能は狼牙砲が高い 会心率・スロット、散弾の反動・リロードが一緒。 攻撃力が狼牙砲の方が15高く、単純な性能は狼牙砲の方が高い。 狼牙砲はブレが中だが、散弾運用なためあまり気にならない。 王牙砲は反動パーツ1つで小にできる。 結局どっちが強いの? 気軽に使いたい場合は狼牙砲 マルチプレイで気軽に使いたい場合は、単純に攻撃力が高い狼牙砲がおすすめ。 TA向きは王牙砲 王牙砲のいい点は、反動パーツが1つでいい分、特殊照準パーツを付けられるところ。 気軽に使う際には使うことが少ないが、ソロでTAをしたい場合は王牙砲のほうが向いている。 ガードする装備なのでシールド1つも必須。 残り3つは比較的自由にして構わない。 スタンも取れる 強打の装衣KO珠を入れているのでスタンを取ることも可能。 罠も絡めて攻撃し続ければ強打を着ている間に2回スタンさせることもできる。 散弾ヘビィにおすすめのパーツはどれ? 反動1と近接射撃2と特殊照準は固定 王牙砲【震雷】は 反動抑制パーツを1つつけると散弾Lv3を反動「小」で打てるようになるので、反動パーツ1つは必須。 近接射撃2つもとりあえずつる。 特殊照準をつけると視界が狭まり取り回しが悪くなるが、火力が上がる特殊照準を切るという選択肢はない。 つけた状態に慣れよう。 残り1枠は戦い方やスキルと相談 残りの1枠の候補はガードができるようになるシールドパーツ。 ガードを捨てるならシールドパーツはつけず近接射撃をさらに増やそう。 回復カスタムの場合はガード強化と性能も発動させより守りに特化した戦い方ができるようになる。 どちらを取るかは自分の技量や、ソロかマルチかなどで判断しよう。 散弾ヘビィと相性のいいスキル 【必須】散弾・剛射強化 散弾ヘビィをやるならぜひ欲しい…というよりは、 絶対に必要なスキル。 これがなくても運用自体はできるが、火力が大きく変わってくるので必要。 【必須】見切り 散弾という物理弾を運用する以上、物理ダメージが上がる会心も上げておかなければならない。 【必須】超会心 見切りとあわせて発動させる必須スキル。 通常1. 25倍の会心倍率を1. 4倍まで引き上げて火力アップを狙う。 【必須】弱点特攻 アイスボーンの散弾は剣士の間合いレベルに射程が短い。 そのため雑に打つということがほぼなく、毎回弱点を狙って打つことになるので必須。 装填拡張との併用で恩恵アップ!MHWまではゼノラージのシリーズスキルで発動させていたが、業物の護石の登場によって防具の縛りがなくなった。 攻撃 必須…と見せかけてそこまで必要でもないスキル。 いや、積んでいる余裕がないというのが正直なところ。 もちろん攻撃力が高くなるのはいいことなので、装具に攻撃珠をはめておく程度で良い。 ガード性能 ヘビィボウガンのガード性能は全武器中最低なので、ガードする場合はガード性能で補ってあげよう。 ガード強化 これがあるとまさに要塞のような戦い方が可能となる。 ありとあらゆる攻撃を受け切り、隙を見て散弾で猛攻を仕掛けられる。 調和砲とは? 基本的には王牙砲を指す 巷でよく効く調和砲とは、王牙砲のこと。 調和砲という名前の武器が存在しているわけではない。 効率的な狩猟にうってつけという意味で呼称されており、特定のモンスターに対してはその他のボウガンも調和砲と呼ばれる。 調和=狩猟 ストーリー中では、狩猟は生態系との調和の1つとされている。 これにより調和=狩猟という認識が生まれ、調和砲もここから由来している、 MHW モンハンワールド のその他攻略情報.

次の

モンハンワールド2chまとめ速報

モンハン アイス ボーン ヘビィ

Lv2麻痺弾・Lv2睡眠弾でサポートをしつつ、KO術の乗った徹甲榴弾でスタンを狙う快適な狩りを目指した構成となっています。 抜刀術【技】で抜刀会心を100%にして、 納刀状態からクラッチ武器攻撃でダメージを与える戦い方です。 攻撃やフルチャージのスキルで火力を最大限に出し、整備や加護などの生存スキルで安全に戦えます。 回復カスタムにする場合は会心率がマイナスになるので、攻撃を見切りに変えるのがおすすめです。 真弾丸節約を発動させており、2頭 4頭 討伐においてのDPSが高くおすすめです。 スキルやパーツは全て攻撃寄りにしている為、耐久性能は低く通常の狩りではパーティに迷惑がかかるので注意しましょう。 最優先で付けておきたいスキル。 火力上げに優先したいスキル。 超会心と合わせて発動させよう。 攻略ガイド• イベント情報• HOT• HOT• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の