モデーア ワンダーランド メンバー。 モデーア① ワンダーランドでの1ヶ月のスケジュール

マルチ商法(ニューウエイズ)に引っかかりかけた話

モデーア ワンダーランド メンバー

ニューウェイズ・ワンダーランド(参加者の声) 私は3か月前までネットワークビジネスのモデーアをやっていました。 実際にモデーアを始めたのはその半年くらい前なのですが、本屋で話しかけられた人から経営者を紹介されて、 「絶対に稼げるようになるから」 と言われてスタートすることになりました。 私は数年前にティエンズを経験していますが、強引な勧誘やブラインド勧誘がマニュアル化されており、友だちをなくしそうだと思ったので辞めました。 ですので、ネットワークビジネスは嫌だと思っていたのですが、結局セミナー当日までどんなビジネスをするのかを教えてくれませんでした。 仕事を聞いても「コンサルタント」としか答えてくれませんでしたし、それ以上聞くなという雰囲気がありましたから。 そして、セミナー当日にネットワークビジネスということを知りました。 「自分たちがやっているのはネットワークビジネスじゃなくて、経営を学ぶ一つの手段としてネットワークビジネスを選んでいるだけ」 という言葉を信じて、始めることにしました。 しかし、実際にスタートしても経営のことは何も教えてくれませんし、やることといえば街コンに参加したり、道端でナンパして友達になり、その後ビジネスに勧誘したりといったことばかりで、売り上げは全然上がりませんでした。 それだけならまだしも、毎月チーム全員の集まるイベントに参加を強制されたり、商品を15万円分購入するように強要されたりしていました。 結局利益は出ないのに、不要な商品の出費と不良在庫が出るので辞めましたが、その時使ってしまった商品を購入していなかったら今の生活がもっと楽だったと思うと腹が立ちます。 既に辞めてしまっているものの、今からでも何かしらあるのであればと思って今回プロジェクトを希望しています。 チームの名前はワンダーランドで、過去にセミナーで死人を出しているかなり過激派のチームです。 私サイドの女性は、毎月15万円の商品代金を稼ぐのに、サラリーマンをやりながら風俗で働くことをアップラインに強要されていました。

次の

[ネットワークビジネス]毎月13万円支払っていた当時の写真を公開

モデーア ワンダーランド メンバー

事業家集団 環境 での活動の流れ 環境で成果を出して、起業してビジネスを始めるまでの大まかな流れを書きました! step 1環境に誘うために友達を作る 街コンや合コンなどで step 2師匠に紹介する step 3セミナー・全体会議に参加させる step 4自己投資15万円の内容伝える 約3ヶ月後 step 59系50人集めることに成功する step 6小売業から事業スタート 特に問題のない正当なビジネスですが、数ヶ月で成果を挙げる人もいる一方、何年も成果を挙げることができない人もいるのが実状です。 事業家集団 環境 用語まとめ ここで、事業家集団 環境 内で使われる用語をまとめました! この用語にピンときたら、環境だと思ってください!• 紹介者• 師匠 ビジネスの師匠• 系列 自分が勧誘した直接的なパートナー• チームビルディング 系列を作ろうとする活動• 現場 環境で学ぶ仲間を勧誘する場• あだ名 お互いにあだ名をつけて呼び合っていた• ESBIクワドラント 従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家の分類• 気づきメール 毎日、師匠や紹介者に気づいたことを送るメール• オンラインサロン• 絶好調、ピックアップ 最近成果が急成長していること• 集客 イベントを企画する• 職住接近 ルームシェア、師匠やメンバーと近くの場所に住む• ピッパ ピッと感じたらパッとやる、思いついたらすぐやる• T-up 師匠を持ち上げると話が通りやすくなる• 旗上げ 自分でビジネスをやるぞと決めたこと• つるみ 師匠の近くで師匠の考え方を学ぶこと• チューニング 自分の考えと師匠の考えのすり合わせを行うこと• Cトレ コミュニケーショントレーニング• 自分が源、自己責任• 違和感があるところに自分を置け• 過去は生ゴミ• ネットの情報は便所の落書き ビジネスとしては重要な言葉ばかりですね! 起業までの流れ 事業家集団 環境 では、ビジネスをスタートさせるために、 チームビルディングを行います。 その流れの詳細をまとめました。 ただし、僕がいたチームでのことなので、他のチームだと若干違うかもしれません• 環境に誘う人を探す 昔の友達、会社の同僚、合コン・街コン・バー・ナンパで友達になる• 友達と会ってニーズを知る 現状把握• 師匠に紹介する 本の紹介も• ビジネスを一緒にやりたいと伝えられる• セミナー・全体会議に参加させる• 自己投資15万円スタート• 6系列を達成すると師匠のお店でお手伝いができる レジオーナー• 9系列を達成すると環境内の濃い情報が入る!? 9系50人のチームづくり完成!• 自分のお店を持ち、パートナーやメンバーに自分の店舗の商品を購入してもらう この後のことは分からないです。 ルールや特徴まとめ 事業家集団 環境 には、良くも悪くもいくつかのルールや特徴があります! その1:財務管理 将来的にビジネスを行っていくにあたって、自分が何にお金を使ってるか把握しておくべきです。 そして、支出を減らして収入を増やし、 自己投資のお金を生み出すことを教えられます。 そのための財務管理を始めに教え込まれます! これは非常に役に立ちました。 そのため、転職したり、派遣社員になる人もいました。 一人暮らしは、自分のお金で自分のすべてを管理し、精神的にも自立するためです。 また、同じ目標を持った仲間が常に身近にいることが、成功への近道だと言われ、師匠の住まいの近くでルームシェアをすることを勧められます。 結果を作った人たちのパワーに直接触れるといいらしいです。 その3:あだ名 環境内では、お互いを あだ名で呼び合っていました。 理由は分かりません。 その4:気づきメール 毎日の気づいたことを師匠や紹介者に送る 『気づきメール』というものがあります。 気づきメールは、その時気が付いたことを生産的(ポジティブ)に報告します。 とにかく何かを成し遂げてプラスの信念を貯めようということでした。 ビジネスを始めるとき、自分が魅力的だったら周りの人が応援してくれてお店を利用してくれたり、友達に勧めたりしてくれるからです。 そうなると何をやっても失敗することはない!らしいです。 また、会社員の給料だけでは、自己投資15万円は不可能です。 そこで、自分たちで飲み会などのイベントを企画し、お金を稼いでいました。 その6:人には言わない この環境で頑張っていることを、親とかには言わない方がいいと言われました。 こんな話を人に言っても 「頭おかしくなったのか」と心配されるだけだからということでした。 結果が出てから報告するように言われました。 また、情報の取り所についても、ネットを見ることを禁じられました。 『ネットの情報は便所の落書き』匿名で書き込めるから真実かどうか分からないためらしいです。 セミナー・全体会議 ここでは、実際のセミナー内容について触れます。 師匠の地域で行われる週末セミナーと、幕張メッセ等で行われる月1回2日間の 全体会議があります。 基本的には、以下の内容を学びました。 優先順位をつける 事業を最優先に考える• 自己投資の15万円を貯めること 財務管理• チームビルディングを行うこと フットワーク命• セミナーにフル参加すること• 各系列達成者の表彰• 師匠達のお金の使い方 12月にはアワードも開かれ、1年間の表彰が行われます。 みんなドレスやタキシードなどオシャレして参加していました。 本当に本気でこの環境で成果を出したい人にとっては、モチベーションは上がるし、有意義なものであると言えます。 外部研修:ASKアカデミー 環境に入ったら、という外部研修をほぼ間違いなく受講します。 詳しい内容は言えませんが、研修の質はかなり高く、参加する価値はあります!.

次の

マルチ商法の事業家集団(環境)の実態を暴露します!

モデーア ワンダーランド メンバー

【1st ステップ】 友達を作る 【2nd ステップ】 友達と仲良くなる 【3rd ステップ】 告知する 【4th ステップ】 事業家説明会に参加させる 各々のステップについて、以下に詳しく書いていきます。 【1st ステップ】 友達を作る まずはネットワークビジネス従事者はビジネスで成功する耐えにビジネスパートナーを作りたいというのが根本にあります。 そのためにビジネスに勧誘するわけです。 勧誘を実施するために一番最初にすべきことは 「友達を作ること」です。 ここからすべてが始まります。 今までに出来ていた友達に声をかけてもいいのですが、ここでは新しい友達の作り方について記します。 僕の周りにいたワンダーランドのメンバーら積極的に実施していた「友達の作り方」を5つ書きます。 イベントを開く• イベントに参加する• イベントは主に 「合コン・パーティー・フットサル大会・ボードゲーム大会」などです。 まずは合コンです。 合コンの場合、すごい人だとダブルヘッダーをする人もいました。 19時から1つ目の合コン、21時から2回目の合コンのようにですね。 合コンの開催方法bは(何かしらの方法でできた)一人の友達に 「合コンを開きたい」と提案し、その友達に数名の友達を呼んでもらいます。 これを繰り返すことで膨大な人数の仲間たちが出来ます。 女性が来るところ男性は集まるので、女性グループを使い回してなんども合コンを重ねる人もいました。 結局ネットワークビジネスを志すのは、独立心がある男性の方が多いですからね。 また僕が所属したワンダーランドは意識が高く、比較的多くのメンバーが毎月13万円ずつ自費購入をしていました。 ゆえに生活はカツカツになるため、この合コンをセッティングする際に「幹事無料」とし、実際の額より多めに徴収すること収益につなげる人も多くいました。 要するにもはやパーティー事業ですね。 続いてパーティーです。 ワンダーランドは大阪・福島にパーティー会場を持っています。 確か赤い屋根が目印でした。 大阪の福島駅からすぐ、50名程度収容できる会場です。 そこでは日夜ワンダーランドの関係者たちがイベントやパーティーを実施しています。 僕も料理と飲み放題コースで55,000円で借りることができたので、仲間たちと積極的にパーティーを開催しました。 55,000円以上の収益があった場合は収益となり、基本的にはネットワークビジネス従事者はタダメシをしていました。 3つ目はフットサル大会です 僕が所属するワンダーランドの中の「ハシバコ」というチームは毎月フットサル大会を実施していました。 メンバーはこぞって友達たちを連れてきては、みんなでフットサルをして仲良くしようとしました。 まぁ、僕はスポーツが好きなので、普通に楽しくフットサルをしていましたね。 最後はボードゲームです。 最終的には勧誘まで結びつけるので、金融教育を自然に授けることが必要です。 ゆえに、ネットワークビジネス従事者はロバートキヨサキの「キャッシュフロー」というボードゲームを実施していました。 無料の投資セミナー• 国際交流パーティー• クラブパーティー まず無料の投資セミナーです。 僕が後のアップライン(上司)となるハッシーさんと初めて接触したのはまさに投資セミナーでした。 し、「こんなはずじゃない、俺は起業するんだ!」とお花畑をさまよっていた僕は、時間を見つけては様々な手頃なセミナーに足を運んでいました。 結局、そこでは様々なネットワークビジネスに勧誘されたんですけどね。 (当時はアムウェイ、ニュースキンなどが多かったです) 僕が参加したのは不動産投資セミナーだったと思います。 バックエンドに有料の投資学習があるセミナーに参加し、勉強しまいした。 (というか、勉強した気分になってた) セミナーが終わるとハッシーさんが気さくに話しかけてきました。 「ビジネスとか起業に興味があるんですか?」 そんな感じだったと思います。 そこで初めての接点を得て、その後連絡を取るようになり一緒に遊んで仲良くなり、結局はネットワークビジネスに勧誘される結果となりました。 続いては国際交流パーティーです。 国際交流パーティーは安価であり、コミュニケーションが取りやすい雰囲気です。 そこには世界中を飛び回りたい野心ある若者もたくさん集っているので、ビジネスに結びつく可能性も十分にあります。 と言ってもここはネットワークビジネスの人にはたくさん狙われているので、それっぽい人はものすごくウジャウジャいましたね。 最後はクラブのパーティーです。 こういうのにはたくさんの人が集まるので、連絡先をゲットにするにはもってこいです。 深く話すことはできませんがたくさんの人と面識を作ることはできます。 僕は女の子にもはやナンパのように声をかけてはたくさん連絡先を教えてもらっていました。 でも連絡先を交換するばかりで、その後深い仲になったりビジネスパートナーに結びつようなことはありませんでした。 (僕はそこまでの強メンタルを持ち合わせていなかったので、なかなかできませんでした。 それが成果に結びつかなかった要因かもしれません。 ) 僕を勧誘したハッシーさんや成果を出されている師匠らは普通に実施していました。 ・ 実際に使われていた会話のいとぐちとなるフレーズはこんな感じです。 近くの銀行を知りませんか?• USJの入り口にで「写真、撮りましょうか?」• 華金の夜に東通りで「オススメのラーメン屋さん、知りませんか?」 などです。 僕は通常の場合にいきなり声をかけるのはできませんでしたが、3つ目と4つ目のようなことはできました。 それぞれについて細かく解説します。 ここならみんなテンション高そうだし、声をかけても問題なさそうです。 そして一人ではやっぱり恥ずかしいので、仲間を誘って二人で行きました。 最初はUSJのシンボルでもある地球の噴水の前で「写真を取りましょうか?」と尋ねました。 でも収穫はあまりありませんでした。 その後、場所を移動し、入り口付近で写真を取ることをし始めました。 「写真を撮りましょうか?」だとタイミングが掴みづらいので、「写真を撮ってもらえませんか?」とこちらから仕掛けるようにしました。 最終的にはUSJに来てテンションが上がっている人たちを演じて 「今からジャンプするので、ジャンプ中の写真を撮ってもらえませんか?」 と聞くようにしました。 それで道ゆく人に撮ってもらったのがこれです。 これはもうめちゃくちゃ楽しくなってしまい、たくさんの人にベストショットを撮ってもらうべく何度も連写してもらいました。 大阪で活動していた僕は梅田の東通りにいき、飲み会帰りの若者を狙っては声をかけていました。 その時に使用するフレーズはこれです。 「近くでオススメのラーメン屋を知りませんか?」 一週間を終えて解放されていて、アルコールも入り気分がいいサラリーマンを狙って話しかけます。 一人で活動すると不審者なので、女性のメンバーとペアになって実施しまいsた。 丁寧に教えてくれる人もいて、連絡先交換に結びつくこともありました。 仲には一緒にオススメのラーメン屋まで行くこともありましたね。 東通りの入り口には、僕がもともと勤めていた野村證券の梅田支店があります。 なので元同僚とかと会うこともあり、非常に気まづかったですね。 【2nd ステップ】 友達と仲良くなる 友達を作る方法を詳しく書きましたが、次はその「できた友達と仲良くなる」第2ステップです。 どんな方法で仲良くなってもいいのですが、目的は「ネットワークビジネス」に勧誘することです。 ゆえに金融教育を授ける必要があります。 ボードゲームの時にも書いたように、ここでは自然な(自然を装った?)教育を授ける接触方法を記します。 接触する時に人生に役立つおすすめの本としてロバートキヨサキの2つの本を勧めます。 この本も僕も当時、衝撃を受けた本でした。 僕をメンバーに入れたハッシーさんはリーダーでした。 僕が新しく出会った友人でビジネスパートナーになる見込みのある人は、片っ端からハッシーさん(リーダー)に会わせて行きました。 リーダーは自分のスケジュールを公開し、ある喫茶店で30分ごとに次々と自分のメンバーが紹介する新しい友人と会っていきました。 僕も何人ハッシーさんに新しい友人を合わせたことか・・・ それと同様に師匠(僕の場合はみんみんさん)にも合わせます。 師匠は福島にあるタワーマンションの高層階に住んでいました。 おそらくネットワークビジネスの上位にいる人が高級外車やタワーマンションに住むのは権威性を示すためなのでしょう そこにリーダーに会わせた後、さらにビジネスパートナーになる見込みが高くなった僕の友達を連れていきました。 僕自身もハッシーさんと出会った後、本を勧められ「を読み終わったら師匠に会わせてあげる」という約束で師匠のご自宅に伺いました。 ネットワークビジネスの実態について全く知らなかった僕ですが、初めてのタワーマンションに、なんだかすごさだけは感じていました。 上記したイベント(フットサルとパーティー)は所属するチーム主催のものもあります。 それは 師匠(リーダー)に自分の友人を会わせることを目的としています。 なので、チームで開催されるイベントの時には積極的に新しくできた友達を誘い、師匠(りーだー)にを接触させます。 そして、後日のお茶に繋げ、ビジネスパートナーとなれるように接触を継続しました。 【3rd ステップ】 告知する 友達を作り、友達と仲良くなったら、続いては【告知】です。 2ndステップまでがあくまでもプライベートでの作業、3rdステップからはビジネスという解釈になるようです。 (よくわからないんですが) 告知とは 「僕たちはネットワークビジネスをしています、あなたも一緒にやりませんか?」 ということです。 ここで初めてネットワークビジネスのことを口に出します。 今まで接触している際にはネットワークビジネスであることは全く言いませんでした。 今まであなたが出会ったリーダーや師匠もネットワークビジネスをしています。 要するにビジネスオーナーですね。 告知はビジネスに関する作業にな流ため、法律に則って行われなければなりません。 僕のようなペーペーはリーダーが代わりに行ってくれました。 今までネットワークビジネスに関しては大変な被害があったので、こういった法律が整備されたのでしょう。 ゆえにビジネスに関する部分は最新の注意を払って行われていました。 告知をできる友達の条件は以下です• 本を2冊読了している• Bクワドラントに行きたい、もしくは興味を持っている• 人間的に魅力的である この3つですかね。 ワンダーランドでは「人間的に魅力的である人のみを勧誘している」というキレイごとがよく高らかに宣言されていました。 ゆえに「誰彼構わず勧誘しているわけではない」ということです。 ですが、誰彼構わずレベルで勧誘しない限りビジネスパートナーはできません。 そしてビジネスパートナーができなければ自分がジリ貧になっていくだけです。 僕は1年間活動している中で、ビジネスパートナーが1人、1ヶ月間くらいだけできたのみでした。 ゆえに最後は実家から送ってもらえる 白米だけの極貧生活を余儀なくされていましたね。 これはあくまでもワンダーランドでの話です。 よく知られるアムウェイでは最初っから製品の魅力を語るイベントが開かれたりするそうですね。 ワンダーランドはコンプライアンスを徹底し、ビジネスとプライベートをしっかりと分けられていました。 【4th ステップ】 事業家説明会に(OM)参加させる 告知を受けて友人がネットワークビジネスの話を聞くとなれば、事業説明会(通称OM)に参加することになります。 OMはOpen Meetingの略でしたっけね。 事業説明会ではリーダーによる毎回同じ事業に関する説明が行われました。 毎週1度はリーダーが行うものがあり、月に一度は師匠が行うものがあったように思います。 ネットワークビジネスをしている人は基本的に全員参加し、一般的よりも大げさなリアクションを取ります。 新しく参加した人には異様に感じられることでしょう。 僕も最初は戸惑いました。 のちにセミナーに全部参加するようになるとそれが自然となり、見事に洗脳されることになるんですかね。 まとめ:それは勧誘ですよ! これが僕が経験してきたネットワークビジネスの勧誘方法です。 勧誘なのかどうか迷われている方、該当するところはあったんじゃないでしょうかね。 この記事がネットワークビジネスの勧誘に嫌な思いをしている人の役に立てば幸いです。 🔽関連記事:.

次の