通話に応答がありませんでした。 LINE無料通話の応答なしってブロックと関係あり?キャンセルは? | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

LINEで「通話中のため応答することができません」を表示させない方法

通話に応答がありませんでした

LINEには従来のメールと違い、アプリを利用することで自分と友だちになっている人を一括確認・管理できたり、タイムラインやグループといった SNSの機能も備わっています。 また、連絡ツールとして利用されることが多く、LINEアプリを使った無料通話機能は一気に日本人のコミュニケーションの幅を広げてくれました。 昔は通話時間によって料金がかかっていた電話ですが、 LINEを使うことで誰とでも、いつでも無料で電話をすることができます。 ただ、LINEで誰かに電話をかけてみたら 「通話中のため…」と出てきて相手につながらなかったという経験はありませんか? 相手が誰かと電話しているから繋がらないかと思いきや、いつかけてもなかなか繋がらない…もしかして電源OFFにしてる?と感じることもあるかもしれません。 そこで今回は、LINE通話での「通話中のために」はどういう状況で出てくるのか、そして相手が通話してないのに通話中になる原因なども解説していきましょう。 LINEでの通話中の画面とメッセージを受信した場合 まずは、LINEを使って電話しているときの「通話中」の画面と、通話中にトークでメッセージを受信した場合どうなるかについて確認してみましょう。 右上に通話中の相手が表示される 通話中の画面をバックグラウンドにしても、LINEを開いていると右上のあまり邪魔にならないところに通話している相手のアイコンと電話のマークが表示されます。 これは電話がつながっている、という意味です。 ちなみに、LINEアプリからホーム画面に戻るとスマホの上部に緑色の帯と通話時間が表示されます。 それが表示されている間は通話中ですが、間違えてLINEアプリを落としてしまうと通話が切れるので気をつけましょう。 ちなみに、LINEで通話中であってもトークからのメッセージを受信することもできるようになっています。 スマホのバイブレーションが鳴るため、しっかり通知もしてくれますよ。 つまり、LINEで通話をしながらゲームしたり、スマホを操作したり、メッセージを送りあったりすることができるのです。 相手の呼び出し画面から、自動でこのような画面に変わるのです。 「通話中のため」と表示されたらここに書かれているとおり、相手は別の誰かと通話しているために電話に応答できないから、相手への電話も繋がらないということになります。 しかし、いつ電話をかけてみても「通話中のため」と出てきて、なかなか電話できないというケースも見られます。 一部ユーザーの中には、「相手が電源を切っているのではないか?」と疑問に感じる人も多いようです。 そこで筆者は片方の電源を切って、そちらにLINEで電話をかけてみました。 その結果、「通話中のため」とならなかったのです! 相手が電源を切っていたら、 「通話中のために」に画面は切り替わらず、そのまま呼び出し音を鳴らし続け、最終的に「応答がありません」になりました。 「応答がありません」 通話中=電源を切っている、というわけではないことになります。 LINEで電話通話中じゃないのに通話中(電話してないのに通話中)と表示される原因 ただ、ユーザーの中では何かのエラーか、相手は通話中になっていないのになぜか電話をかけると「通話中のため」と表示されるという人も多いようです。 その原因は何でしょうか? まず、一番多いのが電話の入れ違いになったという原因です。 例えばAさんがBさんに電話をかけ、Bさんの応答が間に合わなかった場合不在着信扱いになります。 そこでAさんがもう一度かけ直したけど、Bさんも同時にAさんにかけ直したと言う場合です。 お互いがお互いに電話をかけている状態なのですが、電話の入れ違いになると両方とも「通話中のため」となってしまいます。 LINEで電話をする場合には、必ず「電話をかける側」「電話を受ける側」に分かれていないといけないのです。 次に考えられる原因は LINEアプリの不具合・バグです。 たびたびLINEアプリはアップデートを行っていますが、それは新機能が追加されていなくてもどこかで不具合が発生しているため、修正した後のアップデートが必要になるのです。 LINEの無料通話機能にも、たまに不具合が発生することがあります。 何度かけても、時間や日にちをずらしてかけてもずっと「通話中のため」と出てくる場合は、一度不具合を疑ってみましょう。 また、LINEアプリの不具合の場合はLINEを最新バージョンにアップデートしたり、スマホを再起動させたり、LINEアプリを一度削除して再インストールしたりすることで直ることもありますよ。 LINEで「通話に応答がありませんでした」と表示された場合 それでは、LINEの「通話中のため」ではなく「通話に応答がありませんでした」と表示された場合はどういうことでしょうか? 前の項目でも解説した通り、相手が電源を切っていた場合「通話中」ではなく「応答がありません」と表示されます。 不在着信 相手のトーク画面では「不在着信」と表示されます。 一番気をつけなくてはいけないのが、自分が相手にブロックされている場合も「応答がありません」と出てくるパターンです。 LINEにはブロック機能がありますが、自分がブロックされてもあまり気付かない仕様になっています。 ブロックすると相手からのメッセージや通話が届かなくなりますが、ブロックされた側は相変わらずメッセージを送ったり通話したりできます。 ただ、相手からの反応が無いことで「ブロックされたのでは?」と気付くことが多いですね。 相手にばれないでLINEが通話中か調べる方法はある? LINEで友だちと通話したいとき、相手が通話中かどうか気になることはありませんか? 通話中かどうかは一度電話をかけてみればわかるものですが、不在着信などの履歴が残ってしまいます。 できればばれずに調べたいと思う人もいるでしょう。 しかし、 今のところLINEでは通話中かどうかを調べる方法はありません。 思い切って電話をかけて、相手の様子を伺ってみましょう。

次の

【LINE】「通話中のため」は電源切ってる?電話の「通話中」について

通話に応答がありませんでした

ネットに接続されていない LINEは電話とは違って、ネット回線を使って通話をおこないます。 なのでネットに繋がっていなければ通話はできません。 ネットに繋がっていない状態で通話をすると、「通話すつことができませんでした。 もう一度かけ直してください。 」というポップアップが表示されます。 モバイル通信やWi-Fiが圏外の場合は電波の届く所に移動しましょう。 また、「機内モード」にしていても通話はできません。 機内モードにしていてオフにし忘れている場合もあるので確認してみてください。 「通話の着信許可」がオフになっている LINEは通話の着信を拒否することができます。 何かの拍子でこの設定がオンになっている可能性があります。 この設定をしている場合、着信のあった相手のトーク画面に「~からの着信がありました。 通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません」と表示されます。 着信の許可設定はLINEの「設定」からおこないます。 「友だち」一覧の左上にある歯車アイコンをタップします(Androidの場合は右上です) 「通話」をタップ。 「通話の着信許可」のチェックを入れます。 「利用する権限がありません」と表示される場合 LINEで通話をしようとすると「この機能を利用する権限がありません。 お使いの端末の設定から、本機能へのアクセスを許可してください」とポップアップ表示されて通話ができないことがあります。 これはLINEに電話発信の許可の権限を与えていない場合に起こります。 LINEを新規新規インストールする時に「電話の発信と管理」を許可しますか?と聞かれると思うのですが、ここで「許可しない」にしたのが原因です。 LINEに権限を与えれば解決しますが、また新たにインストールし直す必要はありません。 iPhoneの場合 iPhoneの「設定」から「LINE」をタップ。 「マイク」をオンにします。 Androidの場合 Androidの「設定」から「アプリと通知」をタップ。 「アプリ情報」をタップ。 「LINE」をタップ。 「権限」をタップ。 「電話」をオンにします。 ほかにも権限がありますが、それぞれどんな意味があるのでしょうか? カメラ LINEから直接写真を撮れなくなります(カメラが起動しない) ストレージ スマホに保存されている写真や画像、各種ファイルにアクセスできなくなります。 マイク マイクの機能が使えなくなります。 位置情報 LINEでは自分の位置情報を相手に伝える機能がありますが、それが使えなくなります。 また、位置情報を用いたLINEのサービスが利用できなくなります。 連絡先 LINEは連絡先を参照して自動的に友達を追加したりしますが、それができなくなります。 連絡先から友達を追加したくない場合はオフにしたほうが良いかもしれません。 LINEの機能をフルに使うのであれば、すべてに権限を与えてください。 ミュートをタップしてしまった LINEには通話中の音を消す「ミュート」という機能があります。 一時的に席を外す時などに使うものですが、ミュートにすると相手に声が聞こえなくなります。 誤タップしてしまって気づかないなんてことがあるので、通話中に会話が出来なくなったら確認しみてください。 LINEの不具合 LINE自体に障害などが発生していて、通話ができない可能性もあります。 そんな時はTwitterで「LINE 障害」などと検索してみてください。 大規模障害が起きている時はTwitterで調べるのが一番早いです。 スマホの不具合 今までご紹介した対処法でも解決できない場合、スマホ自体の不具合の恐れがあります。 その場合はスマホを再起動してください。 iPhoneの再起動方法 iPhone X 以降の場合は、サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを、スライダが表示されるまで長押しします。 スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。 デバイスの電源が切れたら、サイドボタンを再び、今度は Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。 iPhone8以前は、上部のボタン またはサイドボタン を、スライダが表示されるまで押し続けます。 スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。 デバイスの電源が切れたら、上部のボタン またはサイドボタン を再び、今度は Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。 Androidの再起動方法 電源ボタンを長押しして再起動します。 イヤホンマイクやBluetoothマイクで通話ができない時 マイク付きのイヤホンやBluetoothマイクなどで通話をしていて、相手に聞こえていない場合、単純にそのマイクが故障している可能性があります。 LINEには通話テスト機能があり、マイクが正しく機能しているか調べることができます。 念のためそちらで確認してみましょう。 LINEの「友だち」一覧から歯車アイコンをタップして「設定」を開きます。 「通話」をタップ。 「テスト通話」をタップ。 「録音内容は通話品質の向上の目的でのみ分析および利用されます」と表示されますので、問題なければOK。 でも、こんなテスト通話を勝手に利用しないで欲しいですよね。。。 音声ガイドのあとに10秒間マイクから通話してみましょう。 10秒後に録音されたメッセージが再生されます。 もし何も再生されていなければ、マイクが壊れている可能性が高いです。 新しいのを購入してください。 まとめ 今回は「LINEで通話・着信できない!「利用する権限がありません」が表示された時の対処法」をご紹介しました。 ほぼすべての原因をご紹介したつもりですが、もしこれらの方法を使っても解決しない場合、スマホ自体の故障も考えれれます。 かなり古いスマホなどを使っている場合は、最新機種を検討してみても良いかもしれませんね。 なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。 この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です|LINEの使い方まとめ総合ガイド

通話に応答がありませんでした

LINEには従来のメールと違い、アプリを利用することで自分と友だちになっている人を一括確認・管理できたり、タイムラインやグループといった SNSの機能も備わっています。 また、連絡ツールとして利用されることが多く、LINEアプリを使った無料通話機能は一気に日本人のコミュニケーションの幅を広げてくれました。 昔は通話時間によって料金がかかっていた電話ですが、 LINEを使うことで誰とでも、いつでも無料で電話をすることができます。 ただ、LINEで誰かに電話をかけてみたら 「通話中のため…」と出てきて相手につながらなかったという経験はありませんか? 相手が誰かと電話しているから繋がらないかと思いきや、いつかけてもなかなか繋がらない…もしかして電源OFFにしてる?と感じることもあるかもしれません。 そこで今回は、LINE通話での「通話中のために」はどういう状況で出てくるのか、そして相手が通話してないのに通話中になる原因なども解説していきましょう。 LINEでの通話中の画面とメッセージを受信した場合 まずは、LINEを使って電話しているときの「通話中」の画面と、通話中にトークでメッセージを受信した場合どうなるかについて確認してみましょう。 右上に通話中の相手が表示される 通話中の画面をバックグラウンドにしても、LINEを開いていると右上のあまり邪魔にならないところに通話している相手のアイコンと電話のマークが表示されます。 これは電話がつながっている、という意味です。 ちなみに、LINEアプリからホーム画面に戻るとスマホの上部に緑色の帯と通話時間が表示されます。 それが表示されている間は通話中ですが、間違えてLINEアプリを落としてしまうと通話が切れるので気をつけましょう。 ちなみに、LINEで通話中であってもトークからのメッセージを受信することもできるようになっています。 スマホのバイブレーションが鳴るため、しっかり通知もしてくれますよ。 つまり、LINEで通話をしながらゲームしたり、スマホを操作したり、メッセージを送りあったりすることができるのです。 相手の呼び出し画面から、自動でこのような画面に変わるのです。 「通話中のため」と表示されたらここに書かれているとおり、相手は別の誰かと通話しているために電話に応答できないから、相手への電話も繋がらないということになります。 しかし、いつ電話をかけてみても「通話中のため」と出てきて、なかなか電話できないというケースも見られます。 一部ユーザーの中には、「相手が電源を切っているのではないか?」と疑問に感じる人も多いようです。 そこで筆者は片方の電源を切って、そちらにLINEで電話をかけてみました。 その結果、「通話中のため」とならなかったのです! 相手が電源を切っていたら、 「通話中のために」に画面は切り替わらず、そのまま呼び出し音を鳴らし続け、最終的に「応答がありません」になりました。 「応答がありません」 通話中=電源を切っている、というわけではないことになります。 LINEで電話通話中じゃないのに通話中(電話してないのに通話中)と表示される原因 ただ、ユーザーの中では何かのエラーか、相手は通話中になっていないのになぜか電話をかけると「通話中のため」と表示されるという人も多いようです。 その原因は何でしょうか? まず、一番多いのが電話の入れ違いになったという原因です。 例えばAさんがBさんに電話をかけ、Bさんの応答が間に合わなかった場合不在着信扱いになります。 そこでAさんがもう一度かけ直したけど、Bさんも同時にAさんにかけ直したと言う場合です。 お互いがお互いに電話をかけている状態なのですが、電話の入れ違いになると両方とも「通話中のため」となってしまいます。 LINEで電話をする場合には、必ず「電話をかける側」「電話を受ける側」に分かれていないといけないのです。 次に考えられる原因は LINEアプリの不具合・バグです。 たびたびLINEアプリはアップデートを行っていますが、それは新機能が追加されていなくてもどこかで不具合が発生しているため、修正した後のアップデートが必要になるのです。 LINEの無料通話機能にも、たまに不具合が発生することがあります。 何度かけても、時間や日にちをずらしてかけてもずっと「通話中のため」と出てくる場合は、一度不具合を疑ってみましょう。 また、LINEアプリの不具合の場合はLINEを最新バージョンにアップデートしたり、スマホを再起動させたり、LINEアプリを一度削除して再インストールしたりすることで直ることもありますよ。 LINEで「通話に応答がありませんでした」と表示された場合 それでは、LINEの「通話中のため」ではなく「通話に応答がありませんでした」と表示された場合はどういうことでしょうか? 前の項目でも解説した通り、相手が電源を切っていた場合「通話中」ではなく「応答がありません」と表示されます。 不在着信 相手のトーク画面では「不在着信」と表示されます。 一番気をつけなくてはいけないのが、自分が相手にブロックされている場合も「応答がありません」と出てくるパターンです。 LINEにはブロック機能がありますが、自分がブロックされてもあまり気付かない仕様になっています。 ブロックすると相手からのメッセージや通話が届かなくなりますが、ブロックされた側は相変わらずメッセージを送ったり通話したりできます。 ただ、相手からの反応が無いことで「ブロックされたのでは?」と気付くことが多いですね。 相手にばれないでLINEが通話中か調べる方法はある? LINEで友だちと通話したいとき、相手が通話中かどうか気になることはありませんか? 通話中かどうかは一度電話をかけてみればわかるものですが、不在着信などの履歴が残ってしまいます。 できればばれずに調べたいと思う人もいるでしょう。 しかし、 今のところLINEでは通話中かどうかを調べる方法はありません。 思い切って電話をかけて、相手の様子を伺ってみましょう。

次の