シス lb。 十天衆シスに「久遠の指輪」を捧げて更にムキムキに【グラブル】

ロードバランサ

シス lb

40 kg 88. 18 lb 41 kg 90. 39 lb 42 kg 92. 59 lb 43 kg 94. 80 lb 44 kg 97. 00 lb 45 kg 99. 21 lb 46 kg 101. 41 lb 47 kg 103. 62 lb 48 kg 105. 82 lb 49 kg 108. 03 lb 50 kg 110. 23 lb 51 kg 112. 44 lb 52 kg 114. 64 lb 53 kg 116. 85 lb 54 kg 119. 05 lb 55 kg 121. 25 lb 56 kg 123. 46 lb 57 kg 125. 66 lb 58 kg 127. 87 lb 59 kg 130. 07 lb.

次の

【グラブル】キャラ差がひどいLB クリティカルはとりあえず全振りでいい?

シス lb

更新日:2006年12月19日 これまでの連載• 第6回 セッション維持機能• 第6回 セッション維持機能 でも説明したように、 は、付加価値の高いサービスを提供する上で欠かせない機能です。 利用者がWebサイトにアクセスしているとき、Webブラウザは比較的短い時間で接続を切ってしまいます。 つまり、クライアントとサーバが常時接続されている訳ではありません。 負荷分散システムでは、クライアントからのリクエストが複数のサーバに振り分けられるため、Webブラウザは、実際には毎回同じサーバにアクセスするは限らないという事になります。 これでも、情報を表示するだけの情報公開サイトなどであれば何の問題もありません。 しかし、クライアントからのリクエストが、前と異なるサーバに送られると困る場合があります。 たとえは、ショッピングサイトでは、ショッピングを始めてから決済がすむまで、利用者が選んだ商品のリストを管理しています。 しかし、リクエストが別々のサーバに送られると、各サーバが別々に異なった商品のリストを持つことになってしまいます。 このような問題の解決策の一つは、各サーバのアプリケーションが、サーバ間で通信をするなどして情報を共有することです。 しかし、この様な機能をサーバのアプリケーションに付加しようとすると、アプリケーションの開発が大変になってしまいます。 もう一つの解決策は、負荷分散装置のセッション維持機能を利用することです。 セッション維持機能を利用すると、ある利用者のリクエストは必ずひとつのサーバに振り分けられるため、利用者とサーバの両方にとって矛盾のない通信が保証されます。 サーバのアプリケーションは、他のサーバの存在を意識する必要がなくなります。 図 1. セッション維持機能 セッション維持機能は、セッションを識別する情報により二つに大別されます。 ネットワーク・プロトコルの情報を参照してセッションを識別する• アプリケーション・プロトコルの情報を参照してセッションを識別する 前者では、IP、TCP、UDPといった基本的なネットワーク・プロトコルの情報によって、セッションを識別します。 この方法は、アプリケーション・プロトコルに依存しないため、サーバのサービスの種類に関わりなく使用可能です。 後者では、より上位のアプリケーション・プロトコルの情報によってセッションを識別します。 アプリケーションが管理する情報に基づいてセッションを識別するため、きめ細かい制御が可能になります。 この方法は、アプリケーション・プロトコルに依存するため、サービスの種類に合わせてセッション維持の方式を選択します。 IPCOMでは、セッション維持機能として次の機能を提供しています。 全てのサービスで使用できる機能• ノード単位の分散 HTTP Web プロトコルのセッション維持機能• cookieオプション• URLリライト・オプション• HTTP認証ヘッダー・オプション SSLプロトコルのセッション維持機能• SSLセッションID・オプション 今回は、これらのセッション維持機能について説明します。 HTTP Web プロトコルのセッション維持方式 HTTPプロトコルに対しては、複数のセッション維持方式が用意されています。 Webブラウザの条件によって利用可能な方式が異なるため、対象となるクライアントやWebブラウザに合わせて、セッション維持方式を選択します。 cookieオプション cookie クッキー は、Webベースのアプリケーションを利用中に発生した利用者固有の情報を、サーバ側でなく、Webブラウザ側に記憶させる仕掛けです。 サーバは、応答データに Set-Cookieヘッダーを追加することで、記憶させたい情報とその有効期限を、Webブラウザに指示することができます。 Webブラウザは、有効期間内に同じサーバにアクセスするとき、リクエストに Cookieヘッダーを追加して、記憶していた情報をWebサーバに送ります。 「 cookieオプション」は、この機能を利用して、クライアントからのリクエストを同じサーバに振り分ける方式です。 セッション維持のために cookieオプションが設定された場合、IPCOMは、クライアントからのリクエストと、サーバからの応答の両方を監視します。 クライアントが初めてサーバにアクセスしたときには、IPCOMは設定された分散方式に基づき、最適なサーバにリクエストを振り分けます。 このとき、サーバはセッションIDをcookieとして応答データに挿入します。 Webブラウザは、このcookieを記憶しておき、次にアクセスするときにリクエストに挿入します。 サーバからの応答にセッションIDを含むcookieが含まれていたら、IPCOMはそのセッションIDとアクセス先のサーバのテーブルを作成します。 そのあと、クライアントからのリクエストにセッションIDを含むcookieが含まれていたら、IPCOMはそのセッションIDを発行したサーバを探し、そのサーバにリクエストを振り分けます。 パソコン用のWebブラウザのほとんどでcookieは利用可能であるため、cookieオプションはよく利用される方式です。 fujitsu. html? クライアントが初めてサーバにアクセスしたときには、IPCOMは設定された分散方式に基づき、最適なサーバにリクエストを振り分けます。 このとき、WebサーバはセッションIDを埋め込んだURLを生成して、Webブラウザに通知します。 そのあと、Webブラウザは、このセッションIDが埋め込まれたURLでサーバにアクセスします。 サーバからの応答にセッションIDが埋め込まれたURLが含まれていたら、IPCOMはそのセッションIDとアクセス先サーバのテーブルを作成します。 そのあと、クライアントからのリクエストにセッションIDが埋め込まれたURLが含まれていたら、IPCOMはそのセッションIDを発行したサーバを探し、そのサーバにリクエストを振り分けます。 URLリライト・オプションを使用することにより、cookieが利用できない端末でもセッション維持が可能となります。 図 4. URLによるセッション維持 HTTP認証ヘッダー・オプション Webブラウザは、Webサーバのアクセス制限のある領域にアクセスするとき、ユーザIDやパスワードの情報から生成された文字列 認証情報 を、 HTTP認証ヘッダー Authorizationヘッダー としてリクエストに挿入します。 「 HTTP認証ヘッダー・オプション」は、この認証情報を基に、リクエストを認証処理を実行したサーバと同じサーバに振り分ける方式です。 セッション維持のために HTTP認証ヘッダー・オプションが設定された場合、IPCOMは、クライアントからのリクエストとサーバからの応答の両方を監視します。 クライアントからのリクエストにHTTP認証ヘッダーが含まれていたら、IPCOMはその認証情報とアクセス先サーバのテーブルを作成します。 そのあと、クライアントからのリクエストに記憶している認証情報と同じ認証情報が含まれていたら、IPCOMはそのリクエストを以前アクセスしたサーバと同じサーバに振り分けます。 SSLプロトコルは、単体で使われる事はなく、HTTPやFTPといった他のアプリケーション・プロトコルと組み合わせて利用されます。 これにより、暗号化されていないアプリケーション・プロトコルとそのデータを保護します。 SSLとHTTPの組み合わせ HTTPS は、良く利用されます。 SSLセッションIDオプション SSLプロトコルでは、一つのクライアントとサーバの組み合わせに対して一つの SSLセッションIDが付与されます。 「 SSLセッションIDオプション」は、このSSLセッションIDでクライアントを識別し、同じSSLセッションIDを持つリクエストを、同じサーバに振り分ける機能です。 図 6. 現在、パソコンで使用されているWebブラウザのほとんどは、SSLセッションIDを短時間で切り替える仕様になっています。 HTTPS通信のセッション維持を行うには、次に説明する「 SSLアクセラレーターを利用したセッション維持」をご利用ください。 SSLアクセラレーターを利用したセッション維持 SSLプロトコルで保護された通信のセッション維持を行う方法は、もう一つあります。 それは、負荷分散装置に SSLアクセラレーターを内蔵し、通信データの復号化と負荷分散処理を同時に実施する方法です。 HTTPSプロトコルの通信データはSSLにより暗号化されているため、そのままではURLやcookieの情報を用いたセッション維持機能は利用できません。 SSLアクセラレーターで暗号化された通信データを復号化することにより、cookieオプション、URLリライト・オプション、HTTP認証ヘッダー・オプションが利用可能になりなます。 また、SSLプロトコルの処理はサーバにとって負荷が大きいため、これを専用のハードウェアで処理することにより、Webサーバの持つ能力を最大限に発揮させることができます。 IPCOMでは、SSLアクセラレーターを内蔵したモデルも提供しています。 【参考資料】 特集記事「 」 SSLアクセラレーターの導入効果について解説しています。

次の

十天衆シスに「久遠の指輪」を捧げて更にムキムキに【グラブル】

シス lb

また、ロードバランサがシングルの場合と冗長化の場合とでは 使用する機能も大きく異なってきます。 ここではシングル構成や冗長化構成に関係なく、ロードバランサ導入 に際して必須知識の ロードバラシング(負荷分散)、 パーシステンス(セッション維持)、 モニター(監視) の3つの重要な基本機能を紹介していきます。 今回は パーシステンス(セッション維持)を紹介していきます。 ECサイトのオンラインショッピングでは、クライアントからの連続して発生するリクエストを同一のサーバ に転送する必要のあるWebシステムがあり、そのようなシステムではこのパーシステンスは必須の実装機能。 ECサイトに限らず、イントラで使用するサーバの負荷分散においてもパーシステンスを実装させる必要性の あるWebアプリも多いです。 要件がない場合でも、送信元IPアドレスによるパーシステンスの設定が望ましい。 例えばロードバランシングでRound Robinを設定していて、パーシステンスを設定しない場合、上図のように サーバへの負荷分散は実現しますが、負荷分散しながら、同一のクライアントからのリクエストを同じサーバ への転送はできません。 しかし、負荷分散を設定だけではなくパーシステンスを設定していれば、負荷分散し ながらも、クライアントの送信元IPを見て、同一クライアントからのリクエストを同じサーバへ転送できます。 以下のパーシステンスの種類は、F5社の負荷分散装置(BIG-IP)で実装されている機能紹介となっていますが 他メーカの製品も基本的には同じような機能をサポートしています。 色々な種類があるとはいえ、よく使用され ているパーシステンスはクライアントの送信元IPアドレスによりロードバランサが割り振るサーバを固定する Source address affinity persistence 、Cookie情報により割り振るサーバを固定する Cookie persistence です。 以下では、よく使用される Source address affinity persistence と Cookie persistence の2つについて説明。 パーシステンスの種類 説明 Source address affinity persistence クライアントの送信元IPアドレスを見て、転送するサーバを固定する。 Cookie persistence Insert Mode BIG-IPが 特別なCookieをHTTPレスポンスに挿入。 Rewrite Mode WebサーバがCookie 名前: BIGipCookie を作成し、BIG-IPがCookie情報を更新。 Hash Mode WebサーバがCookieを作成し、BIG-IPはCookie情報を更新する。 BIG-IPは、Webサーバが発行するCookie名を指定する必要がある。 Source address affinity persistenceでは、クライアントの送信元IPアドレスを見て転送するサーバを固定。 Cookie persistenceでは、どのようにどのタイミングでCookieが組み込まれるのかに焦点を当て見ていきます。 下図では、Cookie Insert Modeの通信フローを解説しています。 クライアントからの最初のコネクションでは Cookieを保持していないので、ロードバランサはロードバランシングの設定に従いクライアントの通信先となる サーバを選択(Pick Server して転送します。 次にサーバからのHTTP Responseを受信したロードバランサは、 Cookieを挿入してクライアントへHTTP Responseを転送。 次に、クライアントからの次のHTTP Requestには 先ほどのCookieが挿入されているので、サーバはその Cookie を見て常に同じサーバに転送できるようになる。 実際にCookie InsertによりBIG-IPから セットされたCookie情報は以下の通り。 Google ChromeブラウザのCookie情報 から確認できました。 このBIG-IPに設定 されているプール名は「 POOL-HTTP 」 であることも分かります。 下図はCookie Rewrite Modeの通信フローを詳細に解説します。 クライアントからの最初のコネクションでは Cookieを保持していないので、ロードバランサはロードバランシングの設定に従い、クライアントの通信先と なるサーバを選択(Pick Server)して転送。 次に、サーバ側で発行したCookieを挿入します。 そのCookieが 挿入されたパケットを受信したロードバランサは、そのCookieをRewriteしクライアントへ転送します。 次に クライアントからの次のHTTP Requestには先のCookieが挿入されているので、その Cookie を見て常に同じ サーバに転送します。

次の