ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました。 ご足労・お運び /文例・敬語の使い方・意味

「ご足労いただき」とは?目上の人に使える?会話やメールで使用例・「ご足労」を使った表現も解説

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

「ご足労いただき」の意味 「ご足労いただき」の「ご足労」とは、「足を労働させる」または「足を労わる」という字を書きます。 文字通り「足を働かせる」、転じて「足を運ばせる」という意味の言葉なんです。 さらに「ご足労いただき」と丁寧な敬語表現が付いていますね。 つまり、「ご足労いただき」とは相手を敬う形で、「わざわざ来てくださって」という感謝を表す表現ということになります。 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は上で述べた通り、「わざわざ来てくださって」という意味なので、相手に自分の会社や集合場所などに 来てもらったときに使います。 感謝の気持ちを表す言葉なので、「ご足労いただき」の後には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を続けましょう。 相手がお見えになったときの挨拶として「ご足労いただきありがとうございます」と使います。 また、最後に「ご足労いただきまして、ありがとうございました」と使うのもいいでしょう。 「いただき」の代わりに「くださり」などを使うこともあります。 【例文】• お足元の悪い中、ご足労いただきまことにありがとうございます。 先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。 本日はご足労くださり、大変感謝しております。 類似した表現 「ご足労いただき」によく似た表現として、 「ご足労おかけして」という言い方があります。 似ているので、深く考えずに同じように使いがちですが、 実はこの2つは少し使い方が違うんです。 「ご足労いただき」は感謝の表現で、後に「ありがとうございます」などが続きます。 それに対し、「ご足労おかけして」は「おかけする」という言葉が入っていますよね。 「おかけする(かける)」は「迷惑をかける」「手間をかける」「面倒をかける」などのように、相手に何か不都合な思いをさせてしまうというニュアンスの言葉です。 つまり、「ご足労おかけして」は感謝よりも恐縮、お詫びといった意味の強い表現になるわけなんです。 なので、「ご足労おかけしてありがとうございます」ではなく、「ご足労おかけして申し訳ございません」「ご足労おかけして恐縮です」などと使うようにしましょう。 「ご足労いただき」よりも、相手に迷惑をかけながらわざわざ来てもらっているような時に、恐縮する気持ちを込めて使うことができますね。 間違った使い方 「ご足労いただき」(または「ご足労おかけして」)は、今まで見てきたように、「相手にわざわざ来てもらって」という場面で使う言葉です。 ですので、「ご足労」を勧めるような言い方は不適切です。 【例文】• ご足労いただきますようお願い申しあげます• ご足労お待ちしております• ぜひご足労くださいませ このような使い方をしてしまうと、相手に対して失礼に当たります。 あくまでも「わざわざ来てもらってすみません、ありがとうございます」という意味であることを忘れないようにしましょう。

次の

「ご足労をおかけして申し訳ありません」の使い方

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

つまり、先方が自分のところへ来てくれたときに使う言葉なのです。 「本来は自分のほうから出向かなければならないところ、わざわざお越しいただいてすみません」というニュアンスが込められています。 相手を敬う言葉ですから、目上の人や取引先の相手に使ってもまったく問題ありません。 社外の人に「自分たちよりも、同じ会社の人間に気を使っている」と不快感を与えてしまいます。 その場に同席している人との関係を考えて、例えば上司と自分だけになったときなどの適切なタイミングを捉えて使うのが、効果的です。 これから来てもらうときには「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」のように使えばいいですし、実際に会った時には「ご足労おかけしました」と挨拶の言葉として使うといいでしょう。 また後日「先日はご足労をおかけし、ありがとうございました」のように過去形で使うのも構いません。 「わざわざ足を運ぶ」という意味を持つ「ご足労」を、相手に「してほしい」と期待するような使い方は、失礼な印象を与えます。 [NGな表現の例]、 ・当日は弊社にまでご足労ください ・ご足労、お待ちしております ・ご足労、よろしくお願いします などはNGな表現の典型で、まず使いません。 ご足労という言葉には、「いただく」あるいは「おかけする」などの言葉をセットで組み合わせるように心がけると、失敗しません。 ・ご足労頂くことになり、大変恐縮です。 ・遠いところご足労おかけして、申し訳ございません。 ・打ち合わせの際には弊社までご足労くださり、大変感謝しております。 ただし、どちらかと言えば文章で伝えるときによく使う言葉です。 話し言葉としては、かなり固い印象を与えます。 話し言葉では、例えば「本日は弊社までお越しいただき、ありがとうございます」のように、「お越しになる」「ご来社」などに言い換えるのが一般的です。

次の

「ご足労頂きありがとうございました」の意味とは?例文で使い方を解説

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

【このページのまとめ】• ・ビジネスシーンで使われる「ご足労」は、クッション言葉としても活用可能 ・「ご足労」は、そのときの状況や場面に合わせて使用しよう ・良い印象を与えるためには、「ご足労」を用いるタイミングに注意する 社会人になると耳にしたり、目にしたりすることが増える「ご足労」という表現。 普段なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか。 使い方はイメージしやすいこの言葉ですが、使うタイミングに気をつけないと失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。 「ご足労」の意味や正しい使い方を身につけて、ビジネスシーンで活用しましょう。 このコラムでは、「ご足労」の表現について詳しく解説しています。 コンテンツ目次• 「わざわざお越しいただく」という意味があり、「こちらが足を運ばなければならないところ、わざわざ来てもらった」ことに対して感謝の意を表すときに用います。 「ご足労」はクッション言葉としても活用可能です。 クッション言葉とは、ストレートに言うときつく感じる言葉の衝撃をやわらげる言葉のこと。 目上の人に「お願い」や「お断り」といった内容を伝えるときに、クッション言葉として「ご足労」を用いることで、相手側も受け入れやすくなるでしょう。 「ご足労」は直接言うだけではなく、メールでも使用可能です。 来社する前なら「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき恐縮ですが」といったような表現ができます。 また、ミーティング後にメールをする際にも「先日はご足労いただきありがとうございました」や「先日はご足労をおかけしてしまい申し訳ありません」などの表現を入れると丁寧な印象になるでしょう。 「ご足労」の具体的な言い回しについては、次の項目で詳しくご紹介します。 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」という形を基本に、シーンに合わせて利用しましょう。 【来社前】 ・ご足労をおかけいたします ・ご足労をおかけしますが、よろしくお願いいたします 【来社当日】 ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただきまして誠にありがとうございます ・本日は遠方よりわざわざご足労いただき、ありがとうございます ・この度はご足労いただきまして恐縮です 【来社後】 ・先日は大変ご足労をおかけいたしました ・遠路はるばるご足労いただき、誠にありがとうございました 先述したように、「ご足労いただきまして」「ご足労おかけしますが」といった表現は、口頭だけではなくビジネスメールのやり取りの最後に用いられることも多く、さまざまな場面で活用できます。 実際に使用するときは、状況に応じて上記のように活用すると良いでしょう。 以下のポイントに注意して使いましょう。 【相手の来社が確定するまで使わない】 相手側の来社が決定する前に「ご足労おかけしますが」と言うのは避けましょう。 来社することが前提となってしまい、押し付けがましい印象を与えてしまいます。 来社を依頼する際には、「弊社までお越しいただけますか」「おいでいただけると幸いです」など、他の表現方法もあります。 「ご足労」という表現は、来社を承諾してもらった後お礼を述べる際に使うと良いでしょう。 【社内向けに使わない】 「ご足労いただき」「ご足労おかけいたしますが」といった表現は、取引先や顧客など社外に向けて使うのが一般的です。 いくら目上の人といっても、上司など社内の人間に対して「ご足労」を使うのは避けましょう。 敬語の使い方次第で、相手に与える印象は変わります。 正しい敬語は、相手に対して配慮や気遣いの気持ちを表現するだけではなく、丁寧な印象や誠実な印象を与えることが可能です。 「ご足労」などビジネスシーンで使用する言葉を中心に、正しい意味や使い方を学んでいきましょう。

次の