歯 を 白く する 方法 中学生。 神経が死んだ前歯の黒ずみを白くしたい。3週間位で白くなる?

重曹で本当に歯は白くなるの?気になる効果まとめ

歯 を 白く する 方法 中学生

歯を白くする方法の前に…歯の着色の原因 歯を白くする方法の前に、歯の着色の原因を見ていきましょう。 歯が黄ばんでいる人、黒ずんでいる人など、それぞれ原因があります。 ステイン(着色汚れ) 歯の表面にある「ペリクル」という薄い膜が、食べ物などの色素を歯にくっつける働きを持っていて、歯の着色の原因になることも。 よく聞くステインとは、この、歯の表面に食品の色素がくっついてしまう着色汚れのことを指します。 煙草を吸っていたり、コーヒーをよく飲んでいたり、チョコをたくさん食べていたりすると、その色素が歯の表面につき、黄ばみの原因になります。 歯の神経が死んでいる 怪我などが原因で歯の神経が死んでしまうと、その歯の色が変わります。 黒ずんで見えるため、歯を白くしたいと思う人も多いでしょう。 こちらは自力で歯を白くするのではなく、歯医者で治すことができるかもしれません。 年齢による歯の黄ばみ 人間は加齢と共に歯が黄ばんでいく傾向にあります。 歯の表面にはエナメル質という、半透明の白色物質があるのですが、これは毎日少しずつ削れていってしまいます。 そのため、年を重ねるごとに歯の中の象牙質が透けてみえやすくなってしまうのです。 虫歯を放置していた 歯の病気でよくある虫歯。 もし、虫歯を放置していたら、歯が黄ばむ原因になります。 虫歯になると菌の成分により、歯のエナメル質が溶けていきます。 これがさらに進行すると、虫歯になった歯は黒く変色していってしまうのです。 虫歯の進行度によっては、歯の神経が死んでしまうこともあるので気をつけましょう。 歯を白くする方法はある? それでは、黄ばんでしまった歯を白くする方法はあるのでしょうか?ここでは自宅でできる歯を白くする方法をご紹介します。 (歯医者でできる歯を白くする方法は記事の後半をご確認ください) ホワイトニング用の歯磨き粉 まず、歯を白くする方法として知られているのが、ホワイトニング用の歯磨き粉です。 普段の歯磨きにホワイトニング用の歯磨き粉を使うだけの、簡単なやり方です。 ホワイトニング用の歯磨き粉は効果を感じる人と感じない人に分かれるため、確実に歯が白くなる方法とは言えません。 ですが、手軽に始められるため、まずは歯を白くする方法の第一歩として使ってみるのもいいですね。 歯を白くする消しゴム 歯を白くする方法には、消しゴムを使う方法もあります。 歯を白くする消しゴムとは、文房具の消しゴムのように歯の表面についた汚れを擦って落とすグッズです。 ステインが気になる人におすすめの歯を白くする方法になります。 ただし、強く擦ると歯の表面を削りすぎるので注意が必要です。 歯を白くするマニキュア 歯を白くする方法には、マニキュアもあります。 これは、爪に塗るマニキュアと同じように、歯専用の白くなるマニキュアを塗って綺麗に見せる方法になります。 ムラができないように素早く塗って乾かすことで、短時間で歯を白くすることができます。 市販でも歯専用のマニキュアは売られているため簡単に試すことができますが、マニキュアが剥がれやすいというデメリットもあります。 ホワイトニングペン 歯を白くするマニキュアの他に、ホワイトニングペンというものもあります。 これも歯に塗るタイプのグッズで、歯を磨く前にホワイトニングペンを使うことで歯を白くしていくようです。 歯に塗るだけなので簡単に使うことができます。 重曹 歯を白くする方法として、いつもの歯磨きに重曹をプラスして使う方法もあります。 重曹を使う方法は、特別な準備もいらず、専用の歯を白くするグッズを用意する必要もないので、手軽に始められるでしょう。 ただ、重曹で歯が白くなったと感じる人、効果がないと感じる人など、口コミでの人気は分かれます。 また、重曹で歯を白くする方法は歯を削ることになるのでおすすめしないという意見、やるとしてもごく少量でという意見もあります。 やってはいけない自分で歯を白くする方法 自分で歯を白くする方法は色々ありますが、やってはいけない方法もあります。 ここでは、注意したい、自分で歯を白くする方法をチェックしていきましょう。 アルミホイルと重曹で歯を白くする方法 重曹で歯を白くする方法があるとご紹介しましたが、重曹だけでなくアルミホイルも使った歯を白くする方法も知られています。 確かに重曹は効果的ですが、アルミホイルを使った方法はNGです。 重曹はほんの少しだけ歯磨き粉に混ぜて、優しく歯を擦るだけにしてください。 重曹と塩を歯磨き粉に混ぜて、歯に塗ったあと、アルミホイルで歯をパックして放置してから歯磨きするという方法は歯を余計に傷つけてしまう可能性があるのでやらないようにしましょう。 有吉ゼミで知った?いちごで歯を白くする方法 有吉ゼミで話題と言われている歯を白くする方法をご存知ですか?実際にはレディース有吉という噂を検証する番組の中で取り上げられた方法ですが、そのひとつに「いちごで歯を白くする方法」というのがありました。 いちごは強い酸性の果物なので、その酸が歯についた汚れを溶かしてくれるという方法ですが、歯のエナメル質も溶かしてしまう可能性があります。 食べ物として優秀ないちごですが、あえて歯磨き用に使うのは避けた方がいいかもしれません。 中学生で歯を白くする方法 中学生になって歯を白くする方法が気になり始めた場合、ホワイトニングするのは少し待った方がいいでしょう。 中学生の歯は、まだ完全な大人の歯ではありません。 若い大人の歯への影響がまだわからないため、ホワイトニングは18歳以上になるまでやらない方がいいでしょう。 ただ、どうしても中学生で歯を白く見せたい場合は、歯専用のマニキュアがあるので、使ってもいいか歯医者さんで相談してみましょう。 歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング 歯を白くする方法の中でも、毎日続けやすいのが市販のホワイトニング用歯磨き粉を使った方法です。 いつもの歯磨き粉をホワイトニング用に変えるだけなので、めんどくさがりな人は試してみましょう。 ここでは、市販のホワイトニング用歯磨き粉のおすすめをランキング形式でご紹介します。 5位:クリアクリーン プレミアム 歯質強化 花王のクリアクリーンから「クリアクリーン プレミアム 歯質強化」の歯磨き粉が出ています。 1450ppmの高濃度フッ素が配合されており、歯のエナメル質の修復を促してくれます。 また、歯の耐酸性を高めて歯質を強化することで、虫歯予防にも繋がります。 大人の歯磨きにおすすめの市販の歯磨き粉で、ランキングに選びました。 アメリカで宣伝されている歯磨き粉ですが、日本でも口コミ評価が多く集まっていることから市販のホワイトニング用歯磨き粉としてランキングにピックアップしました。 ただ、少し刺激を感じる人、知覚過敏だから使いづらいという人もいるため、マイルドな使い心地を求める人には合わないかもしれません。 ポイントは、大きいサイズのサポートシリカ(清掃剤)と、2タイプの小さいサイズの高清掃シリカが配合されているトリプルクレンズ処方で、この3つの成分が歯の着色汚れを落としてくれます。 さらにステインコントロール成分がステインをつきにくくしてくれるので、市販のホワイトニング用歯磨きとしておすすめのため、ランキング入りです。 高機能シリカが歯の表面のステインを吸着して除去し、さらに歯磨き粉に配合されているキレート成分が再び着色汚れがつかないよう予防してくれます。 週に1~2回のスペシャルデンタルケアにおすすめです。 更に、歯にミネラルを補給してくれます。 歯垢や着色汚れを除去してくれるだけでなく、歯磨きのあとにはつきにくくして、虫歯も予防してくれますよ。 口コミの評判の上々のため、市販のホワイトニング用歯磨き粉としてランキング上位に選びました。 歯医者で歯を白くする方法は主に「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」、そしてその2つをセットにしたホワイトニングコースがあります。 オフィスホワイトニングは歯医者で施術してもらい、短期間で効果が期待できるタイプのホワイトニングです。 ホームホワイトニングは、歯医者の指導のもと、自分で家でケアする方法になります。 オフィスホワイトニングより時間がかかるという違いがあります。 この2つをセットにしたスペシャルなコースも歯医者によってはあり、オフィスホワイトニングをしたあとにホームホワイトニングで歯を白くする方法です。 短期間で効果を期待でき、さらにホームホワイトニングで歯の白さを持続させていくためのケアを行います。 歯のホワイトニング効果はいつまで? ここまで歯を白くする方法をご紹介してきましたが、歯のホワイトニングの効果はいつまで続くのでしょうか? 歯専用のマニキュアの効果期間は短いと言われています。 剥がれやすく、定期的なケアが必要です。 また、ホームホワイトニングの効果は約1年、オフィスホワイトニングの効果は約3か月~6か月、続くと言われています。 ただ、どの方法でも自分の生活習慣などによって、効果が続く期間が変わると思っていいでしょう。 歯を白くする方法のあとは予防対策 歯を白くする方法をとって、自分にとって理想的な歯になったら、今度はその歯の状態を持続できるように予防していきましょう。 ステイン予防 ステイン予防には、着色汚れの原因となる食品などをあまり摂らないようにするのがおすすめです。 せっかく歯を白くする方法を取っていても、日常的にコーヒーを飲み、チョコレートを食べ、たばこを吸っていたら、なかなか効果は感じられないでしょう。 合成着色料を含む食品やポリフェノールを多く含む食品は控えるようにし、もし食べてしまっても早めにうがいや歯磨きをして予防するといいですよ。 歯の表面を傷つけないようにする 歯の表面を傷つけるとそこに汚れが溜まりやすくなってしまうため、歯磨きをするときは優しく擦るようにしましょう。 また、研磨剤が多く含まれている歯磨き粉や塩などを使用すると歯の表面を傷つけることがあるので注意してください。 虫歯予防をする 歯の黄ばみは虫歯も原因のひとつでしたよね。 なので、虫歯予防も忘れずに行いましょう。 毎日歯磨きをするのはもちろん、口の中が乾燥していない状態(唾液がある状態)を保つのが好ましいです。 こまめに水分をとったり、ご飯を食べるときはよく噛んだりするといいですよ。 まとめ 今回は歯を白くする方法をまとめてみました。 歯を白くする方法には自分でできること、歯医者でできることと分かれています。 自分の歯の状態をチェックして、ホワイトニング用の歯磨き粉を使ってみたり、歯医者へ相談しに行ったりしましょう。 自分で簡単にケアできることもあれば、効果が感じられないこともあります。 「これは絶対に歯が白くなる方法だ!」というのはないので、無理はせず、自分に合った方法を見つけてみてください。

次の

神経が死んだ前歯の黒ずみを白くしたい。3週間位で白くなる?

歯 を 白く する 方法 中学生

しっかり歯を磨いているのに、歯が汚く見られるのは嫌ですよね。 汚く見える原因は歯の着色や歯並びなどが関係しています。 今回は歯が汚く見える原因と、歯をきれいにする方法を紹介します。 歯が汚く見える8つの原因ときれいにする方法 ステインの付着 紅茶やコーヒーなどに含まれるステインによって、歯が汚く見えてしまうことがあります。 ステインは普段の歯磨きだけでは、なかなかきれいに落とすことは出来ません。 プロの手入れが必要だから、歯科医院で歯科衛生士にクリーニングしてもらいましょう。 歯石の付着 歯石に覆われた歯は歯茎も汚く見えて、口臭もあって不潔な状態です。 歯医者さんで歯石をきれいにとれば、清潔感があってきれいな歯になります。 歯の色が黄色い もともと永久歯は黄色がかった色で、汚い色ではないのですが、ホワイトニングした白い歯に比べると、どうしても汚く見えてしまうものなのです。 よりきれいな歯に見せたい方には、歯のホワイトニングをお薦めします。 被せ物の劣化 保険で扱うプラスチックの被せ物は2、3年すると黄色く変色し、土台の金属のせいで根元や歯茎が黒くなって汚く見えてきます。 機能的には問題ないのですが、きれいに見せたいなら変色や劣化しないオールセラミックで治療することが薦められます。 虫歯が見える 前歯は歯と歯の間から虫歯になり易く、気づかず進行して、急に穴が開いたり、黒くなって歯が汚く見えたりします。 小さな虫歯ならプラスチックの詰め物で、1日あれば治せるから、早めに治療してもらいましょう。 前歯の神経が死んでいる 神経が死んでしまった歯は、歯の中に血液が流れなくなって、再生能力を失ってだんだん黒ずんだり、歯が欠けやすくなって、歯が汚く見えるのです。 歯の裏側からホワイトニング剤を入れたり、セラミックを被せてきれいにする方法もあります。 銀歯が多い 歯の色は本来白に近いのですが、銀歯が口の中を暗く、汚く見せてしまいます。 小さい銀歯ならプラスチックの詰め物で、大きめならセラミックの詰め物で治療すれば、白くて口の中全体がきれいに見えます。 歯並びが悪い 八重歯が可愛いと思うのは日本だけのようで、先進国では歯並びが悪いと相手には汚いイメージを持たれてしまいます。 歯並びがきれいになるだけで得することは多いようですよ。 水質汚染の心配もない環境に優しい自然物質で、人体にも優しく、口内でも大きな力を発揮します。 飲食した口内は酸性になって細菌が繁殖します。 その細菌が食べカスをエサに腐敗し、歯垢(ステイン)となって歯に付着します。 これが虫歯や歯周病の原因となるのです。 また、口内の酸性が長く続くと、歯のエナメル質が溶け出してゆきます。 でも、アルカリ性の重曹なら酸性を中和して、細菌の繁殖をストップし、歯の再石灰化を促進して丈夫な歯を保ちます。 歯磨きの方法 1-うがいで口内を濡らす 2-歯ブラシにうっすらと乗るぐらい重曹をつける 3-5分程、優しくブラッシングします 4-磨き終わったら、口をゆすぎます 注意点 ・工業用でなく、食用品・医薬品を使うこと ・研磨力で歯の黄ばみや着色を落とすので、やりすぎないこと。 エナメル質を痛めると、逆に歯が変色するので、日数かけても効果が表れない場合はあきらめましょう。 ・成分はナトリウム(塩)だから、高血圧など塩分制限されている方には薦められません。 レモン汁(答え:No) レモン汁成分のクエン酸で歯を白くします。 クエン酸で歯のエナメル質が柔らかくなってしまい、それを強い力でゴシゴシ擦ると、ボロボロになってしまう可能性があります。 激落ちくんスポンジ(答え:No) 大掃除の頃には、100円均一ショップで人気の汚れ落としスポンジです。 レンジ周りの頑固な汚れや水回りの水垢落としによく使われています。 スポンジには強い研磨成分が入っているので、歯の表面の凸部分は取れ易いですが、凹部分は残ってしまい、線のように黄ばみが残ってしまいます。 この凹部分まできれいにしようとすると、歯のエナメル質を削り過ぎ、内部の象牙質が透けて見えて、歯が黄色に見えてしまうのです。 キシリトールガム(答え:No. ) キシリトールガムには、メタリン酸ナトリウムと云う成分があり、ホワイトニング効果はありますが、微量ですから噛んでいる最中に歯が白くなるとは考え難いですね。 ただ、歯への着色を防ぐ効果はあります。 バナナの皮(答え:No) バナナには食物繊維が多く含まれ、便秘解消などバナナダイエットも流行っていますが、ホワイトニング効果もあると云われています。 バナナの皮の裏側部分を歯につけて、しばらくしてから、歯を磨くのを毎日続ければ、黄ばみが取れて歯が白くなるとネットで話題になりました。 でも、バナナのフルーツの酸のpH値は5. 0と酸性です。 着色汚れのステインを溶かすと云われますが、実はエナメル質まで溶かす酸性なので、遂には内側の象牙質が透けて見えるようになり、よけい黄ばんで見えてきます。 アルミホイルと重曹(答え:No. ) 重曹と塩と歯磨き粉を混ぜて、歯に塗り、アルミホイルを歯に密着させるように貼り付けて、1時間くらい、じっとしておく。 その後、アルミホイルを外してブラッシングするという方法が紹介サイトにありました。 でも、重曹の研磨力は強いから、歯を傷つけるよう手荒な方法は避けた方が良いでしょう。 ココナッツオイル(答え:YES) 海外セレブや芸能人が歯を白くするために、ココナッツオイルで20分間クチュクチュするというものです。 一般的なサラダ油は代謝を下げますが、中鎖脂肪酸は代謝を促進するので、ココナッツオイルには、たくさんの効能があります。 ココナッツオイルでホワイトニングする方法 1-大さじ一杯のココナッツオイルを口に入れる 2-15分から20分程度、口の中でクチュクチュする。 3-ぬるま湯で口の中をすすぎ、捨てる。 でも、専門の先生によると、ココナッツオイルは虫歯、歯周病、歯肉炎予防などに効果があり、長時間、クチュクチュすることで表情筋が鍛えられ、小顔効果があるとされますが、貴重な時間を費やすくらいなら、3分間丁寧に歯磨きをする方がはるかに効果的だと指摘されました。 ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は抗菌・抗ウイルス効果が確認されています。 同じ果物でもパパインは着色汚れを落とす効果で有名なので、ココナッツオイルとパパインの成分を使った、歯を白くする歯磨き粉を多くの自然派指向の方が使っているようです。 活性炭(YES or No. ) 活性炭は微粒子で、内部構造は多くの細かい穴が開いています。 その活性炭の細かい穴が、歯の表面の黄ばみや汚れを取り除くと云うものです。 口に入れても大丈夫な活性炭の商品による歯磨き方法を紹介します。 いかがでしたか、自宅でケアする場合は間違ったNGケアで、よりステインがついて歯茎や歯にダメージを与えることもあるので、歯医者さんに診察してもらってから、行うようにしてください。

次の

ホワイトニング治療

歯 を 白く する 方法 中学生

誰かと話している時に、歯の黄ばみが気になったことはありませんか?逆に歯が白い人と話す時は、印象が良く爽やかな気持ちになります。 今回は、一番目に止まりやすい歯を白くする方法をご紹介していきましょう。 番組内でご紹介していた方法や、歯を白くする方法に活かしやすい歯磨き粉など、ギュッとまとめてお届けします。 気になる歯の黄ばみ…その原因は? 歯を白くする方法は色々ありますが、まず始めは歯を白くなくしてしまう原因についてチェックしていきましょう。 歯が黄ばむ原因は、外部の原因と内部の原因の2つありました。 人は、歳を重ねていくとエナメル質が加齢に伴って減り、薄くなっていくことで黄色く変化。 エナメル質とは、歯の表面にある白い膜のような物質のことです。 さらに、テトラサイクリン系の抗生物質を飲んでいる人は、身体の中にある硬組織に影響を与え、歯を着色させてしまいます。 ステインとは、シミや汚れのことを指し、コーヒー、お茶、ワイン、チョコレート、ココアなどによってくっつきます。 さらに、ペリクルという薄い膜は、歯を守るメリットがある反面、着色汚れをつきやすくしてしまうこともあるようです。 歯垢も、落とし方が甘いと歯を黄ばませてしまう原因になるので気をつけましょう。 歯を白くするメリットは?印象が変わる? 次は、歯を白くするとどういった良い事があるのかをご紹介します。 色々なネット上の記事を見ると、歯が黄色い方がいいというものは1つもありませんよね。 歯を白くする方法をご紹介するのは、このメリットを感じてもらいたいからなのです。 笑った時や会話している時に、歯が黄ばんでいるとそれだけで不潔に見えて、気になりますが、その逆に、歯が白いと爽やかに見えますし、印象もとてもよく映ります。 自分の歯の黄ばみが気になると口をあげて、大きく笑うことは恥ずかしくてなかなかできません。 しかし、歯を白くする方法を実践して、歯が白くなったら笑顔の数も増えそうです。 歯を白くする方法をチェック! ここまで歯を白くするメリットや歯が白くならない原因をご紹介してきました。 次は、歯を白くする具体的な方法をいくつかお届けしていきましょう。 重曹を歯磨き粉代わりに使う方法は、とても簡単。 重曹には、食用とそうでないものがあり、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれています。 重曹をひとつまみ取ったら、歯磨き粉代わりに歯ブラシの上につけて歯を洗いましょう。 歯は、1日に3回洗うことがおすすめで、朝起きてからと昼、そして夜はしっかり洗うようにします。 ステイン汚れ以外に、歯垢を落とすことで、口臭や歯周病なども予防してくれますよ。 塗り終えたらその上から、アルミホイルをかぶせて、1時間待ち、口をしっかりゆすぐだけです。 重曹には、研磨作用もあるので、強くこすることはNG。 歯を傷つけてしまう可能性があります。 歯を白くする歯磨き粉の選び方 歯を白くする方法には、有吉ゼミなどの番組内で紹介されている方法や、専用の歯磨き粉を使う方法など色々です。 この中でも一番おすすめの方法は、歯磨き粉をステインオフやホワイトニング効果のあるものを選ぶこと。 次は、歯を白くしてくれる歯磨き粉を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。 研磨剤とは、その名の通り、歯の表面を磨いてステインを除去し、滑らかにする効果がある成分のこと。 一見、良い成分に見えますが、歯の表面を傷つけて着色汚れが目立つ可能性も。 歯磨き粉を選ぶ時は、研磨剤を含まないアイテムを選ぶか、Lime粒子、ハイドロキシアパタントなどの成分を選ぶようにしましょう。 中でもホワイトニング成分は、歯を白くするためにも大切な成分と言えます。 歯の表面の汚れを浮かすために活用されるポリリン酸ナトリウム、汚れを防いでくれるハイドロキシアパタント、健康的な歯を保つために欠かせないフッ素が入っている歯磨き粉がおすすめ。 歯を白くする方法で使いたいおすすめ歯磨き粉ランキング 歯を白くするための歯磨き粉を選ぶポイントの後は、具体的にどんな商品がいいのかをランキング形式でご紹介していきます。 市販で購入できて、ホワイトニングをサポートしてくれる歯磨き粉を早速、チェックしていきましょう。 第5位:ルシェロ歯みがきペーストホワイト ルシェロ歯みがきペーストホワイトは、ジージーから販売されているアイテムです。 弱アルカリ性のペーストで、薬用成分のポリエチレングリコール400とLime粒子の効果で、歯表面の着色汚れを除去してくれます。 それに加えて、フッ素も配合しているので、傷ついた歯の表面を再生してくれる再石灰化を促進してくれる効果もあるのです。 第4位:Dr. オーラルホワイトニングパウダー Dr. オーラルホワイトニングパウダーは、卵殻アパタント配合のパウダータイプの歯磨き粉です。 パウダーは、粒子が細かいので狭い歯の隙間にもしっかり入り込みながら磨きあげてくれます。 ヒトの歯と似ている卵の殻を使用しているため、歯のエナメル質に近く、吸着力に優れています。 歯の表面をこれを使って磨くと、黄ばみを吸着して歯を徐々に白くなるように導いてくれるのです。 第3位:デジタルビューティーケア デンタルビューティーケアは、清掃剤にパール末と薬用成分としてポリエチレングリコールが使われてるホワイトニングの歯磨き粉。 歯の表面にこびりついている黄ばみを優しく浮かせながら分解し、落としやすくしてくれます。 しかし、それだけでなく、歯石の沈着を防いでくれるゼオライトやオーガニックハーブも多く配合しているので、歯の健康を守りながらホワイトニングができるところが魅力です。 第2位:トゥービーホワイトホワイトニングジェルハミガキ トゥービーホワイトのホワイトニングジェルハミガキは、ジェルタイプになっており、6つの成分を贅沢に配合している1本。 Wの美白成分で歯を白くしてくれるだけでなく、フッ素成分が歯の再石灰化を促進してくれます。 しかし、それだけではありません。 歯を磨いた後も汚れをつきにくくするために、リン酸やピロリン酸などが歯をしっかりサポートしてくれます。 第1位:アパガードスモーキン アパガードのスモーキンは、ステインケア専用の歯磨き粉です。 薬用ハイドロキシアパタントが配合されており、歯を労りながら優しく洗い上げてくれます。 洗い上がりもスッキリしていて、満足度抜群です。 歯の表面にあるエナメル質を修復してくれる効果もあるので、1度は使ってみたい人気は磨き粉の1つと言えます。 最後に 歯を白くする方法は、ご紹介しただけでも色々な方法がありますね。 歯磨き粉や重曹などを取り入れて、歯を白くする方法がありましたが、これを実践するにあたり気をつけたいことがあります。 それは、歯を磨く時に強く擦りすぎないこと。 強く擦りすぎてしまうと歯の表面に傷がついて、着色汚れがつきやすくなってしまうので注意しましょう。 白い歯は、それだけでも好感度アップに繋がる重要な部分。 ぜひ、歯を白くする方法を実践しながら美しくて、健康な歯を手に入れましょう。

次の