自転車 あさひ 保険。 東京都・奈良県・愛媛県で自転車保険の加入義務化スタート! あさひの新生活応援キャンペーンで自転車保険が当たるチャンス!

サイクルベースあさひ(サイクルパートナー)自転車保険の評判と口コミ【比較王チャーリー】

自転車 あさひ 保険

保険名: TSマーク付帯保険 プラン種類:赤色TSマーク、青色TSマーク 引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社 TSマークの自転車保険とは? TSマークとは、 自転車安全整備士の点検と整備を受けることで、自転車に貼り付けてもらえる赤または青のマークです。 このTSマークのメリットは 自転車事故で加害者になった際の 賠償責任補償、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)、と 自転車事故でケガをしてしまった際の 傷害補償の保険がついていることです。 自転車は身近な乗り物だからこそ点検整備を受け、万が一に備えてはいかがでしょうか? 保険料は、自転車の点検整備料となり、代金の目安は店の整備代金にもよりますが 1,000円から2,000円程度です。 TSマークの 有効期間は整備を受けてから1年間です。 1年ごとに点検整備を受けることで安心して自転車に乗れますね。 TSマーク付帯保険の補償内容は? それてはTS マーク自転車保険の補償内容を見ていきましょう。 自転車を点検整備することで付帯される保険のため、保証内容が特別に手厚いというわけではありませんが、最低限の補償がついています。 青色TSマーク 赤色TSマーク 傷害補償 死亡・重度後遺障害(1~4級) 30万円 100万円 傷害補償 入院(15日以上) 1万円 10万円 賠償責任補償 死亡・重度後遺障害(1~7級) 1000万円 1億円 被害者見舞金 入院(15日以上) 1000万円 10万円 注意すべきポイントは「入院保険金」や「被害者見舞金」は日額ではなく15日以上の入院に対して1回支払われるという点です。 また示談代行サービスはついていませんので希望者は注意が必要です。 そして補償の対象となるのは 自転車に搭乗中の事故に限定されます。 TSマーク自転車保険の最大の特徴は、TSマークが貼り付けられた自転車に付帯する保険ということです。 つまり、自転車に乗った家族や友人等も補償の対象になります。 会社やレンタルサイクルなど、たくさんの人と共有して自転車を使う場合はTSマークを貼ることで補償の付いた自転車に乗ることができます。 事業者にとっては特に有効な保険と言えます。 TSマーク自転車保険の加入方法 自転車安全整備店で自転車の点検整備を行い、その自転車が安全であると確認できたら、自転車安全整備士にTSマークを貼ってもらうことで自動的に保険に入ったことになります。 整備を受けた自転車店でTSマーク付帯保険加入書綴(お客様用)を受け取って、保険期間の1年間は保管します。 TSマークの 有効期間は1年なので、継続するには毎年点検整備をうけて更新する必要があります。 自転車安全整備店であれば、自転車を購入した店でなくても点検整備を受けることができます。 整備店かどうかはTSマーク取扱店と表示されていることからもわかりますし、全国自転車安全整備店一覧から探すこともできます。 TSマークを取り扱っている自転車店はで調べられます。 自転車で事故をおこし、自分に過失がある場合は損害賠償金も高額となり、過去の事例をみると賠償額が数千万円になったケースもあります。 TSマーク付帯保険の特徴を理解し、万が一に備えて検討してみてはいかがでしょうか。 他のおすすめの自転車保険を見つけるならこちらのページからどうぞ。

次の

【2020年5月】自転車保険ランキング|保険比較ライフィ

自転車 あさひ 保険

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクは盗難のリスクにいつもさらされています。 最も身近な犯罪と言われるのが自転車の盗難なので、自転車を所有していれば盗難の問題は必ず付きまとう問題の1つです。 特にロードバイクやクロスバイクなどは高価なのに加えてパーツでバラして売りさばくことができるため、自転車泥棒の標的にされやすく、自宅に駐輪していたとしても盗まれてしまうこともあるくらいです。 シティサイクルなどは数万円の範囲で買えるものですから、盗難されてしまえば、新しい自転車を買った方が手っ取り早いですし諦めもつきますが、ロードバイク等のスポーツバイクでは数十万円するものも珍しくありません。 昔に比べてスポーツバイクに乗る人の数も増えたので、自転車の盗難被害に遭う人も多くなり、最近では自動車の車両保険と同じような感じで 自転車の盗難を保証する自転車盗難保険も見かけるようになりました。 多くの自転車盗難保険は自転車メーカーや自転車店などが自主的に提供している保険が多いですが、一般的な保険会社からも自動車やバイクの車両保険と同じように自転車の盗難補償を備えた保険商品を販売するようになっています。 というわけけで、自転車の盗難保険について、その保証内容や保険条件などについて調べたことをまとめてみました。 かならず公式ページで補償内容を確認するようにしてください。 また相違がある場合はご指摘いただけますと速やかに修正いたしますのでコメント欄より投稿していただけますと大変ありがたく思います。 Contents• 保険会社の自転車盗難保険 保険会社が保険商品として提供している自転車の盗難保険です。 BICYCLE保険 日本少額短期保険株式会社が販売する自転車保険で、その名もズバリな。 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの スポーツバイクに特化した保険で、自転車事故による自転車の破損(全損、半損)、自転車本体の盗難や盗難損壊された場合に適用される保険です。 他の保険サービスでは補償されることがないサイクルコンピューターやパーツの盗難などにも対応した保険です。 保険金額は補償する自転車の金額等によって変わるようですが総額30万円程度の自転車であれば年額で10,000円程度になっているので安心料と思えばけして高くない保険料かと思います。 要するに事故で自転車が壊れた場合や盗難されて壊れた場合などに補償してくれる保険で、高額な自転車ほど加入しておいて損は無い保険と言えるでしょう。 1年か2年の補償期間があり、保険料は自転車購入価格の約7%ということで、なかなか絶妙な保険料かと思います。 保険料は保証内容や車輌価格によってことなるので見積もりが必要ですが概ね年間で10,000円程度になるようです。 スポーツバイクに特化型の自転車保険と補償内容が近いのにも関わらず、加入条件の 購入金額が1万円からなので加入しやすい。 YAMAHA 製品保証登録(兼盗難保険登録) Photo via: YAMAHAはヤマハ電動アシスト自転車PASに対して購入から3年間の盗難補償を付けています。 YAMAHAと言えばニュースポーツモビリティとして登場させたスポーツバイクと電動アシストを融合させたがあるわけですが、これらもPASの一員ののようで保険が適用されるようです。 補償内容は 2年目までは本体価格の30%、3年目は本体価格の50%を負担すれば同型車の新車が再購入できるというもの。 ガチガチロック・ツインロックシリーズや電動アシスト自転車などの場合は少し補償内容が異なり、 補償期間は3年間となり、 電動自転車は希望小売価格の30%とその組立手数料4,000円、ガチガチロック・ツインロックシリーズは2,778円(税抜)で再購入できるようです。 補償期間は車種によって異なるようで、いずれも加入料金は無料。 補償対処車種はシティサイクルの一部や施錠中の盗難であることなど条件は限られるようですが、盗難された場合は丸々補償するサービスのようです。 サイクルベースあさひ サイクルメイト 「」は自転車販売大手のサイクルベースあさひが提供する自転車総合保証サービスです。 盗難補償の他、傷害補償や無料点検、自転車のパーツや自転車用品の割引などのサービスが補償内容に含まれています。 購入から3年間の自転車盗難補償が含まれています。 20万円以上の自転車には適用されないようですが、1年目は本体価格の20%、 2年目以降は本体価格の40%の金額で再購入できるとのこと。 修理代やパーツ購入費用が割引になったり、点検が無料で行えるなどの基本的な特典がつくほか、賠償責任保険や傷害保険、盗難保険などが付帯します。 適用は新車のみなので、実質購入日が加入日になるかと思います。 報償料金などは自転車の購入価格によって変動するようですが、保険料によって50%と100%の補償があり、スポーツバイク専門店ならではの、ツボを抑えた補償内容だと思います。 自転車商協同組合主催の盗難保険 全国各地にある自転車商協同組合が主催する自転車盗難保険もあります。 自転車盗難補償制度を取り扱っている店舗で自転車を購入し掛け金を支払っていると新品の自転車が盗難された場合に現品と同じ物または同等の自転車を補償したりするもので、それぞれの組合によって条件がことなるので下記のリンクより確認してください。 防犯性能の高さへの自信の表れとも言える、挑戦的なキャンペーンですがYoutubeなどの切断動画を見ても、ちょっとやそっとの切断機では切断できない強固さを誇るABUSならではのユニークな制度だと思います。 自転車盗難保険が適用されない基本的な条件として、利用者に落ち度がある場合が考えられます。 例えば、施錠をしていない 無施錠の状態で盗難されたり、 自転車放置禁止区域で駐輪中に盗難されたりする場合です。 また自転車を所有する際に必要な防犯登録や、盗難された際に警察に届け出などがされていない場合なども同様に保証対象外となってしまうので、利用者としての最低限のルールは日頃から守るように努めましょう。 その際には自転車は家財として取り扱われ、盗難補償が付帯している火災保険などに加入していると、盗難された自転車も家財として補償されることがあるようです。 また、屋根付きというのが1つの条件にはなるようですが、住宅外の駐輪場などで盗難された場合にも家財として補償が適用されることがあるようです。 僕自身、そのあたり全く知らず、クロスバイクのESCAPE Airを購入した当初に屋外保管をすると決めた当初は盗難を気にして不安で不安で仕方が無かったのですが、保険が適用されることもあるということを知っていればもう少し楽な気持ちで屋外保管に踏み切れていたかもしれません。 盗難保険が適用された後に自転車が見つかった場合 盗難保険が適用されて、補償金が支払われた後に自転車が見つかった場合はどうなるのか? 実は 補償金が支払われる際には自転車の所有権が保険会社に渡されるような契約内容になっていることがほとんどのようです。 なので、自転車も戻ってきて、補償金も受け取れてダブルで嬉しい!というようなことはないようです。 この場合、自転車が戻ってきた旨を保険会社に連絡して、補償金を保険会社に変換することで自転車の所有権が戻ってくるようです。 自転車の盗難補償まとめ 一般的な自転車保険(相手に怪我をさせたり、自損事故で自分が怪我をした場合など)は傷害保険と個人責任賠償保険で賄える部分が多いので、個人責任賠償保険が付帯した傷害保険や火災保険、自動車保険に加入していれば自転車保険には無理に加入する必要はないケースも多いと思います。 しかし自転車の盗難被害に関しては個人責任賠償保険の範疇から漏れてしまうので、自転車盗難保険の加入についてはち検討してみても良いかもしれませんね。 僕自身が乗っているのはクロスバイクのESCAPE Airなので、保険を掛けるほどの車体価格ではないですが、将来的にロードバイクを購入してそれがハイエンドなモデルだったりすると50万円クラスにはなるでしょうから、年間数万円の保険くらいだったら掛けておくかな・・・と考えるかもしれません。 以上、自転車の盗難保険について調べたことをまとめてみました。 自転車保険への加入を考えている人の参考になったようであれば幸いです。

次の

東京都・奈良県・愛媛県で自転車保険の加入義務化スタート! あさひの新生活応援キャンペーンで自転車保険が当たるチャンス!

自転車 あさひ 保険

自転車保険とは、自転車に乗っているときの事故の「自分のケガ」と「相手への賠償」を補償する保険です。 「 自分のケガ」は、通院・入院をしたときにその日数分の保険金が受け取れ、手術をしたとき、また後遺障害・死亡の場合には一定額の保険金を受け取れるものが一般的です。 「 相手への賠償」は、相手にケガさせてしまったときの治療費や慰謝料、相手のモノを壊してしまったときの修理費用など、賠償金額が支払われます。 上記2つの補償を合わせた自転車保険が一般的ですが、自分のケガの補償範囲を絞ったもの、ケガの補償がついていないものなど、補償を少なくして保険料を抑えたものもあります。 そのほかに、事故解決まで保険会社が相手方と交渉してくれる 示談交渉サービス、パンク時などに利用できる ロードサービスなど補償以外のサービスがついたものもあります。 自転車保険選びのポイント 自転車保険を選ぶ際には、主に次の4つに注目してみましょう。 賠償責任の金額は? 賠償責任の保険金額は必ずチェックしましょう。 1億円近い賠償責任を負う事例もあります。 保険金額は1億円以上あると安心です。 自分のケガには備えられる? 自分がケガをして 入院・手術・通院をしたとき、また 後遺障害や死亡したときの補償がついているタイプと、ついていないタイプがあります。 自転車事故以外も対象? 自分のケガへの補償は、自転車以外の交通事故も対象になるものが一般的です。 相手への賠償も自転車以外の日常の事故を対象としている物が一般的です。 自分のケガや相手への賠償を「自転車事故のみ対象」として、保険料を割安にしたものもあります。 オプションは?示談交渉サービスやロードサービスなど 事故を起こしてしまったとき、相手方と保険会社が交渉してくれる 示談交渉サービスや、事故や故障で自転車が自走できないときに利用できる ロードサービスがついているものもあります。 FPが解説! あなたにぴったりの自転車保険とは ファイナンシャル プランナー加藤 梨里 全国の自治体で加入の義務化が進み、自転車保険への注目が高まっています。 自転車に乗るなら入ったほうが良い? と思われるかもしれませんが、自転車での事故で他の人にケガをさせた、死亡させたときに備える「賠償責任保険」の機能は、自動車保険や火災保険の特約についていることがあります。 新たに自転車保険に契約しなくても、この点はすでに備えができているケースも少なくありません。 一方で、自転車に乗っているときの自分のケガに備えるなら、自転車保険があるとより安心です。 入院のほか、通院、手術、後遺障害でも保険がおりるものがあります。 ひんぱんに自転車に乗る人は、パンクや故障など、自転車のトラブルが起きたときに受けられるロードサービスがついているものも便利でしょう。 関連記事はこちら.

次の