膝 の 裏 名前。 膝の裏の筋が痛い!主な6つの原因とすぐにできる対処法のご紹介♪

膝関節専門治療(手術をしたくない人の)|ゆうき指圧

膝 の 裏 名前

新型コロナウィルスの影響で、ご不安な日々を送っていらっしゃるかと思います。 以前より歩く時間が減った・・・ 運動不足・筋力低下が心配・・・ 以前とは違う部位まで痛み始めた・・・ など、自粛中に体の変化を感じ始めた方もいらっしゃるかもしれません。 自宅にいることが最も重要で感染率を下げると言われている中、 そろそろご自身の体メンテナンスにも目を向けてみませんか? このまま不具合のある部位を放置して手術を待つだけでは困る! 何か自分でできることを探したい! など、強い思いのある方々からのお問合せが多いのも実情です。 ただいま新規お申し込みの方は、通常3万円のところ2万円となっております。 一度お試しになられてみませんか? 詳しくは をご覧下さい。 患者さんの声の多くは、手術は避けたい、膝関節手術を避けるためにできることは何か?といったことをおっしゃいます。 ゆうき指圧(大阪)では、本当に手術が必要かどうかの判断基準を基に、ご来院いただきました患者さんに手術の必要性をお話しさせていただいております。 その結果、当院来院の82%の方が当分の間は手術が延ばせるのではなかろうかという研究結果を出しました。 3回治療を行っても改善されない場合は、専門の医師をご紹介し手術をお勧めしております。 あなたの膝関節、本当に手術の必要があるのでしょうか? もう一度・・・? 治療の落とし穴対策(ゆうき膝・股関節研究所版)を作ってみました。 ひざが痛いのはどうしてですか? A. 場所によって原因は異なります。 例えば膝から下に走る様な痛みは半月板損傷。 膝の内側・・・内側側副靭帯や半月板の中部後部といった様に場所と痛み方により どの部位が悪いか推測できます。 よく言われる、軟骨がすり減って痛むといった原因だけではありません。 <膝の痛みに関連する疑いのある症状> 1. 変形性膝関節症で、 手術と言われました。 どうしたらいいですか? A. 軟骨の形が正常ではなくなることを変形といいます。 膝・股関節でも同じですが、関節は25歳を過ぎるとすべて変形と考えても良いのではないでしょうか? 「変形」という言葉をあまり深刻に考える必要はありません。 問題は変形によりどの部分にどのような損傷が起きているかが重要なことです。 一度変形したものは元には戻りませんが、進行を遅らせたり症状を緩和させるための体操を1つご紹介します。 1回 15秒を 左右10回ずつ 行います。 膝が曲がらない・伸びないのはどうしてですか? A. 原因として 1. 膝蓋骨(皿)の活動域が低下。 靭帯・腱・関節包の損傷によるもの 3. 骨の形状によるもの 等を考えて治療にあたります。 片膝を支点にして、内回り30回、外回り30回を左右に行って下さい。 その場合は一度小さな回転から始めて下さい。 両手をお尻の横に置き、かかとを床につけた状態で片足の膝裏を握りこぶし1個分(10センチ)浮かせます。 浮かせた膝頭で、なるべく小さく8の字を描きます。 膝に水がよく溜まります。 このままでは手術も視野に入れたほうが良いのでしょうか? A. 水が溜まる原因としては、ウイルスや細菌等の感染症といった恐ろしいものや、 関節内の出血、関節内の損傷などがあります。 まずは医師の診断が最も重要です。 次に水が溜まるということは、関節内の炎症があるということですから温熱療法や強い刺激を与えるような治療は避けるべきだと考えます。 安静・固定・圧迫・冷却・挙上が必要でしょう。 水腫の軽減体操を1つご紹介します。 足首の下に枕やクッション等を敷きます。 足首を起こしたり、倒したりして筋肉や腱を伸ばして足関節を柔軟にすることで、膝への負担を軽減します。 Q病院で、膝の筋力をつけなさいと言われましたがどうしたら良いですか? A. ご自分の膝を御覧ください。 膝の周りには筋肉はありません。 膝周囲にあるのは靭帯・腱・関節包などです。 ですから筋力強化するのではなく、 靭帯・腱・関節包の機能回復を目指すべきです。 これが順調に行われれば、筋力運動をしなくても膝は快復に向かいます。 またこの際に上下の関節との関連性を考えた治療を受けるべきだと思います。 膝の周りには筋肉はないので、柔軟性を高めるための運動法を1つご紹介します。 足首を持ちます。 (持てないときはタオルなどを足首に巻いて持ちます) 右ひざを曲げて、ひざを落として後ろに引きます。 (かかとを尾てい骨につける感じでお願いします) 左も行ってください。 浅いと腰に 痛みが出ることがあります。 膝周囲で音がしますが、何でしょうか? A. 音により違いますが、ギューという音やバキバキという音は靭帯の音でないかと考えます。 またポキポキ・パキンといった音は、関節腔における組織が動く際の共鳴音ではないでしょうか? 共にあまりご心配ないと考えます。 膝関節の場合は変形性膝関節症と半月板損傷といったように、合併症が多く合計数は異なっております。 変形性膝関節症 この病気はO脚を伴う変形性膝関節症と 変形の程度は強くないが膝蓋骨周囲に痛みを感じるもの、 欧米人に多い変形性膝蓋大腿関節症に大別出来ます。 それぞれ症状及び病状は個人によって異なりますので、治療法も異なります。 【2】温熱治療は逆効果。 【3】痛みの伴う治療は逆効果となります。 これらの手法を用いますと経験上治療が長引くようです。 治療総数およそ27000名。 半月板損傷の場合 単独での発症(事故や怪我、スポーツまたは激しい動きにより発生する損傷)は少なく、他の靭帯損傷や筋肉損傷との合併による損傷(生活習慣、仕事により長期間の慢性的な圧力による損傷)の割合は90%程度あるように考えます。 また、水腫の原因になる場合もあり、半月板の痛みや他の部位との 関連性を考えながらの治療をお薦めします。 【2】体重を負荷しての運動は行わない(スクワット・足首に重りをつけての運動) 【3】温熱治療は駄目。 以上を心がけて治療しております。 内側側副靭帯損傷、外側側副靭帯損傷 内側側副靭帯の損傷はO脚を伴う変形性膝関節症など変形性膝関節症によっての痛みが多いように思います。 外側側副靭帯損傷の場合はスポーツや事故・けがなど、急激な外からの力により起こった損傷が多いようです。 当院では慢性的な原因(変形)によるものか、急性のものかを見究め、それぞれに沿った治療(荷重点調整療法)を行う事が必要と考えます。 内側側副靭帯損傷や外側側副靭帯の損傷では必ず他の損傷をも考慮して治療を行ってください。 【2】体重をかけての運動は行わず、膝を支点とする運動はやめてください。 【3】温熱治療は駄目。 前十字靭帯損傷・後十字靭帯損傷 この疾患は変形性膝関節症の患者のほぼ100%の方に併発していると考えます。 (特に前十字靭帯損傷) 単独ではほとんどなく、変形膝の一症状として、また、けがや事故の一症状として起こることが多い様です。 (断裂する場合があります) 【2】体重をかけての運動は症状を悪化。 【3】温熱治療は駄目。 膝関節水腫 水がたまる原因には数十種類あり、 【1】医師との連携による治療が必要なもの。 【2】単独の治療が可能なもの。 【3】治療の効果が望めないものがあります。 効果が望めないものとは溜まった水が赤い、またはピンク色、その他黒い色などの方には効果がありませんし逆効果になると考えます。 水の色を確かめて治療を行ってください。 【2】水の溜まっている部位の圧迫や温熱治療は逆効果が多い。 【3】医師との連携と自宅での生活指導を行うことが回復への近道。 膝関節手術前・手術後のリハビリテーション 骨、半月板、靭帯、筋肉などの手術のリハビリテーションと考えてください。 私共は各手術にあわせた治療(リハビリ)が必要と考えます。 【2】手術部位を支点にするような運動は駄目。 【3】温熱治療は逆効果。 【4】足関節・股関節・腰部との連携による治療が必要。 膝蓋骨周囲の痛み 膝蓋骨周辺の痛みには膝の上や横、そして下の痛みといったものや、ひざの皿の奥の方が痛むといった方がいらっしゃるようです。 また、痛みだけではなく腫れや熱を持つなど様々な訴えがあり病名においては 1. 離断性骨軟骨炎 2. 膝蓋軟骨軟化症 3. 膝蓋骨脱臼 4. オスグット病(成長痛) 5. 股関節疾患による膝蓋骨上下の痛み その他多数の病名があります。 このように、病名が多数あるように治療法もおのずと異なって当然と考えます。 【2】股関節の疾患はどうか。 【3】温熱治療は駄目。 【4】膝の運動は運動法を選ばなければ逆効果。 【5】膝の変形はどうか。 その他の疾患 症状別改善度(私共は相談をいただいた時に当院の治療で効果が望めるものかどうかを自己判断し、効果を期待しにくい病状及び症状をお持ちの方は実績のある専門医の情報を提供させていただいております。 効果率に対しては、かなり高い水準となっておりますので、これを考慮して数字をご覧ください。 親指を内側に入れひざを少し上げます。 次に親指を外側に向け、ひざを伸ばすようにかかとを突出します。 左右同時に4回行います。 痛みが軽くなるか、 もしくはなくなったら再開してください。 法律上許可なくプログラムの無断転写、複写を禁ずる。

次の

膝裏のくぼんだ部分の名前

膝 の 裏 名前

脚の筋肉の役割 脚の筋肉は、「大腿部と下腿部」の2つに分けれます。 大腿部 大腿部は、脚の付け根からひざまでをつないでいる筋肉を指します。 「骨盤から大腿骨まで付着している筋肉、骨盤から膝関節まで付着している筋肉、骨盤から脛の骨まで付着している筋肉」が存在し、「膝を持ち上げる、膝を伸ばす、膝を曲げる、脚を後ろに持っていく」といった動きに関与しています。 また、立位や歩行時に、体重を支えたり、バランスを取るためにも働いています。 下腿部 下腿部は、すね、ふくらはぎの筋肉を指します。 「膝関節から踵まで付着している筋肉、脛の骨から踵まで付着している筋肉、脛の骨から足の指まで付着している筋肉」が存在し、「つま先を下に向ける、つま先を上に向ける、踵を持ち上げる、踵を下ろす、足首を回す」といった動きに関与します。 また、大腿部同様に、立位や歩行時に、体重を支えたり、バランスを取るためにも働いています。 脚の筋肉の名前と働き 脚に関わる筋肉は、「大腿部」と「下腿部」とに分かれ、それぞれは以下の筋肉で構成されています。 大腿部には以下の2つの筋肉があり、• 下腿三頭筋 腓腹筋、ヒラメ筋• 前脛骨筋• 後脛骨筋• 腓骨筋群 長腓骨筋、短腓骨筋、第3腓骨筋• 長母趾伸筋• 長母趾屈筋• 長趾屈筋• 長趾伸筋• 足底筋 それぞれについて、詳しく解説していきます。 大腿部の2つの筋肉 ハムストリングス 大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋 ハムストリングスは、坐骨から、脛骨や腓骨まで付着しているので、「脚を後ろに持っていく 股関節の伸展動作 、膝を曲げる 膝関節屈曲 動作」がメインの動きです。 その他、股関節や下腿を、内側や外側への捻る動作にも関与しています。 大腿四頭筋 大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋 大腿四頭筋は、非常に長い筋肉で、身体の中で1番体積が大きいです。 腸骨から膝蓋骨や脛骨まで付着しているので、「膝を伸ばす 膝関節の伸展 、股関節から体を倒す、あるいは脚を持ち上げる 股関節の屈曲 動作」がメインの動きです。 その他、骨盤から付着しているので骨盤の前傾にも関与しており、股関節の内側、外側への捻り動作にも関与しています。 下腿部の9つの筋肉 下腿三頭筋 腓腹筋、ヒラメ筋 いわゆる、ふくらはぎの筋肉です。 腓腹筋が上にあり、腓腹筋の内側にヒラメ筋がある構造になっています。 腓腹筋は、大腿骨から踵骨まで付着しているので、「膝関節の屈曲、足関節の底屈」に関与します。 ヒラメ筋は、脛骨や腓骨から踵骨まで付着しているので、「足関節の底屈」のみに関与します。 膝関節の屈曲には関与していない点が、腓腹筋との違いです。 また、収縮、弛緩を繰り返す事により、ふくらはぎの血管を刺激し、血流を促進する、ポンプ的な役割も担っています。 腓腹筋は「瞬発的な力を発揮する役割」を果たし、ヒラメ筋は「持久的に力を発揮する役割」を果たします。 前脛骨筋 前脛骨筋は、脛の前にある筋肉です。 脛骨から、中足骨という足の甲の裏側に付着しているので、「土踏まずを引き上げる」動きに関与しています。 前脛骨筋が弱ってしまうと、土踏まずが落ち込んでしまいます。 「足関節の背屈」にも関与しますので、歩く動作、走る動作では欠かせない筋肉です。 後脛骨筋 前脛骨筋の裏側、ふくらはぎ側にある筋肉です。 脛骨、腓骨から、ふくらはぎを通って、踵の舟状骨、楔状骨に付着しているので、「足関節の底屈」に関与します。 また、ふくらはぎの中心付近から、アキレス腱を通過し、足裏の内側にも付着しているので、「足関節の内反」にも関与します。 X脚気味になり、足の裏の重心が内側にいってしまうと収縮が弱くなってしまい、伸ばされて痛みが生じたり、足関節が外反しやすくなってしまいます。 腓骨筋群 長腓骨筋、短腓骨筋、第3腓骨筋 腓骨側にある筋肉です。 足の外側にあり、腓骨、脛骨から脛の前を通過し、足の甲の中足骨まで付着しているので、「足関節の外反、底屈」に関与します。 O脚気味になり、足の裏の重心が外側にいってしまうと緩んでしまいやすく、足関節が内反しやすくなってしまいます。 長母趾伸筋 脛の外側にある腓骨の中心付近から、脛の前と足の甲を通過し、親指の上に向かって足の内側にかけて付着しているので、「足関節を背屈させたり、親指を持ち上げたり、足関節の内反の補助」をします。 長母趾屈筋 脛の外側にある腓骨の中心付近から、踵側と足の裏を通過し、親指の下に向かって足の内側にかけて付着しているので、「足関節を屈曲させたり、親指を下に下げたり、足関節の内反の補助」をします。 長趾屈筋 脛骨から、ふくらはぎ側と踵の内側を通過し、足の親指以外の4本の指の下に付着しているので、「4本の足の指の屈曲、足関節の底屈」に関与します。 また、脛骨から踵の内側を通っているので、「足関節の内反」にも関与しています。 長趾伸筋 脛骨と腓骨の間から、脛と足の甲を通って、足の親指以外の4本の指に付着しているので、「足の指を上に持ち上げたり、足関節の背屈」に関与します。 また、脛骨と腓骨の間から、4本の指に向かって付着しているので、「足関節の外反」にも関与します。 足底筋 下腿三頭筋の深層に位置する筋肉で、ふくらはぎの奥にある筋肉です。 大腿骨から、ふくらはぎを通過し、踵骨まで付着しているので、「膝の屈曲、足関節の底屈」に関与しますが、その影響は少ないです。 非常に細く、小さな筋肉で、かなり出力も弱い筋肉です。 脚の筋肉で、パーソナルトレーナーが頭に入れておくべきなこと 脚の筋肉で、トレーナーの方が頭に入れておきたいのは、以下の3つのチェックポイントです。 脚の筋肉の柔軟性• 脚の筋肉の筋力• 脚のライン それぞれについて、詳しく解説していきます。 脚の筋肉の柔軟性 脚の大きな関節は、「股関節、膝関節、足関節」と、3つ存在します。 これらのうち、膝関節の可動性の個人差はあまり大きくないのですが、股関節、足関節の可動性は非常に個人差があります。 股関節、足関節の可動性に影響しているのは、筋肉の柔軟性、軟骨や関節包、組織液などの状態です。 例えば、股関節の可動域には、大臀筋、ハムストリングスの柔軟性が影響しますし、足関節の可動域には、腓腹筋、ヒラメ筋の柔軟性が影響します。 そして、これらの柔軟性は、スクワットやデッドリフトなどの下半身のエクササイズに影響します。 柔軟性がなく、可動域が取れない場合は、固い部位のストレッチを行ってからエクササイズに入る、可動域を制限しながらエクササイズを行う、などの対応が必要です。 脚の筋肉の筋力 脚の筋肉の筋力で主にチェックしたいのは、大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋の強さや出力の具合です。 例えば、しゃがむ動作をした際に、フォームは問題ないのに、膝が痛いという方がいらっしゃったとしたら、大腿四頭筋の筋力が弱い、あるいはうまく出力ができず、脱力したような状態でしゃがむ動作を行ってしまっている可能性があります。 また、しゃがむ動作をした際に、骨盤が前後に動いてしまう、腰が丸まってしまうという方がいらっしゃったとしたら、大臀筋、ハムストリングスの筋力が弱い、あるいはうまく出力ができず、脱力したような状態でしゃがむ動作を行ってしまっている可能性があります。 こういった方々は、ゆっくり動作を行ってもらい、大腿四頭筋や大臀筋、ハムストリングスの出力を確認してもらいながら動作してもらう、もしくは、事前刺激を与えてうまく出力させるなどの方法もあります。 O脚:臀筋が固い、内転筋が弱い、足の裏は外側重心、ふくらはぎと太ももの外側が発達しやすい、骨盤が後傾しやすい。 X脚:内転筋が固い、中臀筋が弱い、足の裏は内側重心、腰から太ももにかけて出っ張りやすい、骨盤が前傾しやすい。 XO脚:内転筋が固い、中臀筋が弱い、腰から太ももにかけて出っ張りやすい、骨盤が前傾しやすい、足の裏は外側重心、ふくらはぎの外側が発達しやすい。 それぞれ、脚のエクササイズを行った時に、特徴に応じた動きの癖が出やすいので、事前に改善の為のエクササイズを行ったり、動作中に注意を促したりします。 例えば、X脚の方であれば、しゃがむ動作で膝が内側に入りやすいので、中臀筋を使うエクササイズを事前に行い、股関節を外転しやすくしておけば膝が内側に入りづらくなったりします。 まとめ 「脚をキレイにしたい、脚を細くしたい、脚のラインを整えたい」という方は多いと思います。 まずは、脚の筋肉の構造や働きについてしっかりと理解し、脚の筋肉の正しい動き、正しいトレーニングを実施していきましょう。 今回のテーマの「脚の筋肉の名前と働き」や、その他の基礎的な知識に関して、ご質問や疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。 以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

次の

膝を伸ばすと裏側が痛いのは膝裏の筋肉痛?膝裏の痛みの原因と対処法

膝 の 裏 名前

たくふら。 上膊 ジヨウハク 部。 こむら。 ふくらっぱぎ。 作成資料について。 古くは,ひじから手首までの部分。 また肘関節の後ろ。 臂はもと「一の腕」肘から手首までの部分。 また,その折り曲げたときの外側の部分。 肩の関節から指先まで。 また手首から指先まで。 手首・てのひら・指先などをさすこともある。 また,動物の前足をいうこともある。 て-の-ひら 【掌・手のひら】手首から先の, 握った時に内側になる面。 ヒトでは手足の先にそれぞれ五本ずつある。 古くは「および」。 ヒトの平爪,イヌ・ネコの鉤爪 カギヅメ ,ウシ・ウマの蹄 ヒヅメ など。 または足や履物の先端の部分。 「脚」は。 あしの付け根から足首までをいうのがふつうであるが、 動物のあし、器物の下部にあって支えとなるものを指すこともある。 「脚のうち膝から上の太い部分を「腿(もも)」、 そこから下のまっすぐ伸びている部分を「脛(すね)」という。 あしうら【足裏・蹠 せき 】足の裏。 特に足首から先の部分をさすこともある。 またぐら。 また、「もも」の内側。 例 内股・股間 〔もも〕足の付け根から膝頭までの部分。 両足のつけ根の部分。 またぐら。 大腿 ダイタイ。 ひざがしら。 (2)ひざがしらの上の,ももの前面部。 うつあし。 よぼろ。 ひっかがみ。 特に,その前面をいう。 弁慶の泣き所〔弁慶ほどの豪の者でも蹴 ケ られると痛がって泣く急所の意〕 むこうずねのこと。 転じて,ただ一つの弱点。 くろぶし。 つぶぶし。 足首下のあたり。 中心体は踵骨 シヨウコツ。 この部位の皮膚は全身中で最も厚く固い。 きびす。

次の