急かしてすみません ビジネス。 英文メール・サンプル(5)−報告書の催促をする(英語のメール・ビジネス編)

英語で謝罪:ビジネスで礼儀正しさ、誠実さが「ごめんなさい」と共に伝わる6つのポイントと英語例文

急かしてすみません ビジネス

「催促メール」書き方のポイント まずはじめに「催促メール」の書き方のポイントを紹介します。 「件名」は「確認」や「お伺い」の表現にする 催促メールの件名は「〇〇のご確認」「〇〇のお伺い」などとし、確認したいということを示す件名にします。 あからさまに催促しているような件名は避けます。 本文は「催促」を感じさせない言葉で たとえ自分に非があったとしても、一方的に催促されるメールは不愉快な気持ちになるものです。 相手を責めるような催促の表現ではなく、どうなっていますか?という確認の表現や、確認をお願いします、というお願いの表現にします。 本日までとお願いしておりました〇〇の件、どのようなご状況でしょうか?• 〇〇の件につきまして、ご確認をお願いしたく、メールを差し上げます。 〇〇の件ですが、その後の進み具合はいかがでしょうか?• 先日お送りしたメールはご確認いただけましたでしょうか?• 本日までにご回答をお願いした件、いかがなりましたでしょうか?• 現時点でお返事が確認できないのですが、状況をお知らせいただけますでしょうか。 やんわりと伝える「クッション言葉」を加える 直接的な表現を和らげるため、クッション言葉を添えます。 お忙しいご事情があるかとは存じますが、• 何かの手違いかと拝察いたしますが、• 行き違いでご返答いただいているかもしれないのですが、• 催促しているようで恐縮ではございますが、• お忙しいところ恐れ入りますが 締切の「日付」とその「理由」を明記する このような理由のため、いつまでに返事が欲しい、という理由と締切の日付を簡潔に明記するようにします。 この時の理由は、個人的な事情に焦点をあてずに、第三者や行事の都合など、やむにやまれぬ事情であることを伝えます。 会議が明日に迫っておりますため、本日中のご連絡をお待ちしております。 弊社の生産ラインの都合上、〇月〇日までに納入をいただく必要がございます。 「行き違い」を考慮する 返事を郵送や社内便で受け取る予定だったり、振込の催促などの場合は行き違いが発生する可能性があります。 状況により、行き違いを考慮した文言を状況により添えるとよいでしょう。 なお、本メールと行き違いになり、すでにご対応を頂いておりましたら何卒ご容赦くださいませ。 これとは別に、実は返信メールがきていたのに気が付かなかったなど、メールの確認不足で行き違いが発生することは問題です。 そのようなミスがないよう、催促メールを送る時は事前の確認を怠らないようにしましょう。 「お願い」の結びの言葉で締めくくる 最後は、「お願い」の結びの言葉で締めくくるとよいでしょう。 お忙しいところお手数ですが、以上ご確認いただけますようお願いいたします。 内容や相手との関係性によっては、催促してすみません、という気持ちをあえて書くこともできます。 催促のようなメールを何卒ご容赦いただき、ご確認のほどお願いいたします。 せかすようで申し訳ございませんが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 「催促メール」の例文 次に催促メールの例文を紹介します。 〇月〇日にご依頼いたしました〇〇のお見積もりの件ですが、本日時点でご回答をまだいただいていないようでございます。 〇月〇日に社内会議で検討を行う予定のため、お忙しいところ大変恐縮ですが、〇日までにご送付いただけますよう、お願いいたします。 なお、本メールと行き違いですでにご対応いただいておりましたら、失礼のほどご容赦くださいませ。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 先日は、〇〇のお見積もりにつきましてお時間をいただき、誠にありがとうございました。 その後ご検討の状況はいかがでしょうか。 何かご要望やご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申しつけ下さい。 なお、お見積の有効期限は〇月〇日となっており、期限を過ぎますと同内容でのご提供が難しくなる可能性がございます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討状況をお知らせいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 日程調整の催促(上司へ) 件名:〇〇会議日程ご確認のお願い(再送) 〇〇部長 お疲れ様です。 〇日にメールでお伺いしておりました「〇〇会議」日程調整の件ですが、その後いかがなりましたでしょうか? 会議室の予約を間に合わせたいため、お忙しいところ誠に恐縮ですが、本日中にご回答をいただきたく、お願いいたします。 前回のメールでお伺いした内容は下記の通りでございます。 ————————————————————— 〇〇会議の開催日時につきまして、下記の日時でご都合の良い日時はございますでしょうか。 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時~〇時まで ————————————————————— 上記日時でご都合がつかない場合はお手数ですが候補日時のご連絡をお願いいたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 「催促メール」返信の書き方とポイント 催促メールをもらった時の対応の仕方を説明します。 「催促メール」の返信は素早い対応を 自分が「催促メール」をもらったら、素早い対応を心がけましょう。 すぐに回答できない場合でも、いつまでに回答するということをとり急ぎ返信します。 催促メールの返信は、まず謝罪の言葉から始め、現状の報告を簡潔に述べます。 「催促メール」への返信の例文 見積もりの検討状況ついて催促メールが来た時の返信例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇のお見積もりへのご連絡が遅れまして大変申し訳ございません。 ご確認のメールまで頂戴してしまいまして、恐縮に存じます。 実は〇〇の件につきまして、〇日の営業会議で検討を行う予定でおります。 結果につきましては、会議が終了次第、〇日までにご連絡させていただく予定です。 ご心配をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 とりいそぎ、お詫びとご連絡まで申し上げます。 「催促メール」の「返信の返信」も素早い対応を 催促メールを送付して、それに返信が来た場合は、対応してくれたことへの感謝と、確かに返事を受け取ったことを簡潔に伝えるメールを素早く返信しましょう。 「催促メール」への「返信の返信」の例文 催促メールを送ってその返信を受け取った場合の例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇の件につきまして、お忙しい中さっそくご連絡をいただきましてありがとうございます。 〇日までにご回答いただけるとのことで承知いたしました。 何卒よろしくお願いいたします。 まとめ ビジネスの「催促メール」の目的は、こちらの要望通りの行動を気持ちよく起こしてもらうことです。 相手が上司や取引先であっても同僚であっても、不愉快な気持ちにさせないようにお願いの姿勢で丁寧に書き、その返信に対してはお礼のメールを迅速に送るように心掛けましょう。

次の

ビジネス英語メールの書き出し例文集

急かしてすみません ビジネス

「ご無理」という言葉はビジネスシーンや敬語として、間違った言葉ではありません。 ただし、「無理を言ってすみません。 」と簡潔に済ませてしまうよりは、前後の言葉を使って敬意を表しましょう。 併せて感謝の意を伝えることによって受け取った相手も良い気持ちで文面を読むことが出来ます。 無理を強いてしまっているわけですから、精いっぱいのフォローは必要ですよね。 ご無理を言って申し訳ない気持ちをしっかりと込めつつ、無理なお願いを聞いてくれてているのだと理解していることを伝えましょう。 一種のわがままを言っているわけですから、申し訳ないという思いを伝える必要があるでしょう。 こちら側の無理なお願いやわがままを聞いてくれてとてもありがたく思っている、と分かってもらう必要があるのです。 やはり誠意を伝えるためには、謝罪から入るのが一般的でしょう。 「ご無理なお願いを申し訳ありません。 」「申し訳ございません。 」と相手に敬意を持って、自分の申し訳ないという気持ちをメールで表現するのために、必要な言葉でもあるのでしょう。 こちらも苦しい思いでお願いをしているのだ、と分かってもらうのが重要です。 相手に無理を強いているわけですから、こちらだって心苦しいこともあるでしょう。 しかし、それを表現しなければ意味がありません。 ただ「〇〇をお願いします。 」「ご無理を言ってすみません。 」だけを文面で記載しただけでは、なんだかテンプレートや形式的のようにも感じられて相手にこちらの「気持ち」が伝わりません。 こちらも無理を言っているのは理解している、心苦しく思っていると伝えるのが大切なのです。 ビジネスシーンにおいて、メールをすることはよくありますよね。 しかし、敬語表現や丁寧な謝罪など慣れない間はなかなか難しいと感じられるかもしれません。 以下の記事では、「以後気を付けます」の意味から、敬語的表現について詳しくまとめられています。 是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがですか。 ご無理を言っての敬語表現の四つ目が「わがまま・ご無理を言って」です。 「ご無理」という表現を少し柔らかくすることもできます。 つまり、自分がわがままを言っている・無理なことを言っているせいであなたを困らせてしまっている、と表現するのです。 決してあなたに非はありませんと伝えている表現となります。 相手に無理をさせていて申し訳ないと表現するのには「勝手」「わがまま」と言う言葉が適切でしょう。 相手に無理なお願いをしていることは承知している、自分が勝手を言っているのだと明記させていることになります。 自分が下手に出ている表現でもありますので、有効的であると言えるでしょう。 」です。 上記でもわがままと言う言葉をご紹介しましたが、立場によっては少々適切ではないことも考えられますので、わがままと言う言葉を使う際には相手との関係性や立場をしっかりと確認してから、使用するようにしてくださいね。 「わがままな申し出、申し訳ございません。 」というのもご無理を言っての敬語表現として使われることが多いと言われています。 親しい相手や長年お世話になっている取引先など相手を熟知しているときなどにも使われます。 「勝手を言って」とも同様に、自分が無理をあなたに強いているのだ、と表現している言葉の使い方です。 言いにくい事柄を話さなければならない時に、便利な言葉です。 クッション言葉とは、相手にお礼など気を使える言葉であり、相手が自分に抱く印象がかなり良いものとなるのです。 具体的な例文は「この度は、〇〇のプロジェクトに関してご無理を申し上げて大変心苦しいですが、〇〇日までの納品をお願い申し上げます。 」や「この度はご無理を聞いていただきまして、心からお礼申し上げます。 」などクッション言葉を使用して相手に良い印象を与えるようにしましょう。 」は必須です。 やはり上記でも述べましたように、こちらも辛いことを申しているのです。 と分かってもらった方がこちらの誠意が伝わります。 大変申し訳ないことを言っているのは承知である、と分かってもらいましょう。 詳しい例文としては「今回ご依頼の件につきまして、ご無理を言って大変心苦しいのですが〇日までの納品をお願いいたします。 申し訳ございません。 」といった内容のメールを送りましょう。 やはり誠意を「文面」で伝えるためには、申し訳ございませんとこちらの気遣いがうかがえるような表現をしなくては意味がありません。 こちらの都合で無理を言って申し訳ないのと同時に、無理を聞いてくれてありがとうとお礼を伝えるのも必要なのです。 例文としては「この度は、こちら側のご無理を聞いて頂きまして心より感謝いたします。 」といったお礼をしましょう。 こちらはあなたに感謝しているのだ、と分かってもらった方が相手にとってもこちらにとっても心地の良いやり取りが出来ますよね。 」というメール文です。 こちらから無理なお願いをしているのだ、と分かる表現が好ましいでしょう。 こちらの無理なお願いを、相手方が聞いてくれた時にこういった表現で気持ちを伝えると良いですよね。 例文としては「今回の件につきまして、勝手を申しまして大変恐縮でございます。 」や「〇〇の件において、勝手を申しまして誠に恐縮です。 」などが適切でしょう。 しっかりとこちらの非を認めて、申し訳なかったと伝えましょう。 こちらも上記で記しました通り「相手を選ぶ」言葉であることを理解しておきましょう。 ある程度相手のことを知っていたり、親しみのある方に使える言葉です。 また、がちがちな敬語やかしこまり過ぎない方がいいのであれば「わがまま」と言う言葉を使用しても問題はないでしょう。 例文としては「この度は、わがままを言って恐縮です。 〇〇においては期日までによろしくお願いいたします。 」といった内容です。 ある程度砕けた表現でも大丈夫ならこれで十分です。 」です。 訳としては「私はあなたに無理なお願いをしてすみません。 」となりますが、ニュアンスとしてはご無理を言ってすみませんとなります。 「ask much」を直訳するとこちらの都合で「注文が多い」という意味を持っていますが、ニュアンスとしては「こちらの都合で無理なことをお願いしている」となるようです。 」です。 こちらは「こんなに大きなお願いをしてしまって」といった表現となるので、相手に自分は恐縮だと感じていると伝えることが出来るのです。 「ask you a favor」で大きなお願いごとをあなたにする、といった意味を持っています。 申し訳ないけれど、あなたに無理なお願い・大きなお願いをして申し訳ないと思っていると伝えることが可能です。 わがままを通してしまったことを相手に自分の誠意を伝えられるかが重要 今回は「ご無理を言って」と言う言葉について、敬語表現やビジネスにおいてどういった内容のメールを送ればいいのかなど、詳しくまとめてきました。 「ご無理を言って」と言う言葉に変わるような敬語表現から、しっかりとこちらの誠意やお礼を伝える言葉などしっかりと、立場や場面にあった言葉を選びましょう。 ビジネスメールでは、どうしても相手を目の前にしているわけではありませんから、ニュアンスや誠意が伝わりにくいというデメリットが生じます。 こちらの都合で相手に不快な思いをさせてしまわないためにもしっかりと誠意が伝わるような内容のメールを送るように、心がけるべきですね。 以下の記事では、「お陰様で」の意味について、ビジネスメールの例文とともにご紹介しています。 そちらも合わせてご参考にされてみてはいかがですか。

次の

ご無理を言っての敬語は?ビジネスメールでの使い方や英語も

急かしてすみません ビジネス

「急かす」という表現をしたことがありますか。 あまり良く聞こえる言葉ではないでしょう。 しかし相手に要求したものが期日までに来なければ「急かす」ことが必要です。 約束が守られてなかったからといきなり法的問題になってしまうという事は避けたいので、「急かす」という言葉も相手に伝わるように適切な敬語として表現しなければなりません。 相手に適切に伝えるには敬語表現を適切なものに変え、相手に正しい敬語を使う事が大切になってきます。 相手になるべく不快な思いをさせないようにも、「急かす」をどのように敬語表現とすることができるのか、考えていきましょう。 丁寧語 「急かす」を丁寧語で表現するとどのようになるのでしょうか。 丁寧語であれば「急かす」は「急かします」と言うように表現することができます。 「急かす」という言葉は「急がせる」という意味としても相手に伝わるので、単語初めに「お・ご」を用いての丁寧語で相手に表現することはできません。 丁寧語としての表現で適切な形は「急かします」が適切な敬語表現であると言えます。 丁寧に伝えるように心がければいいかと言われればそれでも失礼な言葉としても相手に伝わってしまうので、注意は必要になってきます。 尊敬語 尊敬語で「急かす」という言葉を伝えるにはどのように変化させることで伝えることができるでしょうか。 「急かす」を尊敬語に直して考えると、「急かされます」と言うようになります。 「急かす」というい言葉自体あまり良い言葉に聞こえない言葉でもあり、相手を急がせてしまう言葉にもなります。 「急かされる」という言葉になってしまうと相手がこちら側を急がせているという意味にとることもできます。 「急かす」という言葉自体こちら側が使う際は「相手に求める動作」の事を指すことがわかります。 謙譲語 相手に動作を求める場合にこちら側をへりくだった言い方で相手に伝えると、謙譲語の表現で伝えることができます。 「急かす」の場合、「急かさせて頂きます」と相手に下から言うように聞こえますが、それでも相手は「良いですよ」とは言い難い言葉になり、失礼にも当たりやすい言葉になってしまいます。 謙譲語表現で相手に「させていただく」と使っても、「急かす」を相手に求めること自体上から目線に捉われやすい言葉になる事がわかります。 謙譲語で相手に急いでもらいたい時は「急いでいただけますか」と言うように「急かす」という事を告げるのではなく相手に結果的に「急かす」という事になってしまう方が適切になってきます。 「急かす」の敬語での使い方 敬語の表現がわかっても「急かす」という言葉を相手に伝える際には、どのように相手が受け取るのかを考えることが必要です。 「急かす」という言葉が相手に失礼に当たりやすい言葉である事が理解いただけた事でしょう。 敬語とはどういうもので、どのような定義分けがされているのかも再確認しましょう。 そして場面別にどのように相手に「急かす」を使う事ができるのかご紹介します。 「急かす」という言葉自体どのように使えば相手に失礼に当たらないかを考えることで、言葉そのものの使い分けを適切に行う事もできてきます。 敬語の種類 敬語の種類は冒頭でも触れたように、3種類あります。 それぞれ定義があり、丁寧語であれば単語頭に「お・ご」を付けて単語自体を丁寧に表現することができ、語尾にですます調を使う事で文章全体を柔らかく相手に伝えることができます。 尊敬語と謙譲語は言葉の主体が相手側かこちら側かによって使い分ける必要がある言葉遣いです。 相手が言葉の主体になり相手を持ち上げた言い方で伝えることができる言葉遣いを尊敬語といいます。 こちら側が主体の場合に相手を上として敬語を使う場合では、こちら側を謙遜した言葉遣いをします。 これが謙譲語で、相手を上として表現することができます。 使い方 敬語とは何か、どのような定義で決まっているのかを把握できたところで、実際にどのように「急かす」を敬語表現として使う事ができるのかを考えていきましょう。 言葉を発する際は口頭で相手に伝えることが多いでしょう。 その際、相手に対して「急かします」や「急かさせて頂きます」というような言葉はあまり使わない言葉です。 冗談半分でそのような言葉を使う事は良いかも知れませんが、お友達などあまり壁を感じさせないほどの仲でなければ相手に失礼に捉えられてしまうでしょう。 メールでの使い方 メールで使う際も相手に「急かします」や「急がさせて頂きます」というような表現は避けましょう。 「急かされていますが」というような表現であれば相手に第三者から「急かされている」という事を伝えることができます。 こちらと相手との間に「急かす」というような言葉を用いてやり取りをすることはあまりいい気分にはならないので注意が必要です。 こちらから相手に対して「急かす」を使う場合は「急かすような形になってしまい、申し訳ございません」というように謙遜表現を用いるようにしましょう。 こうやって伝えることで、相手に急がさせてしまって申し訳ないという気持ちを伝えることがベターです。 ビジネスメールでの使い方 「急かす」を用いてどのように敬語表現にすることができるのかを考えてきました。 ではここからは実際に日常的に「急かす」を使うにあたって、どのように使う事ができるのかを考えていきます。 フレーズ的にどのように使う事ができるのかを例文として触れておくことで、ニュアンスも伝わりやすく敬語表現をどのように使っているのかをわかりやすくなる事でしょう。 「急かす」という言葉を相手に棘として伝えることがないようにしましょう。 適切な言葉を身につけて相手に不快感の無いように伝えることが大切です。 急かすようで申し訳ありません 「急かす」という言葉はやはりこちら側から相手に対して伝える言葉となる事が多いです。 「急かす」という言葉は結果論として相手に伝えることが主になってきますので、相手に「急かされた」と思われないことが良いに越したことは事はありません。 「急かす」と伝えたいときには、「急かすようで申し訳ありません」という敬語の表現が頭に浮かんでくることでしょう。 しかしこのままの言葉では丁寧語というだけで相手と同じ目線という事になってしまいます。 ビジネスシーンにおいては尊敬語・謙譲語を敬語として使い、「急かすようで申し訳ございません」と言うように使う事が望ましいです。 「急かす」の別の敬語表現例 「急き立てる」よりも相手を追い込ませるという意味の強い言葉に「迫りたてる」という言葉もあります。 「急かす」と同じように使う事ができる言葉で、「急かす」よりも相手を追い込ませる意味が強い言葉になります。 この言葉も「迫り立てさせて頂きます」という言葉を使っても相手は恐怖心しか芽生えませんし、正直困ってしまう言葉になってしまいます。 尊敬語として使うには第三者に対して「急かす」事を相手に使う場合に使う事が多いでしょう。 催促する 「急かす」に代わって相手に伝えられる言葉に「催促」という言葉が浮かぶことでしょう。 この言葉も「早くするように要求すること」を意味として持っています。 この言葉は「急かす」という言葉に変わって名詞にも使われることの多い言葉でもあります。 例として「急かす内容の書かれた手紙」を「催促状」と言い換えることができます。 「催促のようになってしまい、申し訳ございません」と使う事もできるため、ビジネスでも使われることの多い言葉でもあります。 「急かす」も適切な表現で.

次の