シガ マッコウ クジラ。 ジュラシック・ファイト・クラブ

シガマッコウクジラ、イラストで再現 松本・四賀化石館|信毎おでかけガイド 信濃毎日新聞社

シガ マッコウ クジラ

全国の水族館・動物園マップ• 実はクジラは、生物学的にイルカと同じ分類の生き物です。 正確に言うとクジラの中で、4mを超えないものをイルカ(ドルフィン)と読んでいます。 そんなイルカも含めたクジラは、生物学的に80種類存在し、その中で大きく分けてヒゲクジラ類とハクジラ類の2種類に別けれます。 ヒゲクジラ類の特徴 ヒゲクジラは濾過摂食(ろかせっしょく)といって口の中に海水を飲み込みザルのように小型の魚やオキアミを濾して(こして)捕食する方法でご飯を食べています。 この濾過摂食は、魚類ではジンベエザメやマンタ、シロナガスクジラがこの方法で、鳥類ではフラミンゴが濾過摂食の方法を使っています。 ハクジラ類の特徴 ハクジラは歯を持っており主に魚類やイカなどを食べます。 ハクジラには、マッコウクジラやアカボウクジラ、ゴンドウクジラなど小型のクジラが多く、大人になっても4mを超えないため、イルカと呼ばれます。 ハクジラ類は、さまざまな波長のクリック音を反響させることで会話をしたり周囲の状況を知ることができるエコーローションを使用しています。 ハクジラ類は前頭部にあるメロン器官からクリック音を射出し、魚群などに当たり跳ね返ってきた音を下顎でキャッチしています。 クジラは魚ではありません クジラは魚と違い、卵を産まない、子供を授乳で育てる私たち人間と同じ哺乳類です。 呼吸もエラを持っていないため、肺で呼吸します。 ホエールウォッチングでよく見られる光景が海中に潜ったクジラは10分も立たず、海面へ浮上し3分ぐらい呼吸し、また海に潜る、まるで海女さんのような生活をしています。 呼吸をする鼻は頭の天辺に付いており、海面から頭を出さずに呼吸できるように進化しています。 そして、魚ではありませんので、恒温動物です。 恒温動物とは、気温や水温に左右されることなく、自ら体温を一定に保つ生き物です。 これも人間と同じですね! クジラの種類 シロナガスクジラ クジラの中でも最大で地球の生物の中で一番大きい生き物で体長は30mを超えます。 上顎と下顎が軟骨でしかつながっていないため、口を開けると10メートル近く開きます。 そんな大きい体ですが、性格はとても臆病で、食べ物はオキアミなどの小さいプランクトンを1日に4トンの量を濾過摂食で食しています。 声がとても大きく低周波のうねり声を180ホンの大きさで発し、150km以上先の仲間とコミュニケーションを行います。 点滴は、人間とシャチ以外いませんが、その人間が鯨油のために乱獲捕鯨したため、昔は世界中に30万頭いたと言われたシロナガスクジラは絶滅危機に瀕してしまい捕獲禁止されました。 近年徐々に回復し現在では、約1万頭に回復してきています。 シロナガスクジラの属しているナガスクジラ科は他に• イワシクジラ(ナガスクジラ属)大きさ14m• イーデンクジラ(ナガスクジラ属)大きさ12m• クロミンククジラ(ナガスクジラ属)大きさ10m• ツノシマクジラ(ナガスクジラ属)大きさ12m• ナガスクジラ(ナガスクジラ属)大きさ24m• ニタリクジラ(ナガスクジラ属)大きさ15m• ミンククジラ(ナガスクジラ属)大きさ9m• ザトウクジラ(ザトウクジラ属)大きさ15m がいます。 ホッキョククジラ ホッキョククジラは、名前からもわかるように主に北極圏とアラスカやオホーツク海などの周辺に生息しています。 全長で18mありクジラの中では大きい部類のクジラです。 生態はヒゲクジラ類なのでオキアミや小魚を食べて生活しています。 あまり群れず個体か最大でも6頭ぐらいでしか行動しません。 とても臆病で危険を感じたときは、氷の下に逃げてしまいます。 1度潜ると40分近く潜ることが可能ですが、あまり深くは潜らないようです。 ホッキョククジラが属しているコセミクジラ科は他に、• コセミクジラ(コセミクジラ属)大きさ6m• セミクジラ(セミクジラ属)大きさ18m• ミナミセミクジラ(セミクジラ属)大きさ18m がいます。 マッコウクジラ マッコウクジラは、シロナガスクジラやホッキョククジラとは違い、ハクジラ類に属しています。 大きさが4m以下のいわゆるイルカの多いハクジラ類の中で4mを超えており歯のある動物の中では最大の生き物です。 マッコウクジラは、腸内でごくまれ形成される結石が龍涎香(りゅうぜんこう)という医薬・媚薬として重宝されています。 この龍涎香は、水より軽いため、マッコウクジラから排出され、海岸に流れ着いた石が実は龍涎香でだったため、2000万円で売れた!というNEWSが流れるほど貴重なものです。 マッコウクジラは主に大型のイカ、クラゲイカを食べており、1年で8000トンから2億トンの量を食べています。 この量は人類のイカの捕獲量の30倍以上になりますが、実はこのクラゲイカなどは人間の食用にはならないイカなので安心してください。 マッコウクジラは、生涯の3分の2を深海で過ごしており、2000mを超える深さを潜ることが可能で、この潜水能力はクジラの中でもピカイチです。 クジラの標本が見れる水族館 クジラは大きいため生体を飼育している水族館はありません。 ただし人気者のクジラなので、クジラの標本やヒゲクジラの特徴である濾過摂食(ろかせっしょく)の仕組みを解説している水族館が全国にあります。 ここではクジラについて詳しくなれる水族館を紹介します。 貴重なシロナガスクジラの標本はノルウェーからの借り受けですが、設置工事が始めていたところ、予想していたより大きく、展示ホールの設計を変更する必要があったという逸話もあります。 博物館ならクジラ以外の生き物の標本が見られるのでオススメです。 ここではクジラの全身骨格標本が見られる博物館を紹介します。 6mあるピグミーシロナガスクジラの全身骨格標本やミンククジラの頭骨などを展示しています。

次の

世界最古の「マッコウクジラの化石」を保存する四賀化石館・奇跡の物語

シガ マッコウ クジラ

四賀化石館 【開館時間】午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで) 【休館日】毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、翌日が休館) 冬期休館(12月1日から1月31日) 【入館料】大人300円、小・中学生150円(20名以上の団体は大人200円、小・中学生50円) 【お問い合わせ】松本市七嵐85-1 TEL:0263-64-3900 FAX:0263-64-4239 国道143号を四賀地区方面へ。 この交差点を右折。 の会場と同じ方面です。 錦部保育園があるT字路を右折。 右折してすぐに建物が見えてきます。 目印の看板 大きな木の後ろにあるのが化石館の建物 駐車場 アルピコのバスでも来れます。 バス待合所はログハウス風 外には大きな石がゴロゴロしています。 さすが、化石館!! 「友ら励みし にしごりの 学舎のあと」と書かれた石碑 ちなみに、化石館のお隣は保健センター。 入口 開館時間や入館料など。 博物館としては比較的安い方ではないでしょうか。 受付 パンフレットとチケット ~パンフレットより~ 四賀は、今から1500万~800万年くらい前 新生代第三期中新世 には、海の底でした。 この海に運び込まれた泥、砂や小石が長い年月かかって岩石となり、内村層、別所層、青木層などの地層をつくりました。 内村層の堆積したころは、海底の火山活動がはげしい時代でした。 この火山活動によってできた岩石は、全般に緑っぽい岩石となっているため一括して緑色凝灰岩 グリーンタフ と呼ばれています。 稲倉峠~戸谷峰~三才山峠から小県郡・上田市方面に分布しています。 別所層は石灰から黒色の泥岩を主とする地層です。 一部には砂岩の薄い地層をはさむこともあります。 泥岩の中からは、たくさんの化石が産出します。 クジラの背骨や肋骨、魚類 骨やうろこ 、二枚貝などのほか、植物の葉の化石も産出します。 化石館に展示してあるシガマッコウクジラも別所層から産出しました。 別所層は保福寺川より北で、四賀の南半部から小県郡・上田市方面にかけて分布しています。 青木層は砂質泥岩の多い地層です。 この地層の最下部には厚い砂岩層か礫岩層があり、別所層と区別されます。 穴沢口にある豆岩 まめいわ は、これにあたります。 化石も多くシナノトド アロデスムス 、二枚貝や巻貝などを産出します。 青木層は、四賀の北半部から東筑摩群北部にかけて分布しています。 記念スタンプ アロデスムスとマッコウクジラの2種類のスタンプでした。 トイレは電気代節約のため消灯中でした。 マンモスの牙が何気なく展示されています。 ワイルドだぜぇ~。 検索コーナー パソコンではなく、本で調べるシステム。 新聞の切り抜き 四賀化石館といえば、「マッコウクジラ」 全身化石が展示されています。 それを発見した時の当時の様子・・・ 化石館の裏から約1キロメートル下流の保福寺川で魚釣りをしていた時に足元の岩の中に歯を発見し、一年間にわたりコツコツと自分で掘っていた、第一発見者の小学五年生山田智久君 発見された化石が大水で流されないようにジャカゴで護岩をし、又雨の日でも暑い日でも発掘作業ができりょうに天幕を張りました 重機で周囲を掘り削岩機で岩を砕く作業は大変でした ロマンを秘めた全長7メートルの岩石を三ヶ月がかりで掘り出すことができましたが、何の化石が入っているのかはっきりしませんでした 悪戦苦闘の発掘が無事終了し状況説明をする信州大学田中邦雄教授。 その後、10人で約9ヶ月の化石クリーニングにより、世界では2例目の「マッコウクジラ」の化石であることがわかりました 1階にはマッコウクジラをはじめ、いろいろな化石が展示されています。 顕微鏡で覗いて見る化石なんかもあります。 2階へ。 階段も化石館ならではの工夫。 いろいろな世界の大理石が敷いてある豪華な階段です。 途中から世界の花崗岩に。 2階の廊下には、岩石や貝殻などが展示されています。 木下藤吉郎氏の剥製コレクションルーム まるで動物園のようです。 学習室 学習室の後ろは全部水道 研磨する機械 販売コーナー 化石館にしかないマニアックなお土産が面白いです。 化石採集布袋 シガマッコウクジラのストラップ サメの歯の化石 産地は四賀ではありませんが、8000年前の化石が300円で買えます。 アンケート.

次の

施設案内

シガ マッコウ クジラ

哺乳類• クジラ偶蹄目• ハククジラ亜目• マッコウクジラ科• 生息地域 : 世界中• 体長 : 16~18m マッコウクジラは普段浅い所に生息しています。 しかし餌の狩り場まで 2000mくらいまで潜っていきます。 人間は生身では140mが限界なのに、2000mって凄すぎますよね。 [関連リンク]• しかも肺呼吸です。 約1時間ほど息を止めていられるそうです。 基準を人間で考えたら、全く意味がわかりません 笑 この潜水能力はクジラ界でもNO. 1です!! マッコウクジラ VS ダイオウイカ マッコウクジラが浅い所に住んでいるのに何故わざわざ2000mも潜るのかというと、こんなにデカ強いマッコウクジラにも天敵がいるんです。 それは 海のギャング、シャチです。 大人のマッコウクジラならタイマン勝負でまず負けないでしょうが、シャチは群れで生活しているのでそこは多勢に無勢。 負けてしまうこともあるようです。 そして、シャチには主に子供のマッコウクジラが襲われてしまいます。 ですから、餌の狩場がシャチと被らないよう、深く潜れるマッコウクジラは深海へ餌を採りに行くと考えられています。 あともうひとつ、マッコウクジラは基本イカ類ばかりを食べます。 深海にはいますよね。 あのでっかいイカが!! そう!かの有名な ダイオウイカです 笑 [関連リンク]• ダイオウイカの天敵はマッコウクジラという事ですね。 実際に見つかったマッコウクジラには 多数のダイオウイカの吸盤のあとが確認されています。 あの モビーディック vs クラーケンの戦いは、深海でリアルに繰り広げられているということです! ロマンです!! 謎が謎を呼ぶマッコウクジラのメカニズム しかしマッコウクジラが何故そこまで潜れるのか? その秘密は、まず第一に 全身の筋肉に酸素を蓄えることができるそうです。 筋肉に酸素を溜める…? 理解不能です。 その筋肉の酸素を使って1時間ものダイビングが可能になっているようです。 これはクジラ界でも例外的に大きいです。 もちろん中には脳があるのですが、 その脳は約7kgほど。 全体の体重から考えるとびっくりするほど脳が大きいわけではありません。 どちらかというと小さめです。 では残りの部分には何が詰まっているのか?!なんとそこには!! 脳油という油が詰まっています。 鯨蝋(げいろう)と言うそうです。 (詳細は) それを冷やし、凝縮させて比重を増やし、 おもりにして潜っていくそうです。 …はい、またまた理解不能です。 ロマンが詰まりまくっております 笑 この謎が謎を呼ぶマッコウクジラの生態。 まだまだありますよ! ぼくは小さい頃から魚っていつどうやって寝ているのか?なんなら寝ていないのか? いや、魚は寝ないだろう。 アイドルがあの…アレを…しないように!!! (深くはツッコまないでください 笑 ということで、いろいろ見ていたら面白いものがありました。 それではご覧ください!!.

次の