蛇 に ピアス アマ。 蛇にピアスの結末に意味が分からない人への解説

www.interreg4c.eu: 蛇にピアス: 吉高由里子, ARATA, 蜷川幸雄: generic

蛇 に ピアス アマ

タグ Chara Free! amazon. 演出会の鬼才である故・ 蜷川幸雄が監督を務めたことでも話題となった映画『蛇にピアス』。 小説家・金原ひとみさんが 第130回芥川龍之介賞を受賞した小説を映画化したものです。 東京で行き場なく生きる若者たちの数奇な運命の物語。 一見するとエログロの要素ばかりが印象的ですが、その裏には作り手から観客への「生きる」ということへの問いかけが描かれています。 謎とラストシーンに様々な解釈ができる本作ですが、登場人物であるアマを殺したのは誰だったのでしょうか? ルイが刺青に眼を入れた理由とこの作品で描かれる 「生きる意味」についても考察してみましょう。 アマを殺したのは誰だったのか? 終盤でアマは何者かによって殺されているところを発見されます。 果たしてアマを殺害した犯人は誰だったのでしょうか。 1つ目の可能性 1つ目の可能性はアマが喧嘩の末に殺害してしまった 暴力団の関係者でしょう。 アマが喧嘩した二人の男のうち一人は現場から逃げ去りました。 逃げのびた男がアマの特徴から居場所を探し出し、報復を行った可能性は考えられます。 2つ目の可能性 2つ目の可能性はシバです。 アマの遺体は爪がはがされ、無数の煙草を押し当てた跡があり陰部にはお香が差し込まれていました。 アマの体はどこにも無事な個所がないという悲惨な状態。 ルイは煙草やお香がシバが使っていたものと同じであったことから彼が犯人と確信します。 動機は何でしょう?作中の描写からは以下のような動機が考えられます。 シバが本気でルイを愛しはじめたためアマが邪魔になった。 バイセクシャルであるシバがアマに行き過ぎたSMプレイを行った結果殺害してしまった。 殺人衝動のあるシバが欲求を満たすために、殺されても怪しまれないアマを狙った。 ルイが刺青に眼を入れた理由 ルイはシバに入れてもらった刺青に最後に眼を入れました。 それは何を意味しているのでしょうか。 新たな人生を生きるため ルイはシバの手で背中に龍と麒麟の刺青を彫ってもらいました。 しかし、画竜点睛のことわざの意味にならって龍と麒麟が飛んでいかないようにと瞳を入れていませんでした。 龍はアマを、麒麟はシバを意味しています。 しかし、アマが死んだ後ルイは刺青に瞳を入れる決意をしました。 作中のルイはアマとシバという二人の男に依存して生きている存在。 そんなルイが刺青に眼を入れることで、二人から独立して新たな人生を生きていく決意を固めたことが暗示されています。 二人の男の死を意味するため アマは殺害され、ルイのもとから飛び立ってしまった。 シバも生き残っているとはいえアマを殺した殺人犯。 いつ警察に捕まるかわかりません。

次の

www.interreg4c.eu: 蛇にピアス: 吉高由里子, ARATA, 蜷川幸雄: generic

蛇 に ピアス アマ

一言で言うと吉高さんのおっぱい出し損の映画です。 貧〇だし〇首が黒いです。 吉高さんの彼氏役の演技はまあまあ自然でよかったかなと思います。 彫り師役の演技はちょっと微妙でしたね。 恥ずかしい気持ちが伝わってくるような気がしてしまいました。 ていうか、見てて恥ずかしいです。 SMプレイのシーンに毎回変なBGM入れてるのが見てられない。 やたら濡れ場多いのに、毎回ワンパターンで飽きます。 映画として内容がありません。 あと、刺青がテーマの映画なのに刺青が綺麗じゃないのも残念です。 ボディペイント丸出しで迫力ありません。 もうちょと頑張れたんじゃないかなあって感じです。 吉高さんのルックスに関してもギャルとは程遠いですしね。。 まあそこを狙ってキャスティングしたんでしょうけど。。 まあなんていうか、原作を読んだことはありませんけど、これを見てすごいと思うのは中高生くらいなんじゃないでしょうかね。 映画館という、日常とは切り離された空間で観ることを前提に作られた映画だ。 リビングでバラエティやお笑いを観る気分で観たら、まったく理解できないと思う。 観客にも、作り手と同等の集中力が要求される。 エンタメとして簡単に消費されてたまるかとの作者の気迫が、画面からビンビン矢のように飛んでくる。 この対決姿勢が、全編に比類ない緊張感をもたらしている。 テンポそのものは緩いんだけどね。 世界のニナガワは、やはり只者ではなかった。 そしてまた、吉高由里子が言葉を失うほど美しい。 ラストシーンのストップモーションで顔を上げたときの彼女は、ほとんど崇高でさえある。 この子は不思議な清潔感があり、どれほど生々しいセックスシーンを演じても決して下品にならない。 だからこそ、蜷川は彼女を起用したのだろう。 演じているのは渋谷の街のギャルなんだが、彼女の童女のようなピュアな気品がなければ、この映画は成立しなかった。 傑出した演出者と演技者のコラボによる、これは類い稀な一品だ。 原作は読んでいません。 系譜としては,(米軍ベース内の退廃を描いたというところは違うが)村上龍の「限りなく透明に近いブルー」の背徳感に近いような気がします。 出演時に20歳ということで,ヒロインの設定年齢に近い時期の吉高由里子が好演しています。 刺青とボディーピアスにのめり込むアンダーグラウンドな世界がグググっと迫ってきて,はじめはちょっと正視するのが辛いのですが,すぐにそうした映像には慣れてきて,その代わりに重くのしかかる退廃感・倦怠感・虚無感に呑み込まれてしまいました。 原作がそういう筋だから仕方ないのでしょうが,最後まで男の性欲のはけ口となる都合の良い女として描かれていて,そこに大きな違和感を覚えました。 スプリットタンの男が帰らない時には,無謀にも警察に失踪届けを出しに行くくらい惚れていたわけなのだから、刺青師の男を警察に突き出しても良いのに・・と、思ったのですが、ルイがしたことと言えば、刺青師が警察に捕まらないように、足がつきそうなお香を別の匂いの物にするという小細工でした。 もし,刺青師の男をスプリットタンの男以上に惚れてしまっていたにしても,愛の強さと心と体の痛みを同一視する彼女の心理的傾向から見れば,刺青師の男を牢獄に繋ぐことで感じる屈折愛もありそうなのに・・・。 なんだか,ズルズルと男に流されていくだけのヒロインの姿は案外、単純で,刺青やビアスを求める嗜好性と相容れない感じがどうしてもしてしまいます。 もちろん、ラストまで、観る者に安易な共感を抱かせないという意味では、成功しているのですが、、、、「何故?こうなるの?」という違和感を拭えませんでした。 映画全体としては、少し長すぎるとは思いますが、かなり良い出来です。 舞台演出家として晩年も精力的に活動していた蜷川幸雄による最後の映画。 当時72歳の蜷川監督が芥川賞を当時最年少受賞した作品の監督をする、少女の感性を偉大な演出家がどのように昇華させて映像化するのか、興味深く観ていました。 そこには若々しく瑞々しい悲劇がありました。 蜷川監督はこれをギリシア悲劇のように捉えていたようで、恋人を殺した男に刺青の龍の目を入れさせ、自らの舌を恋人と同じスプリットタンにする、自らの体を変容させることで喪失を心に刻み克服する女性を耽美な映像に収めてます。 若い監督が撮ったと言われてもわからないくらいの青臭さ。 まだ女優としてはまだ未熟な吉高由里子の拙い演技も不思議とマッチしていて、少女の愚かな選択にも説得力を与えています。 蜷川監督の弟子的な藤原達也、小栗旬を端役で使っているのもいいですね、変にいい役与えてなくて。 抑制がきいていて、インモラルな部分も汚くなく、文学作品の映像化としては成功した映画といえるでしょう。 Ich kenne diesen Film schon seit ca 3 Jahren und ich muss sagen, dass ich ihn von der ersten Minute an geliebt habe. Wer also ein normales japanisches Drama mit Liebesstory erwartet, liegt hier falsch.

次の

蛇にピアスを無料動画で見る裏ワザ 吉高由里子/ARATA 地上波テレビ放送は?【映画フル視聴】│動画インフォ

蛇 に ピアス アマ

蛇にピアスのシバがかっこいい シバの本名 柴田キヅキ 柴田のシバなんですね。 因みにアマの本名は雨田和則です。 顔のピアス 出典:goo. 顔洗う時どうすんねん! と思わずツッコミを入れたくなりますが、これがシバさんの魅力でもあります。 これは、実際にピアスを開けてるわけではありません。 特殊メイクですね。 シバの印象的なセリフ セリフその1 「スプリットタンってどう思います?」とルイに聞かれると。 シバ「ピヤスや刺青と違って形を変える物だからね」 「やりたいと思わない」「人の形を変えるのは神だけに与えられた特権だと思っているから」 セリフその2 居酒屋でルイに「掘ってる時にお前の事殺したくなったらどうしよう」と言っていたシバ。 ルイの刺青を入れ終わってルイに、 「殺したくなった?」と聞かれた時のセリフ 「ああ、だから掘る事に集中してた」 「もしお前が死にたくなったら俺に殺させてくれ」「死姦してもいい?」 どんだけ変態やねん! シバの性癖が凄すぎますね。 何故アマを殺したのか? こういった理由があって、シバはアマを殺しましたという、はっきりした言及はありません。 これは、映画もそうですが、原作にもありません。 どの様に解釈するかは、個人の自由なので、必ず、こうじゃなきゃいけないという答えはありません。 ネットの書き込みを見ていると、この様に解釈する人が多い様です。 ルイを自分の物にする為に殺した 刺青を入れる為に、シバの店に訪れるルイ、その度にシバとルイはSMまがいのプレイを行う。 シバはルイを本気で愛する様になったので、邪魔なアマを殺害した。 シバとアマは以前から体の関係があった シバはルイだけではなく、アマとも肉体関係があった。 アマも実はルイには内緒でシバとそういうプレイをしていたのだ。 殺したというのも、アマを憎んで殺したのではなく、首を絞めるプレイの延長で、途中で止まらなくなって殺したという事。 なので、ルイもシバが殺した事を気づくが、ある意味納得している。 アマと無理やり関係をもったが、興奮しすぎて殺した ルイが警察で、アマはバイセクシャルの気はあるか? と聞かれた時、ルイは強く否定しました。 また、ルイの言う事には従っていたアマが、ルイに内緒でシバと関係を持つ事が考えられないという事で、シバが無理矢理やったと、なおかつ無理矢理やった事にシバが興奮してしまって、 歯止めが効かず殺してしまったという解釈。 「人を殺した事はあるか?どんな気持ちだった?」とルイに聞かれた時、 シバは「気持ちよかった」と答えた描写があります。 シバを演じた俳優 出典:goo. 芸名のARATAから井浦新に変更した経緯は、三島由紀夫を描いた作品「11. 25自決の日 三島由紀夫と若者たち」に三島由紀夫役で出演したさいに、作品のエンドロールで流れる名前に、アルファベット表記の名前が流れるのは好ましくないという理由で変更した。 蛇にピアス以外の作品では、 ピンポン 20世紀少年 リッチマン・プアウーマン 空気人形 などなど。 作品によって、見た目や雰囲気ががらっと変わるスタイル。 えぇっ!これこの人だったの? と役によって全くの別人になってしまう事で驚かれる事が多い役者さんです。 (スポンサーリンク) 蛇にピアスの無料フル動画を見る 蛇にピアスはU-NEXTの無料お試しを利用すると今すぐ見る事ができます。 無料期間中の解約も可能なので気楽に見れます。 下のリンクから登録できます。 合わせて読みたい.

次の