レモネード レモン スカッシュ。 イトシマレモネード大名店【レモンスカッシュ美味しい♪】

人気再燃中の「レモン系飲料」を飲み比べ! スッキリするのは? お酒に合うのは?

レモネード レモン スカッシュ

世界のレモネード [ ] 「レモネード」は世界各地で飲まれているが、その中身は国や地域によって異なる。 アメリカとカナダ の入っていない砂糖入りレモン水で、 の伝統飲料に由来する「ピンク・レモネード」もよく飲まれている。 子供がを行うのは古くからアメリカで見られる夏の風物詩であるが、原材料費節約のためにレモンではなく粉末(子供でも薬局で簡単に安価で購入出来る)で代用することも多い。 イギリス 砂糖かあるいは甘味料入りのレモン、もしくは薄める前の原液のことをいう。 アメリカやカナダでいうである。 アイルランド レモン風味のを指すが、「白レモネード」と「赤レモネード」がある。 白レモネードは他国にある無色の炭酸入りレモン水と同じだが、炭酸で泡立つ赤レモネードはアイルランド特有である。 オーストラリアとニュージーランド 無色透明の炭酸レモン水のことをレモネードと呼ぶ。 これはイギリスや圏で用いられる。 Spriteや7Upのラベルに「lemonade」と書かれていたこともあった。 これがレモン果汁などで濁っていると「レモンスカッシュ」 Lemon () と呼ばれ、 ()やといった商品がある。 希に、ただのレモン果汁のことを「レモンスカッシュ」と呼ぶこともある。 フランス フランス語では limonade という。 イギリスと同様の炭酸飲料で、 ()や ()といった商品が該当する。 ビールと limonade のカクテルは「パナシェ」( ())と呼ばれ、これはイギリスのと同類とみなされている。 また類似の飲料として、レモンを皮ごとミキサーにかけたものに水や砂糖を加えて飲むシトロネード( ())がある。 イタリア レモン果汁またはレモン水に砂糖や蜂蜜などの甘味料を加えた炭酸が入ってない飲料を呼ぶ。 からにかけての南イタリア沿岸で多種類のレモンが栽培されている。 レモンを漬けたは(Limoncello)と呼ばれる。 フィンランド フィンランド語では "limonadi" あるいは "limu" という。 のような炭酸飲料全般をレモネードと呼ぶ。 例えば "Omena Limonadi" というのは、英語でいうと "Apple Lemonade" のことである。 ドイツ ドイツ語では "Limonade" あるいは "Limo" という。 オランダ 甘い濃縮果実酒を水で割ったもの全般を指す。 日本 アメリカなどと同様にレモン果汁に水と砂糖を加えたものを指すことが多い。 レモン水とも呼ばれる。 はそのバリェーションである。 また、 はこのレモネードの名前が訛ったもの。 香港 と呼ばれる飲食店では、シロップで甘くした水にスライスされたレモンを添えたもので、"檸檬水" などと呼ばれる。 インドとパキスタン アメリカと同じの砂糖入りレモン水で "nimbu pani'" と呼ばれる。 ブラジル レモン水そのもののことを指すか、あるいは、皮を剥いてないレモン・氷・冷水と砂糖(あるいはクリーム)を [ ]したものを言う。 このシェイクしたものは特に "swiss lemonade" と呼ばれる。 中東 アメリカと同じ砂糖入りレモン水だが、の葉が入る "Lemonana"と呼ばれる。 大量のと共にで粉砕し、のようにして供することもある。 また、Ouzoなどのアニス系のリキュールを加え、飲料とする場合もある。 歴史 [ ] 炭酸の入っていない方のレモネードは商業用の中でも最も古い部類にあり、少なくともには販売されていた。 、において "Compagnie de Limonadiers" と呼ばれる業者団体が結成され、レモネード販売のを取得している。 業者たちはレモネードを作りそれをで運び、に注いでしていたという。 脚注・出典 [ ] [].

次の

スッキリ爽やかなレモネード。作り方と簡単アレンジレシピを紹介

レモネード レモン スカッシュ

爽やかなイメージが強いレモンは夏の果実と思われがちですが、実は冬が旬。 作る際に使う容器は、大き目の容器を用意すると、夏の梅仕事などにも使えます。 初心者さんは場所を取らない小さめの容器で、少量からトライしてみましょう。 国産レモンは冬が旬のため、スーパーにも出回ります。 無農薬であれば皮のままレモンシロップに使えるので、なお良しですね。 保存容器を消毒します。 耐熱ガラス容器の場合は煮沸消毒でOKですが、そうでない場合はアルコールスプレーをかけ、キッチンペーパーなどで拭き取りましょう。 レモンの皮を包丁で剥き、2mm幅くらいの輪切りにしていきます。 無農薬レモンの場合は皮付きでも大丈夫。 皮つきで作った場合は少し苦くなるのでご注意ください。 スライスしたレモンと砂糖を交互に入れていきます。 最後に、ハチミツを入れます。 ハチミツは無くてもOKですが、入れることでコクが出ますよ。 入れない場合は砂糖をレモンと同量入れてください。 瓶を密封して、冷暗所で保管します。 1日1回、清潔なスプーンなどでかきまぜましょう。 一週間程度置き、お砂糖が溶けたら完成です! レモネードの作り方 続いて、手作りしたレモンシロップで、自家製レモネードにトライ!好きなタイミングで好きなだけ飲めるなんて嬉しいなぁ・・。 身体がとっても温まります。 お好きな量のレモンシロップを炭酸水で割れば完成です! また、レモンシロップに使ったレモンは、せっかく甘くておいしくなっているので捨てるのはもったいない。 パウンドケーキやマフィンを手作りして、トッピングとしてそのまま乗せてから焼いたりしてもおいしいですよ。 ぜひお試しください~! レモンシロップを作るときに使いたい!国産レモンは冬が旬 鮮やかな黄色と爽やかな味から夏を想像されがちなレモンですが、実は旬は冬。 国産レモンが出回るのは基本的に10月~2月頃です。 産地として有名なのは広島県。 最近よく耳にする「瀬戸内レモン」も、実は広島県をはじめ瀬戸内近辺で収穫されたレモンのことなんです。 手作りのレモンシロップは簡単で保存瓶に入れている姿がかわいく、とってもおすすめですよ! 小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページは.

次の

すき家に炭酸×レモンのさわやかドリンク「レモネードスカッシュ」!牛丼やカレーとも相性抜群 [えん食べ]

レモネード レモン スカッシュ

牛丼チェーン・すき家各店(一部の店舗をのぞく)で、「すき家のレモネードスカッシュ」が7月1日に発売される。 9月下旬までの販売予定。 価格は220円(税込)。 すき家のレモネードスカッシュ シャーベット状のレモネードベースと凍らせた生レモン、シュワシュワとしたソーダを組み合わせたドリンク。 ストローでかき混ぜながら飲む。 これからの暑い日にぴったりのさわやかな味わいに仕上げられている。 はちみつを使用したレモネードベースは、シャリっとした食感とやわらかな甘みが特徴。 さらに凍らせた生レモンも加わり、最後のひとくちまで濃厚なレモンの風味が楽しめる。 生レモンをストローでつぶしながら飲むと、フレッシュなレモンの酸味が口いっぱいに広がるそう。 牛丼・カレーなどのこってりとしたメニューとの相性も抜群だとか。 テイクアウトも可能。 牛丼などとセットでテイクアウトしたり、食事は店舗・口直しにレモネードスカッシュだけテイクアウト、といった使い方もできそうだ。

次の