ファスティング 食べ物。 ファスティングの回復食は何が良い?おすすめ・NG食品12選

4.6kgの減量に成功!酵素ファスティング3日間に挑戦

ファスティング 食べ物

コンビニの商品は添加物が多く含まれているイメージがあって、「ファスティングの準備食・回復食には向かないのではないか?」と心配する人も少なくないですよね。 実際に、合成着色料や防腐剤などによる健康被害は出ていたりします。 しかし、その大部分は生活習慣病やメタボリック・シンドロームの症状として現れます。 では、「ファスティングの準備食・回復食は自分で作るしかないのか?」そんなことはありません。 近年に入り、コンビニの商品ラインナップは、めざましい進化を遂げてます。 栄養バランスを気遣った食べ物・飲み物が今のコンビニでは充実しています。 そこで今回は、ファスティングの準備食・回復食をコンビニで済ませることが出来るオススメの商品について解説します。 ファスティング準備食・回復食に相性バッチリ!コンビニ商品を選ぶポイントとは 【ポイント】 コンビニ商品から準備食・回復食を選ぶ場合、食べ物や飲み物のパッケージ裏に記載された成分表から、 食品添加物の配合量や種類を確認するのがポイント。 準備食では、血液をサラサラにするために脂質を避けたコンビニ商品を手に取りましょう。 ファスティング後の回復食では、急激な糖分吸収を抑制する目的で、炭水化物を控えるのも大事なことですが、コンビニ商品で自炊に匹敵する栄養価を摂取するには、 体内に添加物を入れないのが鉄則。 食品添加物は将来病気になる可能性が高まる 準備食・回復食に適したコンビニ食品や飲み物を手に取っているつもりでも、どのような添加物が含まれているのかを見落とせば、病気を発症する危険性だってあります。 現代人が最もかかりやすい病気は、がん・心臓病・脳卒中の3種類。 この原因が、着色料、保存料、甘味料、香料などの食品添加物の過剰摂取であることとも言われていいるんですね…。 ファスティング後の準備食・回復食に向かないコンビニ食材 控えるべき食材 理由 ハム 亜硝酸ナトリウム(発色剤)は、加工肉に含まれるアミンと相性が悪く、同時に摂取することで「ニトロソアミン類」という発がん性物質に変わってしまう。 砂糖 人工甘味料をふんだんに使用したコンビニの砂糖は、過剰摂取すれば糖尿病になる危険性があります。 明太子 ハム同様、亜硝酸ナトリウムが含まれており、発がん性がある。 準備食をコンビニで済ませる際にオススメの商品とは 添加物の多さが懸念される コンビニ商品の中でも、ファスティング前の準備食としても使えるオススメの食べ物と飲み物をそれぞれ紹介します。 ファスティング前の準備食を摂取する際に意識したいことは、2つ! 血液を汚さないこと、腸内環境を整えることです。 外食時と同様、 を心がけることも忘れないようにしましょう。 これらを徹底することで、おのずと添加物の少ないコンビニ商品にありつけるはずです。 コレステロール値を下げ、脂質の吸収を抑制する。 お粥レトルト レトルトなので簡単に準備できるのも良いところ!胃にも負担が少ないのでベスト! カップみそ汁 自分でお湯などで塩分などの調整も出来るのでおすすめ。 準備食として飲み続けることで体質改善効果を見込める。 回復食をコンビニで済ませる場合にオススメの商品は 前項の準備食として、主にセブンイレブンの商品を紹介してきました。 「ほかにもコンビニがあるのになぜ…?」と思った方もいることでしょう。 実は、 大手コンビニチェーンの中で最も添加物の配合量が少ないのは、セブンイレブンなのです。 添加物の配合量や種類が少ないということは、それだけ健康に影響を及ぼす被害も少ないということです。 ここでも、セブンイレブンの商品を中心にファスティング後の回復食を紹介します。 ファスティング前の回復食メニュー【コンビニの食べ物】 回復食期間で使える食べ物 オススメポイント カップみそ汁 海苔 ファスティング後の塩分補給に役立つほか、 美髪を取り戻すためのミネラルも豊富。 カップみそ汁 とうふとわかめ 太りにくい体質をつくる上で理想的な具材が 含まれている。 お粥レトルト レトルトなので簡単に用意が出来るのでオススメ! スープ春雨 カロリーも少なく腹持ちも良いので回復食にぴったり 豆腐そうめん 春雨同様にカロリーが少なく食べやすい もずく酢 まごはやさしい食のひとつ海藻類に入るので回復食でもおすすめ めかぶ もずく同様胃腸にも負担が少なく準備もそのまま食べれるので簡単 ファスティング前の回復食メニュー【コンビニの飲み物】 回復食期間で使える飲み物 オススメのポイント ヘルシア緑茶マイルド (189円) ファスティング後は味覚が過敏になり、どんな食べ物・飲み物も濃い味として感じがち。 よって、よりマイルドな味わいの緑茶がオススメ。 ヘルシアウォーター (189円) リバウンド防止のための運動のお供にするなら、この一本。 体脂肪を燃焼しつつ、喉の渇きを最小限に抑えてくれます。 ファスティングの準備食や回復食期間に摂取する食べ物や飲み物では、コンビニでも代用できるものも探せばもっとあるでしょうが、何より体にとって負担のないものが大切です。 酵素ドリンクだけはこだわって!ファスティングの効果を左右する商品選びとは ファスティングには、必須の酵素ドリンクですが、これに関しては、コンビニのグリーンスムージーなどで済ませるのは本当はあまりオススメしません。 酵素ドリンクに比べ、コンビニのスムージーなどでは、ファスティングのデトックス効果や栄養摂取としては少しばかり足りないからです。 理由は、品質や栄養の抽出方法など全く違うため。 【ポイント】 酵素ドリンクは、品質が高いイメージがあるかもしれませんが、コンビニのグリーンスムージーと比べても大して合計での費用は、そこまで大差ありません。 ここは、妥協せずにファスティングの健康の効果を最大限まで上げるためには、品質の良い酵素ドリンクを用意しましょう。 なので、体のためにも栄養価が高い品質の良い酵素ドリンクを使用しましょう。 ファスティングでの正しい酵素ドリンクを使用する3つのポイント• 食前30分前に飲む• 酵素ドリンクと水両方合わせて1日2~2. 完全無添加で低カロリーのものを使用する 準備食や回復食は、どうしてもめんどくさくてコンビニで済ませようとするのはまだ良いです。 しかし、酵素ドリンクに関しては、安全にファスティングをするためにも、品質の良いものを購入を考えたほうが体にとっては安心です。

次の

ファスティング中の飲み物は?見えるところに貼って自分を励まそう!

ファスティング 食べ物

「ファスティング」という言葉は聞いたことありますか? プチ断食=ファスティング。 半日~3日ほど食べものは摂らずに、 水や酵素ドリンクで生活し、 ダイエットにも美肌作りにもかなり効果的なものです。 「おいしいもので溢れかえった今の時代で、3日も食事をおあずけなんて!!!!」 ・・・と、チャレンジするには少し躊躇してしまうかもしれませんね。 でも、実際やってみると、、、 「あら?意外と平気!そして、痩せた!?お肌もきれいになった!?」 と、実感できる可能性大です。 (実際3日間体験した私の感想) さらに、日頃当たり前のように食べていたものがこんなにもおいしいもので、普通に食事ができるって、なんてありがたいことなんだ・・・と、感謝の気持ちも芽生える、 一石二鳥にも三鳥にもなるファスティング。 今回は、 ファスティングの正しいやり方とファスティング中の食べ物について、実際私が試した例も交えてご紹介します! スポンサーリンク マ・・・豆類・豆腐・納豆などの大豆加工食品 良質のタンパク質、ミネラルが豊富 ゴ・・・ゴマ・ナッツなどの種実類 老化の原因となる活性酸素を防ぐ、抗酸化栄養素やミネラルが豊富 ワ・・・ワカメ・ひじき・昆布などの海藻類 カルシウムやミネラルが豊富 ヤ・・・野菜(ほうれん草・トマト・キャベツなど) ビタミン・食物繊維などが豊富 サ・・・魚(とくに青魚) タンパク質やDHA・EPAなどが豊富 シ・・・しいたけ・えのき・しめじなどのキノコ類 ビタミンDや食物繊維が豊富で、カルシウムの吸収を助ける効果あり イ・・・いも類(じゃがいも・さつまいも・里芋など) 炭水化物や食物繊維、ビタミンCなどが豊富 このような食材をベースに、内臓に負担がかかるような油ものやお肉、高タンパク質なものは控えていきましょう。 例えば、ハンバーグを豆腐ハンバーグに変えてみたり、お味噌汁の具をワカメ・豆腐・えのき・なめこなど体に良いもののオンパレードにしてみたりといったことでOKです! 上記に書いたことにプラスで ・ 毎日良質な水を2リットルほど飲む ・ 白米を玄米に変えてみる ・ 準備期間の最終日(ファスティング実施の前日)の、夜8時以降は食事を控える そうすると、体内環境が断食に向けてより整います。 なにより「いよいよファスティングをするんだ!」と気持ちの準備もできます。 食事制限・断食することへの 精神的な負担も軽減され、難なくファスティングをやり遂げやすくなりますよ。 「やった!!!!ご飯食べれる!!」 なんて、 すぐに普通の食事に戻してはいけません。 焼肉食べたい、お寿司食べたい、パスタ食べたい、ケーキ食べたい、お酒飲みたい、、、、etc。 せっかくたくさんの欲求を抑え、食べ物たちからの誘惑にも負けず断食をしたんです。 すっきりきれいになった胃腸をいたわって、もう少しだけ優しくしてあげましょう! ファスティングが終わったら、ゆっくりと準備期間にも行った 「マゴワヤサシイ」の食事に戻していきましょうね。 私が実際に摂った食事は、 復食期1、2日目はお粥や具なしのお味噌汁のみ。 それがまた、おいしいのなんの!!!!!! 食事ができるということ自体が、とても有難く感じました。 少しずつ、野菜や良質なタンパク質などを摂れるような食事に変えていき、復食期も終了です。 私は白米大好きなので、気にせず白米でファスティングしました! 食べる量は、断食に向けて少しずつ減らしていきましょう。 そのほうが、胃が小さくなって断食中の空腹のつらさが軽減されます。 【OKなもの】 ・お粥(重湯から少しずつ普通のご飯に戻していきましょう) ・さつまいも(なるべくやわらかくしたもの) ・梅干し ・お味噌汁 ・豆腐 ・お吸い物 3日間のメニュー例 1日目 2日目 3日目 朝 玄米粥 玄米粥 玄米おにぎり ごま塩 大豆とひじきの煮物 人参と大根の煮物 ぬか漬け 昼 玄米粥 玄米ご飯 おそば ごま塩 とろろいものお吸い物 青菜のごまあえ じゃこおろし オクラ納豆 夜 玄米ご飯 玄米ご飯 さつまいもと玄米のお粥 豆腐とわかめの味噌汁 じゃがいものお味噌汁 梅干し 切干大根 きゅうりの酢の物 いわしの生姜煮 復食期の食事の量は、まだ少量で抑えましょう。 例えば玄米粥はお茶碗少なめ1杯程度。 しばらく食事を摂っていないと、その分胃が小さくなります。 私は、自然と少量でお腹が膨らみました!! 普段だったら、腹5分目くらいの量で満腹に・・・・! これを保てばリバウンドする可能性も低いです。 【NG!なもの】 ・お肉 ・甘いもの ・脂っこいもの ・辛いもの ・かたいもの 要は、精進料理のような低カロリーで胃腸への刺激の少ないもの、なおかつ 栄養の豊富な素材を使ったシンプルな料理が復食期の食事に合っているということですね。 ファスティング体験の結果! 私は実際、準備期間3日間、断食3日間、復食期3日間のファスティングを行って、なんと。 まとめ ファスティングで一番つらいことは、 食の誘惑。 これに耐えることがじつは一番過酷なのかもしれません。 心もスッキリして、気分もよくなります。 気分がよくなる=笑顔が増える! 毎日を笑顔で過ごして、楽しく生きましょう! こちらもどうぞ! >> >> >> This error message is only visible to WordPress admins Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: No posts found. Make sure this account has posts available on instagram. com. カテゴリー• 表示数• - 295,743 ビュー• - 261,940 ビュー• - 246,648 ビュー• - 242,633 ビュー• - 182,137 ビュー• - 177,181 ビュー• - 153,795 ビュー• - 111,138 ビュー• - 91,643 ビュー• - 88,848 ビュー 最近の投稿• ブログをメールでチェック!.

次の

ファスティング準備食・回復食で使えるコンビニ商品まとめ!

ファスティング 食べ物

ファスティング後の回復食って?リバウンドとの関係をおさえよう ファスティングをするなら、回復食についてもしっかりおさえておく必要があります。 断食期間をしっかり過ごすことができても回復期間をきちんととらないと、リバウンドしてしまう可能性もあるので要注意です。 ファスティングの回復期間は、具体的にどのように過ごしたらいいのでしょうか。 今回は、ファスティングにおける回復食のとり方について解説します。 ファスティングをおこなうなら、回復食の特徴をしっかりとおさえて実行するようにしましょう。 ファスティングの回復期間とは? ファスティングの回復期間とは、どのようなものなのでしょうか。 ここでは、ファスティングするときに必ずおさえておきたいファスティングの回復期間の役割について紹介します。 ファスティングに取り組む前にしっかりと確認しておきましょう。 普段の食事に戻すまでの期間 ファスティングの回復期間とは、断食の後に食事を普段の状態に戻すまでの期間をさしています。 ファスティングは準備期間・断食期間・回復期間の3ステップに分けておこなうのが普通です。 回復期間はファスティングにおける最後のステップとなります。 最後だからといって気を抜かず、しっかりと取り組むことで無理なくファスティングの効果を発揮することが可能になります。 リバウンドを防ぐ回復食 ファスティングにおける回復期間のいちばんの役割は、リバウンドを防ぐことです。 ファスティングを成功させるカギは回復食だといっても過言ではありません。 ファスティングの効果をしっかりと感じたいのであれば、回復期間にもしっかりとこだわりをもつことが重要になります。 消化器官の急激な負担を避ける役割 回復期間に回復食をとる目的は、消化器官の負担を少なくするためです。 断食をしていてまったく食事をしていなかったところに、いきなり消化の負担が大きい食べ物が入っていってしまうと、体は急激な変化に対応することができません。 そうなると、体調不良につながる可能性もあります。 そういった事態を避けるためにも、ファスティングにおける回復食はとても大切だといえます。 ファスティングでリバウンドしてしまう人とは? ファスティングでリバウンドしないためには、回復期間がとても重要です。 ファスティングにおいてリバウンドしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。 ここではリバウンドしやすい人の特徴について紹介します。 回復食をおざなりにする ファスティングにおいてリバウンドしやすい人の特徴としては、回復食をおざなりにする傾向がみられます。 断食期間を終えてほっとしてしまい、すぐに高カロリーなものを食べてしまう人が多いです。 断食期間は体が飢餓状態と勘違いしているため、その後でいきなりカロリーの高い食事をとってしまうと、その栄養素がすべて体に吸収されてしまいます。 普段よりも食事の栄養を体が吸収しようとしている状態になっています。 このように考えると、やはり回復食はとても重要です。 いきなり通常の食事に戻す 断食後にいきなり高カロリーの食事をとっているわけではないとしても、回復食を意識せずに通常の食事をとってしまうとリバウンドはしやすくなります。 回復食は、単に普段より少なめに食事をとればよいというわけではありません。 食材の種類や味付けなどにもしっかりと配慮する必要があります。 それをうまくおこなっていないと、どうしてもリバウンドの原因となるので要注意です。 回復期間が短い ファスティングでのリバウンドは回復期間の短さに原因があるかもしれません。 回復期間を設けたとしても、が食べ物に慣れるより先に終わってしまっているとあまり意味がなくなってしまいます。 そのため、ファスティングの回復期間は体の状態に合わせて十分に設ける必要があります。 回復期間のルール 断食後の回復期間はどのようなことに気を付けて設ければよいのでしょうか。 ここでは、ファスティングにおける回復期間についての基本的なルールを紹介します。 断食期間より少し多いくらいの食事にする 回復期間は、断食期間と比べて少し多いくらいの食事の量にしましょう。 体が慣れてきたら量を少し増やしても構いません。 少なめから食べ始めることで、体が徐々に食べ物を食べることに慣れていきます。 最初は固形物をとらない 回復期間が始まっても、最初は固形物をとらないようにしたほうがよいでしょう。 断食期間に近いため、液体状の食べ物を摂取すると体がびっくりしません。 たとえば、具なしのお味噌汁やスープから少しずつ体を食べ物に慣れさせていきましょう。 消化がよいものを選ぶことが大切です。 薄味のものを食べる 回復期間は、食べ物の味付けも大切です。 最初は体が味の濃いものにもなれていない状態です。 そのため、できる限り薄味にして食べ物を食べるようにしましょう。 普段の味付けのまま食事を作ってしまうと、体によくありません。 少しずつ調整しながら味付けすることが大切です。 おすすめの回復食は? 回復食としては、具体的にどのようなものを選べばよいのでしょうか。 回復食は慎重に食材を選んで作らなければなりません。 ここでは、おすすめの回復食について紹介します。 炭水化物はお粥から 回復期間に入ったら炭水化物を食べても大丈夫です。 ただし、最初はごはんではなくお粥の状態で食べるようにしましょう。 なるべく水分をたっぷりと含ませることが大切です。 また、回復期間においてはパスタやパンはNGとなります。 「まごわやさしい」をベースにとりいれていく 回復期間の食事には、「まごわやさしい」とよばれる食材を使用しましょう。 これらは体にとって必要な栄養素を多く含んでおり、消化もしやすいのが特徴的です。 「まごわやさしい」に含まれる具体的な食材は以下のとおりとなります。 【「まごわやさしい」にあてはまる食材】 ・「ま」:豆類 ・「ご」:ごま ・「わ」:わかめ(海藻) ・「やさ」:野菜 ・「し」:しいたけ(きのこ類) ・「い」:いも類・穀物 回復食の注意ポイント 回復食をとるときは、ほかにも注意すべきポイントがあります。 最後に、回復期間に注意したいことをまとめておくのでぜひ参考にしてみてください。 柔らかいものでもよく噛んで食べる 回復食は柔らかいものを積極的に選ぶことが大切です。 そして、それをしっかりと噛んで食べるようにしましょう。 そうすることで、消化器官への負担を最小限におさえることができます。 さらに、よく噛むことでゆっくりと時間をかけて食べることができ、満腹感も得やすくなります。 消化に悪いものは避ける 回復期間においては、消化に悪いものは極力避けましょう。 たとえば、脂っこい食事は厳禁です。 さらに、最初のうちは動物性たんぱく質も避けなければなりません。 回復期間が終わればそういった食べ物も食べてよくなるので、少しの間は我慢するようにしましょう。 ファスティング後のリバウンドを防ぐために回復食をしっかりとろう ファスティング後の回復食はとても重要な役割をもっています。 とくに、回復期間はリバウンドを防ぐための重要な時期です。 せっかく頑張って断食したなら、その効果をしっかりと得たいですよね。 そのためには回復食のとり方がとても大切になります。 ファスティングの回復期間にも力を入れ、その効果を最大限に発揮できるようにしましょう。 ファスティングを学ぶなら.

次の