同期 の サクラ 真剣 佑。 新田真剣佑、まるで『同期のサクラ』葵のよう... サラリーマン役で爽やかすぎる笑顔 『クロレッツ』新CM「ディスカッション」篇

『同期のサクラ』新田真剣佑の“1話で2回プロポーズ”にネット騒然 /2019年12月5日 1ページ目

同期 の サクラ 真剣 佑

Sponsored Link 【同期のサクラ】新田真剣佑の演技に対する視聴者の反応は? まずはこのドラマでの新田真剣佑さんの演技に対する視聴者の反応を見てみましょう! 「同期のサクラ」は面白い、というよりも見ごたえがある。 出演者の演技力の質が高い(今のところ)ので、脚本・演出などに集中できる。 内容は心痛いけどね。 ただのイケメンじゃない。 確かにこんな爽やかな人が職場にいたら 目の保養になります 笑。 疲れていても彼を見たら元気をもらえそう~。 これまた性格も見た目通りの明るさで コミュニケーション能力も高く、職場の人間関係もスムーズ。 コツコツ努力するタイプというよりも、 上手く手を抜いてその場をやり過ごす器用さも兼ね備えています。 そしてあの ルックスの良さ! 同じ人間とは思えないくらい整った顔立ちに、思わずため息をついてしまいます。 少し微笑んだだけでノックアウト寸前状態。 笑うと 白い歯がキラリと光ってまるで 物語に登場する 王子様のような華やかさがあり、そこにいるだけで爽やかな風が吹いてきそう……。 本当に同じ人間なのか? 物語から飛び出してきたんじゃないかというくらい美しすぎます。 カッコいいなんかのレベルではなく、さらにその上をいく存在ですね。 しかも夢が社長になること!! キャラクターがカッコいいいだけでなく、夢までカッコいい 笑。 設定が アメリカ帰りの帰国子女っていうのがまたいいですよね。 少し日本離れした雰囲気が本来の彼と通じるものがあります。 この爽やか好青年を新田さんの持ち前の演技力で見事に演じきり、同期メンバーのひとりとして 不動の地位を築いていますね。 コロコロ変わる表情も魅力的で、ときには 可愛く見えることも! 今までの新田さんのイメージは男前のキリッとした印象が強く、優しい表情を見せることはあってもいつでもニコニコしている印象があまりありません。 そもそも新田さんは今までこんな 明るい役を演じたことがあったのでしょうか? 木島葵というキャラクターが活き活きしており、演じていること自体が楽しそうに見えます^^ 【同期のサクラ】新田真剣佑の演技にハマる理由は? このドラマの新田さんの演技にハマる視聴者が多い理由はなぜなのか? その理由は2つ考えられます。 新田さん自体が爽やかな存在なので、この役が合わないわけがない。 あまりにもこの役を演じていることが自然過ぎて、新田真剣佑は木島葵なのではないかという錯覚まで起こしそうです。 またこの髪型もすごくマッチしています 笑。 この髪型でカッコいいと思わせる人ってなかなかすごい逸材です。 ドラマ【べしゃり暮らし】に出演されていた 矢本悠馬さんも似たような髪型でしたが、2人の印象は全く違いますね 笑。 存在自体が既にオーラがありまくりなので、一般の枠では収まりきらなかった感じもしますが……。 普通の会社員役がこんなに新鮮で、このギャップがファンにはたまらないのかもしれません。 今まで雲の上にいて全く手の届かないところにいた存在が、下界に降りてきたような感覚でしょうか。 普通だったらありえない人物が自分と同じ世界にいるようで、今までよりも身近に感じることで親近感が湧く視聴者も多いのかもしれません。

次の

『同期のサクラ』新田真剣佑の“涙”に感動の声「大号泣」「美しい」 /2019年11月7日 1ページ目

同期 の サクラ 真剣 佑

先日最終回が放映された「同期のサクラ」は面白かった。 サクラ役の高畑充希さんはいろいろなドラマでいつも少しトリッキーな役をしてて、そこが面白い。 しかし今回のドラマで印象に残ったのは、新田真剣佑さん。 品のあるお顔立ちの綺麗な男子だ。 大御所俳優の千葉真一さんの息子さんらしい。 ネットの情報だとカリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。 幼い頃に極真空手の大会で優勝したこともあるらしい。 出生時間は不明 アスペクトのみで検証 アマテルさんでホロスコープを作成 太陽と冥王星と土星 太陽と冥王星と合、そこに土星がトライン。 大物俳優の二世として生まれてきたことをこれだけで象徴している。 父親の存在が大きい。 自分の本意とは違う流れにまき込まれやすいが本人が持っているエネルギーもとても大きいので激動の人生になりやすい。。 周りに左右されることはない。 人に合わせるのは苦手で自己中心的。 納得いくまで徹底的に突き詰める。 頂点を目指し野心家。 カリスマ的な魅力や力を持っている。 小さい頃から極真空手を習っていたのは、とてもよかったのではないかと思う。 制御しにくい大きな衝動は武道に取り組んでいくことで良い方に昇華されていたのではないかと思う。 その太陽冥王星の合に土星がトラインしているので、コツコツと努力していく真面目な性格、不屈の忍耐力、自己研鑽を怠らずに常に上を目指す姿勢を保つ地道さや堅実さがプラスされて、冥王星の強力な影響も常にレベルアップしていくためにとても良い方向に使っていくことができる。 止まることを知らないように邁進する方。 このアスペクトを見ると、いろいろな壁が前に立ちはだかったとしても、努力と忍耐ですべて超えていってしまうような羨ましい限りのアスペクト。 女性の場合は強すぎるかもしれないが・・・ 恋愛は・・・ 恋愛に関しては、太陽土星の絡みは誠実で奥手なイメージもあるが。 金星は本来の場所である天秤座にあり強い金星。 この位置にある金星は30度の中で一番その資質を発揮できるので社交術やその場の空気を読む洞察力や察知能力には卓越した力がある。 対人関係にはとても強い位置にある。 その金星はキロンがくっついていて海王星とスクエア。 とても空想好きで恋愛には理想が高い。 どちらかというと繊細で誘惑にも弱いかも。 騙されやすい面にも注意。 もしかしたら、恋愛問題は彼にとっては苦手分野かもしれない。 もし午前中のもっと早朝の生まれなら、天王星と合の月は海王星とも合になる。 月は水瓶座なのでもともと独創的で個性的で自由を愛し友好的な人物像。 アイデアマンで革新的。 天王星は水瓶座の本来の位置。 その天王星の影響は、より強い水瓶座の資質を彼に与えている。 そして夢見がちで繊細な月(海王星と合)。 感受性が強くてもろい面がある。 その感受性や空想好きは俳優という職業に十分活かされる。 頭の良さ 水星は冥王星と合、土星とトライン、火星とスクエア。 かなり頭脳明晰なタイプで知識や技術の習得力は抜群。 集中力もあり、緻密さもあるコツコツタイプの真面目な勉強家。 そして批判精神が強く、皮肉っぽい、思ったことをすぐに口にする。 口は禍の元なタイプかも。 頭の回転は速く、理屈っぽい。 冥王星にも火星はスクエアなので、この人を口で言い負かすのは至難の業で何を言い返しても論破されるのがオチ。 彼の強みは、太陽の強さ、月の個性、頭の良さ、メンタルの強さが星同士はタイトなアスペクトではないが、緩ーい感じで塊として影響しあって小三角になっていることなのではと思う。 小三角になっているので、実際の人生に実践的に発揮していけるから。

次の

新田真剣佑、高畑充希の同期に!ドラマ「同期のサクラ」出演

同期 の サクラ 真剣 佑

サクラ 高畑 の同期で社長を目指す都市開発部のホープ・木島葵 新田真剣佑 の涙に、視聴者から「泣けた…」の声が続出。 スーパーゼネコンの最大手・花村建設を舞台に「自分の夢に一途で、忖度 そんたく できない主人公」サクラと、彼女を見守る4人の同期をはじめ仲間たちとの10年間を、回想のかたちでつづっていく。 これまで、同期入社の月村百合 橋本愛 、清水菊夫 竜星涼 、土井蓮太郎 岡山天音 がそれぞれ忖度できないサクラの生き方に触れ、熱い涙を流してきた。 第5話では、そんな同期たちをしり目に「社長になりたい」とまい進し、要領よく立ち回っているかに見えた葵にスポットが当たった。 東京出身で帰国子女の葵は、社内での評価が高く上司の覚えもめでたい一方、自信過剰で周囲を見下す発言が多く、同期のメンバーからは煙たがられ気味。 社長賞を受賞した葵を祝おうと集まった同期たちに「もっとでっかい目標持たないといつまで経っても勝ち組になれないぞお前ら」と威張り散らし、孤立してしまう。 だが自信家に見えた葵の胸のうちには、劣等感が渦巻いていた。 家では高級官僚の父と兄に相手にされず、会社では親の七光りだと陰でバカにされていることを、葵はサクラに打ち明けた。 元手もかからずに、たくさんの人を動かせる力がある。 そんな言葉を失ってどうするの」というまっすぐなサクラの言葉が、葵を変えた。 葵は涙ながらに、父と兄に初めて本音をぶつけた。 「俺は今まで2人に認めてほしかったけど、これからはここにいるみんなに認めてもらえるような人間になりたい。 頼りにされる人間になりたい。 困っている人がいたら助けられるような人間になりたい。 こんな俺でも、価値があるって言ってくれた同期たちのためにも」 「勝ち」ではなく「価値」のある人生を求めて歩き始めた葵に、視聴者からは感動の声が続出。 SNSでは「毎回泣いてるけど今回は本当にマジ泣きした」「ガツンと言った葵かっこいい!! 」といった声があふれた。 Twitterでは先週に引き続き、「#同期のサクラ」がトレンド入りした。 放送後の「『勝ち』より『価値』だ。 みんな。 ありがとう。 」のつぶやきには、ファンから「葵が気持ちを爆発させるシーン、感動しました!」「真剣佑くんの涙に泣いちゃった」「素晴らしい演技ありがとう!! 明日も頑張れます」といった声が寄せられた。 今回は、忖度しない発言で官僚を怒らせた葵とサクラにそれぞれ試練が待ち受けていた。 葵は土木課へ、そしてサクラは子会社へ出向…。 気になるその後を描く「同期のサクラ」第6話は11月13日 水 放送する。 出向先の子会社で社会人6年目を迎えたサクラは、その信念に密かな迷いを抱き始めていた。

次の