わら かん ブログ。 焼肉おしわら 雅 (みやび)

SOU・SOU ブログ 「一語一絵」

わら かん ブログ

ご無沙汰してました、ウルフまさきです😅 なんらやかんやらあったのか、 さえも分からないくらいブログを書いていませんでした。 暖房をいれてもいつまで経っても暖まらず、床はかなり冷たいし、電気代が跳ね上がるし困ったものでした。 大工のじいさんの血を引く僕には、床下なんぞちょろいもんでバールがあれば瞬殺で壊せます。 床下を見ると一度手直ししたような跡がありました。 骨組みや柱は腐ってなかったのでこのままいくことにしました。 床板を全部剥がしたら、骨組みの間に断熱材を入れていきます。 床には発泡スチロールのような断熱材を入れます。 木と木の間を測り、隙間なく入れていきます。 下に支えがないところはビスを木に打って落ちないようにしています。 本来であれば地面に敷いてコンを入れて家を建てるのですが、100年以上前の古民家なので昔ながらの作りです。 いまさら地面にシート敷いても意味ないので、 床板がカビないようにの上から防湿シートを張りました。 シートとシートは防湿テープで止めてます。

次の

『わら焼き部 道頓堀店(名物!鰹のわら焼きタタキ)』by かんみ♪ : わら焼き部 道頓堀店

わら かん ブログ

ブログで大きく稼いでる人は、9割以上がこの「アフィリエイト」の仕組みを使っているよ! ファンからお金を貰っているイメージだったり、芸能人のように事務所があるようなイメージを持っている方もいますが、それは極稀なパターンでほとんどの人(おそらく9割以上)は広告による収入です 例えば電車に乗っていると、電車の窓やドアに広告が張り付けてありますよね? それを電車では無く自分のブログに張り付けるイメージです 広告を出したい会社がお金を出して、ブロガーはお金を貰ってその広告を張る というのが一般的なブログ収入です。 ブログ記事を書くにあたってこれだけは初めに絶対に押さえておいた方が良い! と思う事を記事にまとめました 結論として、先に3つあげると• 結論はとっとと書く。 出来れば見出しに書く• 見出しを見たらその中身がわかるようにする• 羅列したら箇条書きを使うと見やすくなる• 「です」「ます」調と「だ」「である」調は統一する• 改行は積極的に• 一文で「、」は2回まで!• 具体的にその広告ってどういうもの?• 何処に登録すればよいの? というのを説明したページが以下になります 具体的に登録しているアフィリエイトASPはこちらです 雑記ブログで、1からやっていくならこちらの記事もおすすめ ブログのセキュリティはどうすれば良いの? ワードプレスはセキュリティが心配! という人も大丈夫! この記事で完璧に解説してあります! 先輩ブロガー達が、どうやって成長してきたかをチェックしよう! 「ヒトデ一人の教えだけだと不安……」 そんな人のために、先輩ブロガー達にも記事を色々寄稿して貰いました。 後発組でも月10万円稼げた体験談です こちらは月100万円以上稼ぐブロガーさんが、ブランディングについて解説しています こちらの記事も、月100万円稼いでいるブロガーさんの体験談です。 刺激的ですね。 アフィリエイター: 売る「商材」「サービス」有り気でサイト・記事作成を行う• どうすればいいですか? まあそういう日もあるよね。 ぶっちゃけ僕もある 一番は「何故」ブログを書くのかを突き詰める事。 これは本当に効果あるから時間取る価値あり その他の方法や詳細はこちらの記事をどうぞ Q6:ブログのPVが増えなくて悩んでいます。 どうすればいいですか? これは本当に良くある質問ですね さっくり回答するとこんな感じ• 自分の考えが整理されます• 自分の想いに近い人が現れます• 誰かの悩みを解決すれば、お金も貰えます•

次の

焼肉おしわら 雅 (みやび)

わら かん ブログ

阿部さんを全く知らなかった私の橋渡しをして下さったのが阿部さんのブログだった。 それがきっかけで先日、仙台の講演会参加させて頂いた。 講演会が始まる前、阿部さんが客席全体を見回していた時があり、客席の我々の中に阿部さん自身を見ていたのではと思った。 色々なユニークで有意義な話を聞くと、この時代に則したタイムリーな人だなぁとつくづく思った。 岩手から来たと答えた方をきっかけに阿部さんの大親友と言う岩手県出身のNSPの天野 滋さんの話が出た。 若い人は知らないだろう。 私の高校生時代はフォーク全盛期。 NSPは『夕暮れ時はさみしそう』と言う名曲を出した。 私も下手なアルペジオで真似た時があった。 私の記憶によると、天野さんは足が遅く運動会ではいつもビリだったとか。 一度、目の前の子がゴール直前に転んで、3位の旗のところに並ぶことが出来、優越感を味わったとか…。 そんなことで、結婚する時は足の速い人をもらおう…。 お見合いの席で『50メーター何秒ですか?』なんて質問をしよう…。 なんて話を、コンサート途中でしていたようである。 NSPの天野さんの話を聞いて、あの懐かしい時代に一瞬にして戻った。 それと同じように、我々の元々の光を思い出せば、上記と同じように一瞬にしてその時に戻れるのでないねか…と。 そんなこんなを思いつつ、阿部さんのブログには感謝です。 いつもありがとうございます。

次の