自殺の方法。 【死にたい】楽な死に方や自殺方法を探す方へ【助けて】

【死にたい】楽な死に方や自殺方法を探す方へ【助けて】

自殺の方法

現在、世界では1分間に152人が亡くなっている。 1日にすれば22万人だ。 寿命をまっとうして亡くなる人もいれば、病気や事故で命を落とす人、戦争やテロ、殺人事件で亡くなる人もいる。 そして、自ら命を絶つ人も。 多くの人は、自分の望むように死を迎えることができないのが現実だ。 しかし、近年【死の自己プロデュース】を行う人々が現れた。 日本で話題になっている「終活」とは少し違う。 彼らは息を引き取る瞬間を自分で決めて、合法的な「自殺旅行」に出かけるのだ。 行きの航空券だけで行ける、最期の海外旅行 豊かなアルプスの景観やチーズフォンデュ、世界遺産に指定された古都など、多くの観光客が訪れる国・スイス。 そんな美しい国に、観光以外の目的で訪れる外国人旅行客が増えている。 彼らの目的は安楽死。 日本で安楽死を手伝うと殺人罪に問われるが、スイスでは安楽死が法律で認められているのだ。 欧州諸国ではスイス以外でも安楽死を認めている国はあるが、スイスだけは外国から訪れた人々に対しても安楽死を認めている。 そのため、スイスを最期の旅行先に選んでやってくる人があとを絶たないのだ。 もちろん、帰りの航空券は不要である。 スイスツアー(自殺付き)、70万円。 自殺幇助を行うのは、ディグニタス(Dgnitas)という団体。 末期症状や重度の身体・精神疾患を抱える人々に対し医師と看護師のサポートのもと自殺を幇助している。 ただし、健康な人や精神的な問題を抱えている人などは対象外だ。 全ての自殺志願者を幇助しているわけではない。 ディグニタスで安楽死をするためには、団体への入会金と諸費用でUSD7,000(日本円にして約70万円)が必要だ。 これが「自殺旅行」の費用として安い値段なのか高い値段なのかは個人の感覚によって異なるだろう。 しかし、現在、世界60ヵ国から5500人以上もの人々が同団体に登録している。 病気で苦しむ人が安らかな最期を迎えられるよう、動物の安楽死にも使用される鎮静麻酔薬が投与され、団体のスタッフに見守られるなかで静かに眠りに落ちるように亡くなる。 病気に蝕まれ苦痛と闘いながら迎える最期よりも、自ら死に方を選択し、安らかにこの世とお別れをしたい。 死を迎えようとする人たちの表情は、不思議なことに前向きなのだそうだ。 彼女の名前はブリタニー・メイナード、29歳。 悪性の脳腫瘍があり、同年の4月には余命半年を宣告されていた。 結婚したばかりの彼女は、子どもを作る計画もしていたそうだ。 故郷でホスピスケアを受けながら死を迎えることも考えたが、投薬に伴う苦痛や、言語・認知能力に障害が生じる可能性があると知り、尊厳死法が認められているオレゴン州へ移り住んだ。 オレゴン州では、成人の末期患者が医師に処方された薬を自分で飲み「自殺」することを認めているのだ。 「私は自殺願望があるわけではありません。 でも、私はもうすぐ死にます。 だったら、死に方は自分で選びたいのです」ブリタニーはマスメディアの取材に対してそうコメントした。 ブリタニーは死を迎える前に、YouTubeに動画を投稿した。 それは「自殺予告動画」として話題になり、アップされてわずか5日間で500万回以上が再生された。 自ら死を迎える選択をした彼女の言葉が残されている。 世界中の人々が彼女の「自殺」に注目していた。 彼女は予告通り、医師に処方された薬を使用し11日1日、自宅で安らかに息を引き取った。 29歳の女性の「前向きな自殺」は人々の間で大きな波紋を呼んだ。 果たして人は死ぬ権利を持っているのか否か、簡単には答えが出ない議論である。 「死ぬ権利」は誰のもの? 現在、日本では安楽死や尊厳死は合法化されていない。 自殺幇助を行うことは、殺人罪に問われる。 医療現場において回復の見込みがない末期の患者に対し、本人の意志に従い、延命措置を行わない「消極的安楽死」が行われることはある。 しかし、それらがニュースで大きく取り上げられ、人々に議論される機会は欧州に比べると少ないようだ。 日本では、末期の患者が「一生懸命に生きている姿」や「命をまっとうしようとする姿」を美しく描いた映画や書籍、ドキュメンタリーが人々に感動を与えている。 命が終わる瞬間、そして終わり方を選ぶ権利は誰のものなのか。 死ぬ権利を法律で奪うことは、もしかすると最も残酷なことかもしれない。 via. に掲載された記事です。 2018年10月1日にBe inspired! はリニューアルし、NEUTになりました。

次の

薬を大量に飲む自殺方法オーバードース(OD)は簡単には死ねないらしい、苦しむだけ損なのでやめよう

自殺の方法

現在、世界では1分間に152人が亡くなっている。 1日にすれば22万人だ。 寿命をまっとうして亡くなる人もいれば、病気や事故で命を落とす人、戦争やテロ、殺人事件で亡くなる人もいる。 そして、自ら命を絶つ人も。 多くの人は、自分の望むように死を迎えることができないのが現実だ。 しかし、近年【死の自己プロデュース】を行う人々が現れた。 日本で話題になっている「終活」とは少し違う。 彼らは息を引き取る瞬間を自分で決めて、合法的な「自殺旅行」に出かけるのだ。 行きの航空券だけで行ける、最期の海外旅行 豊かなアルプスの景観やチーズフォンデュ、世界遺産に指定された古都など、多くの観光客が訪れる国・スイス。 そんな美しい国に、観光以外の目的で訪れる外国人旅行客が増えている。 彼らの目的は安楽死。 日本で安楽死を手伝うと殺人罪に問われるが、スイスでは安楽死が法律で認められているのだ。 欧州諸国ではスイス以外でも安楽死を認めている国はあるが、スイスだけは外国から訪れた人々に対しても安楽死を認めている。 そのため、スイスを最期の旅行先に選んでやってくる人があとを絶たないのだ。 もちろん、帰りの航空券は不要である。 スイスツアー(自殺付き)、70万円。 自殺幇助を行うのは、ディグニタス(Dgnitas)という団体。 末期症状や重度の身体・精神疾患を抱える人々に対し医師と看護師のサポートのもと自殺を幇助している。 ただし、健康な人や精神的な問題を抱えている人などは対象外だ。 全ての自殺志願者を幇助しているわけではない。 ディグニタスで安楽死をするためには、団体への入会金と諸費用でUSD7,000(日本円にして約70万円)が必要だ。 これが「自殺旅行」の費用として安い値段なのか高い値段なのかは個人の感覚によって異なるだろう。 しかし、現在、世界60ヵ国から5500人以上もの人々が同団体に登録している。 病気で苦しむ人が安らかな最期を迎えられるよう、動物の安楽死にも使用される鎮静麻酔薬が投与され、団体のスタッフに見守られるなかで静かに眠りに落ちるように亡くなる。 病気に蝕まれ苦痛と闘いながら迎える最期よりも、自ら死に方を選択し、安らかにこの世とお別れをしたい。 死を迎えようとする人たちの表情は、不思議なことに前向きなのだそうだ。 彼女の名前はブリタニー・メイナード、29歳。 悪性の脳腫瘍があり、同年の4月には余命半年を宣告されていた。 結婚したばかりの彼女は、子どもを作る計画もしていたそうだ。 故郷でホスピスケアを受けながら死を迎えることも考えたが、投薬に伴う苦痛や、言語・認知能力に障害が生じる可能性があると知り、尊厳死法が認められているオレゴン州へ移り住んだ。 オレゴン州では、成人の末期患者が医師に処方された薬を自分で飲み「自殺」することを認めているのだ。 「私は自殺願望があるわけではありません。 でも、私はもうすぐ死にます。 だったら、死に方は自分で選びたいのです」ブリタニーはマスメディアの取材に対してそうコメントした。 ブリタニーは死を迎える前に、YouTubeに動画を投稿した。 それは「自殺予告動画」として話題になり、アップされてわずか5日間で500万回以上が再生された。 自ら死を迎える選択をした彼女の言葉が残されている。 世界中の人々が彼女の「自殺」に注目していた。 彼女は予告通り、医師に処方された薬を使用し11日1日、自宅で安らかに息を引き取った。 29歳の女性の「前向きな自殺」は人々の間で大きな波紋を呼んだ。 果たして人は死ぬ権利を持っているのか否か、簡単には答えが出ない議論である。 「死ぬ権利」は誰のもの? 現在、日本では安楽死や尊厳死は合法化されていない。 自殺幇助を行うことは、殺人罪に問われる。 医療現場において回復の見込みがない末期の患者に対し、本人の意志に従い、延命措置を行わない「消極的安楽死」が行われることはある。 しかし、それらがニュースで大きく取り上げられ、人々に議論される機会は欧州に比べると少ないようだ。 日本では、末期の患者が「一生懸命に生きている姿」や「命をまっとうしようとする姿」を美しく描いた映画や書籍、ドキュメンタリーが人々に感動を与えている。 命が終わる瞬間、そして終わり方を選ぶ権利は誰のものなのか。 死ぬ権利を法律で奪うことは、もしかすると最も残酷なことかもしれない。 via. に掲載された記事です。 2018年10月1日にBe inspired! はリニューアルし、NEUTになりました。

次の

日本人は4人に1人本気で自殺したいらしいので変わった自殺方法調べてみた

自殺の方法

飛び降り自殺とは 飛び降り自殺は「痛い」「怖い」といったイメージがあるけど、痛みも不安も恐怖もなく、それどころか むしろ気持ちがいいという説もあります。 実際に転落事故などで「落ちた」体験のある人たちの話を総合すると、飛び降り自殺も、首吊りに匹敵するほどの 確実な自殺方法。 古くから飛び降り自殺といえば、華厳の滝や東尋坊などの高い崖の上から転落死する方法としてありましたが、ビルからの飛び降り自殺は高層ビルが建ち始めてから世間に浸透した自殺方法で都会的・現代的な自殺方法と言えます。 飛び降り自殺に必要な条件 地上20m以上の高さ ビルからの飛び降り自殺の場合、飛び降りる場所から落下地点までの高さと、落下地点の状況によって生存率が違ってきます。 地上20mというと、 ビルのフロアでいうとだいたい 7〜8階くらい、それ以上の高さからの飛び降りだと生存率はかなり低い。 中途半端な高さだと生存率は上がりますが、命はなくならずとも大怪我をして後遺症や障害が残り、悲惨な人生になる可能性もあります。 2019年5月4日(土)白昼の大阪・梅田大丸百貨店のビル屋上から女性と思われる人が飛び降り自殺したとみられる件では、大丸梅田店の最上フロアは15階なので高さ的には充分だったことがわかります。 しかし地上15階以上ともなる超高層ビルだと、落下地点が隣のビルの屋上であったり中層フロアの屋上スペースなどに落下して一命をとりとめるようなケースも考えられます。 一般的に言われている飛び降り自殺の高さは以下のとおりです。 落下地点がコンクリートの地面であればまず助からないようですが、土や植え込みなどがあるとクッションになって致命傷には至らない。 実際アメリカで28mの高さから落下した人が花壇に落下し、肋骨一本と右手首骨折という軽傷で済んだという事例もあります。 また、落下地点に車があっても、車はクッションの役割を果たします。 名古屋でデパートの屋上から飛び降りた男性は停車中の車のボンネットに腹ばいになって落ち、全治3ヶ月のケガで済んだとのこと。 他にもカーポートの屋根やトタン屋根、家屋に落下してもショックを吸収して死に至らないこともあります。 落下中の障害物 また途中の木の枝に服が引っかかったりした場合、 落下速度が減速されて致命傷にまでならないこともあります。 新宿のカプセルホテルの7階から飛び降りた男性は途中の街灯にぶつかって体の方向がかわり足から落下したため、左肩と骨盤を骨折しただけで命に別状はなかったそうです。 目立たない場所だと発見されにくい 落下して即死に至らなかった場合では、すぐに発見されて病院へ運ばれ一命をとりとめるケースもあります。 その場合は命に別状はなかったとしても、手足を失うとか重篤な後遺症によって大変な生活をしいられてしまうことも考えられます。 逆に目立たない場所で飛び降り自殺をして、遺体が1年以上も発見されなかったというケースもあります。 崖からの飛び降り自殺の場合 崖から飛び降りる場合は、不確実性が伴います。 高さ60mの崖から飛び降り心中したふたりの女子中学生の場合だと、ひとりが死に、ひとりが6カ月のケガを負って助かったというケースがあります。 同じ条件で飛び降りてもこれだけの差が生じるのは、自然の地形は均一でなく様々な不確定要素があるため、木の枝にひっかかったりとか、地面の硬さであったりとちょっとした差で生死がわかれる可能性があります。 飛び降り自殺中、意識はあるのか? 飛び降りて、落ちているときの意識はどういうものか、痛みは感じるのか、という疑問。 ビルの4階から飛び降りて助かった54歳の男性は、 「怖いという気持ちはなかった。 自然にね、からだがスーッとベランダの柵を越えとった。 地面に着いたとき、痛みを感じてたかどうかは覚えてない。 自分が地面に倒れとったことだけは覚えているんやけど」と語ったそうです。 また落ちている、まさにその瞬間の意識については 、「飛び降りて地面に着くまでの間に、当たり前やけど地面が近づいてくるわけですよ。 それで頭から落ちるのか、それとも足から落ちるのかと考えてしまって、たぶん顔から落ちたら嫌だと思ったんやろうね。 自然にね、両手で顔を覆ってました」とのこと。 高所から氷河の岩に墜落して生還したある男性は、 「巨大な翼に乗ってしずしずと降りていくように感じ、落下している間の意識はあった。 恐れることもあわてることもなく、静かに我が身のこと、家族の将来のことを考え、様々な思いが稲妻のように胸中をすぎていった。 落ちた後は、呼吸も失わず少しの苦痛もないままに意識を失った。 落下の際、断崖の岩や氷塊に頭と手足をぶつけて、ところどころ負傷したが、これも感じなかった。 この瞬間ほど愉快なときはなかった」と語っています。 このように、事故による転落体験例は、枚挙にいとまがないほど報告されていて、これらに共通しているのは、まずゆっくりと落ちているように感じ、意識が非常に明確で、不安や恐怖がまるでなく、夢を見ているように気持ちがいいこと。 この間に子どものころからの記憶が走馬灯のように頭を駆けめぐることもしばしばで、ときには神々しい光が見えたり、落ちている自分自身の姿を上から見下ろしていることもあるそうで、よく聞く 臨死体験と同様の体験をするようです。 続いて多いのが 頭からの落下で、この場合は頭蓋骨骨折や脳の損傷、肋骨の骨折が頻発し、腕や脊椎の骨折や肺の損傷も多く見られる。 続いて 尻から落下、横向きの状態で落下する場合が多い。 こうして頭蓋骨骨折、全身打撲、内臓破裂、出血多量などが直接の死因になります。 落下地点に人がいた場合 落ちた所に人がいた場合は複雑な問題が起こります。 通行人の上に落ちて助かるというケースもありますが、 下にいる人にケガをさせると高額な賠償金を請求されます。 下に停車してあった車の上に落下し、車に乗っていた男性は首の骨を折って脚から下が麻痺してしまい、遺族は2億円の損害賠償を請求されています。 1992年の11月にデパートの8階から飛び降りた男性が、下で友達と話していた高3の少年の上に落ちて間もなく死に、この少年も4日後に死んだという事件もありました。 その他、自殺に関する考察.

次の