クリスピー・クリーム・ドーナツ。 クリスピー・クリーム・ドーナツ 渋谷シネタワー店 (Krispy Kreme Doughnuts)

クリスピークリームドーナツの賞味期限と温め方!味は甘すぎ?

クリスピー・クリーム・ドーナツ

アメリカで誕生したクリスピークリームドーナツは日本に進出後、即人気が爆発してニュースでも話題になりました。 クリスピークリームドーナツを購入後、食べ切れなかった時に気になるのが賞味期限ですが、常温や冷凍・冷蔵保存でいつまで持つのでしょうか。 また保存後に食べる際、美味しく食べられる温め方についても知っておきたいところ。 クリスピークリームドーナツは「味が甘すぎる!」との意見が多いようですが、他のドーナツと比較してホントに甘いのかも気になりますよね。 今回、クリスピークリームドーナツの賞味期限や温め方、味の評判について調べました。 クリスピークリームドーナツの公式サイトに記載された賞味期限はゆとりをもたせていると思うので、 実質的な賞味期限は購入後24時間以内と考えて良いでしょう。 常温保存する際はドーナツ1つ1つをラップで包んで涼しい部屋においておけば、そのまま保存するより味の劣化を防げます。 しかしパック詰めで販売されているドーナツのように長期保存を見越して作られた商品ではないので、ラップで包んだとしても購入後24時間以内には食べ切ってください。 冷蔵庫で保存する場合の賞味期限 冷蔵庫でクリスピークリームドーナツを保存する際、賞味期限はドーナツの種類によって変わります。 代表的なドーナツと、賞味期限の目安がこちら。 オリジナルグレースド・シナモンシュガー 3日• ブリュレグレーズドカスタード 1日• チョコカスタード or 北海道チーズケーキ 2日• オールドファッション 4日 冷蔵庫で保存する際も常温の時同様、1つ1つをラップを包んでおくようにしましょう。 ラップせずに冷蔵庫に入れると、ドーナツ内の水分が蒸発してパサパサした食感になるので注意して下さい。 ドーナツをラップで包んだ後にジップロックなどの密閉容器に入れておけば、他の食材にニオイが移るのも防げます。 冷凍庫で保存する場合の賞味期限 長期間ドーナツを食べる予定がない時は冷凍保存を考えますが、クリスピークリームドーナツの公式サイトには 冷凍保存用に作っていないので、冷凍庫での保存は推奨できない と冷凍保存に対する警告が記載されています。 それでも冷凍保存に踏み切る場合、以下の期間を目安にドーナツをラップで包む、ジップロックに入れて保管しましょう。 オリジナルグレースド・シナモンシュガー 1ヶ月• オールドファッション 2ヶ月• チョコカスタード or 北海道チーズケーキ おすすめできない• ブリュレグレーズドカスタード おすすめできない ちなみにチョコレートでコーティングされているドーナツを、ラップで包まず1~1. 5時間ほど冷凍庫で凍らせておくと独特の食感を楽しめます。 ただ長時間凍らせるとチョコレート以外にドーナツ生地もパリパリになり、味の劣化が激しくなるので気をつけてください。 スポンサーリンク クリスピークリームドーナツの温め方! ドーナツは温め直しによって味が劣化し、美味しさが半減する場合もありますが、クリスピークリームドーナツの商品は温め直すことでより美味しく頂けます。 クリスピークリームドーナツを保存後、温め直して食べる時の正しい温め方を紹介します。 常温・冷蔵保存後の温め方 常温や冷蔵保存の場合、 オリジナルグレースドなどトッピングがないドーナツに関しては、お皿に乗せてレンジ(500・600W)で8~15秒が目安です。 冷蔵庫で保存していたドーナツは常温保存のドーナツより冷え切っているので、温める時間を長めにしましょう。 チョコレートや生クリームを使用しているドーナツは温めるとトッピングが溶けるので、温めずに食べるようにしてください。 冷凍保存後の温め方 冷凍保存したドーナツは食べる前日に冷蔵庫に移すか、食べる数時間前に常温保存に切り替えて自然解凍します。 その後、常温・冷凍保存時と同じように電子レンジを使って温めましょう。 チョコレートなどのトッピングがあるドーナツは、自然解凍した後に温めずに食べるようにしてください。 ちなみに、 すぐにドーナツを解凍して温め直したい場合、電子レンジの解凍モードを利用するのもおすすめです。 基本的には1分以内が理想ですが、ドーナツの様子を見ながら解凍時間を調整しましょう。 (ドーナツのトッピングが溶けてしまわないよう、気をつけてください) クリスピークリームドーナツは甘すぎる? 日本に進出した当初は行列ができるほど大人気だったクリスピークリームドーナツですが、現在当時ほどの人気はありません。 最近は一時期急増した店舗数も徐々に減っていき、人気も店舗数に比例して衰退しつつあるのは事実です。 実際 クリスピークリームドーナツが爆発的にヒットした理由は、目新しいサービスへの好奇心や欧米チェーン店への憧れだったといわれています。 (並んでいるお客さんに出来立てのドーナツを無料で配るサービスは、当時かなり画期的でしたよね!) 目新しさがなくなった後、今後もリピートを続けるか判断する基準になるのは、やはりドーナツの味といえるでしょう。 クリスピークリームドーナツはアメリカ発祥なので、本場の味をそのまま提供しているとなると「甘すぎる」と感じる日本人が多いのも納得です。 日本人と欧米人の味覚の違いが、日本でのクリスピークリームドーナツ繁栄においてネックになっているのかもしれません。 ただ甘党にとってのクリスピークリームドーナツは非常にありがたい存在だといえるので、一部日本人のニーズにマッチしているのも間違いないと思いますよ! スポンサーリンク•

次の

【閉店】クリスピークリームドーナツ ルクア大阪店 (Krispy Kreme DOUGHNUTS)

クリスピー・クリーム・ドーナツ

単品や少数を購入する場合は、こちらの作戦ですが、一方で、大量購入する場合は、BOX割引も併用します。 BOX割は特別なクーポンなどが不要で年中誰でも利用でき、12個入りのBOXなら単品でドーナツを購入するよりも最大で760円お得に購入することが可能です。 また、公式アプリからもらえるランククーポンには毎月もらうことができ、ダズンBOX6個入り以上の購入の際に使える100円引きクーポンなどもあります。 「大量購入する場合」の100円引きは割引率的に微妙ではありますが、BOX割引と合わせれば単品でドーナツを購入するよりも価格を抑えることが出来きます。 ドーナツを6個や12個など、複数購入するタイミングというのは、例えばお土産の際などに限られると思いますが、クリスピー・クリーム・ドーナツの他の割引は活用出来るタイミングがより限定的で使いにくいため、BOX割引と公式アプリから毎月もらえるランククーポンの組み合わせが使い勝手と割引のバランスが良いと判断しました。 他のクーポンについては、以降に解説していきます。 割引・クーポン・優待 ランククーポン クリスピー・クリーム・ドーナツでは公式アプリを配信しており、公式アプリをダウンロードすることで、毎月1日にランククーポンをもらうことが出来ます。 公式アプリでは、クリスピー・クリーム・ドーナツで商品を購入していく毎に、10円につき1ポイント貯まる仕様になっており、ポイントを一定以上貯めることでランクがアップし、もらえるクーポンの内容も豪華になっていくようです。 ランクと必要ポイント、もらえるクーポンの枚数は ・グリーンランク:初期ランク(毎月クーポン1種類配布) ・ブロンズランク:200ポイント(毎月クーポン2種類配布) ・シルバーランク:400ポイント(毎月クーポン3種類配布) ・ゴールドランク:800ポイント(毎月クーポン4種類配布) ・プラチナランク:1600ポイント(毎月クーポン4種類配布) となっています。 月初めにもらえるクーポンの内容は時期によって変更されるようですが、例えばドーナツ単品やドリンクの割引クーポンや、ダズンBOX購入の際に使える割引クーポンなどがあります。 もらえるクーポンの割引率はそこまで高くはありませんが、毎月コンスタントにもらうことが出来るのが強みと言えます。 また、クリスピー・クリーム・ドーナツを利用する機会が多い方はランクも自然と高くなり、もらえるクーポンの種類も増えるため、インストールしておくといいでしょう。 バースデークーポン クリスピー・クリーム・ドーナツの公式アプリをインストールし、会員登録をすることで、誕生月に「バースデークーポン」をもらうことが出来ます。 このバースデークーポンは他の割引・クーポンとの併用は出来ませんが、ダズンBOXを含めた様々な商品に使える15%引きのクーポンです。 また、誕生月の間なら何回でも使用することが出来るので、使えるタイミングは限定的ではありますが、非常に使い勝手が良いクーポンになっています。 クリスピー・クリーム・ドーナツを利用する機会が多い人ほどお得なので、しっかりと会員登録して、バースデークーポンを受け取れる状態にしておきましょう。 クリスピー・クリーム・ドーナツの他の割引は オリジナル・グレーズド無料クーポン こちらも公式アプリからもらえるクーポンです。 クリスピー・クリーム・ドーナツの公式アプリをインストールし、メールアドレスを登録して会員になることで、オリジナル・グレーズドが一つ無料でもらえるクーポンがもらえます。 オリジナル・グレーズドは160円で、クリスピー・クリーム・ドーナツのメニューの中では最もシンプルなメニューです。 クーポンが使える回数も当然1回のみなので、お得感としてはイマイチではありますが、誰でももらえるクーポンなのでもらっておいて損はないでしょう。 クリスピー・クリーム・ドーナツのコーヒーカード クリスピー・クリーム・ドーナツでは、「コーヒーカード」というコーヒーの回数券を販売しています。 価格は1350円でコーヒーSサイズ5杯分相当ですが、6回使用することが可能。 値段に対して1杯分お得になっています。 しかし、購入から2ヶ月という使用期限が設けられているので、頻繁にクリスピー・クリーム・ドーナツを利用するという方でない場合は、コーヒーカードを消費するために意識して店舗に足を運ぶ必要が出てしまいます。 購入する際には自分の来店頻度とよく相談してからにしましょう。 コーヒー2杯目は割引価格 クリスピー・クリーム・ドーナツでは、コーヒーを購入した際にもらえるレシートを店員さんに見せることで、2杯目のコーヒーを100円で購入することが出来ます。 レシートの使用期限は当日中で、コーヒーを購入したのとは別の店舗でも使用可能です。 ドーナツを食べながら少しゆっくりしていきたい時などは忘れずに活用していきたいサービスですね。 BOX割 クリスピー・クリーム・ドーナツにはダズンBOXという、好きなドーナツを詰め合わせたセット売り商品があり、まとめてドーナツを購入することによって単品で同じ個数買うよりも若干安く済ませることが出来ます。 ダズンBOXには4種類あり、それぞれの内容と割引率は ・好きなドーナツ3個入り(30円OFF) ・好きなドーナツ6個入り(100円OFF) ・オリジナル・グレーズド12個入り(320円OFF) ・好きなドーナツ12個入り(最大760円OFF) となっています。 個数が少ないと割引率も低いのでお得感は薄く、かと言って12個入りを購入する機会も来客や家族へのお土産などに限定されてしまいますが、単品で購入するよりは確実に安くなるので、複数購入の必要がある場合は是非利用していきましょう。 毎月10日のキッズドーナツデー クリスピー・クリーム・ドーナツでは、毎月10日にキッズドーナツデーというイベントを開催しています。 キッズドーナツデーでは、500円以上お買い上げのお客様に対して、お連れのお子さん1人につき1つ、最大3名のお子さんにオリジナル・グレーズドを無料でプレゼントしています。 ちなみにプレゼントの対象となる年齢は3歳~小学校6年生以下となっています。 同じ500円の購入でも、最大3名までのお子さんはプレンゼントをもらうことが出来ますので、子沢山な方にとって嬉しいサービスと言えますね。 ポイントサイトでポイントを貯める クーポンを使って100円割引といったものではありませんが、安く済ますための普段からの副業として、アンケートやモニターサイトを使用する方法もあります。 例えば、楽天が提供しているスーパーポイントスクリーンでは、アプリで広告を見るだけでポイントが貯まります。 MEMOただし、チョコ等のトッピングが乗っているドーナツの場合は溶けてしまうので推奨はされていません。 また、逆にオリジナル・グレーズドを購入した際に、店員さんに「温めなしでお願いします」と伝えることで、常温のまま提供してもらうことも可能です。 帽子のプレゼントはハロウィンやお正月などのイベントがある時期におこなっている場合が多いようですが、それ以外の時期でももらえる場合があります。 主にお子さんに対してプレゼントを配布している場合が多いようなので、興味がある方はぜひ手に入れましょう。 このキャンペーンは、クリスピー・クリーム・ドーナツが1937年7月に誕生したのを記念して、合わせて7月に開催されたものです。 1600円で合計24個ものオリジナル・グレーズドを購入出来るという豪快なキャンペーンでしたが、現在ではキャンペーンは終了してしまっています。 来年の7月も、何かしら記念キャンペーンを開催してくれるかもしれませんね。 ナショナルドーナツデーキャンペーン クリスピー・クリーム・ドーナツでは、2019年6月7日に「ナショナルドーナツデー」を記念して、来店したお客様にオリジナル・グレーズドを1個無料でプレゼントするキャンペーンをおこなっていました。 アメリカでは毎年6月第1週の金曜日をナショナルドーナツデーというドーナツ記念日に設定しており、それに合わせたキャンペーンとなっています。 今年のナショナルドーナツデーは過ぎてしまいましたが、来年もきっと何かしらのキャンペーンをおこなってくれると思いますので、その際はあなたもぜひ来店してみてください。 まとめ 今回はクリスピー・クリーム・ドーナツの裏技や割引についてご紹介させていただきました。 クリスピー・クリーム・ドーナツは裏技自体は少ないですが、毎月もらえるランククーポンや、まとめて購入するとお得になるBOX割引があるので、お得に利用しやすいのがポイントですね。 あなたもぜひ、今回ご紹介したい情報を活用して、クリスピー・クリーム・ドーナツをお得に利用していきましょう。

次の

【ドーナツ開店7月】三鷹市下連雀のアトレヴィ三鷹に「クリスピー・クリーム・ドーナツ」がオープン!

クリスピー・クリーム・ドーナツ

本社所在地 27103 市ノールウッド(Knollwood)通り370 設立 外食産業 事業内容 直営およびフランチャイズシステムによる飲食店の運営、ドーナツおよび関連商品の製造・販売 売上高 3億6200万ドル(2010年2月1日 - 2011年1月30日) 営業利益 1526万ドル(2010年2月1日 - 2011年1月30日) 純利益 760万ドル(2010年2月1日 - 2011年1月30日) 従業員数 3,700人(2011年1月30日) 決算期 関係する人物 ヴァーノン・ルドルフ(創業者) 外部リンク テンプレートを表示 クリスピー・クリーム・ドーナツ(:Krispy Kreme Doughnuts)は、でに創業したである。 1月末現在、アメリカ合衆国の37、、、、、()、、、台湾、、、、、、、、、、、、、で646の店舗を展開している(アメリカ国内の85店は直営、アメリカ国内の144店とアメリカ国外の全店舗417店はフランチャイズ)。 また、タイに貿易用の子会社を有する。 この節のが望まれています。 アメリカの Krispy Kremeはクリスピー・クリームの創業者ヴァーノン・ルドルフとその伯父がのブロード・ストリートにあるジョセフ・ルブーフのドーナツ店を、1933年にのビジネスマンから受け継いだ秘伝のレシピと共に買収したことから始まった。 ルドルフはパデューカでドーナツの販売を始め、自転車で配達もしていた。 に移転し、家族の他の者も接客に加わった。 、ナッシュビルの店舗を売り払い、にドーナツ店を開業してに卸していたが、後に個人客に対しても販売するようになった。 最初の店舗はウィンストン・セーラムのサウス・メイン・ストリートにある現在と呼ばれる地域の賃貸ビルに開業。 クリスピー・クリームのは地元のアーティスト、ベニー・ディンキンスによってデザインされた。 、事業は拡大され、などを中心に展開された。 にはにさらなる拡大を開始。 1976年、クリスピー・クリーム・ドーナツ・コーポレーションはのベアトリス・フーズのとなった。 ただし本社はウィンストン・セーラムのままとされた。 1982年、(加盟店)のグループによりベアトリス・フーズから買い戻された。 2000年4月に IPO を行ないに上場、2001年5月に NYSE に上場替えした。 上場後、急速に店の展開を進めたが、2003年以降は売り上げが伸び悩み、2004年から5年間で240店を閉店、莫大な損失(3億ドルの減損・リース負債計上など)を出した。 2004年には会計上の問題により SEC の調査を受けている。 後半以降は、アメリカ国外でのフランチャイズ展開に活路を探っている。 アメリカなどでは、末尾にDoughnutsをつけない「Krispy Kreme」の名称で親しまれている。 ドーナツは、クリスピー・クリーム店舗以外のスーパーマーケット、、などでも販売されている。 資本金2億5千万円。 社長には、出身のが就任。 のクリスピー・クリーム・ドーナツ社( Krispy Kreme Doughnuts, Inc. )と日本でのフランチャイズ契約を結び、ドーナツチェーン事業を展開する。 設立後の5年間に30-50店舗の出店を予定していた。 アメリカでは12個入り1箱(クーポンがある場合は2箱)を8~9ドルで販売する大衆化・日常化したドーナツチェーンであるが、日本では目新しさと稀少性を演出したブランディングにより高めの価格設定になっている。 また、オリジナルレシピでの味付けは総じてかなり甘めであり、日本人の味覚に合わない、という意見もあった。 2019年現在は日本独自のレシピに改訂されており、かつての強烈な甘味は緩和されている。 2006年12月15日に、東京都渋谷区のにクリスピー・クリーム・ドーナツ1号店が開業(閉店)。 オープンデッキからドーナツ製造工程を見学できるのが特徴であった。 その後アメリカ創業法人の経営上の問題により日本での2号店開業は遅れた。 日本2号店は2007年10月12日に前のにおいて開店した。 その後は・・・・・・などにも出店している。 2010年には、、と以外への出店を開始した。 2011年2月にはの駅ビル新装に伴い、にも出店した。 2013年4月12日にオープンの大型商業施設内のテナントとしてへ初出店した。 2016年に日本進出10周年を迎えるのに合わせて事業計画の見直しを行い、経営資源をに集中させる。 これに伴い、閉店する店舗が増えてきている。 2016年1月31日で「アミュプラザ博多店」、「天神地下街店」、「マリノアシティ福岡店」の3店が、同3月21日で内の2店が同時に閉店し、これによりから全ての店舗が撤退となった。 また、同2月21日で「広島アルパーク店」、「ゆめタウン廿日市店」が閉店し内から 、7月3日「アリオ倉敷店」が閉店し内から撤退となった。 また、2018年3月25日で、9月2日で、10月28日でからも撤退となった。 さらに、2019年2月28日で「店」が閉店し 、からも撤退している。 については、2016年2月28日で「四条烏丸店」が閉店したため一度は空白地帯になっていたが、2019年2月15日に「四条店」として再度出店している。 社名の綴り [編集 ] 社名の「クリーム」が "Cream" ではなく "Kreme" となっている理由については、アメリカ本社にも知る者はいない。 創業者のルドルフがフランス人シェフからレシピを伝授された時に既にこの名前が付いていたため、これをずっと使い続けていることによる。 ドイツ語のKreme(クリーム)が語源という説もある。 ドーナツ [編集 ]• 同じく許可を得て撮影 オリジナル・グレーズド [編集 ] クリスピー・クリームを代表するドーナツとして、1937年の創業時から提供されている、ふんわりとしたイーストドーナツの表面を砂糖でコーティングした「オリジナル・グレーズド」がある。 1個当たりの公表は795 (190 k)。 その他にドーナツのメニューは14種類が用意されている。 トランス脂肪酸 [編集 ] 法的規制のあるアメリカ合衆国のクリスピー・クリームではトランス脂肪酸を多く含む油脂は使用されておらず、公式ホームページやパッケージに「0 grams TRANS FAT! 」の表記がされている。 23g」と記載されている。 沿革 [編集 ] アメリカ [編集 ]• - ヴァーノン・ルドルフが、フランス人シェフ ジョセフ・ルブーフのドーナツ店()をイーストドーナツの秘密レシピとともに購入。 1930年代中頃 - に移転。 - に移転して、 Krispy Kremeを創業。 - ベアトリス・フーズ(現コナグラ・フーズ)の完全子会社となる。 - フランチャイジーのグループにより買収される。 - 上場。 - 上場(:)。 2001年 - 国際展開を開始。 2000年代中盤 - 業績不振によりアメリカ国内の240店舗を閉店。 経営・会計上の問題によりSECの調査を受ける。 日本 [編集 ] 心斎橋店(既に閉店)• (18年)• - クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社設立( Krispy Kreme Doughnut Japan Co. , Ltd. - 東京都渋谷区代々木の新宿サザンテラス(南口)に日本1号店が開店(既に閉店)。 (平成19年) - 東京都の有楽町イトシアに日本2号店が開店。 (平成22年)• - ()のに日本13号店が開店。 関東地方以外では初の出店となる。 - のに日本14号店が開店(既に閉店)。 初出店となる。 (平成23年)• - の(博多駅) アミュプラザ博多に日本21号店が開店(既に閉店)。 初出店となる。 - - のプロ野球戦において場外屋台村にて臨時販売。 (平成24年) - の内の商業施設西館に日本36号店が開店(既に閉店)。 岡山県での2店目で中国地方初の駅構内店舗となる。 (平成25年) - のに日本43号店が開店。 初出店となる。 (平成26年)• - の商業施設に日本48号店が開店(既に閉店)。 初出店となる。 - のに隣接する駅ビル「」本館の2階に日本56号店が開店。 初出店となる。 (平成30年)• - のアウトレットモールに出店。 北海道初出店となる。 店舗 [編集 ] 2011年1月30日現在では直営85店、フランチャイズ561店、総計646店が営業している。 アメリカ合衆国の店舗 [編集 ] 2011年1月末現在、直営85店、フランチャイズ144店、計229店舗が営業している。 出店店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「」 (英語)を参照。 直営3店、フランチャイズ7店• フランチャイズ11店• フランチャイズ2店• フランチャイズ15店• フランチャイズ2店• フランチャイズ4店• 直営4店、フランチャイズ17店• 直営10店、フランチャイズ11店• 直フランチャイズ1店• フランチャイズ1店• 直営4店• フランチャイズ4店• フランチャイズ1店• 直営3店• 直営4店• 直営1店、フランチャイズ3店• 直営2店• 直営3店• 直営1店、フランチャイズ2店• 直営4店、フランチャイズ3店• フランチャイズ2店• フランチャイズ7店• フランチャイズ2店• 直営1店• 直営14店、フランチャイズ7店• 直営6店• フランチャイズ4店• フランチャイズ2店• フランチャイズ7店• 直営3店、フランチャイズ9店• 直営11店、フランチャイズ1店• 直営3店、フランチャイズ8店• フランチャイズ2店• 直営6店• フランチャイズ8店• フランチャイズ1店• 直営1店• 直営1店 カナダの店舗 [編集 ] 2012年11月時点では、1店舗、3店舗、2店舗が営業している。 出店店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「」 (英語)を参照。 日本の店舗 [編集 ] 営業中の店舗 [編集 ] 2019年5月1日時点では、2店舗、4店舗、5店舗、15店舗、5店舗、1店舗、5店舗、1店舗、1店舗、1店舗、5店舗、2店舗、計47店舗が営業している。 出店店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「」を参照。 閉鎖した店舗 [編集 ]• 横浜店()- 2011年3月27日、CIALの閉館に伴い閉店。 店(後に店)が後継店舗的位置づけとなる。 店(東京都渋谷区)- 2012年1月15日閉店。 期間限定ストア(東京都渋谷区)- テイクアウト専門、2011年2月22日から2012年1月31日まで営業していた。 店(東京都)- 2012年3月31日、ベルビー赤坂の閉館に伴い閉店。 店(東京都)- 2012年10月15日閉店。 心斎橋店()- 2013年2月14日閉店。 アトレ吉祥寺店(東京都)- 2013年2月28日閉店。 店(埼玉県)- 2014年1月13日閉店。 店(埼玉県)- 2015年1月12日閉店。 イオンモール川口前川ウエストモール店が後継店舗的位置づけ。 店()- 2015年1月18日閉店。 玉川髙島屋S・C本館店が後継店舗的位置づけであったが、こちらも2016年に閉店。 店(横浜市)- 2015年1月18日閉店。 店(埼玉県)- 2015年2月14日閉店。 店()- 2015年5月31日閉店。 店(大阪市中央区) - 2015年12月31日閉店。 なんばCITY本館北店が後継店舗的位置づけ。 店(岡山市北区) - 2016年1月11日閉店。 店(福岡市博多区) - 2016年1月31日閉店。 店(福岡市) - 2016年1月31日閉店。 店(福岡市) - 2016年1月31日閉店。 広島アルパーク店(広島市西区) - 2016年2月21日閉店。 店(広島県) - 2016年2月21日閉店。 広島県から撤退。 店(京都市) - 2016年2月28日閉店。 その後、2019年2月15日に開業したコトチカ四条店が後継店舗的位置づけになっている。 店(静岡市葵区) - 2016年3月9日閉店。 店(東京都) - 2016年3月12日閉店。 店(静岡県) - 2016年3月13日閉店。 店(東京都) - 2016年3月20日閉店。 店() - 2016年3月21日閉店。 店(北九州市小倉北区) - 2016年3月21日閉店。 福岡県から撤退。 玉川髙島屋S・C本館店(東京都世田谷区) - 2016年3月27日閉店。 アトレ大森店(東京都) - 2016年3月30日閉店。 アトレ亀戸店(東京都) - 2016年3月30日閉店。 店(横浜市西区) - 2016年6月26日閉店。 店(岡山県) - 2016年7月3日閉店。 岡山県から撤退。 中国地方から撤退。 新宿サザンテラス店(東京都渋谷区)- 施設の契約期間満了に伴い 、2017年1月3日閉店。 店(東京都大田区) - 2017年7月30日閉店。 店(大分県) - 2018年9月2日閉店。 大分県から撤退。 店(鹿児島県) - 2018年10月28日閉店。 鹿児島県から撤退。 九州地方から撤退。 その他の国・地域の店舗 [編集 ]• オーストラリア - 2004年に進出、29店が営業中• バーレーン - 2009年に進出、9店が営業中• カナダ - 2002年に進出、6店が営業中• 中国(上海) - 2011年に進出、1店が営業中(香港8店舗は閉店)• ドミニカ共和国 - 2011年に進出、1店が営業中• インドネシア - 2007年に進出、9店が営業中• クウェート - 2007年に進出、28店が営業中• レバノン - 2009年に進出、11店が営業中• マレーシア - 2010年に進出、5店が営業中• メキシコ - 2004年に進出、58店が営業中• フィリピン - 2007年に進出、21店が営業中• プエルトリコ - 2009年に進出、4店が営業中• カタール - 2008年に進出、6店が営業中• サウジアラビア - 2008年に進出、83店が営業中• 韓国 - 2005年に進出、41店が営業中• タイ - 2011年に進出、2店が営業中• トルコ - 2010年に進出、13店が営業中• アラブ首長国連邦 - 2008年に進出、24店が営業中• イギリス - 2004年に進出、46店が営業中 脚注 [編集 ] []• 2016年2月12日. 2016年2月14日閲覧。 2018年11月現在、三大都市圏以外に出店している店舗は北海道に2店舗である。 クリスピー・クリーム・ドーナツ. 2019年2月19日閲覧。 クリスピー・クリーム・ドーナツ. 2019年2月19日閲覧。 Krispy Kreme Doughnuts, Inc. 2016年12月17日. 2017年1月5日閲覧。 参考文献 [編集 ]• NIKKEI NET• GIGAZINE 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (日本語)• krispykremeJP -• krispykremejapan -.

次の