お布施 袋。 お布施》相場金額・お布施の書き方/渡し方/封筒/法事/49日法要/意味/葬式

法事のお布施の金額の相場・封筒・のし袋と書き方・渡し方

お布施 袋

お布施とは、弔辞の際に僧侶の方にお渡しするものです。 そのためお布施お包みする場合には、白い封筒を用います。 お渡しする際に、弔辞用ののし袋を間違えて選んでしまう方がいらっしゃいますが、お世話僧侶の方にお渡しする謝礼金ですので、のし袋に入れる必要はありません。 お布施を入れる封筒は、郵便番号を記入する欄のない真っ白な無地の封筒を選びましょう。 お布施を包む封筒に関しては、非常に細かなマナーですので、今となってはそれほど気にされる方もいらっしゃいません。 お布施をお包みするにあたってのし袋に入れたとしても、それほど気にされる僧侶の方もいらっしゃらないでしょう。 例えば、関西方面では白と黄色ののし袋を、関東方面では白と黒ののし袋を使う場合もありますので、お布施をのし袋にお包みしたとしても重大なマナー違反ではありません。 とはいえ、弔辞のマナーとして正しい方法を覚えておきましょう。 お布施を入れる袋の書き方の注意 仏教では亡くなられたあとの49日間故人の魂がこの世とあの世の中間にいると考えられています。 この期間中は七日ごとに行き先を決める裁判が行われると考えられており、法要を行うことによって善行を行い、亡くなられた方が極楽浄土へ渡れるよう供養します。 49日の法要はお寺で行われることが一般的ですが、式場やホテルを会場としておこなう場合も少なくありません。 ご自宅で行う場合には、仏間に祭壇とお供え物を用意してお経を読んでいただきます。 49日でのお布施の金額の相場はおよそ3万円から5万円と相場が決まっております。 お寺と近い関係にある方の場合には20万円以上お包みする場合もあります。 49日と納骨式をあわせておこなうのであれば、5万円程度をお包みしておきましょう。 初盆 7回忌とは三回忌のあとに行われる法要のことを言います。 なくなった年から数えて6年後に故人のめい福を祈って行われる法事です。 命日は亡くなられた日を1日と数えるため7回忌は 6年目に行われることになります。 7回忌の法要でもお房の相場は地域によって異なりますが、大体1万円から5万円程度が相場となっています。 これはお寺で7回忌の法要を行われる場合に必要になる金額ですので、自宅で僧侶の方に来ていただき、7回忌の法要を行う場合には、お布施とは別にお車代を用意しましょう。 お車代はお布施のほかに5千円から1万円程度をお包みします。 7回忌のお布施の場合もほかの法要の時とは変わりません。 表書きにはお布施またはお布施と書きいれておきましょう。 またお包みする袋は水引きのないものを選んでも構いません。 7回忌でのお布施を渡すタイミング 7回忌以降の法要は、13三回忌、33回忌、50回忌と続きます。 最近では33回忌を最後の法要としておこなうのが一般的となっています。 ですが仏教の考え方では亡くなられた方の例は50回忌めで極楽譲渡されるといわれておりますので、33回忌で供養を終える場合には「弔い上げ」として法要を行います。 7回忌目を過ぎると参列者及ばず2遺族だけで行うということが多く、その場合も僧侶の方にお経を読んでいただき手厚い供養を行います。 7回忌目以降であってもお経を読んでいただき法要を行いますのでお布施が必要になります。 その場合も白い封筒にお布施を包んだら小泉を使って表書きを記入します。 お布施ですので水引は必要ありません。 それ以外の費用.

次の

お布施の金額相場とは?袋の書き方、渡し方、入れ方・包み方【徹底網羅】

お布施 袋

お布施は、葬儀の時などに僧侶に渡すお礼のことを言いますが、お布施を渡す時にも気をつけておきたいマナーがあるのをご存知ですか?お布施自体も金額や考え方については、決まり事がなく悩んでしまうことも多いですが、マナーもきちんと理解しておかないと、せっかく葬儀等のお礼をお渡しするのに僧侶に失礼になってしまうことも。 大切な故人を弔う弔事で、そんなことになっては後悔してもしきれませんよね。 では、失礼がないようにお布施を僧侶に渡すにはいったいどんなことに気をつければいいのでしょうか。 そのポイントは、弔事であっても、僧侶へのお礼だということです。 弔事のマナーはそのままお布施を渡す際のマナーではないのです。 そこで今日は、弔事のマナーとは切り分けて、しっかりお布施を渡す際のマナーとして理解したい、お布施の書き方をお伝えします。 ではご覧ください。 お布施は薄墨では書かない お布施は弔事の時に渡すものですが、僧侶へのお礼という意味で渡すものです。 ですので、弔事の際には不祝儀袋には薄墨で名前を書くのがマナーですが、お布施の時は違います。 黒い墨の筆で書くようにしましょう。 慶事の時のように特別大きく力強く書く必要はありませんが、読みやすい時で、丁寧に書くようにしましょう。 お礼の気持を表すものですから、汚い字や気持ちのこもっていない字ではNGです。 字を書くのが苦手でも、丁寧に書けば大丈夫です。 お布施を渡すのは白い封筒 お布施は弔事の時に渡すものなので、ついつい渡す際の袋も弔事用の熨斗袋を選んでしまいがち。 でも、お布施は僧侶に渡すお礼なので可能であれば真っ白な封筒に入れて渡すようにしましょう。 昔は、お布施を渡す際には、細かなマナーを守って渡しましたが、今では渡す方もあまり気にしなかったり、受け取る僧侶の方も気にしないケースもあります。 でも本来は・・・というマナーをしっかり理解しておけば安心です。 関西では白黄の熨斗袋、関東では白黒のものを使うこともあるようです。 封筒は必ず一重のもので 僧侶に渡す、葬儀のお礼であるお布施の袋は、白い袋を使って渡しますが、二重になっていない一重のものを選びましょう。 二重であると、同じことが二度起こるという意味で良くないものとされています。 これ一度限りという気持ちを込めて、白い一重の封筒で渡すのがマナーになっています。 大切なお金を入れて渡すのだから落とさないようにとついつい二重の封筒に入れてしまいたくなりますが、意味をきちんとよく考えて、一重の封筒を選ぶようにしましょう。 僧侶に手渡しするのはNG これは書き方ではありませんが、忘れてはならないお布施のマナーなのでしっかり覚えておきましょう。 思わずやってしまいがちなことですが、お布施を手渡しで僧侶に渡すということは、実はマナー違反なのです。 お布施は手渡しするのではなく、お盆や菓子折りの上に置いて、僧侶の方に名前が読める向きで渡します。 また必要であればお布施だけでなく、お車代や御膳料も一緒にお渡しするようにしましょう。 渡し方やタイミングは、葬儀社や会場などに相談すれば間違いありません。 表書きも忘れず気を配って お布施の表書きも一般的なものを覚えておけば安心です。 お布施には「御布施」、「お布施」と書くのが一般的です。 不祝儀袋と同様に、封筒の上半分に表書き、下半分に施主の苗字や指名を書きましょう。 お布施を渡す機会は、葬儀の日だけでなく、四十九日、一周忌などの法要のたびに訪れます。 法要で来て頂いて読経や会食をして頂く度に必要になるものですから、忘れてしまわないように、お布施用の封筒を用意しておくと良いかもしれません。 お布施は印字より手書きで お布施の表書きは、プリントしてあるものもみかけますが、出来る限り自分の手で書くようにしましょう。 またプリントしてあるものでも、自分の名前は手書きできちんと書くのがマナーです。 僧侶や菩提寺との付き合いが深くない場合も多いと思うので、封筒の裏には、きちんと住所も書いておくようにしましょう。 またお布施は僧侶に直接手渡ししたり、テーブルや畳の上に置くのは失礼にあたるので、お渡しするようのお盆や菓子折りも一緒に用意して置きましょう。 中身は僧侶のお礼と考えて 弔事の時のお金は新品だと「予め用意しておいた」と思われるので、旧札を使うのがマナーですが、法事などでお布施を渡す時には、弔事と違い、新札で用意しておくのがマナーです。 あまりにも大きい金額で渡すときは旧札が入っていてもやむなしですが、出来る限り新札で用意すれば間違いないので、予め銀行で両替しておきましょう。 また、商品券や小切手などでお布施を渡すことは失礼ですので、必ず現金でお布施の表書きに合うよう新札で用意するようにしましょう。 さて、お布施のマナーは弔事のマナーとは少し違いましたよね。 それぞれのマナーには、マナーが出来るべき理由があるものなので、その部分をしっかり理解しておけば失敗は防ぐことが出来るでしょう。 一度葬儀をすれば、その後も四十九日や一周忌、三周忌というように僧侶とのお付き合いも必然的に長いお付き合いになるものですし、いつかは自分やその子供達もお世話になることでしょう。 そんな長いお付き合いの中で、失礼があっては、お付き合いがしにくくなってしまいます。 マナーを守って、よりよいお付き合いを長く出来るようにしましょう。 まとめ お布施の袋の書き方 ・表書きは黒い墨でハッキリ丁寧に ・白くて郵便番号枠のない封筒を ・封筒は二重だと不幸が重なる意味 ・お布施はお盆や菓子折りの上で ・表書きは一般的なもので大丈夫 ・表書きは出来れば自分で丁寧に ・中身も封筒に合わせて用意して.

次の

お布施を入れる封筒の書き方・封筒の種類・入れ方・金額相場|終活ねっとのお坊さん

お布施 袋

お布施に水引が必要かご存知でしょうか。 水引は慶事から弔事に至るまで広く用いられるものですから、なかなかその違いや内容を知っている方は少ないかもしれません。 そもそも水引とは、紙をくるくるとした紙縒り(こより)の状態にしたものに糊を引いて固められた飾り紐のことをいいます。 一般的に水引は贈答品の紙の上から包んだり、祝儀袋などの封筒の上から付けられます。 水引をそのように使うのは、水を引いたあとは清くなることに由来し、水引にも物事を浄化し邪気を払う力があるとされているためです。 そして、お布施の場合には 一般的には水引なしで良いとされています。 これはお布施はお寺に対して渡すものであり、不幸があったわけではないからと言われています。 一方で、不祝儀袋をお布施の袋として用いる場合には水引をつけることが一般的ですので注意が必要です。 もっとも、上記の場合であっても 地域によっては風習が違う場合もあり、お布施に水引がいる場合もありますので事前にお布施に水引が必要どうかは確認することをオススメします。 お布施を入れる袋の選び方 お布施を入れる袋の選び方についてはいくつかの種類があります。 まず、最も丁寧な形とされているのが 奉書紙で包む場合です。 ここで奉書紙とは、パルプで作られた白くてしっかりした和紙のことをいいます。 かつて、幕府の公用文書の紙として用いられていたことから奉書紙と言われるそうですが、現在では一般的な和紙とは大きな違いはありません。 奉書紙がない場合には白い無地の封筒を選び、自分で表書きをすることも可能です。 ただし、白い無地の封筒を選んだ際には白封筒が二重にならないように注意しましょう。 これは、二重になったものは不幸が重なることを意味するものとされていることに由来するためです。 お布施の水引の結び方 お布施の水引の結び方にはどのような種類があるのでしょうか。 そもそも水引の結び方に種類なんてあるのか、水引の結び方の種類は分かるけどその意味なよく知らないという方も多いかもしれません。 以下では、よく用いられる水引の結び方である 「あわじ結び」と「蝶結び」に分けてその形や意味について解説していきたいと思います。 あわじ結び あわじ結びの特徴は、結び目の部分がおめでたいとされる鮑(あわび)の形をしていることにあり、名前の由来とされています。 あわじ結びは結び切りと言われる結び方の一つで、結びを解くのが難しいことから 一度きりの祝いや弔事に用いられるとされています。 具体的には、結婚式や快気祝い、法事などの場合に用いられる結び方です。 蝶結び 蝶結びの特徴は、その名前の通り結び目が蝶の形をしていることにあります。 蝶結びの場合は、あわじ結びとは異なり結び目が簡単に解くことができるので、 何度も繰り返してよいお祝いごとの場合にしか用いられません。 具体的には、出産・入学・進学の場合に用いられます。 一方で、結婚や法事の場合には蝶結びの結び方にするのは不適切とされていますので注意が必要です。 お布施の水引は何色が良い? お布施に水引を用いる場合には何色にいたら良いのでしょうか。 上述の通り、一般的にはお布施には水引を必要はないのですが、お布施を不祝儀袋に入れる場合には水引が必要になります。 お布施に水引を用いる場合には、 一般的には双銀や白黒の水引が用いられます。 もっとも、地方や法要次第では双銀や白黒の水引以外が用いられることがあるので、以下で整理しておきたいと思います。 関西地方の場合 まず、関西地方ではお布施の場合であっても、 黄色と白の水引を使用することがあります。 これは、紅白の水引はかつて皇室献上用の水引として用いられており、染めた直後が黒白の水引に似ていたことから、その区別ができなかったことに由来するとされています。 すなわち、関西地方で黄色と白の水引を使用するのは、紅白と黒白の水引と間違えないように区別するためといえますね。 入仏法要・建碑法要の場合 入仏法要、建碑法要の場合には、お布施の 水引は紅白のものを使います。 ここで、入仏法要とは御本山から本尊様を新仏壇に迎え入れる法要のことをいい、建碑法要とはお墓を新設する場合の法要のことをいいます。 入仏法要と建碑法要はどちらも浄土真宗の法要をさし、浄土真宗では仏壇や本尊に魂を込めるという概念がありません。 したがって、真言宗などの他宗派における開眼供養や入魂式とは呼ばず、入仏法要や建碑法要は御本尊を迎え入れる祝い事にあたるとされています。 よって、両者はお祝いごととされているので水引には紅白のものを使うこととされています。 お布施の書き方は? お布施はどのように書けばいいかご存知でしょうか。 まず、お布施の表書きは薄墨ではなく、通常の黒墨で書きます。 これは、お布施はお寺に対して渡すものであり、お寺に不幸があったわけではなく薄墨で書く必要はないからです。 表書きをする場合には、 「お布施」「御布施」と記載し、中袋の裏面の左側には住所・氏名を、右側には御布施の金額を「金〇〇円」という形で記載します。 もっとも、以上の場合の他にも表書きについては空白のままで何も記載しなくて良いとされています。 以上の他にも、お布施の書き方について知りたいという方は以下の記事でより詳しく知ることができるので合わせて参照してみてくださいね。 以上では、お布施の水引や書き方などお布施そのものについてのマナーについて解説してきました。 しかし、法事の際にお布施を渡す場合には、お布施の袋や水引き、書き方だけでなく渡すことに関してもマナーがあります。 法事の際のお布施はお寺に法要をしていただいたお礼と感謝を示すものですから、渡し方についてもお寺の失礼にならないようにしたほうがよいといえます。 そこで以下では、法事で お布施を渡す場合の渡し方のマナーについて説明したいと思います。 具体的には、お札を入れる向きやお布施の渡し方についてのマナーがありますので以下で解説していきたいと思います。 お札の入れ方の注意点・上下表裏 お布施のお札の向きは、 お札の表側(顔が印刷された面)を封筒の表面にし、お札を取り出すときに福沢諭吉の顔が最初に見える向きでお札をいれます。 また、お布施はお寺に渡すものですからお札は新札・旧札のどちらでも構いません。 お布施の渡し方 お布施の渡し方は袱紗(ふくさ)から取り出して渡すか、 お盆の上に載せるのがマナーとされています。 まず、袱紗とは小さな風呂敷のようなもので、金封を包んで持ち運ぶための布のことをいいます。 袱紗に包む場合には、弔事の包み方をする必要があります。 具体的には、ダイヤ状に袱紗をおいた上で、金封を中央より右側におきます。 お盆の上にお布施を載せて渡す場合には、正式には切手盆、祝儀盆と呼ばれる黒いお盆を用意することとされています。 もっとも、お盆を急に用意する場合もありますからその場合には黒いお盆でなく通常のお盆でもかまいません。 また、葬儀社の方でお盆を用意してくれる場合もあるので事前に相談してみると良いかもしれません。 お布施の水引のまとめ• お布施の場合には基本的に水引は不要であるものの、お布施の袋に不祝儀袋を用いる場合には水引が必要である。 お布施をいれる袋は奉書紙か白い無地の封筒を選ぶべきである。 お布施の水引の結び方は、一度きりの弔事を意味するあわじ結びを選ぶべきである。 お布施の水引の色は、基本的には双銀や白黒の水引であるものの、関西地方では黄色と白の水引きが、入仏法要・建碑法要の場合には紅白の水引きが用いられる。 お布施の書き方は、通常の黒墨で表書きにお布施と書くか空白でよく、中袋の裏面に金額、住所、氏名を記載する。 お布施の渡し方としては、お札は封筒の表面にお札の表側が来るようにし、お布施は袱紗から取り出すかお盆で渡す。 地方によっては水引の習慣についても違いがり、水引の色や意味までも違ってくるなんて驚きですね。 水引は慶事から弔事に至るまで広く用いられるものですから、早めにおさえておくと今後のマナーとして身につき様々な場面で役立つかもしれませんね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 今では水引は一つの作品にもなっているようです。 下記のリンクを少し覗いてみてはいかがでしょうか。

次の