くるぶし 腫れ。 くるぶしの腫れ

くるぶしってどこ?内果と外果とも言い、内側にねじりやすい部位です。

くるぶし 腫れ

この記事の目次• くるぶしが腫れている、ぷよぷよの犯人は? くるぶしや肘のように関節の骨が出っ張ったところには、骨と皮膚の間に 滑液包(かつえきほう)という薄くて、平たい袋があります。 普段、その滑液包の中には少量の滑液が入っていて、その名の通り、骨と皮膚がこすれず滑らかに動くように、クッションの働きをしているんです。 実は、くるぶしのぷよぷよは、この滑液包が 炎症を起こしている状態なのです。 水ぶくれのように膨らんでいるのは、炎症によって滑液が過剰に漏れ出しているからなんですね。 中には、リウマチや細菌感染によるものもありますので、意外とこのぷよぷよは侮れません。 しかし、足関節やくるぶしであれば、 圧迫や摩擦によって滑液包が刺激されて腫れるのが大半です。 痛みがそこまでひどくない場合は、自宅でできる対策から始めてみましょう。 炎症が小さく、初期の状態であれば自然に治ってしまうからです。 鎮痛剤を服用し、患部を固定するのが一般的な治療です。 しかし、感染症の疑いがある場合や、ぷよぷよが大きすぎて関節に負担がある場合は、滑液包の中の余分な滑液を針で抜き、滑液の中身を検査することもあります。 滑液を抜くときは個人差がありますが、多少の痛みが出ることも。 しかし、難しい手術のうえにリハビリも必要となるので、勧めている外科は少ないのが現状です。 いずれにしても、初期症状のうちに、何らかの手段を取った方が得策と言えますね。 繰り返さないための対策とは? 実はこの滑液包炎は、治っても同じ場所が何度も腫れ、 繰り返すことが多い病気です。 必要のない正座をやめるなど、滑液包炎の原因となった動作をつきとめて、 くるぶしの圧迫や摩擦を減らしましょう。 どうしても必要な場合はサポーターなどで固定するなどの措置をしてくださいね。

次の

足のくるぶしがかゆいのは病気?その原因と対処法!

くるぶし 腫れ

くるぶしの内側の痛み 足の内側のくるぶしが痛い場合の原因について紹介していきます。 後脛骨筋腱機能不全症(こうけいこつきんけんきのうふぜんしょう) 後脛骨筋腱というふくらはぎ部分の筋腱に繰り返し負荷がかかると、部分断裂を引き起こすことがあります。 外反偏平足(がいはんへんぺいそく)や 外反母趾も引き起こし、くるぶしの内側の後方から下部にかけて痛みや腫れが生じます。 治療は、 体重のかけ方に問題があると思われますので電気治療器などで筋肉に刺激を与えて強化します。 再発しないよう、体重のかけ方の癖を治す必要があります。 足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん) 足の裏のしびれなどの症状が現れる病気ですが、くるぶしの内側に痛みを感じることがあります。 くるぶしの内側には、足の裏の感覚を支配する神経が束になり枝分かれする、 足根管という部分あります。 この足根管が圧迫されると足の裏のしびれの他、くるぶしの内側に痛みを生じます。 しびれている部分を調べることで圧迫されている部分を特定し圧迫を解くとしびれはなくなり、徐々にくるぶしの痛みも改善されます。 その他 くるぶしの外側と外側に痛みを感じる特有の原因は上記のようですが、それ以外にもさまざまな原因が考えられます。 ここでは、それらの原因について紹介していきます。 疲労骨折 マラソンやサッカーなど長時間足首に負担のかかるスポーツをしている方は足首の疲労骨折の可能性があります。 疲労骨折では同じ部分に繰り返し負担がかかることでくるぶしに痛みを生じることがあります。 徐々に痛みが強くなったり、長引く場合は疲労骨折の可能性があります。 走り方の癖やスポーツの特徴により、負担のかかる場所はことなりますので、内側が痛む場合と外側が痛む場合があります。 徐々に痛みを感じるので気づくのが遅れることがありますので、違和感を感じたら早めに整形外科で相談しましょう。 痛風 患者さんの約9割が男性という痛風は体内に尿酸がたまることで足の親指の付け根に我慢できないほどの痛みを生じます。 初期症状のほとんどは親指の付け根の痛みですが、足首やくるぶし・手首などの関節に痛みを感じる場合もあります。 痛風発作が起きると激しい痛みが生じますが、1~2週間ほどで全く痛みがわからなくなります。 しかし治療せずに放置すると慢性化してしまいます。 半年~1年毎に発作を繰り返し、腎臓に影響を及ぼすこともあります。 改善するためには、少しずつ尿酸を減らしていく生活が必要です。 欧米化した食生活が原因と言われていますので、食生活の改善が第一となります。 運動不足 日頃からあまり歩かず運動不足が続いている場合、ちょっとした運動でくるぶしが痛むことがあります。 運動不足による筋力の低下で体重が強くかかるくるぶしに負担がかかっているためです。 痛みのあるところが熱を持っている場合は冷やすと痛みが和らぎます。 急激な運動は避け、徐々に筋力をアップさせるよう軽い運動を始めましょう。 体重の負担が少ないプールでのエクササイズなどがおすすめです。 外反母趾 親指の付け根部分から人差し指側に変形してしまった状態を 外反母趾といいます。 外反母趾は足の指の変形なのでくるぶしは関係ないと思うかもしれませんが、外反母趾になると体のバランスが悪くなるため、くるぶしに大きな負担がかかるようになります。 この痛みは安静にすることで回復しますが、体のバランスが悪くなると体のいたるところで思わぬ障害が発生します。 元となる外反母趾を治療することが何よりも大切です。 まとめ くるぶしは体重が強くかかる関節ですので痛みや腫れがあるととても不便ですね。 痛みや腫れが出る原因は運動不足・怪我・病気とたくさんありますが、痛みの場所によりある程度原因がわかる場合もあります。 ついつい我慢してしまう方も多いですが、放置すると慢性化する病気もあります。 自身の環境や症状をよく調べ、早めに整形外科等で相談しましょう。

次の

くるぶしの内側・外側の腫れ、痛みがある・ないでは原因が違う?

くるぶし 腫れ

【症状の現れ方】 正座や足首の前の部分をこする動作で、足首の前に痛みが起こります。 炎症が強く滑液がたくさんたまると、こぶのようにはれることもあります。 参照:yomidr. yomiuri. 数日前、2歳の息子 15キロオーバー を膝の上に抱っこして、床の上で正座をした状態でご飯を食べさせていたんです。 重いな〜痛いな〜と思いながら30分以上その姿勢でいたのですが… その日からくるぶしあたりに違和感を覚え、みるみると腫れていった訳です。 滑液包炎の理由が分かってホッとしました。 治療法は? 『針で刺して中に溜まってる液体を抜かれるんだーー泣』と覚悟を決めて行きましたが・・ まさにその通り! 先生がやはり滑液包炎と診断し、触って「少し抜けそうだから抜いてみよう!」とプスリ。 「思ったよりは抜けなかった。 」と先生は言っていましたが、もう衝撃!!! 後は投薬で終わりました。 先生の見解では「もともとくるぶしにあった瘡蓋のところから、正座によって擦れて菌が入ったんだと思う!」 とのこと。 「とりあえず薬を飲んで様子を見ましょう。 」とおっしゃられました。 ホッ! そんで出た薬がこちら。 抗生物質!! そして痛み止め。 3日間これで様子を見てみることに。 現在は薬を飲んで2日目。 少し腫れや痛みが引いてきた気がします。 滑液包炎になったら安静に! もちろん抗生物質に頼る訳ですが、1番の薬は 絶対安静!! あとは、足を高く上げて横になると良いと先生が教えてくれました。 そして腫れて炎症を起こし痛みがある時は、保冷剤でとにかく冷やすこと。 温めるのは良くないので、入浴はシャワーで我慢しましょう。 「痛み止めが効いて歩き回っていたら、治るものも治らん!」と、おじいちゃん先生に怒られた筆者なのでした。 病院に行く際は、整形外科に行って下さいね! 病院によって治療法は様々ですが、私は『抗生物質で治す』ということになりました。 皆さまもどうぞお大事に・・。

次の