具智元 父。 ラグビー日本代表・具智元、韓国代表は考えなかったのか|NEWSポストセブン

具智元(ラグビー)兄や筋肉がスゴい!君が代への韓国の反応も

具智元 父

穏やかな目つきと、184センチ、122キロの筋骨隆々のいかついボディとのギャップが印象的な韓国出身の具智元(グ・ジウォン)は、日本ラグビー界のホープのひとりである。 先月20日に23歳になったばかり。 昨季からサンウルブズに入り、国際リーグのスーパーラグビーに挑んでいた。 目下、韓国人唯一のスーパーラグビープレーヤーである。 背負っているのは、ラグビーが盛んな日本で高みを目指してほしいという家族の思い。 目指すのは、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会に日本代表として出場することだ。 「韓国の友だちからも『頑張ってね』と言われます。 今後も日本でプレーしたいという気持ちです」 7月15日のスーパーラグビー最終節で初スタメンを果たしたサンウルブズの具智元 かつて日本の本田技研鈴鹿のラグビー部に在籍した元韓国代表の具東春(グ・ドンチュン)を父に持ち、小学6年のときに兄の具智允(グ・ジユン)とともにニュージーランドのウェリントンへ留学。 その後、大分県内の公立中学校に編入し、日本文理大付属高校に進学。 全国大会と無縁ながら高校日本代表に選ばれた。 拓殖大学に進んでからも、20歳以下日本代表の一員として世界と戦った。 ポジションは右プロップ。 8対8で組み合うスクラムでは、最前列右に入って相手選手の重圧を受け止める。 強靭な体が求められるポジションだ。 父も現役時代は、韓国を代表する左プロップの選手だった。 具がソウル郊外の実家に帰省してきたときは猛特訓を課し、日本での試合を見れば、その日のうちにアドバイスを送った。

次の

具智元(グ・ジウォン)ラグビーW杯大活躍!スコットランド戦で涙の負傷交代 韓国人選手

具智元 父

名前:具智元(グ・ジウォン) 生年月日:1994年7月20日 出身地:韓国・ソウル 身長:184cm 所属:日本文理大学附属高校(2010~2012) 拓殖大学(2013~2016) ホンダヒート(2017~) スパーラグビー:サンウルブズ(2016~) 具智元はソウル生まれで、小学6年生の時にニュージーランドのウェリントンに留学。 中学は日本の大分県の佐伯市立鶴谷中学校に。 中学から日本にいるということで、生まれの韓国よりも日本で過ごした期間のほうがすでに長くなっています。 そのため、もはや日本人と言ってもいいくらいの期間生活をしているんですよね。 日本と韓国は、政治的なことでいろいろありますが日本代表として体を張ってくれていることを考えると何だかうれしい気持ちになりますよね。 とはいえ、韓国では具智元の活躍ぶりは報道されていないようですが・・・。 具智元の兄・父もラグビー選手? 具智元は、日本代表に欠かせない選手となり、日本の強みともなっているスクラムの一員です。 184cm・122kgという体格を武器に、稲垣啓太さんとともにプロップのレギュラーに。 実は、父親の 具東春(グ・ドンチュン)もかつてラグビー韓国代表の選手で、 アジア最強プロップと呼ばれた選手でした。 具智元が所属しているホンダヒートにも在籍。 さらに、2つ上の兄である 具智充(グ・ジユン)もホンダヒートに所属し、兄弟揃って同じチームなんですよね。 具智充は、176cm・91kgと体格は弟に比べるとスリムでポジションはセンター。 ラグビー一家で、しかもサラブレッドとも言える境遇ですね。 高校時代の恩師である染矢勝義さんは、「 天才が努力すると怖い」と表現するほど。 優しすぎるというのが課題で、強い気持ちを持てれば日本代表も狙えると父も話してたという。 今では、頼もしすぎるくらいに熱いプレーでチームを引っ張っていますし、スコットランド戦での脇腹の負傷がどう響くか気になるところです。 具智元の脇腹の怪我は大丈夫? ワールドカップの予選プール第4戦のスコットランド戦は激しい戦いとなり、歴史に残る試合だったのではないでしょうか。 具智元も先発メンバーとして出場しましたが、前半に 脇腹を痛め負傷交代。 痛さでスクラムを組むこともできずにいたところで交代しましたが、一度はそれでもスクラムを組もうとポジションに。 しかし、交代が先に認められやむなくピッチを後にしてしまいましたが、自分に対しての悔しさなのでしょう、泣いていましたね。 勝ったから良かったものの、負けていたら後悔しきれなかったかもしれません。 ベスト4を掛けた南アフリカ戦では、なんと 先発に名を連ねています。 ファンからも前線の分までぶちかませ!!などと応援のメッセージも多数投稿されています。 今回の控えメンバーは全員誰が出ても心強いですし、気兼ねなく思いっきりプレーして欲しいものですね。 まとめ 具智元はソウル出身の韓国人ですが、帰化せずに韓国国籍のまま日本代表としてプレー。 怪我の具合は心配ですが、日本の一員として熱いプレーを見せてくれることを期待します。 ラグビー選手の記事一覧.

次の

具智元が「君が代」を斉唱!韓国の反応は?プロフィールなども調査!

具智元 父

氏名:具智元 グ・ジウォン 生年月日:1994年7月20日 出身地:ソウル ポジション:プロップ 具智元選手はお名前からも分かるように韓国出身の選手で、生まれたのはソウルです。 韓国はラグビーがそれほどメジャーではない国であり、現在開催中のラグビーワールドカップ2019で韓国人として出場しているのは具智元選手ただ1人!韓国の競技人口は2,000人に満たないという話もあります。 そんな韓国で生まれた具智元選手がなぜラグビーを始めたのかと言いますと、彼のお父さんが元韓国ラグビー代表であり、お兄さんもラグビーをプレーしていた為です。 どちらからと言いますとお兄さんの影響が大きかったようですね。 ちなみに具智元選手のお父さんは現在韓国ラグビー協会の理事をなさっているそうですよ。 お兄さんは具智充さんとおっしゃり、具智元選手が所属するホンダヒートで一緒にプレイしています。 お兄さんのポジションはバックスの一角であるセンターです。 弟・具智元選手が前衛のプロップであり、お兄さんはそんな弟を後ろから支える選手というわけですね。 さて、具智元選手は小学6年生でニュージーランドのウェリントンへと留学しています。 ウェリントンはニュージランドの首都であり大都市です。 おそらくラグビーのために留学したのでしょうね。 その後は治安とプレイ環境の為に大分の中学校に編入。 中学卒業後は日本文理大学付属高校へと進学し、優秀なプレイヤーとして注目を集めていきます。 高校を卒業した学した具智元選手が進学したのが拓殖大学です。 拓殖大学ラグビー部は現在一部リーグで活躍しており、日本代表選手も排出している名門校です。 拓殖大学在学時に全日本代表チームに練習生として招集されていましたがこの時は怪我を理由に辞退しています。 しかし、2016年にはスーパーラグビーに出場している日本チーム・サンウルブズへと選出されました。 大学時代で既に全日本レベルの選手へだった事が分かるエピソードですね! 大学卒業後はホンダヒートに所属し、2017年には日本代表選手としてリポビタンDツアーで先発出場!今年のラグビーワールドカップ2019でも日本代表選手に選抜される期待の若手選手です。 具智元選手の感動的交代シーンとは? では、ここからは10月13日のスコットランド戦での具智元選手に注目してみましょう! 先程もお話したとおり、具智元選手はこの試合で負傷し前半21分に交代しています。 その交代シーンがとても感動的でした。 具 智元、無念の負傷交代ですが、日本代表のスクラムはスコットランド相手に奮闘しています。 — ラグビーワールドカップ rugbyworldcupjp 涙ぐみながらベンチに下がる具智元選手が印象的ですね。 予選プール勝ち抜けがほぼ決まっていた状態で迎えたスコットランド戦ですが場合によっては日本の敗退という可能性もありました。 今回のワールドカップ2019では日本は絶好調であり、多くの人が予選プール突破を確信していたと思います。 「たくさんの期待」「予選プール敗退の可能性」という状況での試合は選手へとても大きなプレッシャーを与えていたのではないでしょうか? そんな状態で行われたスコットランド戦。 具智元選手もきっと気持ちが入っており、気合を入れて試合に望んだのでしょう。 ところが開始20分での負傷交代…しょうがないとは言え、自分を許せなかったのではないでしょうか? 交代時に悔しくて涙してしまいました… 具智元選手の心情が良く表されている印象的な一幕でしたね。 具智元選手の怪我の状態は? 今回の交代シーンですが、「感動的だった」など多くの人が称賛し美談となっています。 しかし、交代の原因が怪我の為、状態がとても気になりますよね。 具智元選手の怪我の具合はどうなのでしょうか? 彼が負傷した箇所を押さえている画像を見てみましょう! ラグビー、やっと見終わった…。 前半で怪我交代した具智元選手のシーンで泣いてしまった。 絶対出続けたかったはず。 桜のジャージに憧れ、日本代表になることを選んでくれた具選手。 試合終わるまで彼の悔しい表情が頭から離れんかった。 — メアス博子 nikorin0712 右のお腹近辺を抑えているように見えます。 報道では脇腹の負傷とも言われていました。 実はこの部位はラグビー選手が怪我をしやすい場所の一つなんです。 肋軟骨と呼ばれる箇所の損傷であり相手選手との接触時に負傷してしまうことがあります。 マフィ選手もアイルランド戦では同じ部位を怪我しをしていましたね。 その結果、サモア戦とスコットランド戦を回避する事態となりました。 マフィ選手と同様の怪我という印象があるだけに心配ですよね。 肋骨を怪我したことがある人なら分かると思いますが、この部位の負傷は本当に痛く骨折になっていた場合は息をするのも辛いほどです。 ただし、肋軟骨のケガはラグビーに多いそうで、基本的にはテーピングでガチガチに固定して普段どおり練習するという情報もあります。 また、不幸中の幸いか怪我をしたのが予選プール最終戦であり、決勝トーナメントが始まるまで少し時間があります。 また、負傷後歩いての交代となっていましたので「そこまで深刻ではないんじゃないのかな?」とも感じますし、仮に今後試合に出られないような負傷だったら既に報道されていてもおかしくはないですよね。 決勝トーナメントまでには回復し、我々に再び戦う姿を見せてくれるのではないでしょうか?具智元選手の怪我については続報が入り次第追記していきたいと思います。 軽傷であることを祈りましょう。 news-postseven. 問題なのは怪我が深刻だった場合ですね。 その場合は決勝トーナメントへの出場は絶望的となりそうですね… ただし、先程もお話したように歩いて交代した事や現在まで報道が無い事を考えると深刻な怪我では無いように感じます。 あくまで個人的な考えですが、具智元選手の怪我はさほど深刻ではなく南アフリカ戦も出場出来ると思いますよ。 news-postseven. html 今回スコットランド戦で負傷交代となってしまった具智元選手について記載してきました。 印象的な交代シーンで我々に大きな感動を与えてくれた具智元選手。 試合の勝敗以外にも日本国民を熱くしてくれますしたよね。 とは言いましても交代の理由が怪我だったので状態が気になります。 軽傷であると良いのですが… 痛めた部位がラグビーに良くある怪我であり現在まで報道されていない点を加えて考えるとさほど大きな負傷とはなっていないと思うのですが、こればかりは情報が入ってこないと詳細は分かりませんね。 具智元選手の怪我については情報が開示されたら追記していきたいと思います。 可能なら南アフリカ戦でも我々に勇姿を届けて欲しいですよね。

次の