舌 が ひりひり する。 舌がヒリヒリする原因と対策が3分でわかります!

舌がヒリヒリ痺れる舌痛症の症状と治し方は!ストレスも原因!

舌 が ひりひり する

口内炎は、 口腔内にできた傷(刺激)が原因で生じることが多いです。 その他、 ストレス、ウイルス感染、ビタミンB群(粘膜の健康を維持する働きを持つ)の不足等が原因で、ヒスタミン(炎症を起こす原因物質)やプロスタグランジン等(痛みを起こす原因物質)が分泌されて血管が拡張します。 炎症が起こると、ヒスタミンやプロスタグランジンが漏出しやすくなり、痛みが出現して口内炎が発生します。 アフタ性口内炎 口腔内粘膜に生じる 白い口内炎です。 傷付いた粘膜に 細菌やウイルスが感染することや、ストレスや疲労等が原因で発症すると考えられています。 <舌の症状の特徴>• 強い痛み(ヒリヒリする痛み、しみる感じ)• 米粒くらいの大きさの白っぽいただれが生じる• 口内炎の周りが赤く腫脹する等 <自分でできる対処法>• 舌に刺激を与えないようにする• ビタミンB群を多く含む食品を摂取する 等 <病院に行く目安>• 2週間以上経過しても改善しない場合• 味覚異常が起きた場合 等 カタル性口内炎 口内環境が悪い場合(入れ歯や歯の被せものの不適合、矯正器具が粘膜に当たる)に起こりやすい口内炎です。 <舌の症状の特徴>• 粘膜が赤く腫脹する• 触ると痛い <自分でできる対処法>• ケナログやアフタッチ等市販薬で処置する <病院に行く目安>• 原因部分に気が付いたら早急に歯科医等を受診して調整してもらう ウイルス性口内炎 ウイルス、細菌の感染により起こる口内炎です。 ヘルペス性、カンジダ性等があります。 生後6か月から3歳の乳幼児が発症しやすく、60歳代以上の方の多くは、過去に発症した経験があり、罹患した際にウイルスが体内に残り続けています。 <舌の症状の特徴>• 高熱後、粘膜にできた水疱が破裂して潰瘍が生じる 等 <自分でできる対処法>• ウイルス性口内炎は、自己判断で市販薬を使用するなどの対処はせず、医療機関を早めに受診する• 人に感染させる恐れがあるため、他者とタオルや食器を共有しないようにする <病院に行く目安>• 2週間以上症状が続く場合 等 アレルギー性口内炎 義歯や銀歯等に使用している 金属、食品、薬剤等にアレルギー反応を起こすことが原因で発症します。 <舌の症状の特徴>• 舌や頬内側、唇等に白い潰瘍が生じてその周りが赤く腫脹する• 患部の痛み 等 <自分でできる対処法>• アレルギーの原因となっている食品等を、分かる範囲で排除する 等 <病院に行く目安>• 原因となるものがはっきり分からない場合、医療機関で各種検査や歯の確認等をしてもらう ニコチン性口内炎 タバコの熱が口内粘膜を刺激する、熱で口腔内が乾燥する等により、 唾液分泌量が減少して細菌等が発生しやすくなるため、発症しやすいと考えられています。 <舌の症状の特徴>• 舌に白っぽい斑点ができる• ピリピリする痛み 等 <自分でできる対処法>• 禁煙する <病院に行く目安>• 2週間以上症状が続く場合 原因3. 舌痛症 <舌の症状の特徴>• 舌がピリピリ痛い(しびれるような痛み)• 灼熱痛• 舌が乾燥した状態で赤くなる• 痛みが数か月続く等 <自分でできる対処法>• 鎮痛薬で痛みを抑えることもできるが、できる限り早く医療機関を受診する <病院に行く目安>• 日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合 原因4. 舌がん 舌に慢性的な刺激が与えられ、舌に傷が付く、擦れる等が起こると、舌はその部分を修繕しようとしますが、細胞分裂をあせって行おうとするため、 遺伝子に異変が生じてがん化することで発症します。 飲酒、喫煙、口内環境が悪い等が原因で発症しやすいと考えられています。 <舌の症状の特徴> 初期• 舌がザラザラする• 白い斑点ができる 進行後• 舌に硬いしこりができる• 舌がただれる• 舌がしみる• 舌粘膜に赤い斑点ができる• 舌のしびれ感• 舌の動きの違和感 等 <自分でできる予防法>• 月に一回、鏡で舌の状態を確認する(側面や裏側も)、舌を触ってしこりの有無を確認する 等 <病院に行く目安>• 舌がんは自分の目で確認できる疾患なので、気になる症状を発見した場合等には早急に医療機関を受診する。 原因5. ドライマウス 唾液分泌量が減少して口腔内が乾いてしまう状態です。 全身性疾患、加齢、口呼吸、心因性(ストレス)、ホルモンバランスの変化、薬剤の副作用、自律神経の乱れ等が原因で起こると考えられています。 中高年の女性に多くみられます。 <舌の症状の特徴>• 舌がひりひり痛い(乾燥して舌がひび割れる)• 舌がもつれる• 味覚障害 等 <自分でできる対処法>• こまめに水分補給する• 口腔内の清潔を維持する• よく噛む 等 <病院に行く目安>• 全身疾患が原因で症状が出現している場合があるので、気になる症状がある場合は我慢せず医療機関を受診してください。 舌の側面の痛みは自然治癒する? 口内炎、ストレスによる舌の痛みの場合は、 原因となるものが解消されれば、自然治癒するケースもあるようです。

次の

舌がヒリヒリ痺れる舌痛症の症状と治し方は!ストレスも原因!

舌 が ひりひり する

舌に痛みが出る病気があります。 舌痛症と呼ばれるもので、細菌やウイルスの感染による炎症、口内に潰瘍ができるベーチェット病などが典型例です。 舌痛症は視診や触診で異常が見られませんが、舌にピリピリとした痛みや熱さを慢性的に感じる病気です。 当院では漢方薬の黄連湯(おうれんとう)を処方しています。 口内炎を抑え、亜鉛不足を補うために潰瘍の薬であるプロマックDも使います。 市販薬で痛みを抑えるのでなく、耳鼻咽喉(いんこう)科を受診してください。 医療機関を探す時には、インターネットで検索する方法がいいです。 耳鼻咽喉科医が漢方を処方してくれる医療機関をお勧めします。 唾液が出ていても口腔(こうくう)乾燥症をともなう方が少なくありません。 この場合、胃腸の不調、汗をかきやすい、頻尿あるいは尿量の減少などが見られるため、体内の水分の滞りを漢方薬によって改善することができます。 薬での治療は2~4週間。 舌がんではないかと疑ったりする前に、まずは医師に診てもらってください。 岡進・笠利病院(鹿児島県)院長 談•

次の

パイナップルを食べると舌がヒリヒリする原因は?対策はあるの?

舌 が ひりひり する

舌に痛みが出る病気があります。 舌痛症と呼ばれるもので、細菌やウイルスの感染による炎症、口内に潰瘍ができるベーチェット病などが典型例です。 舌痛症は視診や触診で異常が見られませんが、舌にピリピリとした痛みや熱さを慢性的に感じる病気です。 当院では漢方薬の黄連湯(おうれんとう)を処方しています。 口内炎を抑え、亜鉛不足を補うために潰瘍の薬であるプロマックDも使います。 市販薬で痛みを抑えるのでなく、耳鼻咽喉(いんこう)科を受診してください。 医療機関を探す時には、インターネットで検索する方法がいいです。 耳鼻咽喉科医が漢方を処方してくれる医療機関をお勧めします。 唾液が出ていても口腔(こうくう)乾燥症をともなう方が少なくありません。 この場合、胃腸の不調、汗をかきやすい、頻尿あるいは尿量の減少などが見られるため、体内の水分の滞りを漢方薬によって改善することができます。 薬での治療は2~4週間。 舌がんではないかと疑ったりする前に、まずは医師に診てもらってください。 岡進・笠利病院(鹿児島県)院長 談•

次の